2015年10月08日

新潟2−1G大阪 ナビスコカップ準決勝第一戦

アルビレックス新潟、ナビスコカップ準決勝 G大阪戦

ホームアンドアウェイで行われる2戦のうちの1戦目がホームビッグスワンで開催されました。

キックオフ

20151007_1.jpg


前半、ガンバに痛いアウェイゴールを奪われたすぐ後に、山本 康裕選手が華麗にドリブルでかわし同点ゴール!

20151007_2.jpg

20151007_3.jpg

20151007_4.jpg



後半6分、山崎 亮平選手がドリブルでぶっちぎり、相手ゴールにせまり勝ち越しゴールかと思われた場面で、ガンバの金 正也選手に倒され新潟のFKに。

20151007_5.jpg


レオシルバ選手のシュートがクロスバーに当たり、惜しくもゴールならず。。

というか、一つ前のプレー
金 正也選手は得点機会阻止でレッドになってもおかしくない様な・・・


その後、レオシルバ選手が、赤嶺 真吾選手のひじ打ち?への報復行為で1発レッド退場にたらーっ(汗)

20151007_6.jpg


これは、間違いなくレッドですね。。

スタジアムで観てる時は、接触プレーの後にレオシルバ選手が突き飛ばされて、その報復に突き倒した様に見えましたが、録画を見るとやはりレオシルバ選手のレッドは固いですね。
まあ、喧嘩両成敗もあり得るケースだとは思いますが、最初に気付いた副審がどこから見ていたかにもよるかなと。

ただ、大事な2戦目もあるので、もう少し冷静にプレーして欲しかったですねたらーっ(汗)
何より、この試合まだ長い時間が残されていましたしね。


一人少なくなり、一旦は指宿選手のワントップとなりましたが、指宿選手→ラファエル・シルバ選手の交代でラファエル・シルバ選手のワントップにし、引いて固めて守り、ラファエル・シルバ選手のスピードを活かした単騎カウンターにかける形となりました。


その采配が功を奏し、ラファエル・シルバ選手が貴重な勝ち越しゴール!

20151007_7.jpg

20151007_8.jpg


喜ぶ選手達

20151007_9.jpg


スタジアムは歓喜に包まれましたひらめき



ロスタイムの残りの時間、同点ゴールを狙うG大阪ですが、DF金 正也選手がラファエル・シルバ選手を倒したとして2枚目のイエローをもらい退場

20151007_10.jpg


あとで、リプレーを観ましたが、実際は接触が無かった様ですね。
誤審に対しかなり抗議をしていましたが、当然判定は覆りません。
若干可哀相な気もしますね・・・
まあ、あえていうなら彼は後半6分のプレーで退場でもおかしくなかったので、後半ロスタイムまでプレーさせてくれた審判にむしろ感謝しても良い位かなと。


ゲームはそのまま2−1で新潟の勝利となりました。

喜ぶゴール裏

20151007_11.jpg


新潟2−1G大阪

20151007_12.jpg

20151007_13.jpg


ゴール裏での万歳

20151007_14.jpg


ヒーローインタビューはもちろん勝ち越しゴールのラファエル・シルバ選手です

20151007_15.jpg


この試合、新潟が2−1で勝利となりましたが、ホームアンドアウェイは、2戦で決まる戦いです。
ですので、180分のゲームの半分をリードして折り返した様なもので、本当に喜ぶのは2戦目を終え、決勝に進出した時となります。
不安材料としては、
・レオシルバ選手の出場停止
・ベンチメンバーの不足(この試合でも2種登録選手が2名ベンチ入り)
・G大阪にアウェイゴールを1点奪われた
あたりとなります。

決勝進出の条件は、2戦目の点数次第でいくつかパターンがありますが、要は2戦目も勝てば良いのです。
2戦目の展開次第では終盤引き分け狙いの時間稼ぎなどもありえますが、とりあえずは勝ちを狙いに行く事になるでしょう。
5点のリードがあった準々決勝浦和戦の2戦目とは訳が違いますしね。


テンションが高まり、週末、大阪へのラーメンツアーも検討しましたが、県外遠征の連続に金銭面でストップがかけられてしまいました爆弾

仕方ないので、スカパー観戦で画面越しながら、全力で応援したいと思います手(グー)

きっと決勝の地、埼玉でもう一度ラーメンを食べさせてくれると信じていますひらめき
posted by BBSHIN at 01:22| Comment(0) | アルビレックス

2015年09月12日

新潟1−1横浜FM コメリサンクスデー

本日行われたアルビレックス新潟のホームゲーム、横浜F・マリノス戦

マリノスから期限付き移籍の佐藤優平選手は、この試合に出場出来ない為、ファンサービスの撮影会をやっていました。

20150912_1.jpg


試合前のお楽しみはやはりスタジアムグルメです。


今回はCoCo壱番屋にしてみました。

20150912_2.jpg


限定メニューの「新潟たれかつカレー」

20150912_3.jpg


マリノスサポーター

20150912_4.jpg


トリコロールカラーのフラッグを振り回すと、色合いが良く華やかですね。


ビッグフラッグも登場

20150912_5.jpg


試合前のゴール裏

20150912_6.jpg


試合は、前半マリノスがボールを支配する展開が続き押し込まれていましたが、ロスタイムにセットプレーから大井 健太郎選手が頭で合わせ、貴重な先制点をゲット!

喜ぶサポーター

20150912_7.jpg

20150912_8.jpg


しかし、後半14分、加藤 大選手が2枚目のイエローをもらい退場・・・

20150912_9.jpg


そして新潟は10人に、、

20150912_10.jpg


どう見てもイエローをもらうファールでした。。
既に1枚もらっていたので、もっと慎重にやって欲しかったです・・・
しかし、マリノスの小林祐三選手は相変わらずの突破力です。
縦にも中にもいけるドリブルで、この日はキレキレのカットインを連発していました。


しかし、この試合、そこ以外にも審判のファールの基準が低く、すぐに笛を吹く傾向にありました。
人に厳しく寄せ激しく当たる新潟と、セットプレーが武器でファールをもらいにいくプレーが多くすぐに転ぶマリノスの試合で今回の審判は新潟に不利に働きました。


