2019年03月08日

めんの坊 古町の路地裏 穴場的立地なお店が提供する魚介系醤油

新潟市中央区、古町エリアにオープンした新店へと行ってきました。

ちなみにお店の場所はかなり分かりにくいです。

西堀沿いにある「鳥梅」脇の路地に入ります。

mennobou_1.jpg

mennobou_2.jpg


すると右側にお店が!

「めんの坊」

mennobou_3.jpg


店内はカウンター席に加え、奥に小上がり席があり、4席1つと2席2つのテーブルが置いてあります。


ラーメンメニューは醤油と味噌の2種類でした。

まずは醤油

mennobou_4.jpg


スープ

mennobou_5.jpg


あっさり醤油味のスープです。

魚粉を入れたか、出汁が出やすい粉末状のものを使ったか、そうした細かなものが見えます。
そして、その見た目通りに強めの出汁がでています。
また、魚介系以外にも他の素材や醤油風味などもあり、しっかりとしたベースのある味になっています。


麺は多加水の縮れ麺です。

mennobou_6.jpg


場所柄もあってか、飲んだ後にぴったりなあっさり醤油に仕上がっていました。


もう一杯はこちら

味噌

mennobou_7.jpg


スープ

mennobou_8.jpg


あっさり系のスープに濃い味噌風味が加えられています。

上には玉ねぎ、モヤシといった炒め野菜がのっています。
風味の良い炒め油が浮き、スープの印象を香ばしいものにしている様に思えます。

火加減も程よく、モヤシは柔らかめとなりつつも、玉ねぎはシャキシャキとした食感を残していました。


麺は多加水縮れ麺です。

mennobou_9.jpg


あっさり系味噌スープと感じさせない程に、パンチある濃厚味噌に仕上がった一杯となっていました。



つづいてはコチラ

チャーハン

mennobou_10.jpg


しっとり食感で香ばしい風味、そして強い旨味が印象的です。

美味しいチャーハンでした。


ラストに自家製という餃子も注文してみました。

mennobou_11.jpg


もっちり皮の中には肉や野菜などの具材がたっぷりと詰まっています。

mennobou_12.jpg


餃子の具としては大き目にカットされた野菜のシャキシャキ感が予想外に良かったです。

こちらをつまみにビールを飲んでからシメのラーメンというのも良いかもしれませんね。


テーブル調味料

mennobou_13.jpg


醤油、酢、ラー油、こしょう、一味が置いてありました。


オープンしたばかりという事で、2019年4月末までの期間限定のサービスをしていました。

内容は、下の画像を来店時に店員さんに見せるとビール以外のドリンクがサービスとなるというものです。

mennobou_14.jpg


お一人1日1回限り
お連れ様人数分サービス
と書いてあります。
書いてはいませんが、一般的に考えると、「人数分」とはいっても当然各自注文する事が前提だと思います。

ちなみに「拡散希望」とあったので聞いてみたところ、本人や知り合い以外にも拡散先の人も可と言っていたので、ここに貼った画像提示も問題無いものと思われます。


4品試してみましたが、それぞれが特徴があり、ハッキリとした味に仕上げていたので、多くの人が気に入る味になっているかなと思います。
この機会にぜひお試し下さい。


めんの坊の詳細
posted by BBSHIN at 23:41| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。