2017年01月09日

辛さを10倍まで選択可能な激辛な一杯!! 地獄ラーメン 玉の家

新潟市秋葉区にある「地獄ラーメン 玉の家」へと行ってきました。

jigoku_201701_1.jpg


店主夫妻の似顔絵が描かれた看板が特徴的です。

jigoku_201701_2.jpg


ちなみに、以前食べにきた時は、お店の外観が黄色だった記憶があります。

地獄ラーメン 玉の家での過去の食べ歩き記事はこちら

色を変えたのかと聞いてみると、店主が老朽化の予防も兼ね、自分で塗装をしているのだとか。

過去には、一つ前のイエロー以外にも、レッド、オレンジ、ブルーだった時期があり、現在はブラックとの事です。
まるで戦隊ヒーローが組めそうなカラフルっぷりですね。


ちなみにお店の裏手には、地獄戦隊ラーメンジャーイエローの名残が・・

jigoku_201701_3.jpg



前回は、地獄ラーメンとマーボーメンを食べましたが、今回は、以前は無かったエビ地獄ラーメンにチャレンジしてみようと思います。

辛さは「3倍」にしてみました。

エビ地獄ラーメン(3倍)

jigoku_201701_4.jpg

jigoku_201701_5.jpg


10倍までの辛さが選択可能ですが、3倍でもかなりの辛さですあせあせ(飛び散る汗)

ただ、この辛さは、瞬間的な辛さで、後まで舌に残る様なタイプではありません。
舌には残らないものの、唇の痺れはしばらく残りましたが・・

ちなみに、辛味は2種類を使っているらしく、「エビ地獄」は通常の地獄ラーメンとは異なり、辛いタイプと通常のタイプの2種のブレンドなのだとか。
という事で、通常の地獄3倍よりも、エビ地獄3倍の方が辛いらしいです。
この2種の辛味は、スープの味や素材によって使い分けているそうです。

麺は多加水の細麺でした。
時折見かける麺ではありますが、ツルモチ中華麺タイプではなく、弾力感と歯応えの良さが目立つ麺ですね。
刺激的な地獄スープに負けない良い麺を選んでいるかなと思います。

具材はたっぷりの野菜の他に、大きめのエビが入っています。
このエビのプリプリとした食感が良いですねぴかぴか(新しい)

かなりの辛さでしたが、3倍は、まだ美味しく頂けるレベルの辛さでした。

ちなみに、10倍は店主自身も食べるのは厳しいらしく、正油なのか味噌なのかとスープの味がほとんど分からなくなるレベルの辛さなのだとか。
豆板醤的な辛味を足していく都合上、辛味が増えると、塩だろうが醤油だろうか、辛味噌的な仕上がりになるのかもしれませんね。

辛いものが好きという方は、ぜひ「10倍」試してみて下さい手(チョキ)

ちなみに、私が食べに行った時に、常連さんらしき二人組がメニューの確認もせずに、「5倍と10倍お願いします!」と注文していました。
好きな人にはタマラナイ味なのかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)


続きましてはこちら

ネギラーメン塩味 辛さ1倍

jigoku_201701_6.jpg


ネギラーメンは、醤油、味噌、塩の3種からスープを選択可能で、塩味のスープを選びました。
辛味の追加が可能ですが、前述の2種の辛味のうち、塩は辛い方を使うらしく、3倍位までがお勧めとのこと。
今回は1倍にしましたが、それでも結構な辛さです。
ただ、激辛とまではいかず、程よく食欲を刺激してくれるレベルの辛さですね。

あっさりタイプの塩スープにネギや具材の風味、そして辛味が加わり、とても印象的な味となっていました。


他にも色々なメニューが揃っているので、機会があれば、また食べに行きたいと思います。


地獄ラーメン 玉の家の詳細
posted by BBSHIN at 16:55| Comment(0) | 新潟市秋葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。