2016年08月21日

らーめんどっぽ

三条市にある「らーめんどっぽ」へと行ってきました。

doppo_1.jpg


こちらのお店は夜営業のみとなっており、深夜までやっている事もあり、夜中にラーメンが食べたくなった時などに便利なお店です。
北三条駅近くの夜のお店が多い辺りにあるので、飲んだ後にシメのラーメンに食べに行く人も多いのではないでしょうか?


まずは友人が注文した「らーめん」

doppo_2.jpg

doppo_3.jpg


背脂の量、麺の太さが選べ、基本は中油・太麺との事だったので、中油太麺で注文しました。

背脂が結構浮いたスープは、醤油色が強く出ており、その醤油風味に消されない位の煮干し出汁を感じました。
油なしだとかなりあっさり系になりそうな清湯スープだと思います。
上に浮いた油は、液状油とフワフワとした脂身です。
脂身の方は、煮出して液状油が抜けており、重たさがありません。
これを食べた友人も「重たさの無い背脂だ」と言ってました。

麺は多加水のツルモチ系太麺です。
写真を良くみると分かりますが、切れ目やザラつきのある麺が少し混じっています。
最近の高性能な製麺機を使っているお店ではほとんど見かけませんが、昔ながらのお店ではちょいちょい見かける現象です。
私もパスタマシンで製麺をする際に時折こうした麺が混じるのですが、恐らくは綺麗に整っていない麺帯をカットした際に両サイドの1本ずつがこうなるのかなと。

全体的に、燕の老舗店にも良く似たオールドスタイルな背脂ラーメンとなっており、こうした若干の荒さが、逆に良い味出してくれていると思いました。

チャーシューは食べてないので分かりませんが、端に脂身があるものの、全体的にはしまった肉質のタイプで、スープに合いそうな感じに仕上げられている様に見えました。

とても美味しい背脂ラーメンでした手(チョキ)


もう一品はこちら

味噌ラーメン

doppo_4.jpg

doppo_5.jpg


香ばしい風味のついた濃い目の味噌スープです。

ベースのスープが醤油ラーメンと違うのではと感じる程に濃厚に仕上がっています。
ただ、恐らくは同じスープを使っており、上にのった炒め野菜の味、炒め油、香味野菜等の味がスープに入りこみ、パンチを出しているのかなと思います。

麺は太麺が基本だと思うのですが、友人が太麺を注文した事もあり、細麺も試してみたく、味噌を細麺にしてみました。
すると、細麺という程の細い麺ではなく、太麺に比べると細いものの、一般的には中細麺といって良い位の太さかなと思いました。
歯応えもしっかりとしており、背脂醤油をこちらにしても十分美味しく食べられると思います。

麺や油の組み合わせを変える事で、何度も色んなバリエーションで楽しめるかもしれませんね。
スープにニンニク、生姜をちょい足しも無料との事なので、そちらも面白そうです。

2品ともレベルが高く、他のメニューも試してみたいと思いました。
機会があれば是非行ってみて下さい!


らーめんどっぽの詳細
posted by BBSHIN at 23:39| Comment(0) | 三条市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。