2019年02月18日

俺のとんこつラーメン 伝丸 冬季限定「なべ焼きとんこつラーメン」と朝限定「朝汐ラーメン」

新潟市中央区、古町エリアにある「俺のとんこつラーメン 伝丸」へと行ってきました。

denmaru2_201902_1.jpg


こちらのお店はラーメン居酒屋として深夜まで営業しつつ、朝営業までやっているという珍しいお店です。


今回注文したのは冬の寒い時期の季節限定「なべ焼きとんこつラーメン」です。

denmaru2_201902_2.jpg


熱々の鍋に入って出てきました!

スープ

denmaru2_201902_3.jpg


醤油ベースの豚骨スープは、提供時に各種具材とともに煮込まれる事で、まろやかな味が加わっています。


麺は太麺です。

denmaru2_201902_4.jpg


モッチリ多加水麺の為、ぐつぐつと熱いスープに入っても伸びにくく、最後まで美味しく頂けます。


食後にお願いすると、一旦器を厨房に持っていき、シメのご飯を追加してくれます。

denmaru2_201902_5.jpg


スープとご飯の相性は絶妙です!

denmaru2_201902_6.jpg


上にのった半熟玉子を割ると、更なる変化まで楽しめます。

寒い冬に嬉しい体温まる一杯でした!!



早朝営業時に提供している、朝限定のメニューも試してみる事に。

朝汐ラーメン

denmaru2_201902_7.jpg


スープは真っ白な豚骨塩スープです。

denmaru2_201902_8.jpg


「朝からトンコツ??」
と思われる方もいるかもしれませんが、思いのほかアッサリとしています。
スープに加えられた生姜がコッテリとした味の中に清涼感を与えていました。


麺は多加水細麺です。

denmaru2_201902_9.jpg


古町で深夜から早朝まで働いた人達に向け、適度なパンチとサッパリ感の一杯に仕上げてありました。
バランス感が絶妙ですね。



ラストは定番のラーメンを「赤」で頂きました。

denmaru2_201902_10.jpg

denmaru2_201902_11.jpg

denmaru2_201902_12.jpg


程よい濃厚感としっかりとした旨味、そして香ばしさのあるラー油が良いですね。

麺は太麺、細麺選べるので、今回は多加水の太麺を選択しました。



豚骨ラーメンにピッタリな紅ショウガと高菜がついてきます。

denmaru2_201902_13.jpg


ラーメン居酒屋として営業している事で、各種おつまみ一品料理メニューも充実しています。

炙り明太子(480円)

denmaru2_201902_14.jpg


夜の居酒屋として利用しつつラストのラーメン
または深夜の飲み歩き後のシメの一杯
朝営業時の朝ラーメン

様々なシチュエーションで利用出来るお店ですね。


俺のとんこつラーメン 伝丸の詳細
posted by BBSHIN at 19:22| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年02月16日

和らぎ亭 しまや ふわトロ食感の「特上親子丼」

新潟市中央区、新潟駅南口から徒歩10分位のところにある「和らぎ亭 しまや」へと行ってきました。

shimaya_1.jpg


ホットペッパーメシ通の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら



一階はカウンター席、掘りごたつ席などがあり、二階はつなげれば宴会も出来る様な個室がありました。

shimaya_2.jpg



新鮮な魚介類が美味しいという話を聞いていたので、まずはこちらの品から頂く事に。

刺身三点盛り(2,000円)

shimaya_5.jpg


大トロ
寒ブリ(佐渡産)
南蛮エビ
たこ
真鯛
ウニ

という構成でいた。
どれも鮮度良くとても美味しかったです。
特に脂がのった大トロと寒ブリが良かったですね。


栃尾油揚げ

shimaya_4.jpg


ねぎ味噌と納豆から選べるので、今回は納豆でお願いしました。


酒粕チーズ酒盗添え

shimaya_6.jpg


村上牛備長炭焼き

shimaya_7.jpg


弾力感ある食感、肉の旨味、絶妙な焼き加減がとても美味しかったです。


シメには新潟県産コシヒカリを使ったおにぎりを頂きました。

shimaya_8.jpg



そして、もう一品!

こちらのお店の看板メニューともいえる親子丼を頂く事に。

特上親子丼

shimaya_9.jpg

shimaya_10.jpg


噛み応え良く肉自体の美味しさが際立つ鶏肉、濃厚な黄身の味が際立つ半熟玉子のコラボは最高です。

とても美味しい親子丼でした!

他にも色んなメニューがあるので、機会があればまた訪れてみたいですね!!


