2016年03月26日

花水ラオシャン 本店 (神奈川県)

神奈川県平塚市にある「花水ラオシャン 本店」へと行ってきました。

hanamizu_raoshan_1.jpg



駐車場はお店の隣に2台と、お店の脇の道を少し進み、右手にあります。

hanamizu_raoshan_2.jpg


駐車場まではかなり急な坂となっており、入り口も狭いので要注意です。



朝10時半からやっている事もあり、平塚駅近くで一泊した後の朝に寄ってから帰る事としました。

開店前から3人が並び、開店と同時に満席となっていました。
持ち帰りも可能で、それを注文する人も多く、地元で愛されているお店だという事がすぐに分かりました。


タンメン

hanamizu_raoshan_3.jpg


かなりアッサリで透き通ったスープです。
出汁は弱めで、軽く旨味を加えてあるでしょうか。

酢が入っているらしく、酸味がメインの味わいとなっています。
お好みでラー油を入れて食べる事を薦められました。

ラー油

hanamizu_raoshan_5.jpg


一般的な自家製ラー油です。
香味野菜を焦がしてあり、焦がし風味の強さ、香ばしさが印象的でした。


麺は白いストレート中細麺です。

hanamizu_raoshan_4.jpg


サッパリとしたスープと良く合っていますね。

朝からスッキリと食べられる一杯でした。

開店と同時に行列が出来るのも納得です手(チョキ)



キムチラーメン

hanamizu_raoshan_6.jpg


こちらは、キムチの他、具材がたっぷりとのっています。


hanamizu_raoshan_7.jpg


餃子(350円)

hanamizu_raoshan_8.jpg


ニンニクの効いた餃子です。
野菜たっぷりでした。
香味野菜の辛味があり、熱はそこまで通っていませんでした。


何故か焼きワンタンをもらえました。

hanamizu_raoshan_9.jpg


塩をつけて食べると美味しかったです。

恐らく餃子の焼き加減をミスったおわび的な感じでもらえたのかなと思います。
同じタイミングで餃子を注文した人達に配られていました。
そういえば焼いている時に焦っている様に見え、焦げている割に火の通りも甘かったと思います。
ただ餃子は捨てるのはもったいないレベルで、十分美味しかったので、ワンタンもらえただけお得でした手(パー)


昔ながらの雰囲気も良く、とても良いお店でしたるんるん

湘南遠征に行った際にはまた行きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


花水ラオシャン 本店の詳細
posted by BBSHIN at 09:45| Comment(0) | 神奈川県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。