2019年08月17日

まぜ麺 笑喜 無数の味チェンが可能なまぜ麺

新潟市中央区にオープンした「まぜ麺 笑喜」に行ってきました。

mazemen_syoki_1.jpg

場所は新潟駅前の支那そばとうせんやの跡地です。


メニューの写真

mazemen_syoki_10.jpg


海鮮塩、生姜醤油、辛味噌の3種のまぜ麺に対し、野菜、ジャンク、たまご、肉、海鮮の各種トッピングをプラスし、様々なバリエーションが可能となっています。

まずはこちら

まぜ麺(海鮮塩)

mazemen_syoki_2.jpg

まずは混ぜずに麺リフトアップ

mazemen_syoki_3.jpg


つるつるもっちり多加水太麺です。

そして器の底には旨味の強い塩ダレがあります。
そのタレと具材、麺をしっかりと混ぜて食べます。

私のやり方としては、混ぜても意味の無さそうな鶏チャーシュー、味玉、そして岩のりを端に避けてから混ぜます。
岩のりは混ぜるとしなっとしそうなので、お好みのタイミングで加えていきます。
全体に磯の香りを加えたい方は最初から一緒に混ぜると良いかと。

旨味の強いタレと挽き肉などの味が絡むと、かなりインパクトある味となります。
また、しらすが実に良いアクセントとなります。


続いてはこちらの一品

まぜ麺 生姜醤油

mazemen_syoki_4.jpg

生姜醤油ダレの一品は塩とはまた違ったインパクトのある味でした。

トッピングの違いも大きな違いとなりますね。
そうした意味でも有料トッピングを加えると、更なる変化が訪れるのでしょうね。

今回はジャンクトッピングの粉チーズとマヨネーズを試してみました。

mazemen_syoki_5.jpg

想像通りにジャンクな変化が加わります。

トッピングはこの様に、別皿可となっているので、複数人でシェアするといったやり方も可能かなと。

他にも、玉ねぎ、温たまご、生たまご、旨辛ひきにく、めんたいこ、シーチキン、鮭フレークなどが与える変化が気になるところです。
納豆、キムチなどもあればなお面白かったかもしれませんね。


卓上調味料は、醤油、酢、ラー油、おろしニンニク、おろし生姜、胡麻が置いてありました。

mazemen_syoki_6.jpg


ニンニクのガッツリ感、生姜の清涼感、ラー油で辛味、酢で酸味など、各種変化を加える事が可能です。


様々なパウダーが回転式のラックに常備されています。

mazemen_syoki_7.jpg

かつおパウダー、えびパウダー、カレーパウダー、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、山椒、わさびパウダー、七味

が置いてありました。

かつお、えび、カレーなどは味の変化に、それ以外は辛味やスパイス感をプラス出来ます。

多数が置いてあるので、色々な変化が期待出来そうです。


シメにおすすめなのはコチラ

十五穀米(普通盛り100円)

mazemen_syoki_8.jpg


ラストに器に投入し追い飯として頂きます。


しじみスープ(50円)

mazemen_syoki_9.jpg



まぜ麺 笑喜の詳細
posted by BBSHIN at 10:16| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年08月12日

麺屋 ほんず デッキーで食べられる麺や力のカレー麻婆麺

新潟市中央区、デッキー401内にある「麺屋 ほんず」へと行ってきました。

honzu_dekky_1.jpg


こちらのお店は、中央区上山小学校近くにあった麺や力が移転リニューアルする形でオープンしたお店です。


注文したのは、麺や力の看板メニュー麻婆麺の変化版です。

カレー麻婆めん

honzu_dekky_2.jpg

honzu_dekky_3.jpg

honzu_dekky_4.jpg

honzu_dekky_5.jpg


とろみあるカレーと麻婆がかかっています。
その強いとろみにより平打ちの太麺にもカレーと麻婆がたっぷりと絡みます。

追い飯付きとなります。

honzu_dekky_6.jpg

カレーライス、麻婆飯として楽しむ事も可能な一品でした!


もう一杯はこちら

ほんずらーめん

honzu_dekky_7.jpg

honzu_dekky_8.jpg

honzu_dekky_9.jpg


あっさりとした澄んだスープの一杯です。

じんわりとした旨味で若干控えめな味ですが、こちらのミニチャーハンとセットで食べる事でちょうど良いかなと思います。

honzu_dekky_10.jpg

ラーチャンセットとして、上記2品のセットがあるので、お腹いっぱい食べたい方はそちらを注文すると良いでしょう。


麺屋 ほんずの詳細
posted by BBSHIN at 09:55| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年07月30日

かも家 新潟駅前店 あっさり鴨の風味が香る「鴨だし中華そば」

新潟駅前にあるお昼から営業している居酒屋「かも家 新潟駅前店」

kamoya_1.jpg


こちらのお店は店名の通り鴨料理メインのメニュー構成となっており、その中の一つに鴨を用いたラーメンを提供しています。

鴨だし中華そば

kamoya_2.jpg


あっさり醤油味のスープです。

kamoya_3.jpg


あっさりとしたスープは少し濃い目の醤油味となっています。

出汁自体はそれ程濃くはなく、サラリとしていますが、上に多めの油が浮き、コク深さを演出しています。



麺は歯ごたえ良い細麺です。

kamoya_4.jpg



ラーメンとのセットにピッタリなお勧めサイドメニューがこちら

鴨そぼろ飯

kamoya_5.jpg


味が濃いそぼろがのったミニ丼です。

200円というお得価格が嬉しいですね!!


