2016年08月29日

らぁめん お〜や 新潟市東区に移転オープン らぁめん、濃厚らぁめん

新潟市東区に移転オープンとなった「らぁめん お〜や」へと行ってきました。

ooya_higashi_1.jpg


今回は、移転後初訪問という事で定番メニューを注文してみる事としました。

らぁめん

ooya_higashi_2.jpg

ooya_higashi_3.jpg


あっさりスープは、確か豚骨鶏がら等でとった動物系と焼き鯵出汁のWスープだったかと思います。
飲んだ印象としては、豚足、モミジ等のコラーゲン質が強く出た厚みある動物系の舌触りが強く前に出ていると感じます。
あっさり系の動物系の濃さとしては、新潟県内でも随一といっても良いのではないでしょうか。

鯵の方は無化調との事で、一口目のインパクトは抑え目で、2口、3口と飲み進める事で、口の中にスープの味が広がる様な感覚がありますぴかぴか(新しい)
塩分は程よく、試行錯誤する中で、一時期感じたしょっぱさはありませんでした。

麺は加水率高めのモッチリ食感の中太麺です。
もう少し固めの時もあったと思いますが、今回のものはモチモチ感が強く出ていたと感じます。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、そして定番の春菊がのっています。
この日のチャーシューはかなり弾力感が強いものでしたひらめき

こちらのお店は、細かな味の調整をしているのか、または無化調ゆえのブレなのか、旨味のバランスなどが異なるケースが多々あります。
通い詰め、そうした細かな変化を感じる取るというのも、リピートする醍醐味の一つかもしれませんね手(パー)



今回は一人で行ったので、もう一杯注文してみました。

濃厚らぁめん

ooya_higashi_4.jpg

ooya_higashi_5.jpg


トロみの強さが印象的な濃厚動物系白湯スープです。
クリーミーでネットリとした舌触りがコラーゲン質の多さを物語っています。

そして、スープを弾くタイプの麺に、トロみの強さで程よくスープが絡んできます。


2杯食べた事でお腹いっぱいになり定番のラーメン茶漬けは断念しました。

ooya_higashi_6.jpg


残ったスープをご飯にかけて食べると美味しいんですよねひらめき


新しいお店では家族連れ専用のテーブル席があります。

ooya_higashi_7.jpg

ooya_higashi_8.jpg


お店の奥にあるのですが、店主が厨房を出ずにそのままラーメンを提供出来る様な、L字のカウンターの様な面白い作りとなっています。
お店を広くしても、一人での作業を貫こうとしている事が設計にもあらわれていますね。


らぁめん お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 08:31| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。