2018年02月04日

キノコの味わいが駆け巡る! おこじょの「世界三大キノコの泡ラーメン」

新潟市西区にある「おこじょ」へと行ってきました。


okojo_201802_1.jpg


今回の目的はPRコーナーにて掲載していた一杯です。

世界三大キノコの泡ラーメンのPR情報はこちら

そしてやってきました!

okojo_201802_2.jpg


店員さんからは、上に、松茸、ビシソワーズと、2種のエスプーマがかかっているので、まずは混ぜずに味の違いを楽しむと良いと説明を受けました。


そして、最初に上にのったレンゲに盛り付けられた「黒トリュフのまぜそば」をパクっと一気にいくのがお勧めの様です。

okojo_201802_3.jpg


麺に絡まる旨味たっぷりのタレとトリュフの風味と濃厚感。

これはウマい!

ラーメン屋でこういうのが出てくるというのは予想外でしたね。



麺は平打ちの多加水太麺です。

okojo_201802_4.jpg


スープは、ポルチーニ茸のスープとの事で、かなりのキノコ感でした。

どういう構成かは聞いてないので分かりませんが、飲んだ感じでは結構な濃厚感があるので、動物系白湯にキノコ味をのせた様に感じます。
前に出ている味はほぼキノコでした。


具材にもキノコが使われています。

エノキとタマネギ

okojo_201802_5.jpg


シメジ

okojo_201802_6.jpg


+200円の追いリゾットがお勧めです。

okojo_201802_7.jpg


チーズも出てきます。

okojo_201802_8.jpg


出来上がり

okojo_201802_9.jpg


キノコスープとチーズの相性が最高ですね。

リゾットと言わず、通常スープにもチーズをたくさん入れたラーメンを食べたい位です。

そして、そのチーズキノコスープをご飯のコラボも格別の美味しさでした。


ラーメン、リゾットともに、過去に体験した事のない味でした。
そして、かなりハイレベルな逸品だったと思います。


こちらの一杯、ご紹介した際には2月下旬までと書いていましたが、店内の説明には2月中旬までと書いてありました。
あと少しで販売終了になりそうなので、お早目にお試し下さい。



もう一杯はこちら

純のどぐろチャーシュー

okojo_201802_10.jpg

okojo_201802_11.jpg


のどぐろの味がそのまま詰め込まれた様な鮮魚系スープは相変わらずの美味しさでした!


チャーシュー麺にすると、迫力ある骨付き肉がのってきます。

okojo_201802_12.jpg


レアチャーシューと鶏チャーシュー

okojo_201802_13.jpg


今回はキノコラーメンに追いリゾットをしたので、控える事にしましたが、のどぐろ茶漬けもお勧めです。


おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 23:58| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。