2019年03月31日

たんぽぽ 浦佐駅近くで食べられる鮎の焼干し出汁を使用した一杯

南魚沼市にある「たんぽぽ」へと行ってきました。

tanpopo_1.jpg


場所は浦佐駅のすぐ近くで、スバル書店と同じ建物に入っています。

tanpopo_2.jpg


注文したのは、看板メニューのこちら

アユの焼干しラーメン

tanpopo_3.jpg


スープ

tanpopo_4.jpg


麺は多加水細麺を使用。

tanpopo_5.jpg


スープには、浦佐やな場で獲れた鮎の焼干しを使っているとの事。
濃い目の醤油風味と少量の浮き油が軽いこってり感を加えています。

過去に鮎の焼干しを買い試しに出汁を取ってみたところ、「魚」とはすぐに分かるものの、主張弱めで繊細なスープが出来ました。
川魚という事もあってか、イワシやアジはもちろんの事、繊細な出汁といわれるトビウオや、また、海の白身魚からとれる出汁よりも淡いものでした。
その為、シンプルな塩味では旨味が弱く、醤油では独特の風味が隠れてしまうといった様に、難しい食材だと感じました。

そんな鮎を用いたこちらの醤油味の鮎の焼干しラーメン。
希少価値の高い一杯かと思われます。



もう一杯は、お店の名前がつけれれたこちらを注文してみました。

たんぽぽラーメン

tanpopo_6.jpg


「たんぽぽ」をイメージした盛り付けとなっています。

tanpopo_7.jpg


スープ

tanpopo_8.jpg


山北で作られた藻塩を用いているとのこと。

藻塩は県内外で作られており、色々と試してみましたが、確かに山北エリアで作られるいくつかの商品の質は高かったと思います。
舐めてみると分かりますが、旨味が強い塩なので、スープに使用すると、良い感じに味に広がりを与えてくれます。
ただ、動物系スープに藻塩のみ、といった使い方ではさすがに旨味が足りなく、しっかりとした味を作った上で、ベースアップに用いると良いかなと感じました。

そういう意味では、こちらの塩スープは他にしっかりとした旨味を加えていると思われます。
前述の鮎出汁醤油スープよりも、ハッキリとした旨味となっており、飲み応えある味となっていました。


麺は柔らかめに茹でられた多加水細麺です。

tanpopo_9.jpg


各種具材がのり、トロみのある餡がかかり、とても印象的な味に仕上がった一杯でした。


たんぽぽの詳細
posted by BBSHIN at 01:01| Comment(0) | 南魚沼市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。