2014年04月04日

麺マッチョ

新潟市東区に4月5日オープンの新店「麺マッチョ」
(場所はナイルだるま2イエナ跡地です)

men_macho_1.jpg


前日の試食会に招かれ行ってきました。


リニューアルされた店内

men_macho_2.jpg


イエナ時代にあった座敷はなくなりテーブル席となっています。


カウンターはそのまま使用しています。

men_macho_3.jpg

men_macho_4.jpg


黒烏龍茶が無料となっています。

men_macho_5.jpg


油の多いコッテリとしたラーメンには黒烏龍茶が嬉しいですね〜ぴかぴか(新しい)



野菜等の無料トッピングは、「ちょい増し」から「マッチョ増し」まで増量無料となっています。

メニューには野菜トッピングの増量比較写真が掲載されています。

men_macho_6.jpg


ラーメン(麺普通盛り200g)を野菜増し増し、ニンニク増し、あぶら増しで注文しました。

men_macho_7.jpg

men_macho_8.jpg


かなりのボリュームに驚きですあせあせ(飛び散る汗)

かつお節は「増し」にしていないけど結構のっているのですねひらめき

ボリュームがあり、しっかりとした美味しさの二郎インスパイア系ラーメンだと思います手(パー)


スープはサラリとした白湯スープで、動物系旨味の印象が強く、背脂のコク、甘みがプラスされています。
タレの印象よりもスープと脂の動物系の旨味が上回っているという印象です。

また、脂は塩分の感じ方を緩やかにさせるのと、野菜増しの水分もあってか、今回の注文であれば「カラメ増し」位でちょうど良かったかもしれません。
人の好みは人それぞれだと思いますが、こういうラーメンは少々しょっぱく感じる位の方が美味しく、また、タレを増やす事でタレの旨味も強くなり、より美味しくなる気がしますぴかぴか(新しい)


チャーシューについては質問しませんでしたが、豚バラのロールチャーシューを分厚く切ったものだと思います。
部位については、マルシン精肉で買った肉を使い自分でチャーシューを作った時と似た食感だったので多分合ってると思いますが、間違ってたらゴメンなさいたらーっ(汗)
柔らかく、美味しいチャーシューですねるんるん


つけ麺、野菜増し、鰹増し

men_macho_9.jpg


スープは甘酸っぱいタイプです。

鰹はつけダレの器に入っており、自然と鰹出汁も加わります。
麺の上に置いてもらう事が可能であれば、セルフ追い鰹的な味変も可能かもしれませんね。

器には他にもゴロゴロとしたチャーシューと半味玉が入っていました。

つけ麺の野菜は「増し」までとの事で、野菜は別皿でやってきます。
写真を見ても分かるとおり、結構な量が入っています。



様々な無料トッピングと、それぞれの量を数段階で変更出来るので、何度も通い自分好みのバランスを見つける楽しみがあるお店だなと感じました手(チョキ)
レベルの高いノウハウを持っての出店だという印象ですね。

次行く時は、「ラーメン野菜増し、カラメ増し」で注文し、もう一人は「カレーつけ麺野菜増し」と無料の「ライス」を注文してみようと思います手(パー)


メニューも多く、注文もバリエーションが豊富なので、オープン当初は、オペレーションが落ちつくまでは若干バタつく事も予想されます。
食べ切れない程の「増し」を注文し、長時間奮闘する人とかもきっといると思います(^^;)
といっても、時間とともにお店も客も慣れていく事でしょう手(パー)


今回の試食会では私が最後の参加者だった事もあり、食後に厨房を少し見せてもらえたので、取材記事を書く事としました。

麺マッチョへの取材記事


麺マッチョの詳細
posted by BBSHIN at 23:21| Comment(0) | 新潟市東区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。