2013年03月25日

らーめん小金太(鹿児島県)

鹿児島ラーメン、1軒目のお店は「らーめん小金太」です。

kokinta_1.jpg


取材拒否との話も聞きましたが、普通に食べに行って写真撮ってブログ掲載位はオッケーみたいです。


席に座るとまず、大根の漬物が出てきました。

kokinta_2.jpg


この後、何軒か鹿児島のお店を巡りましたが、この大根の漬物はこの地域では基本みたいです。
居酒屋でお通しが出てくる様な感じですかね。(この大根は無料です)



食べるラー油

kokinta_3.jpg



カウンターのみのお店ですが、数席おきにネギが丼にたっぷりと入っているので、店員さんに聞いてみると食べ放題との事です。

kokinta_4.jpg


店員さんは続けて

「足りなければ言って下さい手(パー)

とニヤリとしていたので、つい笑ってしまいました爆弾
このネギの量で足りないって・・たらーっ(汗)


ラーメン

kokinta_5.jpg

kokinta_6.jpg


パっと見、前日まで食べてた熊本ラーメンに近いルックスですが、食べてみると全然違います。

スープは濃度が高くない動物系で、旨味が強めです。
タレやその他からくるものと思われます。

見た目で熊本風と感じさせたものは焦がしニンニクではなく焦がしネギで、良い風味を出していますぴかぴか(新しい)

麺は福岡、熊本と南下しながら食べ歩きをしてきた身には久しぶりのストレートのツルモチ麺です。

細い幅に切られたキャベツ、細く長いもやし、刻みネギ、キクラゲ、チャーシューなど具沢山の一杯です。


途中でネギをたっぷりとかけました。

kokinta_7.jpg


ネギは使用した後、次に使うだろうと思われる人の近くに置いてあげると良さそうです。
(4〜5席位に一つ位でした)



初めて食べるタイプのラーメンなのですが、「初めて食べる新鮮さ」というより「昔ながらの懐かしい味のラーメン」と感じさせる一杯でした手(パー)


特に際立った特徴がある訳ではないですが、このスタイルのラーメンが「鹿児島ラーメン」みたいですね。
この後に食べた「くろいわ」も比較的似たスタイルでしたし。

鹿児島には福岡、熊本などの豚骨スープと無関係のラーメン文化があると聞いた事がありますが、その通りなのかなと感じましたひらめき
といっても、数軒しか食べてないので何とも言えないのですが。。


ミソラーメン

kokinta_8.jpg


らーめん小金太の詳細
posted by BBSHIN at 01:03| Comment(0) | 鹿児島県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。