2018年11月25日

風街らーめん店 あっさりながらも深みある味わいの淡麗系

長岡市の「風街らーめん店」へと行ってきました。

kazemachi_1.jpg


場所は近代美術館近くで、閉店した七つ星の跡地となります。


まずは、スタンダードな「らーめん」

kazemachi_2.jpg


スープ

kazemachi_3.jpg


スープはあっさり醤油味です。

厚みある飲み応えのスープは、動物系・魚介系の出汁感と醤油の風味が絶妙に調和しています。

強い旨味のインパクトというよりは、各素材をバランス良く配合し、それぞれを突出させていない様に感じます。




kazemachi_4.jpg


バッツリ食感の硬めな細麺です。

クオリティの高い醤油清湯系の一杯でした。


もう一杯はこちら

塩らーめん

kazemachi_5.jpg

kazemachi_6.jpg


醤油風味が無い分、出汁の感じが強めに出ています。
ただ、そのかわりに浮き油(ネギ油?)の香ばしい風味が全体のイメージに大きく影響していました。

こちらは、醤油以上に今風に仕上がったレベルの高い一杯だったと思います。

関東の名店などで良く見かけるタイプの塩ラーメンだと思いますが、新潟では珍しいタイプだと思います。
機会があれば是非お試し下さい。


風街らーめん店の詳細
posted by BBSHIN at 08:57| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。