2017年12月25日

関屋 福来亭 背脂醤油の名店が西区に移転オープン!

関屋駅近くから新潟市西区に移転オープンした「関屋 福来亭」へと行ってきました。

hukuraitei2_1.jpg


関屋から移転したという事で「関屋」福来亭の名前はどうなるのかが気になっていましたが、長年使われてきた店名をそのまま変わる事はない様ですね。

店舗が大きく、かなりの人数が入りそうな広い待合席があります。
そして、その待合席からはガラス張りの製麺室が見えます。

店内は満席で待合席には10人ほどが待っていました。
待っている間、強い煮干しの香りが漂ってきました。


注文したのはこちら

ラーメン

hukuraitei2_2.jpg

hukuraitei2_3.jpg


燕系背脂ラーメンの王道系ともいえるスタイルです。

濃い目の醤油味のスープは、スープ自体はあっさりとした清湯で、背脂によるコッテリ感がプラスされています。
そして、スープは、煮干しがしっかりと効き、そこに加わる醤油風味、また、動物系も濃い目に取られている様で、厚みあるベースの強さが舌に伝わってきます。

浮いた背脂の脂身も、油が適度に抜け出ているので、そこまでの脂感はなく、見た目程の重たさはなく、食べやすい仕上がりです。

麺は多加水でツルツルモチモチ、太さによるガッシリ感が、深みある味わいのスープに負けず、麺とスープの相性もばっちりです。

とても美味しかったです。


もう一杯はこちら

チャーシューメン

hukuraitei2_4.jpg


チャーシューは適度に肉汁が抜けている様に見え、しまった質感となっていますが、程よい弾力感を残し、染み込んだ味もちょうど良く、とても美味しいチャーシューでした。
チャーシューメンお勧めですね。


半ライス

hukuraitei2_5.jpg


スープとご飯の相性も良く、ラーメンライス美味しかったです。


テーブル調味料

hukuraitei2_6.jpg


唐辛子、ラー油、ブラックペッパー、ホワイトペッパーが置いてありました。

ブラックペッパーよりホワイトペッパーの方が大きいものを用意しているのは何か意味があるのでしょうか?
パっと見、ブラックペッパーの方が醤油スープに合いそうな気もしますが、何かこだわりがあるのかもしれませんね。

2品食べましたがとても美味しかったので、またいずれ行きたいと思います。
ところで、以前あった五目ラーメンやタンメン、味噌、萌やしラーメンなどはなくなったのでしょうか?
移転オープンが落ち着いたら復活してくれる事を期待したいです。


関屋 福来亭の詳細
posted by BBSHIN at 00:59| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。