2016年01月17日

麺や来味の期間限定「牛骨濁り塩らぁ麺」「帆立を載せた味噌チーズ和え麺」

新潟市東区の「麺や来味」へ行ってきました。

menyaraimi_201601_1.jpg


今回の目的はPR情報に掲載していた「牛骨濁り塩らぁ麺」と「帆立を載せた味噌チーズ和え麺」です。


牛骨濁り塩らぁ麺

menyaraimi_201601_2.jpg

menyaraimi_201601_3.jpg


あっさりとしたスープからは、牛の旨味がストレートに伝わってきます。

告知時には、タイトルに「濁り塩」とあったので、牛骨白湯をイメージしていましたが、実際のところは牛骨清湯スープでした。
少し濁る位にしっかりと炊き込まれた清湯スープという意味だった様ですね。

トッピングとしては、定番のお麩、水菜、ネギの他、ローストビーフがのっています。
低温調理的なレア感のある仕上がりで、スープの熱により徐々に色と食感が変わっていくのも面白いですねひらめき

上に浮いている油も牛の脂の様で、一口目から牛風味がガツンとやってきましたダッシュ(走り出すさま)

牛の旨味全開の飲み応えの通り、牛100%の動物系スープの様です。
豚、鶏以外の動物系を使う時は、今回の一杯の様にそれのみにするか、または、それ以外のものは補強程度にした方が、良い効果が得られるケースが多いと思います。
豚、鶏のスープには多くの人が慣れている事もあり、食べた事が無い味、意外性、などを求める人は多いのかなと。
もちろん個性的であれば良い訳ではなく、美味しいラーメンであるという事が大前提ではありますが。

ちなみに、県外にも牛骨を使ったラーメンが話題となった有名店がありますが、今回の一杯は、それらと比較しても決して引けを取らない味かなと思います手(チョキ)
牛骨スープのラーメンを食べた事が無いという人は、この機会に是非一度食べてみる事をお勧めします手(パー)




続きましては、もう一つの限定

帆立を載せた味噌チーズ和え麺

menyaraimi_201601_4.jpg


どデカいホタテがのっています。

menyaraimi_201601_6.jpg


バターなどで味付けられており、美味しく、食べ応えある大きさがインパクト大ですね。


麺は中太位の太さでしょうか。

menyaraimi_201601_5.jpg


丼の底には、味噌チーズ味のタレが入っています。

menyaraimi_201601_7.jpg


このタレが風味良く、麺に絡めると実に美味しいですねぴかぴか(新しい)

途中、温玉を崩し混ぜるとまろやか感も加わります。

ホタテのバターと味噌チーズも良く合いまするんるん

美味しそうなイメージがあったので、麺は大盛りにしたのは正解でしたグッド(上向き矢印)
(麺大盛りは無料です)


定番の「とろろご飯」に加え、「マグロたたきご飯」(150円税別)なるものがメニューに加わっていました。

menyaraimi_201601_8.jpg


マグロたたきご飯

menyaraimi_201601_9.jpg


醤油をかけて食べると美味しく、150円というのはかなりお得かなと思いましたぴかぴか(新しい)

これは、とろろご飯とどちらにするか迷ってしまいますねあせあせ(飛び散る汗)

あえていうなら、ワサビかネギなどがついていれば完璧だったのですが、150円という低価格ではそこまで求められませんね。

この勢いで250円位で「ネギトロとろろご飯」とか出してくれないものでしょうか・・


麺や来味の限定メニュー情報

麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 22:31| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。