2019年05月06日

中華そば 市松 打ち立て自家製麺の食感を楽しめる「月見つけめん」

長岡市にオープンした「中華そば 市松」へと行ってきました。

ichimatsu_nagaoka_1.jpg


場所は潤 長岡上除店があったところです。

ちなみに、市松といえば、以前新潟市中央区にもお店がありました。
市松食べ歩き記事

今回、長岡のコチラのお店を食べてみましたが、新潟市にあったお店とは、店名は同じものの、提供しているラーメンは全く異なるものでした。


メニューを見ると、ラーメンよりもつけ麺の方が上に表記されていたので、まずはそちらを頂いてみる事に。

月見つけめん

ichimatsu_nagaoka_2.jpg


「月見」とは名前の通りに生卵が入ったものでした。


特筆すべきは麺です。

ichimatsu_nagaoka_3.jpg


麺は自家製で作っており、麺帯の状態まで仕込んでおいた生地を提供前にカットし麺状にしていました。
打ち立ての麺を食べられるのは嬉しいですね。

ちなみに、製麺機は切り刃を通すタイプのものではなく、トントントンと包丁で切る様にカットしていく様なタイプでした。


つけダレ

ichimatsu_nagaoka_4.jpg


スープは比較的あっさりタイプで、濃い醤油の風味、そして、酸味と甘みが加えられていました。
また、カツオ節も入っており、元々魚介出汁と思われるスープに魚介風味がプラスされています。


麺をつけて食べると、、、

ichimatsu_nagaoka_5.jpg


うどんにも似た食感の麺は、もっちもちの麺の弾力感が良いですね!
多加水の中でも水分量が多い部類に入ると思われます。

包丁の様なものでカットしている事で断面の角が立ち、エッジが効いた食感も楽しめます。

麺は一本一本がかなり長いのが特徴的です。
製麺機の包丁部分より長い様に見えるので、麺帯を折り重ねカットしているのかもしれませんね。


こうしたこだわりの麺をより楽しめるという事で、つけ麺冷盛りがメインメニューとなっているものと思われます。


また、つけダレの器には、二種のチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、そして生卵が入っていました。

生卵は色々な食べ方があると思いますが、レンゲですくいツルンと食べても良し、崩してスープと混ぜても良し、または、軽く崩し麺に絡めて食べるといった食べ方も良いかなと思います。


もう一杯はこちら

月見中華そば

ichimatsu_nagaoka_6.jpg


スープ

ichimatsu_nagaoka_7.jpg


少しもらいましたが、こちらの方が出汁が分かりやすいですね。
濃い醤油風味に、魚介出汁が良く出ていたかなと思います。
こちらもかつお節が入っていましたが、メインの出汁は煮干しでしょうか??




ichimatsu_nagaoka_8.jpg


つけ麺の方がより麺の食感を楽しめるとは思いますが、加水率が高い事もあり、スープの中での時間の経過による変化も少ないかなと思います。

魚介醤油スープとの相性も良いと思います。


この他にも、「ハッチュウつけめん」「ハッチュウジャン麺」「ホルモン中華そば」というメニューがある様ですが、まだ提供を開始しておらず、5月中旬発売予定とのこと。


中華そば 市松の詳細
posted by BBSHIN at 00:10| Comment(0) | 長岡市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。