そして攻守の要のレオシルバ選手も退場・・・

20150912_11.jpg


前半イエローをもらった直後のファールで注意を受けていたので、危ないとは思っていましたが。。

そもそも注意を受ける様なプレーだったのかどうか、、
そして2枚目のプレーも果たしてファールだったのでしょうか、、

日本人選手はフィジカルコンタクトが弱いと言われていますが、そうした意味でも素晴らしいお手本がJリーグにきてくれているというのに
「日本ではここまでです。もっと優しいプレーを心掛けましょう手(パー)
という様な審判のジャッジは残念でなりません。


そして9人対11人の厳しい状況にたらーっ(汗)

20150912_12.jpg


10人の時には1トップで粘っていたFW指宿選手を左サイドハーフに下げ0トップ状態で守備を固めます。

20150912_16.jpg


人数が少ない新潟に対し、マリノスが数人余らせる形で攻めてきてくれたので、こぼれ球こそほとんど拾われていましたが、押し切られる事なくしのぎきることが出来ました。
しかし、もう1〜2人出てこられたらヤバかったですねたらーっ(汗)
セットプレーでも全員引く新潟に対し2〜3人残したりと、勝ち点1を落とす事だけは避ける様なプレーに助けられました。


1−1の引き分け

20150912_13.jpg



しかし、この試合の審判のジャッジは本当にひどい物でした。
個人的には「審判のジャッジは絶対」と考えているので、十数年Jリーグを観てきて、他のサポーターの方々が試合後に審判にブーイングをしていても自分は絶対にしないできましたが、今日のは納得がいかなかったので、初めて罵声の様なものを浴びせようと思っていました。

ピッチを去る飯田淳平主審

20150912_14.jpg


ただ、このタイミングで、コールリーダーより「アルビレックス」コールが入ったので、なくなくそちらに従うことに・・・

大人の対応がさすがでした。


勝ち点1を死守した選手達には、最大限の賛辞が送られました。

20150912_15.jpg


ホームなので当然勝って欲しかったですが、今回に限っては負けなかったのは良かったと思います手(パー)

当面の目標はJ1残留となっていますが、強いマリノス相手にこの状況で取った勝ち点1は大きいですね。

次に期待です手(チョキ)
posted by BBSHIN at 23:19| Comment(0) | アルビレックス

2015年09月10日

天皇杯2回戦 ブラウブリッツ秋田戦

昨日行われたアルビレックス新潟の天皇杯最初の試合、ブラウブリッツ秋田戦。

平日夜の開催で台風がきていたにも関わらず、秋田からサポーターが訪れていました。

20150909_1.jpg


まずはスタジアムグルメ

チキンカつバーガー

20150909_2.jpg


トータル3千人強と、かなり少ない客入りだった事もあり、スタジアムはガラガラでしたが、それでもゴール裏は比較的埋まっていました。

20150909_3.jpg


前半は一進一退の攻防が続きましたが、前半終了間際、ラファエルシルバ選手が個人技でねじ込み、貴重な先制点をゲット!

20150909_4.jpg

20150909_5.jpg

20150909_6.jpg

20150909_7.jpg



後半5分、田中達也選手が頭で合わせ2−Oに。

20150909_8.jpg

20150909_9.jpg


ラファエルシルバ選手のドリブル突破からのシュートのこぼれ球を、田中達也選手が押し込み3−Oと突き放す!

20150909_10.jpg


ユースで2種登録の斎藤宏太選手が初出場、初ゴールを決め4−0に。

20150909_11.jpg

20150909_12.jpg


4−Oの勝利に喜ぶサポーター

20150909_13.jpg


ゴール裏のサポーターと共に喜ぶ選手達

20150909_14.jpg

20150909_15.jpg


ヒーローインタビューはこの日2得点の田中達也選手です。

20150909_16.jpg


秋田も上手い選手が多く普通に強かったので、4−Oという結果程、圧倒したゲームではなかったですが、メンバーを総入れ替えした試合でしっかりと勝てたのは大きいですね。

最近調子が上向き気味になっているので、12日(土)のホーム横浜Fマリノス戦は期待出来るのではないでしょうか?
posted by BBSHIN at 21:37| Comment(0) | アルビレックス

2015年09月08日

ナビスコカップ準々決勝 浦和対新潟 第二戦

日曜日に埼玉スタジアム2002にて開催されたナビスコカップの準々決勝第二戦、浦和レッドダイヤモンズ対アルビレックス新潟の試合を観に行ってきました。

朝8時に新潟を出発し、4軒のラーメン屋を巡った後、試合開始の1時間前に埼スタへ到着しました。

20150906_1.jpg


個人的には大宮アルディージャ戦も含め、埼スタでの試合には全く良い想い出がありません。

「今回こそは」という想いを胸にアウェイ観戦にやってきました。

20150906_2.jpg


第一戦目の結果により浦和側は敗色濃厚という事もあってか、スタジアムが赤く染まるという事はありませんでした。

20150906_3.jpg


逆にいえば、5点差という危機的状況の中これだけのサポーターが集まるというのは凄い事だと思います。


選手入場

20150906_4.jpg


試合は前半を拮抗した展開で0−0で切り抜け、優位な状況で迎えた後半にバタバタと3失点し、新潟サポーターのエリアは不穏な空気に包まれていました。

過去に経験した事が無いゲーム展開もあってか、新潟側のゴール裏は沈黙する時間帯も長かった様に思えます。
私自身、3点目を取られた辺りからは、正直心臓がバクバクいってましたたらーっ(汗)

また、ゴール裏エリアが縦に長い事、サポーターの大半が雨具のフードをかぶっており、後ろ側への音がカットされる事もあってか、ゴール裏中心部の音がほとんど聞こえず、後列の人達が応援に参加出来ない場面が多々ありました。


終盤、0−3でリードされている状況でのコーナー付近での時間稼ぎ

20150906_5.jpg


相手選手に囲まれながらも、ラファエルシルバ選手の巧みな足元の技術が光っていましたぴかぴか(新しい)

序盤からもっと露骨に時間稼ぎをして、相手を焦らせ、苛立たせても良かったかなと思います。



試合は新潟が守りきり0−3の敗戦。

20150906_6.jpg

20150906_7.jpg



浦和が0点に抑えると電光掲示板には以下の様に表示される様です。

20150906_8.jpg


「Well done! Reds Eleven!
 Nice Shut Out!!」

スポンサーの文化シャッターのPRなのですね。
業態にも合った面白い表現かなと。

ただ、この試合の目的は0点に抑える事ではなく、6点差の勝利だったはずなので、若干微妙な部分はありましたが。


しかし、0−3の敗戦でも
「We Are REDS」
を聞かないで済むのは良いですねぴかぴか(新しい)


