2016年01月07日

ひろば

ぴあ万代の肉屋さんの中にあるお店に行ってみることに。


hiroba_1.jpg


店名は「ひろば」です。

hiroba_2.jpg


パっと見、フードコート的な感じですね。


モツ煮がのったラーメンが看板メニューらしいので、それを注文してみました。

もつラーメン

hiroba_3.jpg


刺激的な香ばしさの独特な味わいのスープです。

聞いてみると醤油ベースにニンニクスパイスというものを使っているとか

自家製の「ニンニクスパイス」を撮影させてもらいました。

hiroba_8.jpg


ニンニクに辛味を加えたオリジナル品とのこと。

スープの方は、動物系と魚介のWスープらしく、魚介素材は贅沢に佐渡産焼きアゴを使用しているそうです。
ただ、スープの出汁感についてはニンニクスパイスの印象的な風味に上書かれ、下支えレベルに留まっています。

麺は中位の太さのツルモチ多加水麺です。

hiroba_4.jpg


トッピングはモツ、ワカメ、ネギがのっていました。
モツ煮は柔らかくて美味しかったですねるんるん


スープの香ばしさが食欲を刺激し、完食となりました手(パー)

hiroba_5.jpg


美味しかったので、勢いでもう一杯注文してみましたダッシュ(走り出すさま)

あごラーメン

hiroba_6.jpg


こちらは、トッピングをワカメと少量のネギのみとする事で、スープに原価をかけながらも500円という低価格設定となっています。

モツラーメンと比べ、ニンニクがないので、魚介出汁が良く分かります。

しっかりとしたあっさり魚介系ラーメンで、これで500円はお得ですねぴかぴか(新しい)



ちなみに、スープは状態を安定させる為に冷凍保存し、提供時に手鍋で温めている様です。

hiroba_7.jpg


小さなスープのブロック2つが動物系、一つがアゴ出汁とのこと。
動物と魚介を2対1で解凍時に合わせるダブルスープの様です。

個人的な自作では、私もスープは冷凍で保存していましたが、スープは冷凍解凍を繰り返すと劣化が進むので大きな容器ではなく、400ccずつ冷凍する様にしていました。
しかし、ここまで小さな単位での保存は考えたことがありませんでした。
例えば、動物系のみを使う時は400弱使うので、使いきれるのですが、魚介とのWスープにした時に余ってしまい仕方なく再冷凍していたので、この手法はかなり参考になりました。
このスタイルであれば、魚介、動物、貝の冷凍スープを3つ使ったトリプルスープ、とか色んな組み合わせを手軽に試作出来そうですね。

また、提供時に水を入れて温めていたので聞いてみたところ、
「濃い目に取って冷凍し、提供時に適度な濃さにしている」
との事でした。
冷凍スープの場合、自然解凍をした場合は問題ないのですが、冷凍状態から一気に温めると、凍ったスープが少しずつ溶け、最初に液体になった部分が瞬間的に沸騰してしまうので、風味が飛びそうだと思っていました。
この手法であれば、無理なく解凍出来、また液化させる時間も短く済むので便利ですね。

色々と勉強になりました手(パー)


また、こちらのお店ではサイドメニューとして「もつ煮込み」(500円)、お持ち帰りとして「冷凍もつ煮込み(800g)」(1,000円)を販売しています。
トッピングで食べたもつ煮が美味しかったので、単品でもお勧め出来ると思います手(チョキ)

機会があれば是非お試し下さい!


ひろばの詳細
posted by BBSHIN at 19:38| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。