かも家 新潟駅前店の詳細
posted by BBSHIN at 07:31| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年07月27日

無尽蔵 MISO 味噌専門店が提供する「芳醇合わせ赤味噌野菜」

新潟市中央区、女池インター近くにオープンした「無尽蔵 MISO」へと行ってきました。

mujinzou_miso_201907_1.jpg


看板

mujinzou_miso_201907_2.jpg


無尽蔵女池家が味噌ラーメンを看板メニューとしたお店としてリニューアルしました。


芳醇合わせ赤味噌野菜

mujinzou_miso_201907_3.jpg


濃い味噌味のスープに風味が良く香ばしい油と白胡麻が浮いていました。
あっさりスープに濃い味噌風味と油で濃厚感を出すタイプかなと思います。

麺はモッチリ多加水で弾力感のある中太麺です。

mujinzou_miso_201907_4.jpg


濃い味噌味のスープとの相性も良いかなと思います。

上にのった味噌を溶かすと、味噌味を濃くする事が出来ます。
逆に、スープが濃いと感じる方はお願いすると割りスープをもらえます。



麹白味噌野菜

mujinzou_miso_201907_5.jpg

mujinzou_miso_201907_6.jpg


濃い味の赤味噌に比べるとマイルドに飲みやすく仕上がったスープです。

サラリと食べたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。


無尽蔵 MISOの詳細
posted by BBSHIN at 10:19| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年07月09日

中華飯店 Kinsan あっさり鶏出汁塩スープの「鶏塩麺」

新潟市中央区の「中華飯店 Kinsan」へと行ってきました。

kinsan_201907_1.jpg


場所は新潟ユニゾンプラザに向かって2、3軒左側です。


注文したのはこちら

鶏塩麺

kinsan_201907_2.jpg


あっさり塩スープです。

kinsan_201907_3.jpg


鶏の香りが漂う淡麗系塩スープです。

しっかりとした鶏風味を漂わせつつも、鶏臭さがなく飲みやすいスープでした。


麺は多加水の細麺です。

kinsan_201907_4.jpg


トッピングとしては、チャーシュー、三つ葉、ネギ、穂先メンマがのっていました。

チャーシューはレア感がありましたが、狙って作ったレアチャーシューというよりは、大き目の肉を使い、表面・裏面で熱の入り加減にムラが出た様な感じに見えました。
味はかなり薄味で、さっぱり感あるスープを邪魔しないタイプかなと。


セットのたまご炒飯

kinsan_201907_5.jpg


ふんわり食感のチャーハンです。
サイドメニューにピッタリな量と程よい味付けでした。


定食類も提供しています。

ごちそうよだれ鶏

kinsan_201907_6.jpg


鶏肉の弾力感と味付けが絶妙でした。
とても美味しかったです!

品数も豊富なのも嬉しいですね。


中華飯店 Kinsanの詳細
posted by BBSHIN at 00:34| Comment(2) | 新潟市中央区

2019年07月07日

長岡中華そば くま一 綺麗な麺線が印象的な長岡生姜醤油系

新潟市中央区、新潟県県庁近くにオープンした「長岡中華そば くま一」

kumaichi_1.jpg


場所は、閉店してしまったぶた家県庁前店跡地です。


注文したのは看板メニューのこちら

長岡生姜醤油ラーメン

kumaichi_2.jpg

綺麗に整えられた麺線が印象的ですね。



品名にある通りに長岡生姜醤油系なスープです。

kumaichi_3.jpg


麺はバツンとした食感が特徴的なストレート中細麺でした。

kumaichi_4.jpg



チャーシューは噛み応えある肉にしっかりとした味を染み込ませてあります。
太メンマ、ほうれん草、ネギ、ナルト、海苔などものっています。


もう一杯はこちら

中華そば

kumaichi_5.jpg

kumaichi_6.jpg

kumaichi_7.jpg


あっさり魚介系の醤油スープです。
生姜醤油と比べると、醤油感はそこまで強くはありません。
パット見、シンプルなスタイルのあっさり中華そばに見えるのですが、麺が今風のパッツリ食感の細麺となっていました。
ネオレトロスタイルな一杯は、しっかりと美味しい一杯でした。


サイドメニューTKG

kumaichi_8.jpg

kumaichi_9.jpg


トロトロの半熟味玉、刻みチャーシューなどが、醤油ダレがかかったご飯にのっています。


長岡中華そば くま一の詳細
posted by BBSHIN at 09:42| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年07月01日

大江戸 本店 野菜たっぷり味噌タンメン!

