2016年06月04日

麺や一晃亭 鶏と深い醤油風味が融合した淡麗醤油系「一本鶏そば」

長岡市、寺泊にある「麺や一晃亭」へと行ってきました。

ikkoutei_201606_1.jpg


今回の目的は、事前告知していたFMKENTOのニイガタラーメンラボの一品「一本鶏そば」です。

一本鶏そば

ikkoutei_201606_2.jpg

ikkoutei_201606_3.jpg


かなり深い味わいの醤油スープですexclamation×2

新潟ではあまり無いスタイルで、関東で流行している淡麗醤油に近いタイプかなと思います。
しっかりとしたベースのある鶏清湯に、醤油風味を前面に出したスープとなっていますぴかぴか(新しい)

説明によると、たまり醤油と生醤油をブレンドした醤油ダレを使用しているそうです。
生醤油もそうですが、特にたまり醤油は、濃く深い味があり、単独で使用するとスープの味全体を醤油の味で埋める事となります。
オリジナリティや味に広がりを出す為に、複数の醤油をブレンドし使用するケースが良く見かけられます。
今回の一杯も全体の雰囲気は最近のトレンドに近い方向性になりつつも、独特の風味を放つ仕上がりになっていると思います手(パー)

麺は比較的スープの馴染みが良いタイプです。
少し固め食感で歯応えがあり、味わい深いスープをしっかりと持ち上げてくれまするんるん

スープや麺のレベルも高かったですが、トッピングのクオリティも抜群です手(チョキ)

低温調理系の鶏チャーシューは、エビが巻かれています。
肉の旨味がしっかりと残り、しっとり食感が絶妙です。

もう一つの鶏は香ばしく揚げられており、ブラックペッパーか何かを絡めてあるのか、食感と風味を楽しめました。

揚げたゴボウとニンジンものっており、こちらの質が高いです。
こうした淡麗系ラーメンに素揚げゴボウがのったラーメンは見かけ、大抵味はスープや油任せになっているケースが多いのですが、こちらの様にゴボウ自体が程良い味となっていました。


関東の有名店と比べても遜色ないレベルに仕上がった一杯かなと思います手(パー)


中華そば

ikkoutei_201606_4.jpg

ikkoutei_201606_5.jpg


シンプルなあっさり醤油な一杯です。

今までコチラのお店で食べた数杯の中で、今回の限定に一番近いスタイルかなと。
ただ、それだけに限定と食べ比べると、もう少しハッキリとした輪郭が欲しいと感じます。

恐らく単独でこれを食べた場合は、全体的に程良いバランスで、毎日食べても飽きない味に仕上がっていると感じるのかなと思います。
サイドメニューのミニサイズのご飯物と合わしても美味しいかなと。

複数人で食べ比べる場合には、今回の組み合わせではなく、例えば味噌や背脂系などと合わせて注文すれば、より2杯の美味しさを楽しめるかなと思います。


麺や一晃亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:05| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。