試合に負けた事もあってか、サポータもそこまで喜びを表現してはいませんでしたが、コルテース選手は「もっと盛り上げろ」的なジェスチャーをしていました。

20150906_9.jpg

20150906_10.jpg


もちろん、この試合でも勝利して欲しかったのは間違いないですが、4点までは取られても良いという状況だったので、個人的にはとても満足しています。
1番の目的としては2戦目の勝利よりも準決勝進出だった訳ですから手(チョキ)

ファーストステージの覇者浦和レッズを相手に、1勝1敗トータルスコア5−3という結果は素晴らしいものであったと思います手(パー)


試合後は気分良く、この日5軒目のラーメン屋へと向かいましたダッシュ(走り出すさま)
posted by BBSHIN at 01:30| Comment(0) | アルビレックス

2015年09月02日

新潟5−0浦和 2015ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第一戦

ヤマザキナビスコカップ、アルビレックス新潟の初の決勝トーナメント。

相手は天敵ともいっていい程苦手な相手、浦和レッズです。

浦和は代表召集で西川選手、興梠選手、ズラタン選手、怪我で槙野選手を欠いていましたが、かわって入る選手も他チームであればスタメンになりそうな位の層の厚さがあり、この日のメンバーを見てもほとんど落ちている感じがありませんでした。


平日という事もあり、客の入りは多くなく、アウェイ側にビッグフラッグ、ビッグジャージが掲げられていました。

20150902_1.jpg



いつもはアウェイゴール裏は赤く染める浦和サポーターですが、さすがにそこまではきてませんでした。

20150902_2.jpg


といっても、平日のリーグ戦以外にここまでの人数がくるのは浦和以外にはありえません。


0−0で迎えた前半終了間際、浦和の梅崎選手が決定的なシーンを外し、その少し後に山崎 亮平選手がディフェンスラインを抜け出し、貴重な先制点をゲット!

20150902_3.jpg

20150902_4.jpg

20150902_5.jpg


素晴らしいゴールでした手(チョキ)

白熱した展開の中、先制点を奪えたのは大きかったですね。
試合巧者の浦和相手に先取点を奪われていたら厳しい展開が待っていたかもしれません。


後半は新潟のゴールラッシュとなりましたダッシュ(走り出すさま)

コーナーキックの流れから舞行龍 ジェームズ選手が押し込み2点目!

20150902_6.jpg

20150902_7.jpg

20150902_8.jpg

20150902_9.jpg



綺麗なパスワークから指宿 洋史選手が流し込み3点目。

20150902_10.jpg

20150902_11.jpg

20150902_12.jpg

20150902_13.jpg


ここで浦和が一気に3枚替えをしてきます。

20150902_14.jpg


対浦和でこういう事は初めてだったので、このシーンを撮影せずにはいられませんでした・・・


点差が開き、浦和がリスクを犯しアウェイゴールを奪いに前がかりになってきたところを、新潟はDFの大野選手を投入し3バックに変更、しっかり固めてカウンターというシーンが増えてきました。


そんな流れからカウンターで新潟がダメ押し、指宿選手の2ゴール目が決まり4−0に。

20150902_15.jpg

20150902_16.jpg


更に前がかりになる浦和に対し、新潟はラファエルシルバ選手を投入し、浦和の高いDFラインの裏を狙いにかかります。


采配が見事に的中し、裏へ抜け出したラファエルシルバ選手が5点目を決めました手(チョキ)

20150902_17.jpg

20150902_18.jpg



そして試合終了

20150902_19.jpg


5−0の勝利グッド(上向き矢印)

20150902_20.jpg


ゴール裏のサポーターと共に喜ぶ選手達

20150902_21.jpg

20150902_22.jpg


ヒーローインタビューは2得点を決めた指宿選手

20150902_23.jpg


5−0の快勝はとても嬉しいです。
かなり気持ちの良い勝利でした手(チョキ)

ただ、ナビスコカップの決勝トーナメントはホームアンドアウェイの2戦で決まります。

次のアウェイで0−6で負けようものならひっくり返ってしまいます。

ですので、次の試合をしっかりと締める事が重要です。


しかし、5点差、かつ、無失点の勝利は大きいですね。
ホームアンドアウェイでの勝負は勝敗、得失点差で並んだ時に、アウェイゴールの数で決まるので、浦和にアウェイゴールを与えなかった事は実に大きいです。
という事は次のアウェイで、新潟は仮に浦和に6点取られたとしても、1点取れればアウェイゴール数により勝つ形となります。

ただ、この5点差を変に意識せず、普通にやれば良い結果はついてくるものと思われます。
当然、過度にリスクを犯す必要はないですが、普段とやり方を変え、5点差を守ろうと最初から引いてゴール前を固めたりすれば、ガタガタと崩れてしまう気がします。
今までやってきたサッカーをみても、恐らく6〜70分は普通にぶつかるものと思われます。

まあ、、
なんにせよ、意地でも準決勝に進出してもらいたいですね手(パー)

次の日曜日は、埼玉ラーメン巡りでも行こうかな・・・
posted by BBSHIN at 23:26| Comment(0) | アルビレックス

2015年07月29日

新潟2−2G大阪

本日行われたアルビレックス新潟のホームゲーム。

今日は強敵ガンバ大阪をビッグスワンに迎えての試合でした。

試合前のゴール裏

20150729_1.jpg


山崎選手が相手DFを抜き去り指宿選手へ出したグラウンダーのクロスを、相手DFがオウンゴール!

20150729_2.jpg


決してラッキーでもなんでもなく、相手にとって危険なシチュエーションを作り出しギリギリのボールを送り込んだからこそのゴールです。
素晴らしいプレーでした手(パー)

ガンバは疲れもあってか運動量が明らかに少なかったですね。
対する新潟は、暑い夏とは思えない程にアグレッシブに動き回っていました。

その後、流れの中では新潟が圧倒するものの、セットプレーでは何度もフリーで打たれる中、後半始まってするのコーナーキックを決められ同点に。。

今年は、良い流れを続けながらもセットプレー1発で沈むという試合が多かったですが、この試合でもセットプレーの守備の脆さが出てしまいました。
ここは何とか改善してもらわないと上にはいけないですね。


その後、意味不明なタイミングでマイケル選手にイエローカードが出てPKに爆弾
そこをPK職人遠藤選手にキッチリと決められ逆転がく〜(落胆した顔)

あとで、録画を見てみましたが、確かに接触や引っ張る様な動きはあるものの、相手選手も不自然に、そして大袈裟に転んでおり、相手選手にイエローが出てもおかしくない様な、、
あれでPKというのはなかなかお目にかかれる物ではありません。


1stステージの新潟であれば、ここで崩れてズルズルと失点を重ねて惨敗していたところですが、2ndステージの新潟は一味違います手(パー)

指宿選手がゴールを決め同点に!

