2019年03月14日

話題の新店「にぼにゃん」 濃厚ドロ系ニボスープの一杯のシメに和え玉

胎内市の話題の新店「にぼにゃん」へと行ってきました。

nibonyan_201903_1.jpg


今回はメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのはコチラ

濃厚味玉煮干らーめん

nibonyan_201903_2.jpg


スープ

nibonyan_201903_3.jpg


濃厚ドロ系なニボスープです。

強烈な煮干し出汁を受け止める動物系の旨味・コクのバランスが絶妙ですね。


そして、麺はこのスタイルには定番ともいえるパッツン食感のストレート細麺です。

nibonyan_201903_4.jpg


食感の良さが際立つ麺ですが、インパクトある味わいのスープがしっかりとのってくるので、一口ひとくちが印象的な味となってきます。

トッピングの豚バラ、鶏モモチャーシュー、そして追加した味玉のクオリティが高く、また、刻み玉ねぎと磯のりは濃厚系のスープに絡めて食べるととても美味しかったです。


前回同様の感想となりますが、この系統のスタイルとしては出汁の強さの割りに苦味などは抑え、食べやすく仕上げていると感じます。
新潟にはまだ珍しい濃厚煮干し系ながら、新潟風にカスタマイズされた一杯は、なかなか他のお店では食べられない仕上がりになっているかなと思います。


今回は、和え玉も食べてみました。

nibonyan_201903_5.jpg


丼の底には風味が良くコク深い鶏油と旨味たっぷりの醤油ダレが入っています。
煮干し粉もかかり、チャーシュー、タマネギものっており、まずは、しっかり混ぜて「まぜそば」の様にして食べるのがお勧めとのこと。
お好みでテーブル備え付けの煮干し酢をかけるのも良いでしょう。
(麺の質感もあり、麺同士がくっつかない様に早めに混ぜて油を絡めた方が良いかと思われます)

そして、続いて、麺を残ったスープに浸けて「つけ麺」の様にして食べたり、スープに投入し「替え玉」の様にしたりと、色んな楽しみ方が出来そうです。


今回は取材という事もあり、もう一品サイドメニューを注文してみる事に。

「にいがた地鶏の鶏油かけごはん」(280円)

nibonyan_201903_6.jpg


底にはチャーシューが沈んでいました。

nibonyan_201903_7.jpg


和え玉もそうでしたが、こちらのお店は鶏油の質が良いですね。
臭みなくコク深い味がとても印象的です。

そして、風味良く旨味も絶妙な油とタレとペッパーの刺激の組み合わせが絶妙です。
とてもシンプルな組み合わせなのですが、それを感じさせない美味しさがありました。


ちなみに、和え玉が結構ボリュームがあるので、大抵の方は和え玉プラスご飯物だとちょっと多過ぎるかもしれません。
両方興味がある方は複数人で行って食べ比べるか、2度、3度と通い試してみると良いでしょう。


にぼにゃんの詳細
posted by BBSHIN at 20:31| Comment(0) | 胎内市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。