新潟市中央区にある「大江戸 本店」へと行ってきました。

ooed_honten_201907_1.jpg


やはり定番の醤油を注文している人が多いですね。

今回は、いつもと違う一杯にトライしてみました。

味噌タンメン(並)

ooed_honten_201907_2.jpg


豚肉に加え、白菜、キャベツ、ニンジン、青菜、モヤシ、タマネギ、ピーマン、キクラゲ、ネギと種類豊富な野菜がのっていいます。


あっさり味噌スープ

ooed_honten_201907_3.jpg


各種野菜の味が染み渡る事もあってか、味噌風味はそこまで主張していません。
程よい塩分の味噌スープは、そして滋味深い旨味が広がる飲み心地でした。


麺は歯切れのよい細麺です。

ooed_honten_201907_4.jpg


あっさりさっぱりと食べられるのが良かったです。

油感少なく野菜がたっぷり食べられるのも嬉しいですね。

これからの暑い夏は、冷やし中華が人気です。
機会があればぜひお試しください!


大江戸 本店の詳細
posted by BBSHIN at 22:05| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年06月30日

がっつり食堂ドカメン マー油が浮いたガッツリデカ盛り系「豚そば黒」

新潟市中央区「がっつり食堂ドカメン」へと行ってきました。

dokamen_201906_1.jpg


今回は、新潟を離れる人が
「新潟市中央区からそれ程時間をかけずに行けるお店で背脂系ラーメンを食べたい」
と言っていたので、色々と考えた結果、こちらのお店に行く事にしました。

※予定していた食べ歩きではなかったので、いつものカメラではなくスマホでの撮影となり、画質が普段より低くなっています


目的の一杯はこちら

チャーシューめん

dokamen_201906_6.jpg


本格的な背脂醤油ラーメンです。

背脂のコクと旨味のある醤油スープの組み合わせは絶妙です。

食べた人も満足していた様で良かったです!



私はデカ盛り系の方を頂く事に。

前回はノーマルな一杯を頂いたので、今回はマー油入りのバージョンにする事に。

豚そば黒

dokamen_201906_2.jpg


スープ

dokamen_201906_3.jpg


濃厚な動物系白湯スープに背脂が浮いています。

前回食べた時よりも、動物系の臭みが抑えられていました。
個人的には、少し臭い位の動物系のインパクトがあった方が好きだったりしますが、そうした臭いを嫌う人も多いので、食べやすく改良されたと言っても良いかなと思います。


マー油の香ばしさをアクセントとインパクトを与えます。

dokamen_201906_4.jpg


麺は太麺です。

dokamen_201906_5.jpg


ガッシリ太麺は、濃厚系白湯やマー油のインパクトに負けない食べ応えです。

また、たっぷりの野菜がのっているので、ガッツリお腹一杯になりました。

サイドメニューとのセットの満腹セットや、オープン当初には無かった「濃厚つけ麺」なるメニューもラインナップに加わっており、何度も楽しめるメニュー構成のお店かなと思いました。


がっつり食堂ドカメンの詳細
posted by BBSHIN at 22:46| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年06月17日

めん処 くら田 ラーメンが出てくるまでの間、壁に貼られたクイズを楽しめる

新潟市中央区、本町にある「めん処 くら田」へと行ってきました。

kurata_201906_1.jpg


以前行った時は朝からお昼までの営業でしたが、久しぶりに行くと平日のみ夜営業有りとなっていました。

お店の前や店内に貼ってある個性的な貼紙が目立ちます。

お店の壁にはクイズが貼ってあります。

kurata_201906_2.jpg


他のお客さんがいたので、撮影は出来ませんでしたが、逆側の壁に回答が貼ってあります。

また、お店の前には、

「めん処くら田は会員制のラーメン店を目指しています。
 ◎会員の手続き なし
 ◎会費 なし
 ◎会員 … こころからまいどう
 ◎一般 … こころからいらっしゃい」



休日の案内として

2日(日)からだのリハビリ
9日(日)10(月)こころのリハビリ
16日(日)チャリブラ
23日(日)人間充電
27日(木)毎月第四木曜日休
30日(日)反省の日

など、とても個性的な表現が印象的です。



今回は以前食べにきた時にはメニューになかった一杯を食べてみようと思います。

カレーラーメン

kurata_201906_3.jpg


スープ

kurata_201906_4.jpg


醤油ラーメン、塩ラーメンの2種類がありますが、こちらは塩かと思われます。

あっさりで旨味の強いスープです。


カレーは家庭的でまろやかなコクがあるタイプです。

kurata_201906_5.jpg


麺は多加水の細麺です。

kurata_201906_6.jpg


特に何も言わずに注文しましたが、平打ち麺にする事も可能かと思われます。

個人的にはオーソドックスなこちらの細麺の方が好みですね。


カレーを絡めて食べるのも良いでしょう。

kurata_201906_7.jpg


カレーが徐々にスープに混ざっていくといった変化も楽しめます。

シンプルで昔ながらな一杯を提供する老舗店のカレーラーメンはとても美味しかったです。
機会があれば是非お試し下さい。


めん処 くら田の詳細
posted by BBSHIN at 20:44| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年06月03日