20150729_3.jpg


試合は2−2のまま終わり引き分けとなりました。

20150729_4.jpg


ガンバが誤審に救われ勝ち点1を拾い、新潟勝ち点2を落とした形となったゲームでした。

ただ、誤審も含めジャッジはジャッジ。

他にも、試合序盤のアフターチャージの見逃し、コーナーキック、ゴールキックの判定ミスなども含め3つ、4つ明らかな誤審がありましたが、人間が審判をつとめる以上、それも含めてサッカーです。

そこはしっかりと受け止め、すぐに切り替えなくてはいけません。

逆に、そういう不利な状況の中、強いガンバ相手に互角以上の戦いを演じる事が出来たのは、収穫だったかなと思います。

次のホームでしっかりと勝利し、現在の位置から抜け出していって欲しいものです手(パー)
posted by BBSHIN at 23:52| Comment(0) | アルビレックス

2015年07月20日

新潟1−0鳥栖 連敗からの脱出!

昨日行われたアルビレックス新潟対サガン鳥栖の試合で撮影した写真を掲載します。

この日はローソンサンクスデーでした。

20150719_1.jpg


キックオフ

20150719_2.jpg


前半16分、小泉慶選手のスーパーボレーが決まり、貴重な先制点をゲット!

20150719_3.jpg


ハーフタイムには夏の風物詩の打ち上げ花火が上がりました

20150719_4.jpg


追加点こそは奪えませんでしたが、終始新潟が鳥栖を圧倒し、1−0のまま試合は終了となりました。
この日の鳥栖からは、いつもの様なガツガツ当たってくる厳しさは感じませんでした。

20150719_5.jpg

20150719_6.jpg


試合後のゴール裏

20150719_7.jpg


決勝ゴールを決めた小泉選手にはハッピーターンが贈呈されました。

20150719_8.jpg


ヒーローインタビューはもちろん小泉選手

20150719_9.jpg


粘り強い守備と前に駆け上がる推進力、若いのにクレバーかつ熱いプレーが持ち味の小泉選手。
最近、メキメキと頭角を現しだしています手(パー)

これからの新潟の巻き返しの原動力となってくれるはず。
posted by BBSHIN at 21:39| Comment(0) | アルビレックス

2015年06月26日

湘南1−3新潟 (Shonan BMW スタジアム平塚)

先週土曜日に開催されたアルビレックス新潟のアウェイゲームの湘南ベルマーレ戦を観に行ってきました。

Shonan BMW スタジアム平塚

20150620_1.jpg


スタジアム周辺では売店が立ち並び、多くの湘南と新潟のサポーターで埋め尽くされていました。

20150620_2.jpg


新潟からは、多くのサポーターが駆けつけていました。

20150620_3.jpg


試合は、前半湘南に攻め込まれ先取点を奪われましたが、後半新潟が流れをつかみました。

加藤大選手のゴールで同点に追いついた直後の後半20分、ラファエル シルバ選手が難しいボレーシュートを決めて逆転!

喜ぶ選手達

20150620_4.jpg


山崎亮平選手がダメ押しのゴール

写真右の山崎選手がシュートを放った直後の写真

20150620_5.jpg


普段プレー中はあまり写真を撮らないのですが、流れ的にゴールが決まると確信し、劇的な瞬間をとらえる事に成功しました手(チョキ)


2点差のリードに心に余裕も出来たので、もう一枚

1対2の状況でドリブルを仕掛けるコルテース選手

20150620_6.jpg


2点リードのまま試合終了

20150620_7.jpg


1−3での勝利

20150620_8.jpg


試合後、ゴール裏のサポーターと共に喜ぶ選手達

20150620_9.jpg

20150620_10.jpg


ここ最近勝ててなかったので、とても気持ち良い勝利でした。

ただ、この試合で勝ったとはいえ、今季の新潟はまだまだ苦しい位置にいるので、今後の躍進に期待したいと思います。


ちなみに、せっかく神奈川県にきたという事もあり、試合前、試合後、そして一泊しての翌日と多くのラーメン店を巡ってきました。
神奈川ラーメン巡りについては、徐々に掲載していきたいと思います。
posted by BBSHIN at 22:39| Comment(0) | アルビレックス

2015年04月08日

新潟1−0鳥栖

本日行われたヤマザキナビスコカップ予選リーグ第三節

少し遅れてビッグスワンに到着しました。

20150408_1.jpg


対戦相手はサガン鳥栖です。

20150408_2.jpg


サガン鳥栖といえば、鹿島アントラーズ戦で金崎選手の顔面を踏んだ行為で4試合出場停止となったキム・ミンヒョク選手が所属するチームです。
新潟戦から4試合出場停止の為、この試合には出場していません。


試合前にスタジアムグルメでエネルギー補給です。

シルバーホテルの豚串

20150408_3.jpg


キックオフ前

20150408_4.jpg


鳥栖サポーター

20150408_5.jpg


かなり少数です。
15人位でしょうか。
平日開催のナビスコカップ予選に遠路はるばる九州からやってきた方々には敬意を表したいと思います。


キックオフ

20150408_6.jpg


鳥栖はいつもの放り込みサッカーを繰り返してきました。
自陣で得たフリーキックまで前線へ放り込んできます。

フリーキックを蹴るキーパー

20150408_10.jpg


前半の0−0の状態からこういう事をしてくるチームはJ1では鳥栖だけですね。
必然的に空中戦や体のぶつかり合いも多くなり、また、激しく荒いプレー、ラフプレーをする選手が多いのも特徴的です。


前半終了間際、今季新加入の山崎選手の反転シュートがゴールに突き刺さりましたグッド(上向き矢印)

