2017年03月12日

荒川胎内インター近くの「麺やPS」のあっさり深みある味わいの醤油清湯

村上市、荒川胎内インター近くにある「麺やPS」へと行ってきました。

ps_1.jpg


外観が目立たないので夜だと場所が分かりにくいですが、「ながはま」という酒屋さんの隣にあります。

ps_2.jpg


注文したのはこちら

ラーメン

ps_3.jpg

ps_4.jpg


あっさりながらも濃い味わいスープです。
深みのある醤油風味を、厚みのあるしっかりとしたボディ感のスープが下支えしています。
動物系の強さが際立っていますね。

麺は多加水で歯応え強めの縮れ中麺です。
スープとも良く合っているかと思います。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、磯のりなどがのっていました。
チャーシューは、バラ肉のロールチャーシューで、サイズが大きく食べ応えがありますね。


「味の濃い方は割りスープあります」
とのこと

ps_5.jpg


という事でお願いしていました。

ps_6.jpg


冒頭に
「あっさりだけど濃いスープ」
と表現しましたが、それも納得の味です。

色を見ても分かるかと思いますが、かなり濃い目の鶏清湯となっています。
ただ「清湯」といっても、軽く濁っている様に見え、多めの素材を強めの火力でしっかりと炊き込んでいる事が予想されます。
そうした事が厚みあるボディ感に繋がっているかなと。
昔は
「透き通る様なスープ」
という言葉がもてはやされてきた時代もありますが、最近では褒め言葉ではなくなってきているのかなと。

また、動物系だけでなく魚介系も主張しており、素材としてはアゴを多めに使っているのだとか。
ただ、割りスープとして飲むと分かる魚介風味ですが、醤油スープにするとあまり分からなく、全体の旨味の底上げ的な役割になっているかなと思います。
動物系が強く、深みのある醤油ダレといったコチラの一杯のバランスであれば、もっと安価な別の魚介素材でも近い仕上がりには出来るかと思いますが、こうした「縁の下の力持ち」的な使い方も、時には面白いのかなと思います。


特に目立った部分などはないのですが、丁寧に作られ、全体のベースが強めで、バランスの良さが光っています。
とても美味しい一杯でした手(チョキ)



続きましてはこちら

味噌ラーメン

ps_7.jpg

ps_8.jpg


濃厚な仕上がりのスープです。
ただ、濃厚白湯的な濃厚さではなく、味噌の濃さによるもので、スープ自体はアッサリ系かなと思われます。
そして、強めのニンニク風味が加えられ、香りとしても香ばしい匂いを漂わせていました。

美味しい味噌ラーメンだったので、ピリ辛味噌とやらも試してみたいですね。


テーブル調味料

ps_9.jpg

醤油、酢、ラー油、胡椒の他に、白ゴマ、七味唐辛子、柚子胡椒などがありました。


奇をてらう事なく、シンプルにこだわりを詰め込むタイプのお店かなと思います。
機会があればまた訪れてみたいですね。

とても美味しかったですぴかぴか(新しい)


麺やPSの詳細
posted by BBSHIN at 09:39| Comment(0) | 村上市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。