2015年12月13日

八ちゃんラーメン

新潟市東区にオープンした「八ちゃんラーメン」へと行ってきました。

hattyan_1.jpg


オープン前情報が入り、事前に告知していた事もあり、食べるのを楽しみにしていました。

八ちゃんラーメンのオープン情報



中華そば(並)

hattyan_2.jpg

hattyan_3.jpg


麺は小でも200g、並で300g、大は400gと、かなり量が多い設定となっています。

「一杯の丼に3種の麺」という事前情報通り、色んな麺が入り混じっていますひらめき
丸い中麺の他、平打ち的な麺、かなり幅が広く薄めで縮れが強い麺などだったと思います。
不揃いの太さのそれぞれの麺は、オペレーション上か、または狙ってなのか、まとめて同じ茹で時間でやっている様です。
そういった事もあり、それぞれ茹で加減が異なっており、太さ以外に、茹で加減による歯応えの違いも加わり、独特な食感を楽しめると思いますぴかぴか(新しい)
ちなみに、丸いストレート気味の麺が一番しっかりとした歯応えとなっていました。

スープは、煮干しが効いたあっさり醤油スープに、油が多めに浮き、コッテリと仕上げてあります。
煮干し感は系列店の「八」程ではなく、適度な出汁感で、麺の存在感を前に押し出している様です。

トッピングとしては、豚肉チャーシュー、鶏肉チャーシュー、脂身、ネギ、細切りメンマ、海苔などがのっていました。
豚チャーは味が良く染みこみ、また、柔らかさの中にも弾力感があり、美味しかったですね。

新潟には、こういう形で麺にこだわったお店が無かったので、面白い存在になってくるかと思いますわーい(嬉しい顔)


テーブル調味料

hattyan_4.jpg


ホワイトペッパー、ラー油、醤油、酢、七味唐辛子

お店としては、中華そばに七味唐辛子を入れて食べる事を推奨している様です。


おしぼりと布エプロン

hattyan_5.jpg


縮れの強い麺が丼にギッシリと入っているので、スープの飛び散り対策にエプロンが置いてあるみたいですね。



濃厚みそ(並)

hattyan_6.jpg

hattyan_7.jpg


こちらは、中華そばとはだいぶ違うスープですね手(パー)

かなり濃厚な動物系白湯に煮干しメインに魚介が加えられていました。
トロみが強く飲み応え抜群ですね手(グー)

濃い味噌風味と濃厚動物系に負けない程に、魚介がしっかりと効いています。
煮干し中華そばと比べても、むしろこちらの方が魚介が分かりやすいかも??

インパクト抜群な濃厚味噌ラーメンでしたグッド(上向き矢印)


まだオープンしたばかりという事もあり、メニューは出揃っておらず、いずれは「煮干しつけそば」なるものも発売予定の様です。
麺にこだわったコチラのお店で、しっかりとシメた「ひやもり」で食べてみたいですねぴかぴか(新しい)

他にも、サイドメニューとして餃子と炙りチャーシュー丼がありました。
今回は、麺量が多いという事で様子見で注文しないでおきましたが、次回は小ラーメンにし、サイドメニューを試してみたいと思います手(パー)


八ちゃんラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 01:31| Comment(2) | 新潟市東区
この記事へのコメント
正直ケンチャンの劣化版。
何故新潟仕様に中途半端に弄るのか、何故鳥チャーなんか載せるのか…。
なんだかな〜。勘違いしてるようにしか思えない。
Posted by N at 2016年05月11日 22:19
そっ そこまでお口に合いませんでしたか・・

それは残念です
Posted by bbshin at 2016年05月14日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。