20150408_7.jpg


後半、追加点のチャンスが何度か訪れますが、決めきれず苦しい展開となりますが、リードを守りきり1−0で新潟が勝利となりました。

試合後のゴール裏

20150408_8.jpg


ヒーローインタビューは決勝ゴールの山崎選手です。

20150408_9.jpg


やっぱり勝利は良いものでするんるん

次のリーグ戦も勝って欲しいですねダッシュ(走り出すさま)
そして、ナビスコカップの予選突破も手(パー)
posted by BBSHIN at 23:14| Comment(0) | アルビレックス

2015年04月07日

アルビレックス新潟応援のぼり旗(2015年)

アルビレックス新潟のホームゲームの際、ビッグスワンに応援のぼり旗を出すという企画の募集が始まりました。

企画についてのチラシはこちら

albi2015_1.jpg

albi2015_2.jpg


1口4枚30,000円で、2枚を自社分、2枚をスタジアムに掲出する事が出来ます。

ちなみに、当サイトでは過去3年、サイト名を記載したのぼり旗を掲出しています。

過去3回分のブログ記事
2014年
2013年
2012年

時折「スタジアムで新潟ラーメン.comの旗を見た」と言われる事があったので、単に通り過ぎるだけではなく、結構人は色々な所を見てるものなのだなと思いました。

3万円でちょっとした企業PRが出来るので、アルビレックス新潟を応援している企業は検討してみてはいかがでしょうか?

また、従業員にファンが多い会社などにもお勧めです。
スタジアムに行って
「うちの会社の旗があった」
となれば、嬉しいものですしね。

そうした方々の支援が集まれば、アルビレックス新潟はもっと強くなってくれはずです手(パー)
posted by BBSHIN at 20:07| Comment(0) | アルビレックス

2015年03月22日

新潟3−2柏

本日開催されたアルビレックス新潟のホームゲーム、柏レイソル戦。

キックオフ前のスタジアム
メイン側

20150322_1.jpg


バックスタンド側のビッグフラッグ、ビッグジャージ

20150322_2.jpg



試合は、柏に先制され1点ビハインドの中、FWラファエルシルバ選手がペナルティエリア内をドリブルで切り裂き相手のファールを誘いPKゲット!

キッカーはレオシルバ選手

20150322_3.jpg


キーパーに読まれたものの、鋭いシュートはゴールに突き刺さりました!

20150322_4.jpg


同点ゴールに沸くビッグスワン

20150322_5.jpg


続いてラファエルシルバ選手からのボールに抜け出した山本康裕選手が冷静にゴールを決めて逆転

喜ぶ選手達

20150322_6.jpg


田中達也選手の第三子誕生を祝うゆりかごダンス

20150322_7.jpg



ゴールを決めた山本康裕選手

20150322_8.jpg



更に新潟の攻勢が続き、小泉選手のスルーパスに抜け出したラファエルシルバ選手がゴールに流し込み3−1と突き放しました。

ゴール直後のスタジアム

20150322_9.jpg


喜ぶ選手達

20150322_10.jpg


ゴールを決めたラファエルシルバ選手

20150322_11.jpg


その後、柏に1点を返され3−2となりましたが、柏の茨田選手のイエローカードでゲームがほぼ決まりました。

2枚目のイエローをもらい退場する茨田選手

20150322_12.jpg


新しい電光掲示板になってからの初めての退場者です。

イエロー2枚の表示が、、

20150322_13.jpg


レッドにかわります。

20150322_14.jpg



メンバー表からは消えず、赤カード表示に

20150322_15.jpg


しばらくすると、メンバー表から削除されました

20150322_16.jpg


残り時間は新潟がのらりくらりと時間稼ぎをし、したたかに勝ち点3をゲットしました。

勝利に沸くスタジアム

20150322_17.jpg


3−2で新潟が勝利

20150322_18.jpg


喜びを分かち合う選手達とゴール裏サポーター

20150322_19.jpg



マンオブザマッチにはラファエルシルバ選手と山本康裕選手が選ばれ、スポンサーの亀田製菓よりハッピーターン一年分が授与されました。

20150322_20.jpg


ヒーローインタビューを受けるラファエルシルバ選手

20150322_21.jpg


この試合で見せたラファエル・シルバ選手のスピードは凄まじいものがありました。
ドリブルのボールタッチも正確ですし、今年の新潟の躍進の起爆剤となってくれる気がします。


インタビューを受ける山本康裕選手

20150322_22.jpg


インタビュワーよりゆりかごダンスについて聞かれ

「特に考えてはいなかったのですが、達さんが自分からやろうと言ってきたので・・」

という天然系の返しに、スタジアムが笑いに包まれました。

大抵、

「ゴールを決めたらみんなで祝おうと試合前から話をしていました」

とか言う場面ですからね。。。

きっと嘘がつけないタイプなのでしょう。



今季初勝利にビッグスワンは歓喜に沸きました。

毎年言ってるかもしれませんが、今年の新潟は期待出来、試合も面白いものが観れると思います。
ここ数年の低迷により、ビッグスワンに足が遠のいてしまったという人は、再び行ってみる価値は十分あると思います手(パー)

楽しいサッカーを観に、是非ビッグスワンに足を運びましょう!
posted by BBSHIN at 19:20| Comment(0) | アルビレックス

2015年03月14日

新潟0−0清水 2015年ホーム開幕戦

今日はアルビレックス新潟のホーム開幕戦でした。

今回は対戦相手が清水エスパルスという事で、静岡県富士宮市の名物「富士宮やきそば」の屋台が出ていました。

20150314_1.jpg


さすがの人気で長打の列が出来ていました。


富士宮やきそば

20150314_2.jpg

20150314_3.jpg


モッチリとしたコシのある麺で、具としてはキャベツが入っていました。

麺に魚粉がかけられていたのも特徴的でしたね。

とても美味しかったです手(パー)


続きましてイタリア軒

20150314_4.jpg


今回はカレーラーメンを注文しました。

20150314_5.jpg

20150314_6.jpg


かけタイプのカレーラーメンでしたが、アウェイ側からホーム側の座席まで歩いて運ぶ間にカレーとスープが振動で混ざり合い、スープカレーの様な状態となっていました。
箸でかき混ぜるのとはまた違った微妙な混ざり加減で、スタジアムでしか体験出来ないバージョンと言っても過言ではないでしょう。
食べてみたいという方は是非ビッグスワンまで手(パー)



