2016年11月05日

にぼし中華 廣はし トロみたっぷり濃厚煮干白湯

長岡市、移転した円満の跡地にオープンした「にぼし中華 廣はし」へと行ってきました。

hirohashi_1.jpg


「のうこ〜にぼし」「ちゅうか」「あっさり」の3種類があり、中華は濃厚とあっさりの中間位の濃さとの事でした。

メニュー一番上に書いてある「のうこ〜にぼし」を注文してみました。

hirohashi_2.jpg

hirohashi_3.jpg


かなりトロみの強い濃厚白湯です。
臭みがなく濃厚さの割りに重たくなく、また、動物系脂のコクと甘味が印象的です。
ねっとりとしたコラーゲン質も強く、恐らくは動物系ガラのみならず、豚足等が使用されているものと思われます。
煮干等の魚介系は、軽く苦味が出る程に強く効かせてありました。
動物系と共に後追いで魚介を煮込むシングルスープタイプに魚粉をプラスした様な仕上がりとなっていたかなと。

麺は固めの食感が独特な縮れ太麺でした。
歯応えの強さが印象的な飲み口のスープと良く合っています。

トッピングのチャーシューは柔らかく煮込まれたタイプでした。
他には、キクラゲ、三つ葉、玉ねぎなどがのっており、特に玉ねぎは脂感の強いスープと良く合います。
もちろん、キクラゲと濃厚スープの相性も良く、また、三つ葉は良いアクセントとなってくれますぴかぴか(新しい)

ブログ上で他店との比較はあまりしない様にしていますが、今回はあえてさせてもらうと、、
こちらの一杯は、新潟市にある石黒の極にぼにかなり良く似ていました。
というか、ほぼ同じレシピではないでしょうか??
聞いた訳ではないので、実際はどの様に作られたかは分かりませんが、、

とりあえず、かなりレベルが高い一杯かなと思われます手(チョキ)


友人が食べたのはコチラ

あっさり

hirohashi_4.jpg

hirohashi_5.jpg


一口しか食べてないのでハッキリとは言えませんが、魚介が効いたあっさり醤油スープに柚子的なものが効いていたかなと思います。
強めに効かせた魚介の苦味を、柚子風味がぶつかる事で緩和し、強めのレベルでバランスが保たれた一杯かなと思いました。
友人は私と違い、丼が届くといきなり全体を混ぜて食べるスタイルなので、底にある柚子がいきなりスープに広がったのかなと。
自分で注文して食べたら、また違う感想になっていたかもしれません。

機会あれば、もう一杯の「ちゅうか」も試してみたいですね手(パー)


にぼし中華 廣はしの詳細
posted by BBSHIN at 08:44| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。