2014年04月10日

麺爆怒門

先週、市役所近くにオープンしたばかりの新店「麺爆怒門」に行ってきました。

menbakudomon_niigata_1.jpg


上越市の麺爆怒門からの暖簾分け店との事です。
ちなみに麺爆怒門とは、以前ラーメンバトルでも食べに行った「麺屋義次」の姉妹店で、二郎インスパイア系のラーメンを出しているお店らしいです。

しかし、こちらのお店のラーメンは二郎インスパイア系ではなく、「基本」「豚骨醤油」「つけ麺」の3本立ての様です。


とい事でまずは、基本から


怒門ラーメン基本

menbakudomon_niigata_2.jpg

menbakudomon_niigata_3.jpg


こってり感があり、インパクトのある一杯ですねひらめき

多めの背脂が浮いており、その下には濃厚な動物系スープが隠れています。
浮いた油と白湯の油のWパンチは破壊力抜群です。
といっても、油は口当たりまろやかで、甘味とコクを感じさせつつもギトギト感はありませんるんるん

お店に圧力鍋が置いてあったので、何に使うかを聞いてみると背脂の下処理に使っているそうですぴかぴか(新しい)
背脂の臭みを出したくないので、仕込みにはこだわっているとか。


ニンニクを入れて良いかを聞かれたので、普通に入れてもらいましたが、結構な量が入っています。
スープに強烈なアクセントを与えるので、入れる場合はいきなり混ぜずに、少しずつレンゲで混ぜながら食べていくと味の変化を楽しめるでしょう
ちなみにお昼時は、さすがにニンニク抜きにする人が多い様です。

麺は歯応えのある中太麺です。
茹で加減固めというよりは、かん水多めでコシを出しているか、それとも作り方か、といった印象を受けましたが、麺についてまでは聞いていないので真偽の程は分かりません。
スープと良く合う美味しい麺でした手(パー)



味濃い目が好きな人はテーブル備え付けのラーメンタレで味を濃くする事が可能です。

menbakudomon_niigata_4.jpg



豚骨醤油

menbakudomon_niigata_5.jpg

menbakudomon_niigata_6.jpg


家系にも似た豚骨醤油ラーメンです。

油が軽い事もあり、基本に比べてスープの感じが良く分かります。
麺は基本と同じ位の太さの麺ですが、基本程の固さではなく、少しモチっとした食感の麺です。


こちらのお店、トッピングメニューが無く、また、チャーシューメンや味玉ラーメンといった様なトッピング追加系も無く、シンプルなメニュー構成となっています。
そのかわりに今回食べた2杯のラーメンは、ノーマルでもトッピング多めのちょっぴり豪華な盛り付けとなっていました。
お店の中はカウンターのみのシンプルなつくりで、多くても2人、基本は一人で切り盛りする感じなので、スムーズな営業をする為の工夫なのかなと思いました。



肉こしょう丼

menbakudomon_niigata_7.jpg


運ばれてくると、胡椒の香りが漂い、食欲を刺激します。
ラーメンのサイドメニューとしてはピッタリの一品でした。
ご飯物メニューは他にもチャーシュー丼、卵かけご飯、ライスがありました。


今度上越に行った際には、二郎インスパイア系の方も試してみたいですねわーい(嬉しい顔)


麺爆怒門の詳細
posted by BBSHIN at 22:08| Comment(2) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
残念ながら6月下旬ころ
早々と店をたたまれてしまいました…

惜しい店だったのですけどね…
Posted by COKE. at 2014年07月19日 16:45
>COKE.さん

情報ありがとうございます。

良いお店が出来たと嬉しかったのですが、残念ですね。。

上越や妙高のお店に期待したいと思います!
Posted by bbshin at 2014年07月19日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。