湖水軒 昔ながらのあっさりラーメンとカリカリ食感がたまらない「ヒナどり定食」

新潟市中央区、高志にある「湖水軒」へと行ってきました。

kosuiken_1.jpg



メニューには、麺類の他に、定食、一品料理、サラダ、各種野菜・山菜などがありました。

まずは、こちらの一品です。

ラーメン

kosuiken_2.jpg


あっさり醤油味のスープです。

kosuiken_3.jpg


麺は多加水細麺です。

kosuiken_4.jpg


昔ながらのあっさり醤油スタイルの一杯は、食べ飽きる事の無さそうなシンプルな美味しさがありました。



もう一杯はこちら

塩ラーメン

kosuiken_5.jpg

kosuiken_6.jpg

kosuiken_7.jpg


こちらは、醤油ラーメンよりも具材が豪華になっています。

シメジ等のキノコがのっているのが嬉しいですね。

こちらもシンプルですが、しっかりと美味しい一杯でした。



そして、こちらのお店の看板メニューともいえる一品も頂いてみる事に。

ヒナどり定食

kosuiken_8.jpg


ヒナどり単体を撮影

kosuiken_9.jpg

kosuiken_10.jpg


皮がカリッカリに揚がっているのが良いですね。
食感がとても良かったです。

また、下のお肉も柔らかく肉の旨味たっぷりです。

新潟の鶏の半身揚げというとカレー味が有名ですが、こうしたシンプルに鶏の美味しさを楽しめるタイプも良いものですね。

そして、お好みでカレーパウダーやガーリックパウダー、塩などをかけて食べます。

kosuiken_11.jpg


とても美味しかったです。
これはお勧めですね!

単品だけでなく、定食があるのも嬉しいですね。


湖水軒の詳細
posted by BBSHIN at 23:18| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年06月01日

中華亭 背脂醤油スープとカレーの最強コラボ!

新潟市中央区、笹口にある「中華亭」へと行ってきました。

tyukatei_201906_1.jpg


場所はかなり分かりにくいところにあります。

以前ゲームセンターのチャンス笹口店があった場所の向かいの細い路地を入ったところにあります。

笹出線から見た中華亭

tyukatei_201906_2.jpg


店内は厨房に面したカウンター席と、小上がり席が2テーブルありました。

まず、注文したのはこちらの一杯です。

tyukatei_201906_3.jpg


スープ

tyukatei_201906_4.jpg


醤油味のスープに背脂がたっぷりと浮いています。

スープは清湯で、仮に背脂を抜けばあっさりと食べられそうです。
液状の脂が多く、スープの動物感は若干分かりにくいですが、何度か飲むうちに動物系出汁がしっかりと出てベースがしっかりとしているかなと。
そこに、背脂のコクも加わり厚みある飲み応えとなっています。
また、煮干しなども効いた定番スタイルとなっているかなと。

背脂はスープを注ぐ前にタレとともに丼に入れるのと、盛り付け後のチャッチャの2段階でしょうか?
スープに浮く背脂とチャーシューの上にかかる白いものの2パターンでした。




tyukatei_201906_5.jpg


背脂醤油にぴったりとくる太麺です。
多加水で弾力感はそこそこ、軽いもっちり感と質感がスープとの相性抜群です。


正統派、王道スタイルの燕系背脂醤油な一杯でした。


もう一杯はこちら

五目味噌

tyukatei_201906_6.jpg


味噌感は前に出ておらず、たっぷりの背脂の動物系コクと具材の味が前面に出ています。

モヤシ、キャベツ、厚めにカットされたニンジンなどがたっぷりとのっています。

特にモヤシをメインとした野菜が、上にかけられた脂か、または、炒め油か、動物系の脂がガッツリと絡み、かなりパンチある仕上がりとなっていました。


そして注目の一品はこちらです。

カレー中華

tyukatei_201906_7.jpg


カレー付きのカレー中華そばです。

個人的に自宅で太麺を茹でて水でしめた後に、カレーにつけたり、カレーをかけたりして食べたりはしていましたが、中華そばにセットでついてくるというのは予想外のスタイルでした。


中華そばにもカレーが少し浮いています。

tyukatei_201906_8.jpg

tyukatei_201906_9.jpg


程よいカレー風味のスープに、お好みでカレーを足していく事が可能です。


そして麺

tyukatei_201906_10.jpg


麺は、別器のカレーにつけて、カレーつけ麺の様に食べる事も可能です。

tyukatei_201906_11.jpg

tyukatei_201906_12.jpg

ドロっとしたカレーが麺にたっぷりと絡みつきます。

家庭的なスタイルのカレーは、コク深く美味しいですね。
また、カレーの中には、ゴロゴロとしたお肉も入り食べ応え満点です。
この肉の味もカレーのコク深さの要因なのでしょうね。

カレーつけ麺としたり、カレー中華にカレーをプラスしたり、お好みの食べ方が出来る魅力的な一品でした。

個人的には、まずは少しをそのまま食べた後、カレーにつけて食べるのが美味しかったので、大半をカレーつけ麺風で頂き、ラストに残ったカレーをスープに投入した後に混ぜ、カレースープとして頂きました。

