2013年06月13日

らあめん お〜や 煮干しのきいた冷やしらぁめん

東堀の「らあめん お〜や」へと行ってきました。


ooya_201306_1.jpg


今回のお目当てはPR情報をもらっていた「煮干しのきいた冷やしらぁめん」です。

ooya_201306_2.jpg

ooya_201306_3.jpg


冷たい事もあってか煮干の強い香りが漂ってきたりはしませんでしたが、スープを口に含むと煮干の風味が広がります。
煮干の香味油を使っているらしいですねぴかぴか(新しい)

麺は水でシメられた事による弾力が良いと感じましたが、店主に聞いてみると冷やして固くなり過ぎない様に柔らかい麺を使っているとか。

揚げた麺のミミというのもパリパリとした食感が良いですねるんるん


終盤、レモンを絞ると、元々さっぱりとしていたところに、更に清涼感がプラスされ食べ飽きる事がありません。

最近の健康診断の結果が良くなかったので、塩分・脂肪分を抑えなくてはいけないと思っているのに、ついつい完食手(パー)

ooya_201306_4.jpg



濃厚らぁめん(岩海苔トッピング)

ooya_201306_5.jpg


シメにらぁめん茶漬けを頂きたかったのですが、、

ooya_201306_6.jpg


残念ながらご飯が売り切れふらふら

前回食べたあっさりのラーメン茶漬けを美味しかったので、今回は濃厚の茶漬けが食べてみたかったのですが・・

「冷やし茶漬け」もあるらしいので、是非お試し下さいぴかぴか(新しい)


冷やしの美味しさに十分満足したものの、お腹的には茶漬けを食べるつもりでいたので、このまま帰るのは若干の物足りなさが残ります。


という事で「うどん」を冷やしで注文

ooya_201306_7.jpg

ooya_201306_8.jpg


煮干冷やしらぁめんと食べ比べるとかなり違うと感じたのですが、店主曰くスープの配分と油の有り無しが違う位とのことです。(当然麺もですが)

油が与える印象の大きさに驚いた次第です。

ちなみに、スープはトロトロととろみをおびていますが、これはあっさりのスープ内のコラーゲンが冷たくなる事で粘度が増した状態らしいです。
あっさりらぁめんの動物系スープには、こんな状態になる程の素材がたくさん使われているんですね。
最初に食べた煮干冷やしは「煮干の割合を増やし」とある様に、うどんの方がトロミが強いのでしょうか?
もしかしたら同じかもしれませんが、うどんの時にとろみの印象が強かったです。


麺の方も、とてもコシの強いうどんは歯応えも良く美味しかったですぴかぴか(新しい)


らぁめんお〜やの限定情報

らあめん お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 21:44| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。