2018年12月01日

安福亭 神田店 長岡駅前で食べられる本場の燕系背脂醤油

長岡駅前にある「安福亭 神田店」へと行ってきました。

anpukutei_1.jpg


駐車場は、お店の左右の少し離れたところにあります。

anpukutei_2.jpg


以前やっていたネギ入れ放題のサービスは終了したとのこと。

anpukutei_3.jpg



座敷席には、杭州飯店からのカレンダーが貼ってありました。

anpukutei_12.jpg


注文したのはコチラ

ラーメン

anpukutei_4.jpg


スープ

anpukutei_5.jpg


かなりあっさりとしたスープに背脂が程よく浮いています。
杭州飯店や福来亭白山町店と比べると、出汁の強さ、旨味、醤油感などが控えめで、昔ながらのスタイルの背脂醤油ラーメンとなっています。


麺は多加水のガッシリ食感の太麺です。

anpukutei_6.jpg


福来亭白山町店が杭州飯店に比べると抑えめなバランスでしたが、こちらは更に控えめな味となっていました。
福来亭白山町店の取材で知った事ですが、本家の杭州飯店がより印象的かつ美味しい味へと進化していっている事で生まれる差という事でした。

そういう意味では、こちらのお店の味が当時のスタイルに近かったものである事が予想されます。

味の変化を辿りに、各店を食べ比べてみるというのも面白いかもしれませんね。


もう一杯はこちら

みそラーメン

anpukutei_7.jpg


各種野菜など、たっぷりの具材がのっています。


スープ

anpukutei_8.jpg


あっさり系味噌が浮き油により程よくコッテリとさせたタイプです。


麺は太麺です。

anpukutei_9.jpg


テーブル調味料

anpukutei_10.jpg


紅ショウガは健在でした。
その他に、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、

そして裏側にも

anpukutei_11.jpg


醤油、酢、ラー油、七味唐辛子、そして、炒ニンニクが置いてありました。


安福亭 神田店の詳細
posted by BBSHIN at 10:11| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。