2012年11月23日

ラーメン二郎 三田本店(東京都)

東京ラーメン巡り1軒目

田町に用事があったので、近くにある「ラーメン二郎 三田本店」へと行ってきました。

jiro_mita_1.jpg


券売機でプラスチックの食券を購入しカウンターの上に置きます。
麺の量、麺の固さ、味の濃さ(薄め)など後から変更できないものは先に聞かれ、お店の人に聞かれたタイミングで野菜やニンニクの量について注文(コール)します。


今回は普通のラーメンにしました。

jiro_mita_2.jpg

jiro_mita_3.jpg


普段大盛りなどを食べない私にとっては、麺の量がかなり多かったですあせあせ(飛び散る汗)
いけるかと過信してましたが、減らしておけば良かったたらーっ(汗)
体の衰えを感じますふらふら

スープまでは無理でしたが、麺と野菜だけは全部食べましたひらめき


この後、2〜3時間の余裕があったので、もう1、2軒行く事を計画していたのですが、かなりお腹いっぱいになったので、喫茶店で時間を潰す事にしました爆弾


ラーメン二郎 三田本店の詳細
posted by BBSHIN at 22:17| Comment(2) | 東京都
この記事へのコメント
 その昔、三田本店だったかどうかは定かではありませんが、薄暗いカウンターのみの席に通され、店内は「小ぶた!」「脂まし!」みたいな声が飛び交っていたように覚えています。テーブルの上は、脂でヌルヌル気味でしたね(笑)

 
 厚みのある豚がゴロゴロとあり、小ぶたにしたのに量は全く小じゃなく、ニンニク増しにした友人にはしばらく近寄れない、そんなカンジの豪快で、かつクセになるラーメンでした(笑)

 十年くらい前は、たまに思い出して二郎を食べたくなることもありましたが、今では県内にある二郎的ラーメンが十分美味しいことと、年齢的にあのコッテリはもう限界(笑)なことで、僕的に二郎はもう卒業間近ですね(笑)
Posted by きょせん at 2012年11月24日 11:06
>きょせんさん

豚は確かに厚みがありますね〜
油の量も多く、序盤油の層をくぐった麺からは塩分を感じず、下の方からもってきた麺はかなりしょっぱめでした。
Posted by bbshin at 2012年11月24日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。