2012年12月02日

三吉屋 チャーシューメン

コマチ無料券を片手に古町の「三吉屋」へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

sankitiya_201212_1.jpg


注文したのはチャーシューメンです。
無料券はチャーシューメンまでOKらしく、差額100円で大盛りに出来ます。
「トッピングでワンタン出来ますか?」
と聞いてみたところ、残念ながら出来ないらしいです

sankitiya_201212_2.jpg

sankitiya_201212_3.jpg


う〜ん・・


旨いexclamationexclamation×2


ここのラーメンはいつ食べても良いですね〜グッド(上向き矢印)

麺の茹で加減もちょうど良し手(パー)

昔ながらの製法で作られたと思われるチャーシューは、程よい肉の旨味と噛み応え手(チョキ)



余裕の完食です手(グー)

sankitiya_201212_4.jpg



やはり、どうしてもワンタンが食べたくなり、追加で注文手(パー)

sankitiya_201212_5.jpg

sankitiya_201212_6.jpg


初めて注文しましたが、普通に一食サイズの器で出てきた事に驚きました(^_^;)

ずっと、食べてみたいと思ってたので、念願叶い嬉しい気持ちでいっぱいでするんるん


ちなみに、量的にラーメン程のお腹の満足度はないものと思われます。
かといって、ラーメンのサイドメニューとして注文するには量が多いし、一体どういう人が注文するんだろう??
小腹が空いた人がラーメン一杯ほどはいらないけど、軽く食べたいとかかな?

素人考えでは、値段を下げて半分位の量にすれば、ラーメンのサイドメニューとしてちょうど良く、または、トッピングとして用意しておけば、ラーメンと合わせて注文する人が増えて客単価が上がる気がしましたが、、
きっと大人気の老舗店にはそんな小細工など必要無いのでしょう手(パー)

むしろ、「トッピング出来ますか?」なんて聞く方が空気読めてないのかと(^^;)


また今度食べに行きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


三吉屋の詳細
posted by BBSHIN at 11:03| Comment(2) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
 親子祖父祖母三代に渡って、中央区内、いや、もっと言えば旧新潟市内、すなわち西堀通りが09国体前のまだ1車線時代、いやいや、もっともっとずーっとずーっと遡れば、西堀がまだ堀の水路時代からの愛すべき老舗ラーメン屋です。(むろん、僕はその頃は知りませんが・・・。) 

 ラーメンのどんぶりの上側に、昔ながらの四角形状のナルト印のマークが一周分書いてある、そんなほのぼのとしたお店です。客層も、年輩が多いですね。きっと、古町界隈で、お買い物を終えた老年の方々が、昔を懐かしがってのご来店なのでしょう。

 いろんな新開発のラーメン、オリジナリティの富んだラーメンが受けつつある中で、こういった昔ながらの根強いファンがいるラーメン屋も、安心感と心強さを感じますね(笑)

 著者さんがおっしゃるように、そっとしておくべきところはそっとしておいて、老舗の味を満喫するのがベターかも知れませんね(笑)

 僕も、ウチの親がラーメンを食べたいと言ったときに、真っ先に頭に思い浮かぶラーメン屋のひとつです(笑)
Posted by きょせん at 2012年12月02日 21:25
>きょせんさん

詳細な書き込み、どうもありがとうございました!

昔からの根強いファンが多いお店というのは、スタイルを守り続ける事が価値だったりしますよね(^^)v
Posted by bbshin at 2012年12月02日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。