2016年10月26日

「中華飯店めおと」が提供する凄まじいまでのボリュームの「超巨大麺」

新潟市北区の「中華飯店めおと」へと行ってきました。

meoto_201610_1.jpg


今回注文したのはマーボーメンです。

meoto_201610_2.jpg

meoto_201610_3.jpg


こちらのお店では青鬼麻婆麺、赤鬼麻婆麺、閻魔大王といった激辛系のマーボーメンがありますが、今回は普通のものをお願いしました。

辛さはそれ程でもなく、そこそこのトロみの昔ながらのスタイルのマーボーメンです。

多加水麺に麻婆餡が適度に絡んできます。

味の濃さもちょうど良く、あっさり系で食べやすく、何度食べても食べ飽きない様な一杯でした手(チョキ)

刺激が欲しい人は青鬼、赤鬼、閻魔大王とチャレンジしてみると良いでしょう。

ただ、閻魔大王は凄まじい辛さらしく、赤鬼完食者のみ注文する事が出来る様ですたらーっ(汗)



ちなみに、こちらのお店では「超巨大麺」なるデカ盛りチャレンジメニューを提供しています。

meoto_201610_4.jpg


価格は1,600円で、30分以内にスープまで残さず完食すると無料になるというルールです。

ボリュームとしては、
麺5玉(160g×5)
スープ 1.5リットル
野菜炒め 2人前
で、総重量は約2.8kgとのこと。


という事でチャレンジしてみました。

meoto_201610_5.jpg


凄まじいボリュームですあせあせ(飛び散る汗)

写真では伝わりきらない迫力満点の丼がそこにはありました。


サイズ感を分かりやすくする為、先ほどのマーボーメンと比較の2ショット

meoto_201610_6.jpg

・・・・たらーっ(汗)

超巨大麺のサイズ感を分かって頂けたでしょうか?


そしてチャレンジ!!

meoto_201610_7.jpg


この麺の持ち上げっぷりを見ても凄いボリュームである事がお分かり頂けるかと。。

予想外だったのは、野菜炒めが思いのほかボリュームがあるという事です。

チャレンジする前は、麺5玉であっさりスープなら普通にいけるのではないかと思ってましたが、2人前という野菜がボディーブローの様に効いてきました。

結果は、、

30分で食べきる事は出来ませんでした爆弾
ただ、制限時間の問題ではなく、キャパ的に厳しい部分があったかなと。
今回は、2人で食べに行ったので、マーボーメンと超巨大麺を交換する形で、麺と具だけは残さず頂きました。

「大食いには自信がある」
という方は是非チャレンジしてみて下さい!
30分以内に完食すると、店内に名前が掲示され、お店の歴史に名を刻む事が出来ますひらめき


中華飯店めおとの詳細
posted by BBSHIN at 23:20| Comment(0) | 新潟市北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。