同時に購入したチョコビターメロンパン

20150314_7.jpg


メロンパンの上部の表面にチョコがコーティングされており、パン生地とチョコの食感の対比が良いですね。



続きまして三宝

20150314_8.jpg


チャーシューメン

20150314_9.jpg


柔らかく味の良く染みたチャーシューは、スープで温められたか、それとも温めてあるのか、柔らかく温かい状態となっており、とても美味しかったでするんるん


こういった風に美味しくバリエーション豊富なスタジアムグルメを楽しむ事が出来るのも試合観戦の醍醐味のひとつです手(チョキ)



試合前のゴール裏

20150314_10.jpg



ビッグフラッグ、ビッグジャージ

20150314_11.jpg



電光掲示板が新しくなりましたひらめき

20150314_12.jpg


イエローカードをもらった選手は、名前の右側にカードマークが表示される様になりました。

これで試合観戦しながら

「イエローもらったのって誰だったっけ?」

となる心配ありません。



もらった直後には、誰がもらったかがデカデカと表示されます。

清水のFW大前元紀選手がイエローをもらった後の大型ビジョン

20150314_13.jpg


ちなみに、新潟の選手がイエローをもらうと顔写真付きで紹介されます。

まだ慣れていないせいか、クールな表情や笑顔の写真と共にイエローカードをもらった事が発表されるのには若干の違和感を覚えました(^^;)


試合は、白熱した展開の中、両チーム共にゴールが決まる事はなく0−0の引き分けとなりました。

20150314_14.jpg


試合後のゴール裏

20150314_15.jpg


蹴りあいになった開幕戦のアウェイ鳥栖戦と比べ、この試合は新潟らしいパスをつないで崩すサッカーを観る事が出来ました。

勝てなかったのは残念でしたが、今年は良いメンバーが揃っており、ベンチメンバーも充実しているので、今後もっと良くなっていく予感が漂っています。

今年の新潟に期待したいと思います手(チョキ)

posted by BBSHIN at 23:19| Comment(2) | アルビレックス

2014年10月19日

ビッグスワンスタジアムグルメ 新潟0−0甲府

昨日行われたアルビレックス新潟のホームゲーム、ヴァンフォーレ甲府戦

試合前、早い時間帯からスタジアムに行き、スタジアム内外のグルメを楽しむ事にしました。

まずは、「からあげ屋 いちむら」

20141018_1.jpg


江南区横越のテイクアウト店の他、移動販売にて唐揚げを売っているお店です。


名物のブラックチキンを購入してみました。

20141018_2.jpg


「竹炭と米粉でカラっと揚げ、秘伝のタレと黒ゴマで味付けした」という唐揚げはとても美味しかったですねぴかぴか(新しい)


田中亜土夢選手が描かれたコップ付のジュースも購入しました。

20141018_3.jpg


とん八は大行列が出来ています。

20141018_4.jpg


皆さんのお目当てはこの豚串です。

20141018_5.jpg

ノーマル、ガーリック、黒こしょうの三種類の味があります。



瀧ずし

20141018_6.jpg


ラーメン

20141018_7.jpg

20141018_8.jpg


あっさり醤油味で煮干し等の出汁でしょうか?
麺はモチモチの太麺です。

サッパリしてて食べやすく、美味しかったですねるんるん



続きまして、無尽蔵などのラーメン店を運営しているキタカタグループ

20141018_9.jpg


スタジアム限定「中華そば」

20141018_10.jpg

20141018_11.jpg


旨味の強い醤油味のスープに、油が適度に浮きコクたっぷりの一杯です手(パー)



新潟グランドホテル

20141018_12.jpg


四川麻婆丼

20141018_13.jpg


ピリ辛でトロみの強い麻婆豆腐がかかっています。
とても美味しかったです手(チョキ)


この日はNSGカレッジリーグサンクスデーでした。

NSGの学生達が大集合!

20141018_14.jpg


試合は、残留を目指す甲府が最低でも勝ち点1を奪い切る為に、ガッチリと引いて守りを固め、新潟がそれを崩しきれず、結果は0−0の引き分け。

20141018_15.jpg


試合後のゴール裏

20141018_16.jpg


ドロドロのドローゲームではありましたが、何度も試合を観ていると、こういう試合もたまにはあるものです。

残りの試合もあとわずかです。
前節の様な、楽しい試合を観れる事を期待しますグッド(上向き矢印)


posted by BBSHIN at 08:57| Comment(0) | アルビレックス

2014年10月06日

新潟3−0川崎 レオシルバ選手のFKなどで新潟がホームで快勝!

アルビレックス新潟のホームゲーム、川崎フロンターレ戦


選手入場時

20141005_1.jpg


普段はエルビスプレスリーの「愛さずにはいられない」を歌いますが、この試合ではゴール裏以外のスタンドの観客の方々も立ち上がり、スタジアム全体からの「アルビレックス」コールで選手を向かえました。
太鼓が途中で止み全員の手拍子でのコールとなりましたが、初回という事もあってか、コールは徐々に加速し、各スタンドともリズムが合いませんでした。
しかし、この行為によってスタジアムが一体になるという意識が生まれたのではないでしょうか。
距離による音のズレもあると思うので、スタジアムDJにリズムを取ってもらうのもアリかなと感じました。

とても良い試みだったと思います手(パー)


この日は日清ラ王サンクスデーで、観客にはラ王が配られました。

ラ王 坦々麺

20141005_2.jpg


キックオフ

20141005_3.jpg


新潟が得たフリーキック
キッカーは仙台戦でもフリーキックからゴールを決めたレオシルバ選手です。

20141005_4.jpg

20141005_5.jpg


ボールは壁を巻いてゴール右隅へと突き刺さりました。

20141005_6.jpg


仙台戦のゴールを再現した様な、綺麗なゴールでしたるんるん


先制点に沸くスタジアム

20141005_7.jpg


喜ぶ選手達

20141005_8.jpg


続いて、山本 康裕選手が、加入後初ゴールとなるミドルシュートで、2−0とリードを広げました。

20141005_9.jpg

20141005_10.jpg


小林 裕紀選手のフリーキックを新加入ラファエル シルバ選手がヘディングで合わせ3点目ひらめき

20141005_11.jpg

20141005_12.jpg

20141005_13.jpg


喜びが止まらないラファエル シルバ選手

20141005_14.jpg


試合終了

20141005_15.jpg


新潟が3−0のスコアで快勝しましたグッド(上向き矢印)

