2016年11月04日

アルビレックス新潟 ギリギリの残留

11月3日に行われたアルビレックス新潟のホームゲーム、サンフレッチェ広島戦

残留をかけた大一番でした。

試合前のスタジアム

20161103_1.jpg


広島のピーターウタカ選手にゴールを決められ先制点を奪われてしまいました。

20161103_2.jpg


0−1で迎えた終盤、通常であれば勝利を目指しアグレッシブになるところ、メンバーチェンジでDFの大野選手を入れ、守備的にシフトしました。
他会場の経過は見ていませんでしたが、残留を争うライバルの名古屋が複数点差でリードされている事が想像出来ました。1点差ではこの決断は無理ですしね。

ゆっくりと攻める広島

20161103_3.jpg


1点差で勝てば良く時間を使い攻める広島と、0−1の敗戦で良しとし、攻撃に出ずに残り時間を消費させようとする新潟。
こういう光景はなかなかお目にかかれるものではありません。

周囲の人達は、同点ゴールを狙って欲しい事から罵声を浴びせかける人も多かったですが、個人的には得失点差狙いが功を奏してくれる事を信じ、何も起きないまま時間が過ぎてくれるのを願って観ていました。

結果、0−1で新潟が敗戦となりました。

20161103_4.jpg

20161103_5.jpg


他会場では名古屋が湘南に1−3で負けた為、新潟が残留となりましたグッド(上向き矢印)

喜ぶ選手、スタッフ

20161103_6.jpg


名古屋との得失点差は4だったので、結果論でいえば、1,2点失う可能性があっても、引き分け、または、勝利を狙っても良かった事になりますが、この日の広島は新潟を圧倒する時間帯が長く、無理にゴールを狙いにいけば大量失点も有り得る展開でした。
そういう意味では、終盤のこの決断は、あの時点では最善のものであったのかなと思います。

勝ってくれれば一番良かったですが、この試合に限っては勝利よりも残留が命題でしたしね。



最終戦セレモニーでスピーチをする米山隆一新潟県知事

20161103_7.jpg

20161103_8.jpg


挨拶をする田村社長

20161103_9.jpg


ゴール裏からはスピーチの間中ブーイングが鳴り響き、何の話をしてるかは全く聞き取れませんでしたたらーっ(汗)

20161103_10.jpg




片渕監督の挨拶

20161103_11.jpg


残り4試合という状況で監督になり、1勝3敗という結果でしたが、連敗をストップさせる1勝は大きかったかなと思います。
負けてしまった浦和戦などもアグレッシブなプレーが光り、期待が持てる内容でした。


小林キャプテン

20161103_12.jpg


ゴール裏に並ぶ選手達

20161103_13.jpg


とりあえず、J1に残留出来たという事でホっとしました。
J1とJ2では色々な面で大きく違いますしね。

ただ、ここ数年、こうしたシーズンを繰り返しているので、そろそろ上を目指せる様なチームになって欲しいですね。
残留争いではなく、上位争いでハラハラドキドキしたいものです。
毎年言ってますが、来季こそはアルビレックス新潟に期待したいと思います手(パー)
posted by BBSHIN at 22:24| Comment(0) | アルビレックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。