2017年07月30日

麺屋ふゆき

十日町市の「麺屋ふゆき」へと行ってきました。

fuyuki_1.jpg


ちなみに正式店名は「麺屋冬㐂」と書きます。

fuyuki_2.jpg


「㐂」(七を3つ)の文字が設定によってはPC変換出来なかったり、ブラウザ表示出来ないケースもある為、お店紹介ページは「麺屋ふゆき」と紹介させて頂く事としました。


注文したのは、こちらのお店オリジナルの味という「担々麺」です。

fuyuki_3.jpg

fuyuki_4.jpg


丼が運ばれてきた瞬間に漂うスパイシーな香り!
香りの中で目立つのは山椒などでしょうか。
色々な匂いが漂い、ハッキリとは分かりません。

麺は多加水の縮れ中太麺でした。

スープ・油の色が強烈です。

fuyuki_5.jpg

fuyuki_6.jpg


飲んでみると、かなり複雑な味とスパイシー感です。

強烈な風味など、色々な味の中、クリーミーなコクも感じました。
恐らくはゴマでしょうか。
それが混ざる事で、終盤コクが増してきました。


穴開きレンゲがついているので、底にたまった具材をすくいながら食べる事が出来ます。

fuyuki_7.jpg


かなり種類豊富な具材が使われていました。

コリコリとした歯ごたえの挽き肉などの色々な食材が、味だけでなく食感においても複雑さを出し、終盤まで飽きさせる事がありません。


これはかなり独特なスタイルですねひらめき


正直、一口目の印象は、「詰め込み過ぎでまとまりが無い」といったイマイチなものだったのですが、食べ進める程に、舌が味に慣れてくるのか、それとも、表面の油が減り全体が混ざる事で一体感が増していくのか、ドンドンと美味しく感じる様になってきました。

たっぷりの具材やインパクト満点のスープをご飯と共に試してみたいですね。

とても珍しく、美味しい一杯でした手(パー)



もう一杯はこちら

十日町みそラーメン

fuyuki_8.jpg


スタンダードなスタイルの味噌ラーメンです。

味噌の風味が強く、濃厚な味わいでした。


味が濃いと感じる方はお願いすると割りスープがもらえる様です。

fuyuki_9.jpg


豚的な香りのする動物系清湯でした。
結構しっかりとした出汁かと思います。


テーブル調味料

fuyuki_10.jpg


酢、醤油、ラー油、ブラックペッパー荒挽、おろしニンニク、唐辛子が置いてありました。

おろしニンニクでパンチを加えたり、唐辛子で辛味を加えたりする味の変化を楽しんでも良いでしょう。


麺屋ふゆきの詳細
posted by BBSHIN at 10:14| Comment(0) | 十日町市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。