とても美味しく、かなりお勧め出来る一品かなと思います。


ちなみに、美味しいカレーとともにご飯も食べたくなってしまいましたが、後で聞いたところ、カレー中華にはプラス100円でライスをセットにする事が出来るのだとか。(メニューには記載無し)



サイドメニューの餃子

tyukatei_201906_13.jpg


野菜などの味がしっかりとし、またコク深い脂感なども絶妙で、美味しい餃子でした。


中華亭の詳細
posted by BBSHIN at 10:05| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年05月16日

麺屋 坂本01 新潟駅前店 綺麗な麺線のあっさり淡麗系醤油

新潟市中央区、新潟駅前にオープンした「麺屋 坂本01 新潟駅前店」へと行ってきました。

sakamoto01_1.jpg


場所は新潟市東区に移転する形で閉店した麺屋清水新潟駅前店の跡地です。


注文したのはこちら

醤油らーめん

sakamoto01_2.jpg


清水と同様に整えられた綺麗な麺線が目を引きます。


スープ

sakamoto01_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。

浮き油は牛脂が使わていると聞いていましたが、確かに強い牛の香りが漂っています。

出汁はそこまで濃くはなく、醤油ダレの風味の強さが目立ちます。

あっさりスープに多めの油がコクを与えているという印象です。




sakamoto01_4.jpg


硬めでバッツリとした食感のストレート中細麺です。


トッピングとしては、レアチャーシュー、フードプロセッサーにかけた様なおろし玉ねぎ、メンマがのっていました。
玉ねぎの上には、鮮烈な香りを放つ山椒が加えられていました。
清水で提供していた山椒塩そばと同じ様なものかと思いますが、それと比べると量がかなり少な目なので、程よいアクセントとなってくれていました。


東京的な淡麗系あっさり醤油ラーメンですね。

脂以外の部分は清水とかなり共通点が多く、清水の味が好きだったという方にもお勧めかなと思います。



続いてはこちら

特濃つけそば(小)

sakamoto01_5.jpg


正統派スタイルの濃厚魚介系つけ麺です。


つけダレ

sakamoto01_6.jpg

sakamoto01_7.jpg


トロみのある濃厚系スープには、魚粉なども加わり強い魚介風味が漂います。

このスタイルには大抵ハッキリと分かる甘味が加わりますが、その中でも強めの甘味が効いていたかなと思います。


麺もこうしたつけ麺としては、定番のタイプの太麺です。

sakamoto01_8.jpg


全粒粉も使われていそうな見た目の太麺は、多加水で弾力感はほどほどに少し硬めな食感が濃厚系スープと良く合っていました。



スープにトロみがあるので、麺にスープが良く絡みます。

sakamoto01_9.jpg


今回は「小」にしましたが、食べ応えある麺を心ゆくまで堪能したい方は「大」としてみると良いでしょう。


麺屋 坂本01 新潟駅前店の詳細
posted by BBSHIN at 22:23| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年05月11日

来味 東堀店 昔ながらの新潟あっさり中華そば

新潟市中央区の「中華そば 来味 東堀店」へと行ってきました。

raimi_higashibori_201905_1.jpg


今回の目的は、ホットペッパーメシ通の取材でした。

メシ通掲載の記事はこちら


中華そば

raimi_higashibori_201905_2.jpg


スープ

raimi_higashibori_201905_3.jpg


基本的には、あっさりタイプではあるのですが、動物系、魚介系の出汁が強めに出ています。

過去に亀田にあったお店は、煮干しが強く効きすっきり澄んだスープでしたが、それに対しこちらは動物系が強く出ています。
個人的には、あっさりながらもこうしたコク深い厚みと、魚介風味、タレの旨味が強いレベルで混在するスープはかなり好きなタイプです。




raimi_higashibori_201905_4.jpg


昔ながらのあっさりラーメンスタイルではありますが、シンプルな多加水中華麺ではなく、しなやかな質感と適度な噛み応えが程よく主張する美味しい麺ですね。
深みあるあっさりスープとも良く合いますね。


18〜21時限定で、
「晩酌セット」(950円)なるものをやっていました。

内容としては、上記中華そばと、ビール・おつまみ2皿というセットです。


おつまみ2品はこちら

raimi_higashibori_201905_5.jpg


チャーシュー、メンマ、味玉のおつまみ三種と水餃子です。

ここにビールまでついて、セット価格が千円以下というのはかなりお得ですね。


続いてはこちら

つけ麺

raimi_higashibori_201905_6.jpg


麺は水でしめた冷盛りです。

raimi_higashibori_201905_7.jpg


つけダレは、中華そばと同様のスープに醤油ダレと酸味と甘みと少量の唐辛子が加えられていました。

raimi_higashibori_201905_8.jpg


麺リフトアップ

raimi_higashibori_201905_9.jpg


酸味が食欲を刺激し、麺の細さもありスルスルと食べられますね。

大盛、特盛が同価格という事なので、お腹に余裕がある方は麺増量サービスを利用しても良いかもしれませんね。


来味 東堀店の詳細
posted by BBSHIN at 16:36| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年04月29日

