2018年07月16日

麺屋 だしだ 煮干しが効いた一杯!

新潟市東区にオープンした「麺屋 だしだ」へと行ってきました。

dashida_1.jpg


場所は、勝鬨屋粟山店があった場所です。
竜胆、のろしと変化してきた場所ですが、今回は同グループのリニューアルではない様です。


注文したのはこちら

麺屋 だしだ

dashida_2.jpg

dashida_4.jpg


動物系・魚介系で、比較的あっさりめな仕上がりのスープです。
ダブルスープで魚介勝たせた様な、ライトな仕上がりの中、煮干の出汁感と軽い苦みが印象的です。
全体的にしっかりとしたベースがあり、各種素材がバランス良く出ている中、煮干し感だけを軽く突出させていると思いました。




dashida_3.jpg


中細のストレート麺は滑らかな質感としっかりとした歯ごたえ。
クオリティの高い麺だと思います。


味が濃いめに染みたチャーシューは、分厚く歯ごたえがありますが、質感は柔らかかったです。

綺麗に仕上げつつ、一点、煮干のアクセントを際立たせているところが、好印象な一杯でした。

新潟市で良く見かける魚介醤油に近いスタイルですが、オリジナリティを感じさせる仕上がりになっていたのが良かったと思います。


もう一杯はこちら

ごま醤油

dashida_5.jpg

dashida_7.jpg


かなりゴマが効いたクリーミーなスープです。
胡麻のコク以外にも、旨味もはっきりとしており、かなり印象的な飲み応えです。

上に浮いた辛味油により、程よい辛みがアクセントとなっていました。
あまり辛くない油でした。


麺は多加水もっちり太麺です。

dashida_6.jpg


こうした濃厚系スープに良く使われるタイプの太麺です。
もっちり食感がスープと良く合っていたと思います。


ごま醤油というタイトルで、注文時はどういうものかがイメージ出来ませんでしたが、食べてみると濃厚系担々麺的な一杯でした。
トッピングが挽き肉等の担々麺スタイルではなく、チャーシュー、メンマの他にコーンがのり、味噌ラーメン的なものとなっていました。

良く見かけるスタイルの担々麺かなと思いましたが、そうした中でもレベルの高い一杯だったと思います。

煮干しつけ麺なるメニューもあったのでそちらも機会あれば試してみたいですね。



サイドメニュー

チャーシュー丼(230円)

dashida_8.jpg


味の良く染みたチャーシューは、ラーメンにのっている時とは違い、温度が低いと歯ごたえある肉の食感が楽しめます。


麺屋 だしだの詳細
posted by BBSHIN at 22:26| Comment(2) | 新潟市東区
この記事へのコメント
10月15日初めて来ました
だしだ醤油を頂きました
味は問題なし
残念なのはなるとが入ってなかったこと

でもそれ以上に残念なのは
この店は客に優しくないなと感じたこと
テレビは誰のために付けたのか?
多分店主か見たいためだな
カウンターから見にくい
それだけ この店の感想は( ̄ー ̄)
Posted by しゅうちゃん at 2018年10月15日 14:15
>しゅうちゃん さん

コメントありがとうございます。

テレビなどは気にした事がありませんでした。
個人的には味重視でその辺りの事まで頭がまわっていなかったので。

味は問題ないというのであれば、とりあえずは良かったかもしれませんね。
Posted by bbshin at 2018年10月15日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。