2014年06月11日

三吉屋 チャーシューメン

新潟島のあっさりラーメンの代表格のお店「三吉屋」へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

sankitiya_201406_1.jpg


色々なラーメン店を巡っていると、こういった老舗店にはなかなか行けなくなってしまうのですが、こちらのお店のラーメンに限っては時折ふと食べたくなり、ちょいちょいと行っています。


メニューは昔から変わらずにラーメン、チャーシューメン、ワンタン、冷やし中華のみとシンプルな構成です。

今回はチャーシューメンを注文しました。

sankitiya_201406_2.jpg

sankitiya_201406_3.jpg


レンゲ無しのお店なので、丼ごと持ち上げて、ぐいっとスープを飲みます。
あっさりしつつも、印象的な旨味があり、飲みやすいスープですぴかぴか(新しい)

個人的には、表面の油がダイレクトに口に入ってくる事もあり、丼から直接スープを飲むという事はしないのですが、こちらのお店のラーメンは、そういった部分が全く気になりません。
むしろ程よく浮いた油がちょうど良いバランスで口に入ってくる様に感じます。

そして、チャーシューが5〜6年前に食べたもの少し変わっていました。
以前のものは、もっと小さめで、肉汁を若干落ちた昔ながらの感じのものだったと思いますが、今回のものは、倍位の大きさになり薄めにカットしてあります。
肉の旨味も以前より多く残っており、柔らかい仕上がりです。
肉質については分かりませんが、以前より太い肉を使う事で肉汁が抜け切らない様になったのでしょうか?

昔ながらの以前のチャーシューも好きでしたが、こちらのタイプの方が個人的には好みですね手(パー)


そして自然と完食です手(チョキ)

sankitiya_201406_4.jpg


スッキリとした飲み口のスープは飲みやすく、細麺はスルスルと口に入っていきました。
とても美味しかったでするんるん



食後に坂田店主をパシャリカメラ

sankitiya_201406_5.jpg



三吉屋の詳細
posted by BBSHIN at 20:05| Comment(0) | 新潟市中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。