2017年01月22日

麺家 鶏処 あっさり鶏醤油清湯と辛味とゴマクリーミーな担々麺

新潟市江南区にオープンした「麺家 鶏処」へと行ってきました。

toriko_1.jpg


場所は、閉店してしまった麺処おおみちの跡地となります。


まずは、定番メニューの「鶏処しょうゆ」です。

toriko_2.jpg

toriko_3.jpg


あっさり醤油清湯スープです。
塩分は適量、醤油風味は見た目通りに濃い目ですね。
浮いている油は鶏油でしょうか?
専用の脂身から上がる様な鶏臭さのないクリアな風味の油でした。

麺は固め食感の中細ストレート麺でした。

トッピングとしては、細めのロールを薄切りにしたチャーシュー、太メンマ、味玉、カイワレ、ネギがのっていました。
味玉の味付けが濃く、美味しかったですねぴかぴか(新しい)

スタイルとしては、近年流行の鶏醤油清湯と昔ながらのあっさり中華そばの中間的な感じかなと。
濃い醤油風味が新潟に古くからあるタイプを想像させつつも、麺が今風のあっさり醤油ラーメン風に感じさせます。

最近はいかにもなスタイルのものを多く食べていたので、こういったタイプは逆に新鮮さを感じさせてくれますね。
とても美味しかったです手(チョキ)


もう一杯はこちら

担々麺

toriko_4.jpg

toriko_5.jpg


あっさりスープにゴマでコクとクリーミー感を出し、ラー油で辛味を加えたタイプです。
胡麻風味が強く、結構濃厚に仕上がっています。

序盤は、辛味強めのラー油の辛さをストレートに感じさせ、徐々に胡麻の風味を強く感じる様になってきます。
ラー油が減ってきた終盤にスープを飲むと、序盤には分からなかった旨味が目立つ様になりました。

ゴマは良く流通している芝麻醤の様な滑らかな感じではなく、時折すりゴマ的な荒いザラザラとした舌触りがありました。
丼周囲に付着したゴマをレンゲですくって舐めると、酸味にも似た旨味が独特な味でした。

麺は多加水でモッチリ食感の太麺です。
中太麺とは違い、麺の質感自体に個性はないですが、濃いスープの味を引き立ててくれる良い麺かなと思います。



3種類のラーメン全部トライしてみる事としました。

麻婆麺

toriko_6.jpg

toriko_7.jpg


大きくカットされた豆腐が特徴的です。
ツルンとした食感が良いですね。

麻婆餡は、汁無しかと思わせる程に強めのトロみでした。

餡自体の辛味が強く、辛味噌の風味とコク、そして甘みといった味が際立っていました。

辛味に慣れた終盤は甘みを強く感じる様になります。

あまり食べた事が無い様な独特なスタイルのマーボーメンだとは思いましたが、まだもっと美味しくなる要素はあるかなと。
濃い風味ながら若干単調感のある麻婆餡に、旨味調味料やそれに代わる強めの旨味を増やしたり、または、スパイス感など、もう一味、二味と加われば、更に美味しくなるかと思います。


ラストの一品はこちら

半チャーハン(300円)

toriko_8.jpg


ウマい!!
かなり好みのチャーハンです。

固めに芯が残る様に炊かれたご飯に濃い醤油風味と適度な旨味がプラスされていました。

あっさり醤油ラーメンとの相性も良いですねるんるん


麺家 鶏処の詳細
posted by BBSHIN at 14:47| Comment(0) | 新潟市江南区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。