2016年01月03日

らあめん じゃんご

燕市、旧分水町にあるショッピングパークパコ内にあるお店「らあめん じゃんご」へと行ってきました。

jango_1.jpg

jango_2.jpg


こちらは石神秀幸氏が塾長を務める「食の道場」出身の店主がオープンしたお店との事です。

名物は鯛を用いたスープの「鯛しお」と「鯛白湯」との事ですが、この日は残念ながら「鯛しお」が売り切れとなっていました。

という事で「鯛白湯」の方を注文してみました。

jango_3.jpg


器からは鯛の香りがしっかりと漂ってきます!

飲んでみると、正に「鯛」exclamation×2
臭みを抑えつつもしっかりと鯛出汁を感じさせるスープです。

スープは濃厚という程の濃度ではなく、程よくコッテリといった感じです。

ちなみに、こちらの白湯は、動物系を用いずに鯛から作られた鮮魚系白湯スープとの事です。
白湯スープというと、豚骨とか鶏ガラの髄やモミジ、豚足のコラーゲン質と油が結びついたものをイメージしますが、魚も沸騰させて煮込むと白濁してきます。
原理は動物系と同じで、煮こごりなどを見ても分かる様に、魚も種類によってはゼラチン質や油が豊富に含まれています。
それらを、煮込んで崩し、沸騰攪拌すれば乳化するといった具合です。
逆に、あっさり澄んだスープを作るには動物系清湯同様に煮立てない様にじっくり煮こむ必要があります。

新潟で鮮魚系白湯スープのラーメンを食べたのは初めてですね。


ちなみに、トッピングはチャーシュー、ネギ、カイワレ、ほうれん草、メンマ、味玉、海苔がのっています。
そして、もう一つ、海苔の近くに写っているものは、鯛の身と白味噌を合わせミキサーにかけたものらしく、お店の人いわく「鯛味噌」というものとのこと。
そのまま食べてもよし、スープとともに軽く混ぜて味に変化を与えて飲んでもよし。
質の高いトッピングですねぴかぴか(新しい)


麺は太麺、細麺が選べたので細麺を選びました。

jango_4.jpg


適度な歯応えで、スープを邪魔しない良い麺ですね。

とてもレベルが高く、美味しいラーメンでした手(チョキ)


美味しさと食べやすさもあり、自然と完食しました。

jango_5.jpg



背脂にぼしらあめん

jango_6.jpg


こちらは太麺を選択

jango_7.jpg


オーソドックスな背脂醤油ですが、シンプルに美味しい一杯です。


機会あれば、あっさりの「鯛しお」の方も試してみたいですねグッド(上向き矢印)


らあめん じゃんごの詳細
posted by BBSHIN at 23:55| Comment(0) | 燕市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。