ことぶき屋 分店 昔ながらの中華飯店

新潟市中央区、学校町にある「ことぶき屋 分店」へと行ってきました。

kotobukiya_bunten_1.jpg


大通り沿いではなく、学校町交差点から斜めに入る一方通行の道沿いにあります。
ただ、お店の駐車場がない為、第四銀行白山支店併設の有料駐車場に停めて行きました。


注文したのはこちら

カントンメン

kotobukiya_bunten_2.jpg


ちなみに、メニューにある五目ラーメンは、トロみがないタイプで、こちらのカントンメンがトロみある五目あんかけラーメンとなっています。

良く間違われやすいのか、五目ラーメンを注文しようとした時教えてくれたので、カントンメンに切り替えました。


スープ

kotobukiya_bunten_3.jpg


トロみある餡の下にあるのは、しっかりとした旨味のあっさりスープです。




kotobukiya_bunten_4.jpg


多加水でやわらかめの細麺です。
餡の下にたっぷり麺が詰まり、細さ、柔らかさ、餡の重さもあってか、箸で持ち上げようとするとブツっと切れやすくなってきました。
比較的柔らかい麺を好む年配の方などに向けた茹で加減かもしれませんね。


エビ、ウズラの卵、そして各種野菜など豊富な具材が入り、ボリュームある一杯となっていました。


もう一杯はこちら

麻婆麺

kotobukiya_bunten_5.jpg


マーボー餡

kotobukiya_bunten_6.jpg


程よい辛味でトロみがあります。




kotobukiya_bunten_7.jpg



2杯とも、旨味強め、スタンダードなスタイルの中華系餡掛けラーメンでした。


サイドメニューとして注文した餃子(540円)

kotobukiya_bunten_8.jpg


具材が程よくつまり、肉汁たっぷり、美味しい餃子だと思います。


昔ながらな雰囲気の中華飯店でした。
機会あれば麺類以外も試してみたいですね。


ことぶき屋 分店の詳細
posted by BBSHIN at 10:29| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年04月16日

ことぶき屋 デッキ―401店 担々麺と餃子が人気のお店

新潟市中央区 DeKKY401内にある「ことぶき屋 デッキ―401店」へと行ってきました。

kotobukiya_dekky_1.jpg


こちらのお店の看板メニューは担々麺と餃子とのこと。
お得なセットメニューもあったので、担々麺をセットでお願いしてみました。

担々麺+Aセット

kotobukiya_dekky_2.jpg


担々麺

kotobukiya_dekky_3.jpg


スープ

kotobukiya_dekky_4.jpg


サラリとしたあっさり系のスープですが、胡麻と辛味が効き、また、スープ自体が強い旨味となっている為、インパクトある飲み応えとなっています。




kotobukiya_dekky_5.jpg


多加水の細麺です。

旨味と辛味、そしてコク深いスープが良く絡みます。


セットの餃子、ライス、ザーサイ

kotobukiya_dekky_6.jpg


ご飯と担々スープは良く合いますね。

自慢の餃子も美味しかったです。



もう一品はこちら

ラーメン Cセット

kotobukiya_dekky_7.jpg


ラーメン

kotobukiya_dekky_8.jpg


スープ

kotobukiya_dekky_9.jpg


旨味の強いあっさりスープです。
担々麺と違い辛味などが無い分、スープの旨味がかなり目立ちます。


麺は細麺です。

kotobukiya_dekky_10.jpg


ハッキリとした旨味の美味しいあっさりラーメンでした。


杏仁豆腐

kotobukiya_dekky_11.jpg


滑らかな質感の杏仁豆腐です。
質感の良さに加え、程よい甘さが良かったですね。
美味しい杏仁豆腐でした。


レジのところには、各種総菜の販売もしています。

kotobukiya_dekky_12.jpg


お持ち帰り餃子もありました。

kotobukiya_dekky_13.jpg



ことぶき屋 デッキ―401店の詳細
posted by BBSHIN at 19:39| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年04月14日

ぶた家 県庁前店 新潟県庁近くで食べられるタンメンとラーチャン

新潟市中央区、県庁近くにある「ぶた家 県庁前店」へと行ってきました。

butaya_1.jpg


ホームページなどでは営業時間は12時〜となっていますが、お店の前には11時半〜13時半のランチタイム限定で醤油ラーメンとチャーハンを提供しているとのこと。
また、お昼営業は日曜日のみとなっていましたが、3月16日からはお休みの日以外は毎日ランチタイム営業をすると書いてありました。


という事で、ラーメンとチャーハンのセット「ラーチャン」(850円)を注文してみました。
(チャーハンが遅れてやってきたのでセット画像はありません)

豚香る醤油ラーメン

butaya_2.jpg


スープ

butaya_3.jpg


タイトル通り、豚風味が強く香るスープです。
上に浮いた油は豚のもの浮いているでしょうか。
かなり風味が強いですね。
出汁も強めであっさり系ではありますが、厚みがある飲み応えです。




butaya_4.jpg


バツンとした食感のストレート麺です。

ラーメンの見た目から、一般的なツルツルモチモチ中華麺を予想していましたが、想像とは違う歯切れの良い麺でした。


焼飯

butaya_5.jpg


味が濃いチャーハンです。

ラーメンと合わせて食べる事は出来ませんでしたが、濃い味のスープと濃いチャーハンの組み合わせは、それぞれがぶつかり合いつつも、パンチある食べ応えと満足感を得る事が出来るものと思われます。


