2013年09月09日

中華そば じるば

半年ぶり位に胎内市にある「中華そば じるば」へと行ってきました。

jiruba_201309_1.jpg


以前食べにきた時は、新潟では珍しいパツンパツンとした食感の麺と淡麗スープが特徴的なラーメンだったのを覚えています。


前にきた時とは、昼時を少し外していた事もありますが、今回は前回よりもかなり多くのお客さんが入っています。

常連客も増えた様で、私より後に入ってきた二人組は、
「いつもの2つ!」
の様に、明らかに常連と思われる注文の仕方をしていました。



メニューを見ると、今は麺が細麺と縮れ麺が選べる様になったみたいですひらめき

今回注文したのは、「煮干し風味の中華そば 肉増し」(細麺)

jiruba_201309_2.jpg


相変わらず綺麗でセンス溢れる盛り付けですね〜ぴかぴか(新しい)


麺を持ち上げると、、

jiruba_201309_3.jpg


以前と少し見た目が違います。

食べてみると、食感がだいぶ変わっています。

以前のパツパツした麺ではなく、新潟でも馴染みのあるツルモチのストレート細麺に変わっています。
気になってお店の人に聞いてみると麺を変更したとのこと手(パー)

個人的には以前の麺の方が好みでしたが、恐らくこちらの麺の方が、新潟に住む人々の口に合うのではないかなと思いますひらめき

あっさりながらも煮干しの風味の効いたスープとの相性もなかなかです。

あと、具材については、写真を見てもらっても想像がつくと思いますが、一つ一つ丁寧に作られている感じが伝わってきます。
歯応えの良いチャーシュー、穂先メンマ、味玉はどれも質の高い一品でしたぴかぴか(新しい)


しおそば(小盛)(縮れ麺)

jiruba_201309_4.jpg

jiruba_201309_5.jpg


こちらは、肉が鶏チャーシューとなっています。

以前食べた時も鶏全開のスープだと思いましたが、今回は更にパワーアップしていますひらめき

ちなみに、麺は縮れ麺にしてみましたが、個人的好みでは、煮干し中華としおそばの両方共、細麺の方が好みでした。
しおそばのスープは、鶏の味が濃いかわりに煮干し中華に比べストレートな味わいなので、縮れ麺にすると麺が目立つ感がありました。
そういう意味では縮れを楽しむなら煮干しの方かなと。
(あくまで私の好みです)


ラーメン屋には「コレ」と決めたら全くブレずに同じ味を提供し続ける店もいれば、常に改良を重ね変化していくお店があります。
こちらのお店は、恐らく後者なのでしょう。
といっても、奇抜な事をしたり限定をガンガン出したり、という訳ではなく、とても渋い変化をしていると感じます。

これからのこのお店の変化に注目していきたいと思います手(パー)



中華そば じるばの詳細
posted by BBSHIN at 20:19| Comment(0) | 胎内市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。