20141005_16.jpg


勝ち点3に喜ぶゴール裏サポーター

20141005_17.jpg

20141005_18.jpg


MVPのレオシルバ選手には日清ラ王が贈呈されました。

20141005_19.jpg


ハッピーターン好きで知られるレオシルバ選手に、亀田製菓よりハッピーターン一年分が贈られました。

20141005_20.jpg


ヒーローインタビューを受けるレオシルバ選手

20141005_21.jpg


今季はなかなか勝ちきれないシーズンを過ごしてきたアルビレックス新潟ですが、ここ2試合、攻守に噛み合いだし、とてもアグレッシブな試合を見せてくれています。

エキサイティングで楽しい試合を観にビッグスワンに行ってみてはいかがでしょうか?
終盤に強い新潟を見る事が出来ると思います手(チョキ)
posted by BBSHIN at 02:27| Comment(0) | アルビレックス

2014年09月14日

新潟1−0仙台

アルビレックス新潟のホームゲーム、ベガルタ仙台戦。

試合前、試合中に撮影した写真を掲載します。


ビッグスワンには、色々な飲食店が出店しており、そのうちの一店はお馴染みの三宝です。

20140913_1.jpg


ラーメン

20140913_2.jpg

20140913_3.jpg


スタジアムの売店とは思えないレベルの美味しいあっさりラーメンです。


キックオフ

20140913_4.jpg


序盤にFWに入った成岡 翔選手にアクシデントが発生。
前半7分に田中 達也選手がかわって入ります。

20140913_5.jpg


後半に入ると、局所的な豪雨が新潟市中央区を遅い、ビッグスワンにも大雨が降り、ピッチには水が溜まりボールがほとんど転がらない状況となりました。

そんな中、相手ゴール近くで得たフリーキックを蹴るのはレオシルバ選手です。

レオシルバ選手のシュート

20140913_6.jpg


ゴールに突き刺さり新潟が先制点を奪いました。

喜ぶ選手達

20140913_7.jpg


写真を見ても雨の凄まじさが分かると思います。

ビッグスワンでのサッカー観戦でこれ程までの雨が降ったのは初めてですねあせあせ(飛び散る汗)


そのまま1点を守りきり新潟1−0で勝利るんるん

20140913_9.jpg


試合後、喜ぶゴール裏サポーターと選手達

20140913_10.jpg


ヒーローインタビューはもちろんレオシルバ選手

20140913_11.jpg


かなり凄い雨にびしょ濡れになってしまったサポーターの方々も多かったと思いますが、久しぶりの勝ち点3に寒さも吹き飛んだ事でしょう。
次も、その次も勝利を重ねていって欲しいものです。
posted by BBSHIN at 01:16| Comment(0) | アルビレックス

2014年08月17日

新潟2−1大宮

昨日、デンカビッグスワンスタジアムにて開催されたアルビレックス新潟対大宮アルディージャの試合

結果は2−1でアルビレックス新潟の勝利!

前節のアウェイは神戸に0−1で敗れたものの、ホームでは2連勝となりました手(パー)

ホームに強い新潟が戻ってきたでしょうか?

それでは、昨日スタジアムで撮影した写真を掲載したいと思います。


新潟の地元B級グルメとしては、柏崎の鯛茶漬けの屋台が出ていました。

20140816_1.jpg


三味一鯛茶漬け

20140816_2.jpg


鯛めし、香り揚げ、なめろうの他、いくら、岩のり、わさびが入った一杯です。

こういう風に、各地の美味しいものを食べられるのもスタジアムグルメの魅力の一つです手(チョキ)


もう一品は万代シルバーホテルの「勝つカレー」です。

20140816_3.jpg


新潟の勝利を祈願しながら、頂く事としました。



新加入の指宿 洋史選手に期待が集まります。

20140816_4.jpg


この日はローソンサンクスデーでした。

20140816_5.jpg


新潟県内のローソンからお店の方々が応援にかけつけましたぴかぴか(新しい)


ゆるキャラ大集合です。

20140816_6.jpg


この中ではレルヒさんが有名でしょうか。


こちらにはトッキッキが

20140816_7.jpg


試合前の選手入場

20140816_8.jpg


キックオフ

20140816_9.jpg


新潟の先制点はコーナーキックから

20140816_10.jpg


コーナーキックの折り返しを舞行龍 ジェームズ選手がオーバーヘッド。
そのボールを押し込んでゴールとなりましたくつダッシュ(走り出すさま)

歓喜に沸くスタジアム

20140816_11.jpg


喜ぶ選手達

20140816_12.jpg


先制点を決めたのは成岡 翔選手

20140816_13.jpg


ハーフタイムには花火が打ち上げられましたひらめき

20140816_14.jpg


前回も書きましたが、花火が上がった試合には良い想い出が無いので、心に若干の不安がよぎりましたたらーっ(汗)


嫌な予感が現実のものとなり、大宮に1点を返され1−1の同点の状況でベンチが動きました。

鈴木 武蔵選手と指宿 洋史選手の同時投入で2トップを入れ替えです。

20140816_15.jpg


身長195cmという大型FW指宿 洋史選手は大柄な鈴木 武蔵選手よりも一回り大きいです。



同点にされ、勝ち越しゴールを奪うために、新潟が攻勢を強めます。

松原 健選手の右サイドでの仕掛け

20140816_16.jpg


勝ち越しゴールは途中出場の選手が基点となり生まれました。

指宿選手がサイズを活かし、浮き球を胸でパス、小泉選手がつなぎ、ラストは鈴木武蔵選手がゴールへと蹴りこみました。


勝ち越しゴールに沸くスタジアム

20140816_17.jpg

20140816_18.jpg


2−1で試合終了

20140816_19.jpg


ゴール裏でサポーターと共に喜びを分かち合う選手達

20140816_20.jpg

20140816_21.jpg


ヒーローインタビューは決勝点を決めた鈴木武蔵選手

20140816_22.jpg


久々の複数得点での勝利です。
昨年の攻撃力が戻ってくるでしょうか?

ここからのアルビレックス新潟の躍進に期待ですグッド(上向き矢印)
posted by BBSHIN at 15:33| Comment(0) | アルビレックス

2014年08月03日

新潟1−0C大阪 成岡翔選手のゴールで勝利!

昨日デンカビッグスワンスタジアムにて開催されたアルビレックス新潟対セレッソ大阪の試合は、1−0で新潟が勝利し、新潟は三連敗から脱出する事が出来ました手(チョキ)

試合で撮影した写真を掲載します。


キックオフ

20140803_1.jpg


後半10分、新潟が先制ゴール!

