2018年02月04日

つた屋 旨味が染み出た昔ながらのあっさりタンメン

新潟市西区にある「つた屋」へと行ってきました。

tsutaya_201802_1.jpg


こちらのお店、以前ふと立ち寄った際に、食べた数品が美味しかったのでまた行きたいと思っていました。
スタイルとしては、良くある食堂なのですが、程よくハッキリとさせた味にしているのが良かったかなと。

場所が分かりにくく、黒埼地区総合体育館の近くにあり、黒埼インターから8号線大野町交差点を右折し、土手の道との合流点をそのまま右方向に行きます。
まっすぐ行くと左てにウオエイの金巻店があるのですが、お店は一本右側の道路にあるので、土手からの最初の信号を右折、すぐに左折と行くと左側にお店があります。
私の場合は、信号を直進してしまったので、ウオエイが見える手前の交差点で右折し、次の十字路を右折したら右側にありました。
こちらからは、お店の暖簾が見えないので、普通の民家に見え一回通り過ぎ一周する羽目となってしまいました。
お店の向かいには、三菱電機ストアという看板があるので目印にするとよいかもしれません。



注文したのはコチラ

タンメン

tsutaya_201802_2.jpg

tsutaya_201802_3.jpg


旨味と出汁感のしっかりとしたスープがとても美味しいです。

昔ながらのあっさりタンメンは、野菜の味とうまみ調味料の旨味が前面に出たケースが多いですが、こちらはスープの出汁もしっかりと出ていると思いました。
特に強いのは煮干しでしょうか。

野菜の甘味、煮干し出汁、そしてしっかりとした旨味と、あっさりながら飲み応え抜群な仕上がりとなっています。

炒め野菜はシャッキリ食感ながらスープの旨味が程良く馴染んでいました。

麺はシンプルな多加水中華麺でした。

とても美味しいタンメンでした。


マーボーメン

tsutaya_201802_4.jpg

tsutaya_201802_5.jpg

tsutaya_201802_6.jpg


あっさりスープに麻婆豆腐がかかるタイプの昔ながらのマーボーメンです。

程よいトロみの麻婆餡は、徐々にスープに混ざり、スープはマーボー味に染まります。
トロみは序盤はしっかりとしており、徐々にスープで薄まり緩めになっていきます。
昔ながらの麻婆麺の良くある変化ですね。
ただ、麻婆餡とスープの味がそれぞれしっかりとしているので、味が薄まる感じはなく、最後まで美味しく頂けました。


餃子

tsutaya_201802_7.jpg


モッチリ皮で大き目の餃子です。

野菜などの具材がギッチリと詰まっており、皮の食感も含め食べ応え抜群です。

以前食べたチャーハンも美味しかったですが、こちらの餃子もサイドメニューとしてお勧めです。


つた屋の詳細
posted by BBSHIN at 12:01| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。