2014年04月18日

のろし 柏崎店

柏崎市、柏崎駅南口のすぐ近くにある「のろし 柏崎店」に行ってきました。

noroshi_kashiwazaki_1.jpg


お店に入ると以前、阿賀野店にインタビューした際に副店長をされていた太田さんがラーメンを作っていました。

のろし阿賀野店へのインタビュー記事

阿賀野から長岡に移り、再び阿賀野へ。そして今は柏崎だったりと中々ハードな異動に見えますが、それだけ必要とされる人物という事なのでしょう手(パー)
お昼時の混雑を冷静に淡々とさばいており、恐らくお若い方だとは思いますが、既に貫禄と風格を持ち合わせていると感じます。


券売機のメニューを見ると、消費増税もあってか価格が改定されていました。
ただし、肉1枚のラーメンは580円に据え置きで、以前はチャーシューが3枚までは、1枚10円増える形だったところが、1枚増えるごとに50円プラスという形になっていました。
これは、恐らく以前の価格が基本肉3枚のガツ盛りラーメンをベースに、肉を減らす選択肢も用意しただけだったところ、価格改定により本来トッピングの中でも一番原価のかかるチャーシューにのる形になったのかなと思います。
これが自然だと思いますし、何よりも、いまだにラーメンを580円で提供しているという点には頭が下がります。


ラーメン肉1枚

noroshi_kashiwazaki_2.jpg

noroshi_kashiwazaki_3.jpg


相変わらずボリュームたっぷりですね〜グッド(上向き矢印)

モヤシ等の野菜がたっぷりとのり、チャーシューは厚めで柔らかく食べごたえがありましたるんるん
以前こちらの系列店で食べた時、これよりも分厚く切られていたチャーシューを食べた事もありますが、食べやすさ、美味しさ的にはこの位がベストだと思います。

スープ表面には適度に油が浮き甘みとコクがあり、また、醤油ダレとスープのバランスもちょうど良いですねぴかぴか(新しい)

とても美味しく、ボリューム満点の一杯でした手(パー)


メニューには、以前無かった塩ラーメンが追加されていたので注文してみました。

塩ラーメン

noroshi_kashiwazaki_4.jpg


普通のラーメンとの違いは恐らく、醤油→塩のタレの変更位でしょうか。

醤油の美味しさが加わる普通のラーメンとは違い、タレの旨味成分が分かりやすくなるという印象です。
個人的には深みのある醤油ラーメンの方が好きですが、
「塩ラーメンの方がシンプルに美味しい」
という人も多いかと思います。

「のろしが好きだけど、塩はまだ食べた事が無い」
という方は是非一度食べてみる事をお勧めしますわーい(嬉しい顔)



のろし 柏崎店の詳細
posted by BBSHIN at 01:11| Comment(0) | 柏崎市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。