2016年05月05日

武者気 色とりどりの素材を旨味たっぷりの塩ダレで楽しめる「初夏五色まぜそば」

長岡市の「らぁ麺 武者気」へと行ってきました。

mujaki_201605_1.jpg


今回の目的は、ニイガタラーメンラボ告知で掲載していた一杯です。

武者気のニイガタラーメンラボ告知はこちら

初夏五色まぜそば

mujaki_201605_2.jpg


前情報どおり、色彩の豊かさが際立っていますぴかぴか(新しい)


麺は多加水の中太麺でした。

mujaki_201605_3.jpg


多種多様な具材がのっています。

かき揚げと生卵

mujaki_201605_4.jpg


しらす

mujaki_201605_5.jpg


三つ葉

mujaki_201605_6.jpg


海苔

mujaki_201605_7.jpg


桜えび

mujaki_201605_8.jpg


これらの色とりどりの食材たちが、カラフルな見た目を演出しています。


パっと見、スープオフ系に見えますが、麺はスープに漬かっています。

mujaki_201605_9.jpg


魚介の効いたサッパリ塩味スープです。

まぜそばとしては、淡い味わいで、トッピングの味を楽しむ一杯なのだなと思い、少し物足りなさを感じながらも食べ進むと味に変化が・・・

スープの見た目も大きく変わりましたあせあせ(飛び散る汗)

mujaki_201605_10.jpg

ガッツリとしたインパクトのある旨味の塩ダレへと変化しました。

動物系魚介系スープとタレが混ざっていなかったのか、それとも意図的に2層にしているのか、その辺りは謎ですが、予想外の変化にかなり驚きました爆弾


麺に旨味たっぷりのタレとトッピングが絡むと、印象的な味と食感のアクセントが絶妙です。
特に、桜エビの軽い固さ、しらすの柔らかさ、麺のモッチリ感など、食感の対比がなんとも言えず良いですね手(パー)

序盤は味が足りず、醤油をかけようかとまで思ったかき揚げですが、旨味ダレを絡めて食べると実に美味しいです。


更なる変化が欲しいという方はテーブル調味料の活用も可能です。

ブラックペッパー、ホワイトペッパー、ラー油、酢、醤油

mujaki_201605_11.jpg


酢やラー油をかける事で、また違ったアクセントを加える事が出来ます。
丼にそのまま入れると味が大きく変わってしまうので、ラストの変化に使うか、または、レンゲに一口分の麺を入れ、そこに酢をかけて食べると、全体に変化を与えずにちょっとした変化を楽しめるのでお勧めです。


普段からこういったタイプは少しずつ混ぜながら食べるのが好きですが、この一杯に限ってはセオリー通りいきなりガッツリ混ぜてから食べた方が美味しさを堪能出来るかもしれませんね。


注文時に追い飯がいるかを聞かれるのでお願いしました。

mujaki_201605_12.jpg


当然のごとく、タレやトッピングとご飯との相性は抜群です。

とても素晴らしい一杯でしたぴかぴか(新しい)


もう一品は

つけ麺

mujaki_201605_13.jpg

mujaki_201605_14.jpg


あっさり魚介醤油のつけダレは、熱々の状態で運ばれてきました。

レンゲで一口飲んでみると、柚子の風味の強さが印象的でした。
柚子皮が2,3浮いていました。

多加水の中太麺とサッパリ系のスープの相性も良いですね。


食後はお願いすると割りスープをもらえます。

mujaki_201605_15.jpg

強めの魚介出汁です。

つけダレにあわせて食べると美味しいですね。

ラーメンやつけ麺スープにこの割りスープを加え、それをご飯にかけて茶漬けにしても美味しそうです。

武者気の詳細
posted by BBSHIN at 11:07| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。