2016年12月06日

らぁめん よしざわ 深みのある醤油と豊潤な鶏風味

12月にオープンしたばかりの「らぁめん よしざわ」へと行ってきました。

yoshizawa_1.jpg


場所は、残念ながら閉店してしまった「げん固つ亭」の跡地です。


醤油らぁめん

yoshizawa_2.jpg

yoshizawa_3.jpg


深みの醤油風味、そこに香る鶏の香りがとても良いですねぴかぴか(新しい)
浮いているのは恐らく鶏油でしょうか。
メニューの裏を見ると醤油は「新潟の醤油など」と書かれていますが、個人的に試した別地域の生醤油とのブレンドと似ていると思いましたが、、、勘違いかもしれません。

関東で近年流行している鶏醤油清湯系にかなり良く似た味です。
というかモロ有名店の味をそのままに出していると思います。

トッピングとしては、レア系のチャーシューにしっとり食感に調理された鶏チャーシュー、そして、三つ葉がこれまたいかにもな感じですね。

麺はこのタイプだともう少し芯があったり、スープが馴染むタイプが使われる事が多いかと思いますが、中程度の水分量と軽いもっちり感の麺でした。


最近色々と忙しく、新潟メインの食べ歩きを続けていた事もあり、こうしたスタイルのラーメンを久しぶりに食べました。
そうした事もあってか、ついつい完食手(パー)

yoshizawa_4.jpg

とても美味しかったです手(チョキ)


もう一杯はこちら

塩ラーメン

yoshizawa_5.jpg


塩にすると、動物系が濃い目に取られている事が分かりやすいです。
ただし、その動物系に対し、タレの旨味が抑え気味で、かなり玄人好みの仕上がりです。
一般ウケはなかなかしないかもしれませんが、新潟では他にないスタイルだと思うので、一度試してみる価値ありかなと思います。

ちなみに、個人的に一時期、自作で日々塩を作ってた時、これに良く似たものを作っていました。
こんなに綺麗に作った事はありませんが、方向性はだいたい一緒でした。
自分は「これだ!」と思って作っても意外に人にはうけませんでした。
多くの人があっさりにもある一定の刺激を求めているのだと感じ、その後路線チェンジをした記憶があります。


つけ合わせの「かんずり」

yoshizawa_6.jpg


その時、これもやりましたたらーっ(汗)
関東の人に向け、新潟流淡麗塩を出そうと考えたのがコレでした。
親近感を覚えてなりません。


2杯を食べてみて、興味が沸いたので、もう一杯注文してみました。

味噌ラーメン

yoshizawa_7.jpg

yoshizawa_8.jpg


これまた珍しい淡麗系味噌ラーメンです。
このスタイルは本当に難しいんですよね。

塩に比べ、味噌の旨味があるとはいえ、多くの人は、刺激的な味噌ラーメンに慣れているので、そこを埋めるか、そのままとどめおくかが悩みどころです。
香ばしい香味油などで分かりやすくするのもありだと思いますが、あえてこうした抑え目で奥深い味にしているのかもしれませんね。


とりあえず、最初はまず醤油を試してみる事をお勧めします手(パー)


らぁめん よしざわの詳細
posted by BBSHIN at 22:45| Comment(2) | 新潟市西区
この記事へのコメント
いいですね。
大衆の流行りなんかに迎合しない独自のスタイル。
これは、塩、醤油、味噌、全部いただいてみたいと思います。
Posted by 早川みどり at 2016年12月09日 21:19
>早川みどりさん

私の表現がおかしかったかもですね。
流行はかなり意識していると思います。
ただ、現時点での新潟では他にないスタイルかなと思います。
Posted by bbshin at 2016年12月10日 07:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。