2017年01月08日

麺屋 肉ばかのド迫力のボリューム「テラのせ(肉)」

新潟市中央区にある「麺屋 肉ばか」へと行ってきました。

nikubaka2_201701_1.jpg


こちらのお店に行くのは、オープン当初の2014年6月以来となります。


通常の「らーめん」に、前回気になっていたトッピングの「テラのせ(肉)」を追加してみました。

すると、、

テラのせは、別皿トッピングとのこと。

という事で、まずはシンプルな「らーめん」

nikubaka2_201701_2.jpg


テラのせ肉

nikubaka2_201701_3.jpg


そして、セルフで盛り付け

nikubaka2_201701_4.jpg

nikubaka2_201701_5.jpg


ノーマルのラーメンは、以前と盛り付けがだいぶ変わりましたね。
そして、スープの味も全くといって良い程変わったのではないでしょうか?
2年以上前の記憶でハッキリと自信は持てませんが、以前はもう少しシンプルで、動物系に醤油がメインの単調な味だった記憶があります。
今回のスープは、ライト白湯と思われる動物系のコクに加え、醤油や調味料などの旨味、更に貝エキス的(?)な印象的な旨味が加わっていたかなと。
一口飲んだ瞬間に旨味を感じる様な、特徴的な味だったと思います。


デフォルトでも4〜5枚の肉がのっているところに、別皿のテラ盛り追加する事で、元々のっているのと同じと思われる肉、鶏肉、あとは、濃い味がつけられた長い肉と3種の肉がプラスされるので、かなりのボリュームとなります。

大食いの人は、サイドメニューの鶏タレカツ丼、ちゃーしゅう丼と更なる肉を注文しても良いかと思いますが、スープの味が濃いので、ノーマルのライスなどを合わせると美味しいかなと思います。



久しぶりに行くと、以前はなかった塩ラーメンがメニューに追加されていたので、注文してみました。

新潟の塩

nikubaka2_201701_6.jpg

nikubaka2_201701_7.jpg


上には、ハマグリ的な貝がのっています。
スープには、醤油ラーメンにも感じた強い貝の様な旨味が加わっていました。
パっと見、上にのった貝の出汁かなとも思いますが、このスープ量に対しこのサイズの貝2つでは、この位の出汁は出ないと思うので、他にも何かを使っているのではないでしょうか。

あっさり塩ですが、かなり印象的な味に仕上がった一杯でした。


麺屋 肉ばかの詳細
posted by BBSHIN at 01:05| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。