タンメン

butaya_6.jpg


スープ

butaya_7.jpg


軽く濁ったスープは旨味が強くインパクト大です。

写真では分かりにくいですが、動物系の脂が浮き、コク深い味わいとなっています。



鉄鍋餃子

butaya_8.jpg



ぶた家 県庁前店の詳細
posted by BBSHIN at 08:29| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年03月17日

中国上海料理 陽陽 リーズナブルな価格のお得なセットや定食

新潟市中央区、南出来島のランブル跡地にオープンした「中国上海料理 陽陽」へと行ってきました。

youyou_1.jpg


各種中華料理などメニューがかなりたくさんあり迷いますが、まずは基本のラーメンにお得なサイドメニューセットでいってみる事としました。

醤油ラーメン+半チャーハンセット

youyou_2.jpg


ラーメンに半炒飯とデザートがついてくるセット(+150円税抜)です。

醤油ラーメン

youyou_3.jpg

youyou_4.jpg

youyou_5.jpg


中華系のシンプルなあっさり醤油味のスープです。
ハッキリとした旨味のスープと多加水細麺の組み合わせは定番ですね。

セットでプラスした半チャーハン

youyou_6.jpg


パラパラとした食感と強めの旨味の美味しいチャーハンでした。

そして杏仁豆腐

youyou_7.jpg


美味しいチャーハンにデザートまでつき+150円はかなりお得価格かなと思います。


続いてはこちら

麻婆担々麺+油淋鶏丼セット

youyou_8.jpg


ラーメンに油淋鶏丼とザーサイがついたセット(+200円税抜)です。


麻婆担々麺

youyou_9.jpg


スープ

youyou_10.jpg


コクのあるクリーミーなスープに麻婆餡がかかっています。

youyou_11.jpg


麺は多加水の細麺です。

youyou_12.jpg


麻婆麺と担々麺が融合した一杯はとても食べ応えがある一杯でした。

サイドメニューのご飯とスープとの相性も良かったです。


セットの油淋鶏丼

youyou_13.jpg



中国上海料理 陽陽の詳細
posted by BBSHIN at 07:55| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年03月08日

めんの坊 古町の路地裏 穴場的立地なお店が提供する魚介系醤油

新潟市中央区、古町エリアにオープンした新店へと行ってきました。

ちなみにお店の場所はかなり分かりにくいです。

西堀沿いにある「鳥梅」脇の路地に入ります。

mennobou_1.jpg

mennobou_2.jpg


すると右側にお店が!

「めんの坊」

mennobou_3.jpg


店内はカウンター席に加え、奥に小上がり席があり、4席1つと2席2つのテーブルが置いてあります。


ラーメンメニューは醤油と味噌の2種類でした。

まずは醤油

mennobou_4.jpg


スープ

mennobou_5.jpg


あっさり醤油味のスープです。

魚粉を入れたか、出汁が出やすい粉末状のものを使ったか、そうした細かなものが見えます。
そして、その見た目通りに強めの出汁がでています。
また、魚介系以外にも他の素材や醤油風味などもあり、しっかりとしたベースのある味になっています。


麺は多加水の縮れ麺です。

mennobou_6.jpg


場所柄もあってか、飲んだ後にぴったりなあっさり醤油に仕上がっていました。


もう一杯はこちら

味噌

mennobou_7.jpg


スープ

mennobou_8.jpg


あっさり系のスープに濃い味噌風味が加えられています。

上には玉ねぎ、モヤシといった炒め野菜がのっています。
風味の良い炒め油が浮き、スープの印象を香ばしいものにしている様に思えます。

火加減も程よく、モヤシは柔らかめとなりつつも、玉ねぎはシャキシャキとした食感を残していました。


麺は多加水縮れ麺です。

mennobou_9.jpg


あっさり系味噌スープと感じさせない程に、パンチある濃厚味噌に仕上がった一杯となっていました。



つづいてはコチラ

チャーハン

mennobou_10.jpg


しっとり食感で香ばしい風味、そして強い旨味が印象的です。

美味しいチャーハンでした。


ラストに自家製という餃子も注文してみました。

mennobou_11.jpg


もっちり皮の中には肉や野菜などの具材がたっぷりと詰まっています。

mennobou_12.jpg


餃子の具としては大き目にカットされた野菜のシャキシャキ感が予想外に良かったです。

こちらをつまみにビールを飲んでからシメのラーメンというのも良いかもしれませんね。


テーブル調味料

mennobou_13.jpg


醤油、酢、ラー油、こしょう、一味が置いてありました。


オープンしたばかりという事で、2019年4月末までの期間限定のサービスをしていました。

内容は、下の画像を来店時に店員さんに見せるとビール以外のドリンクがサービスとなるというものです。

mennobou_14.jpg


お一人1日1回限り
お連れ様人数分サービス
と書いてあります。
書いてはいませんが、一般的に考えると、「人数分」とはいっても当然各自注文する事が前提だと思います。

