2018年05月16日

らぁ麺・酒菜 義澤 競馬場インター近くに移転オープン

新潟市西区から北区の競馬場インター近くに移転オープンした「らぁ麺・酒菜 義澤」へと行ってきました。

yoshizawa2_1.jpg


とり醤油

yoshizawa2_2.jpg

yoshizawa2_3.jpg


あっさり深みのある醤油味のスープです。
油はコクのある良質な鶏油だったと思います。

以前食べた時は、もう少し醤油風味がまろやかな印象でしたが、今回は少し塩分強めでエッジが効いた味に変化していたと感じました。

説明によると、
新潟の醤油、生醤油、本醸造醤油、再仕込み醤油、薄口醤油などを合わせた醤油ダレ
とのこと。
新潟のものとしては、小千谷市の山崎醸造の醤油、新潟県産生醤油「郷土の実り」を使っているのだとか。
山崎醸造は、比較的安価で質の良い濃口醤油、また、搾りたて生しょうゆなどが良い味を出しているので、個人的にも使用しています。

自分の好みとしては、もう少し薄口醤油を減らし、他を少しずつ増やした方が丸みと深みが出て良さそうな気もしますが、今回のものもインパクトが出ていてなかなか良かったかなと。

麺は多加水でもっちり系の麺でした。
全体的な仕上がりが関東的な割には、麺単体でみると新潟らしさが出ていたかと思います。

トッピングは、低温調理で程よくレアな仕上がりの豚、鶏チャーシュー、鶏団子、味玉、ネギ、三つ葉がのっていました。
深みある醤油スープと三つ葉がいかにもな感じですね。



もう一杯はこちら

煮干し塩

yoshizawa2_4.jpg

yoshizawa2_5.jpg


煮干しがしっかりと効いたあっさり塩スープです。

醤油ラーメン以上に塩分が強く、かなりガツっとくる味わいです。
煮干し出汁のラーメンは通常よりも塩ダレ控えめにしたりする事も多々ありますが、こちらの一杯は、通常塩分濃度の塩ダレに煮干しの塩分がそのままプラスされた位のバランスかなと。

スープの印象が強く、油の味が分かりにくかったのですが、油自体が強めの煮干し油かもしれません。
そこが一口目から強い塩気を感じさせる要因かも??


お好みで柚子胡椒を混ぜて食べます。

yoshizawa2_6.jpg


ミニ丼メニューも充実しています。

地鶏親子丼

yoshizawa2_7.jpg


ふわとろ食感の玉子、そして、柔らかさと弾力感を兼ね備えた肉の食感と旨味が絶妙です。
値段は480円とラーメンのサイドメニューとしては、かなりお高めですが、価格に見合うだけの一品だと思います。


あさり丼

yoshizawa2_8.jpg


しっかりとした味付けながら、しょっぱ過ぎず適度な味わいが良いですね。

ミニ丼二品は、サイドメニューとしてという事もありますが、ラーメンとは対照的に控えめな塩加減で食べやすかったです。

ちなみに、オープンしたばかりとあって、味噌ラーメン、つけ麺、まぜそば、夜のおつまみメニューは休止いているとのこと。
ラーメンの質も高く、サイドメニューも美味しかったので、今後に期待のお店です。


らぁ麺・酒菜 義澤の詳細
posted by BBSHIN at 00:32| Comment(0) | 新潟市北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。