2018年11月08日

やまだラーメン 土橋店 上越豚骨醤油の名店が提供するパーコーメン

上越市にある「やまだラーメン 土橋店」へと行ってきました。

yamada_tsuchihashi_1.jpg


お店の脇を通り裏側に行くと、大きな駐車場があります。

yamada_tsuchihashi_2.jpg


お店に入ると、特有の臭いが充満しています。
これは、豚骨等の動物系食材を長時間煮込んだ臭いですね。

お店の人にお勧めを聞くと「パーコーメン」「カキラーメン」との事でしたので、その2品を注文してみることに。

まずはこちら

パーコーメン

yamada_tsuchihashi_3.jpg


大きな豚肉がのっている以外はメンマ・ネギとシンプルなトッピングです。

パーコー

yamada_tsuchihashi_4.jpg

イメージしていたものとは違い、厚く切った豚肉をそのまま焼いた様な豚ステーキ的なものがのっていました。


スープ

yamada_tsuchihashi_5.jpg


強めの豚の香りが漂います。
店内に漂う香りは、濃厚豚骨系と同じものでしたが、実際のスープはあっさり清湯となっています。
特に上に浮いた合う脂から強い臭いを感じました。
恐らくは長時間強火でぐつぐつと煮込むのではなく、沸騰させずにじっくりと煮込む中、乳化せずに上に浮く油が、長時間空気に触れ加熱される事で変化していくのかなと。
(作り方を見ていないのであくまで想像ですが)


麺は多加水でツルツルモッチリ食感の中太麺です。

yamada_tsuchihashi_6.jpg


あっさりながらもインパクトある豚臭の一杯でした。
上越エリアのこのタイプのラーメンは、他の地域ではなかなか食べられないスタイルかなと思います。


続いてはこちら

カキラーメン

yamada_tsuchihashi_7.jpg


スープのベースはあっさり味噌です。

こちらは、豚の臭いは目立っていませんでした。

上にのる牡蠣

yamada_tsuchihashi_8.jpg


牡蠣は調理の過程で味が染み出るのか、スープにほのかな牡蠣風味が漂っていました。
カキペーストを使った程の牡蠣感ではないので、牡蠣が苦手な人でもいけそうなスープかなと思います。

スープは程ほどの牡蠣出汁感である反面、牡蠣自身にはしっかりと美味しさが残っています。
食感、味ともちょうど良く、滋味深い味が美味しかったですね。


麺リフトアップ

yamada_tsuchihashi_9.jpg


機会あれば、シンプルなラーメン、チャーシュー麺なども試してみたいですね。


やまだラーメン 土橋店の詳細
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | 上越市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。