2016年07月30日

麺や来味 ローストビーフが載った冷たい油そば

新潟市東区の「麺や来味」

menyaraimi_2016072_1.jpg


今回注文したのは、PR情報に掲載していた「ローストビーフが載った冷たい油そば」です。

menyaraimi_2016072_2.jpg


かなりインパクトある見た目です!


ローストビーフをアップで撮影

menyaraimi_2016072_4.jpg


卵黄の下にまかれた肉をめくると・・・

menyaraimi_2016072_5.jpg


中にはモヤシが入っています。


冷たい状態の太麺は歯応え抜群です。

menyaraimi_2016072_3.jpg


丼の底には少量のスープが入っており、上にはラー油が浮いています。

ラー油といっても辛味はほとんど感じず、海老が多めに使われている様で、全体的にエビ風味が漂っていました。
スープは軽く白濁しており、豚骨魚介の様です。
魚介出汁も合わさる事で、低い温度でも固まらずサラっとした舌触りとなっていました。

トッピングのローストビーフは、レア食感が良く、しっかりとした歯応えで美味しかったですねるんるん


一緒に各種調味料が運ばれてきます。

menyaraimi_2016072_6.jpg


醤油、酢、ラー油、唐辛子、おろしニンニク、食べるラー油、カレーパウダー、マヨネーズが出てきました。

マヨネーズやニンニクを投入すると、一気にジャンクまぜそば風になります。
カレーパウダーもかなりの変化を与えてくれます。
酢を入れてサッパリさせたり、ラー油や唐辛子で辛味をプラスしても良いでしょう。

序盤は上にのった卵黄を混ぜずに食べ、崩して混ぜるとまろやかな味わいを堪能出来ます。

追加調味料は、それぞれ味を劇的に変化させるので、私の場合は丼の一部に部分的に加えて、全体に混ざらないようにして、段階的に色んな味を楽しみました。
ただ、そんな細かい事はせずに、豪快に一気に投入しガッツリ混ぜて食べたりする人もいる事でしょう。

人それぞれな楽しみ方が出来る一杯かなと思います手(パー)

通常メニューの油そばの冷たいバージョンな一杯でしたが、冷たくして食べると全く別な物に感じる程、新しい味わいとなっていました手(チョキ)


もう一品も、PR情報で掲載していた品を注文しました。

釜揚げ桜えびとしらすの和風ぶっかけ太麺

menyaraimi_2016072_7.jpg

menyaraimi_2016072_8.jpg


冷たい油そばとは対照的にあっさりとした味わいの一杯です。
あっさりスープが少量入っており、しらす、桜海老などを麺、スープに絡めて食べると、良いアクセントとなります。

大根おろしを混ぜると、サッパリ感をプラス出来ます。
ただ、私の場合は、大根おろしの水気がスープを薄めてしまうのを避けたかったので、おろしを軽くスープに漬け、混ぜずに単体で頂きました。

終盤、レモンを絞り酸味を加えると、味に変化を与える事が出来ます。

暑い夏にサッパリと食べられる一杯でしたぴかぴか(新しい)


麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 11:17| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。