ちなみに「拡散希望」とあったので聞いてみたところ、本人や知り合い以外にも拡散先の人も可と言っていたので、ここに貼った画像提示も問題無いものと思われます。


4品試してみましたが、それぞれが特徴があり、ハッキリとした味に仕上げていたので、多くの人が気に入る味になっているかなと思います。
この機会にぜひお試し下さい。


めんの坊の詳細
posted by BBSHIN at 23:41| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年02月18日

俺のとんこつラーメン 伝丸 冬季限定「なべ焼きとんこつラーメン」と朝限定「朝汐ラーメン」

新潟市中央区、古町エリアにある「俺のとんこつラーメン 伝丸」へと行ってきました。

denmaru2_201902_1.jpg


こちらのお店はラーメン居酒屋として深夜まで営業しつつ、朝営業までやっているという珍しいお店です。


今回注文したのは冬の寒い時期の季節限定「なべ焼きとんこつラーメン」です。

denmaru2_201902_2.jpg


熱々の鍋に入って出てきました!

スープ

denmaru2_201902_3.jpg


醤油ベースの豚骨スープは、提供時に各種具材とともに煮込まれる事で、まろやかな味が加わっています。


麺は太麺です。

denmaru2_201902_4.jpg


モッチリ多加水麺の為、ぐつぐつと熱いスープに入っても伸びにくく、最後まで美味しく頂けます。


食後にお願いすると、一旦器を厨房に持っていき、シメのご飯を追加してくれます。

denmaru2_201902_5.jpg


スープとご飯の相性は絶妙です!

denmaru2_201902_6.jpg


上にのった半熟玉子を割ると、更なる変化まで楽しめます。

寒い冬に嬉しい体温まる一杯でした!!



早朝営業時に提供している、朝限定のメニューも試してみる事に。

朝汐ラーメン

denmaru2_201902_7.jpg


スープは真っ白な豚骨塩スープです。

denmaru2_201902_8.jpg


「朝からトンコツ??」
と思われる方もいるかもしれませんが、思いのほかアッサリとしています。
スープに加えられた生姜がコッテリとした味の中に清涼感を与えていました。


麺は多加水細麺です。

denmaru2_201902_9.jpg


古町で深夜から早朝まで働いた人達に向け、適度なパンチとサッパリ感の一杯に仕上げてありました。
バランス感が絶妙ですね。



ラストは定番のラーメンを「赤」で頂きました。

denmaru2_201902_10.jpg

denmaru2_201902_11.jpg

denmaru2_201902_12.jpg


程よい濃厚感としっかりとした旨味、そして香ばしさのあるラー油が良いですね。

麺は太麺、細麺選べるので、今回は多加水の太麺を選択しました。



豚骨ラーメンにピッタリな紅ショウガと高菜がついてきます。

denmaru2_201902_13.jpg


ラーメン居酒屋として営業している事で、各種おつまみ一品料理メニューも充実しています。

炙り明太子(480円)

denmaru2_201902_14.jpg


夜の居酒屋として利用しつつラストのラーメン
または深夜の飲み歩き後のシメの一杯
朝営業時の朝ラーメン

様々なシチュエーションで利用出来るお店ですね。


俺のとんこつラーメン 伝丸の詳細
posted by BBSHIN at 19:22| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年02月16日

和らぎ亭 しまや ふわトロ食感の「特上親子丼」

新潟市中央区、新潟駅南口から徒歩10分位のところにある「和らぎ亭 しまや」へと行ってきました。

shimaya_1.jpg


ホットペッパーメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら



一階はカウンター席、掘りごたつ席などがあり、二階はつなげれば宴会も出来る様な個室がありました。

shimaya_2.jpg



新鮮な魚介類が美味しいという話を聞いていたので、まずはこちらの品から頂く事に。

刺身三点盛り(2,000円)

shimaya_5.jpg


大トロ
寒ブリ(佐渡産)
南蛮エビ
たこ
真鯛
ウニ

という構成でいた。
どれも鮮度良くとても美味しかったです。
特に脂がのった大トロと寒ブリが良かったですね。


栃尾油揚げ

shimaya_4.jpg


ねぎ味噌と納豆から選べるので、今回は納豆でお願いしました。


酒粕チーズ酒盗添え

shimaya_6.jpg


村上牛備長炭焼き

shimaya_7.jpg


弾力感ある食感、肉の旨味、絶妙な焼き加減がとても美味しかったです。


シメには新潟県産コシヒカリを使ったおにぎりを頂きました。

shimaya_8.jpg



そして、もう一品!

こちらのお店の看板メニューともいえる親子丼を頂く事に。

特上親子丼

shimaya_9.jpg

shimaya_10.jpg


噛み応え良く肉自体の美味しさが際立つ鶏肉、濃厚な黄身の味が際立つ半熟玉子のコラボは最高です。

とても美味しい親子丼でした!

他にも色んなメニューがあるので、機会があればまた訪れてみたいですね!!


和らぎ亭 しまやの詳細
posted by BBSHIN at 13:23| Comment(2) | 新潟市中央区