2017年11月26日

志那そば とうせんや 飲んだ後のシメにぴったりな昔ながらのあっさり系

新潟駅前、濱来た跡地にオープンした「志那そば とうせんや」へと行ってきました。

shinasoba_tousenya_1.jpg


ラーメンメニューは支那そばとチャーシューメンの2品のみ。
他には、タレカツ丼(780円)もありました。

まずはこちら

支那そば

shinasoba_tousenya_2.jpg

shinasoba_tousenya_3.jpg


あっさりながらも、しっかりとした旨味でハッキリとした味になっています。

麺は多加水の細麺です。

チャーシューは、しっかりとした歯ごたえで、脂分はかなり少な目。
出汁としてが肉汁が軽く抜けつつも、程よく肉の味を残し、かわりに適度な味が染み込んでいます。

他には、ほうれん草、ナルト、ネギ、メンマなどがのっていました。

「支那そば」
という品名にぴったりとくる一杯でした手(パー)


チャーシューメン

shinasoba_tousenya_4.jpg


調味料

shinasoba_tousenya_5.jpg


餃子用と思われる醤油、酢、ラー油、そして「そば用たれ」と書かれたものがありました。

shinasoba_tousenya_6.jpg


いわゆる「ラーメンのタレ」です。

これを入れる事で、ラーメンの味を濃く(塩分と旨味が増加)する事が出来ます。


サイドメニューとしてこちらを注文しました。

ミニタレカツ丼(380円)

shinasoba_tousenya_7.jpg


志那そば とうせんやの詳細
posted by BBSHIN at 15:56| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。