20140803_2.jpg


喜ぶ選手達

20140803_3.jpg



ゴールを決めたのはこの人。
成岡翔選手

20140803_4.jpg


喜ぶサポーター

20140803_5.jpg


1−0で試合終了

20140803_6.jpg


ゴール裏のサポーターと選手達

20140803_7.jpg


スタジアムのヒーローインタビューは決勝ゴールの成岡翔選手です。

20140803_8.jpg


なかなか勝てない試合が続きましたが、やっぱり勝利は気持ち良いですねるんるん
これがあるから苦しい試合が続いても、スタジアム観戦はやめられません手(パー)
posted by BBSHIN at 19:51| Comment(0) | アルビレックス

2014年07月26日

新潟0ー1FC東京

水曜日に行われたアルビレックス新潟のホームでのFC東京戦

結果は残念ながら0−1での敗戦となりました。

普段は試合観戦の楽しさのアピールという意味もあり勝利した時のみブログ掲載していましたが、今後はたまに敗戦時も掲載したいと思います。


この日は新潟県のご当地グルメの一つ「糸魚川ブラック焼きそば」が出店していました。

20140723_1.jpg


新潟サポーターのみならず、FC東京サポーターの方も並んで購入している姿が印象的でした。
スタジアムグルメとしてその土地の美味しいものを食べられるというのは、アウェイ観戦の醍醐味の一つでもありますしね。


糸魚川ブラック焼きそば

20140723_2.jpg

20140723_3.jpg


1つ500円というお得価格でした。
とても美味しかったです手(パー)
試合観戦前の良いエネルギー補給となりましたパンチ


食欲が収まらず、もう一品。

20140723_4.jpg


越後もち豚串焼き

20140723_5.jpg


キックオフ

20140723_8.jpg


試合は前半に先制され苦しい展開となりました。

ハーフタイムには花火が上がりました。

20140723_6.jpg


ちなみに、過去を思い返すと花火が上がった試合で良い思いをした記憶がありません。
私の周囲では薄々とそれを感じながらも、口にしない事が暗黙の了解になりつつあります。


ボールを支配し攻め続けるもののゴールが遠く0−1での敗戦バッド(下向き矢印)

20140723_7.jpg


試合が終わると「花火が上がる日は・・」なんて会話も出てきます。
今年こそは嫌なジンクスを破ってくれると思ったのですが。。

ちなみに、試合内容はボールは支配するものの、ラストの部分での精度、迫力に欠け、ゴールがとても遠く感じます。
数年前と比べるとだいぶ上手いサッカーに変わりつつありますが、見応えという部分では素直に褒められる内容ではありませんでした。
この試合だけを見ると「つまらない試合」と思った人も多いでしょうが、新潟が強くなる為の過渡期と思い、粘り強くスタジアムに足を運びましょう手(パー)

もう少ししたら、一皮剥けた新潟を観る事が出来るはず??
posted by BBSHIN at 22:53| Comment(2) | アルビレックス

2014年05月06日

新潟2−1清水

本日開催されたアルビレックス新潟のホームゲーム、清水エスパルス戦。

結果は2−1で新潟が勝利るんるん

とても良いゲームでしたぴかぴか(新しい)


撮影した写真を掲載します。


試合前のゴール裏の様子

20140506_1.jpg


先制点の瞬間

20140506_2.jpg


喜ぶ選手達がゴールを決めた田中 亜土夢選手に集まります。

20140506_3.jpg


一旦は同点とされますが、川又選手のクロスボールを清水DFカルフィンヨンアピン選手が芸術的な弧を描くオウンゴールを決め、2−1で新潟が勝利となりました。
ヨンアピン選手は高さと強さの固い守備で良いプレーをしていましたが、最後に良い仕事をしてくれましたね(^^;) まあ、あれは仕方無いですよね。可哀想ではありますが、新潟からすれば嬉しい限りです。


試合終了後の整列、握手

20140506_4.jpg


ヒーローに選ばれた田中 亜土夢選手と川又 堅碁選手にはハッピーターン一年分が贈呈されました。

20140506_5.jpg


決勝のオウンゴールをお膳立てした川又 堅碁選手

20140506_6.jpg


先制点を決め、2試合連続ゴールの田中 亜土夢

20140506_7.jpg


今年のアルビレックス新潟は今までで一番強いといっても過言ではないと思います。
まだ良くなる余地を残しつつも、なかなかの結果を残しているという状況なので、今後に更なる期待が持てると思います。


ちなみにこの試合では久しぶりの3万人オーバーの35,533人の観客が入りました。

20140506_8.jpg


ゴールデンウィークという事もありますが、大勢の観客が入るホームゲームの雰囲気は最高ですねぴかぴか(新しい)
また、4万人を超えるビッグスワンがみれたら嬉しいですね。
今年は楽しいサッカーが観れると思うので、ホームゲーム開催時には、ぜひお友達を連れビッグスワンまで手(チョキ)
posted by BBSHIN at 18:02| Comment(0) | アルビレックス

アルビレックス必勝祈願応援のぼり旗をビッグスワンスタジアムに掲出

アルビレックス新潟のホームゲーム開催時、ビッグスワンに「新潟ラーメン.com」と書かれた応援のぼりを出すというのを2012年、2013年とやってきましたが、今年も掲出する事とし、本日開催された清水エスパルス戦からスタジアムに掲げられました。

のぼり旗は2種類ありました。

鈴木 武蔵選手、成岡 翔選手、川又 堅碁選手、守田 達弥選手

nobori_2014_1.jpg


レオ シルバ選手、田中 達也選手、大井 健太郎選手、大野 和成選手、キム ジンス選手、田中 亜土夢選手

nobori_2014_2.jpg


過去2年間の、のぼり旗に関する記事は↓

のぼり旗(2012年)

のぼり旗(2013年)


ちなみに、のぼりはまだ募集していると思いますので、
「スタジアムに自社の社名入りの旗を出したい」
「社名入りの旗を会社に置きたい」
という場合は申し込んでみてはいかがでしょうか?

3万円1口で旗を4枚用意してもらえます。

2枚をスタジアムに出され、2枚が自社用に送られてきます。
(4枚とも自社に掲示してもオッケーです)
posted by BBSHIN at 17:27| Comment(0) | アルビレックス