和らぎ亭 しまやの詳細
posted by BBSHIN at 13:23| Comment(2) | 新潟市中央区

2019年02月11日

来々軒 白山浦支店 昔ながらのあっさり醤油

新潟市中央区、白山駅近くにある「来々軒 白山浦支店」へと行ってきました。

rairaiken_hakusan_1.jpg


メニューを見ると各種ラーメンに加え、ご飯物、餃子等の単品、お得なセットなどがありました。

ラーメンとミニ焼き飯、揚げ餃子の「中華セット」が気になりましたが、ラーメンもミニサイズとの事だったので、初回訪問という事でノーマルサイズのラーメンをご紹介したいと思い断念する事に。
代わりに、メニューには載っていませんでしたが、ミニチャーハンを+300円で提供しているとの事でそちらをプラスでお願いしてみる事にしました。
※ラーメン注文の場合に限る(ミニチャーハン単品注文は不可)

それでは、まずコチラの一杯です。

ラーメン

rairaiken_hakusan_2.jpg


スープ

rairaiken_hakusan_3.jpg


昔ながらのあっさり醤油味のスープです。


麺は多加水細麺でした。

rairaiken_hakusan_4.jpg


トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワカメ、ナルトといったスタンダードな構成です。
チャーシューは適度な歯ごたえを残しながらも柔らかく仕上げてありました。


もう一杯はメニューにお店のお勧めメニューと書いてあったこちらです。

味噌辛しラーメン

rairaiken_hakusan_5.jpg

rairaiken_hakusan_6.jpg

rairaiken_hakusan_7.jpg


あっさり系な味噌味のスープです。

適度な味噌の風味と辛味により、あっさりながらもしっかりとした飲み応えでした。
浮かせたラー油で辛くするタイプではなく、スープ自体に辛味があり、結構な辛さでした。

具材としては、挽き肉、キャベツ、白菜、インゲン、モヤシ、ニンジン、ネギなどがのっていてバラエティ豊かでボリューム感もあります。


ラストはサイドメニューとして注文したミニチャーハンです。

rairaiken_hakusan_8.jpg


少しパラパラとし、硬めな食感です。

若干薄味で優しい味となっていました。

具材は、玉ねぎ、ピーマン、ニンジン、玉子が入っていました。


メニューも豊富で値段もお手頃価格なので、手軽に何度も通いたくなる様なお店かなと思いました。


来々軒 白山浦支店の詳細
posted by BBSHIN at 10:05| Comment(1) | 新潟市中央区

2019年02月02日

鬼にぼONIMORI 迫力満点!! 鬼じろう野菜マシマシ

新潟市中央区「鬼にぼONIMORI」へと行ってきました。

oninibo_onimori_201902_1.jpg


2018年の夏にオープン以来二度目の訪問となりますが、基本の背脂醤油の中華そばはそのままに、営業スタイル・メニューに若干の変更があった様です。

以前あったつけ麺などが無くなり、新たに3種のチャーハンがメニューに加わっていました。

という事でデカ盛りなこちらの一杯とともにチャーハンを頂いてみる事に。

鬼じろう野菜マシマシ+玉子あんかけ半炒飯

oninibo_onimori_201902_2.jpg


1,100円のラーメンチャーハンセットに野菜トッピング(100円)を2つつけてみました。

ラーメン単体を撮影

oninibo_onimori_201902_3.jpg


ボリューム感が伝わりにくかったので、横から撮影してみました。

oninibo_onimori_201902_4.jpg


さすが野菜マシマシ!!

強烈なボリュームです!


スープ

oninibo_onimori_201902_5.jpg


背脂と豚骨スープのコッテリ感のコクと甘み、醤油ダレの旨味などにより、印象的な飲み応えとなっています。


そして麺は歯ごたえ抜群の太麺。

oninibo_onimori_201902_6.jpg


ボリュームだけでなく、味にもインパクトがありました。


そして玉子あんかけチャーハン

oninibo_onimori_201902_7.jpg


味付けと食感の良いチャーハンに、ふんわり玉子と餡がかかっています。
旨味のしっかりとした餡が、徐々にご飯に染み渡り、食感の変化・対比も楽しめます。


美味しくお腹いっぱいになる事間違い無しなセットでした!



もう一品は、別なチャーハンにチャレンジしてみました。

中華そば(大油)+肉あんかけ半炒飯(1,090円)

oninibo_onimori_201902_8.jpg


中華そば(大油)

oninibo_onimori_201902_9.jpg


大油にすると、ふんわり脂身の量が増えるだけでなく、液状の油がたっぷりと浮いています。

oninibo_onimori_201902_10.jpg


背脂の他に煮干し油を浮かしており、その効果もあってか、一口目からのインパクトがしっかりとしています。

背脂醤油のお店で、大油の場合は、背脂の甘味とコクが勝ち過ぎるので、上から醤油ダレをかけるケースがありますが、こちらのお店の場合は煮干し油がその部分を担っているのかもしれませんね。


麺には背脂とスープがしっかりと絡みます。

oninibo_onimori_201902_11.jpg


そしてセットの肉あんかけチャーハン

oninibo_onimori_201902_12.jpg


玉子あんかけチャーハンに続き、こちらも美味しいですね!

