2013年11月03日

櫻食堂

新潟市西区に今年9月オープンしたばかりの新店「櫻食堂」へと行ってきました。

sakurasyokudou_1.jpg


この辺りは侍元やことぶきなどの人気店が揃うかなりの激戦区です。
その様な立地に果敢にも挑む新店が出すラーメンは果たしてどの様なものなのか、かなり気になっていました。
また、当サイト掲示板ユーザーからの評価も高かったので、期待感が高まりますグッド(上向き矢印)



Wラーメン
タイトルの「W」とはホワイトスープのWらしいです

sakurasyokudou_2.jpg

sakurasyokudou_3.jpg


運ばれてきたラーメンを見ると、確かに白っぽい感じです。
見た目からすると、自分の経験からの想像で濃度低めの豚骨魚介かと思いましたが、スープを飲んでみると予想外の味わいですひらめき

スープはあっさりだけどコク深く、口に広がる魚介の香りも実に良い感じですぴかぴか(新しい)
表面の油は鶏とアゴ油とのこと。

麺は表面がツルツルしていて、うまく表現出来ませんがモチモチとしているというよりは、噛み切る時にムニュっという様な食感の麺で、スープとも実に良く合っています。


また、岩海苔から溶け出す磯の香りが、変化を与えて最後まで飽きさせませんるんるん

そして完食手(チョキ)

sakurasyokudou_4.jpg


AGラーメン

sakurasyokudou_5.jpg


AGはスープに使われている飛魚の別名「アゴ」の事らしいです。

こちらもWラーメンとはまた違った方向で、あっさりながらも旨味たっぷりのスープが特徴的でした。

2杯を食べてみて、かなり美味しいと思ったので、ノーマルの櫻ラーメン、味噌ラーメン、つけ麺などにも興味が沸きました。

また、昼時はカレーが500円、上越風豚汁の豚汁定食が600円というリーズナブルな価格設定が嬉しいですねるんるん

カレーには動物系の軟骨、小骨から取ったゼラチン質を使っていると書いてありましたが、ラーメンスープを取る時の出汁ガラの有効活用でしょうか?
実際に見てないから何とも言えませんが、素材を余すところなく使うという発想は好きですねぴかぴか(新しい)
ぜひランチタイムに伺ってみたいものです手(チョキ)



櫻食堂の詳細
posted by BBSHIN at 02:14| Comment(0) | 新潟市西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。