ちなみに、あんかけではない普通のチャーハンもあり、そちらはチャーハン自体の美味しさを楽しめるのではないかなと思います。
中華そばと普通の半炒飯のセットは900円でした。

背脂醤油とデカ盛り系と美味しいチャーハン
色々な魅力のあるお店になりましたね。


鬼にぼONIMORIの詳細
posted by BBSHIN at 18:50| Comment(0) | 新潟市中央区

2019年01月15日

無尽蔵 女池家 濃厚なコクのあるスープの野菜味噌

新潟市中央区、上山中学校、上山小学校のすぐ近くにある「無尽蔵 女池家」へと行ってきました。

mujinzou_meike_201901_1.jpg


今回注文したのはこちら

野菜味噌らーめん

mujinzou_meike_201901_2.jpg


スープ

mujinzou_meike_201901_3.jpg


濃厚な味わいのスープです。

味が強く濃い味噌の風味、コクのある油のこってり感、そして香ばしさが重なりパンチある飲み応えとなっています。


麺は太麺・細麺の選択が可能となっており、今回は太麺をお願いしました。

mujinzou_meike_201901_4.jpg


多加水のガッシリ食感の太麺です。
こちらの味噌には太麺がお勧めですね。


具材としては、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやし、キクラゲといった種類豊富でシャキシャキ食感の野菜がたっぷりとのっていました。
その他にも、葱、刻んだチャーシュー、メンマなどものっていたかと思います。

「チェーン店」のイメージから若干チープなものをイメージしてしまいがちですが、こだわりの個人店と比べても遜色ないインパクトある味に仕上がった一杯でした。


テーブル調味料

mujinzou_meike_201901_5.jpg


ブラック・ホワイトペッパーブレンド、ラー油、醤油、酢、唐辛子が置いてありました。

お願いすると、おろしニンニクも出してもらえます。

mujinzou_meike_201901_6.jpg


濃厚味噌スープとニンニクはとても良く合います。



夜のセットメニューとして、葱チャーシュー丼セット、明太マヨ丼セット、特製餃子セットなど、各種お得なセットを提供していました。
そうした中から、今回はこちらを注文してみました。

ミニチャーハンセット(+334円税込)

mujinzou_meike_201901_7.jpg

ソフトドリンク(ウーロン茶、メロンソーダ、コーラ、オレンジジュースから選択)がついてきます。

チャーハン単体で撮影

mujinzou_meike_201901_8.jpg


パラパラ食感で旨味が強め、しっかりとした味付けのチャーハンでした。


もう一杯はレギュラーメニューとは別に載っていたこちらを頂いてみることに。

麻婆麺

mujinzou_meike_201901_9.jpg


麻婆餡

mujinzou_meike_201901_10.jpg


スープ

mujinzou_meike_201901_11.jpg


スープは少な目でトロみのある麻婆餡がかかっています。
豆腐の他に、鶏挽き肉などが入っていました。

ラー油などの唐辛子の辛味がかなり強め、山椒は適度に効いていました。


麺は細麺にしてみました。

mujinzou_meike_201901_12.jpg

細麺には辛い麻婆餡が良く絡みます。


かなり辛い仕上がりなので、辛いものが好きな人にお勧めしたいですね。


無尽蔵 女池家の詳細
posted by BBSHIN at 23:47| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年12月23日

がっつり食堂ドカメン パンチの効いた濃厚系スープの小豚らぁめん

新潟市中央区にオープンした「がっつり食堂ドカメン」へと行ってきました。

dokamen_1.jpg


場所は、閉店した市松の跡地です。

ドカメンは、柏崎市にもお店があります。
何度かラーメンバトルで伺っていましたが、その時は限定を食べていたので、レギュラーメニューとなると2012年以来となります。


注文したのはコチラ

満腹セット(小豚らぁめん)

dokamen_2.jpg


券売機からは分からなかったのですが、各種セットは食券を渡す時に小豚らぁめんか中華そばのどちらを選ぶかを聞かれます。
その他にもニンニクを入れるかも聞かれます。
今回はニンニク無しですが、口臭を気にしなくて良いのであれば絶対にアリが良いと思います。


小豚らぁめん

dokamen_3.jpg


スープ

dokamen_4.jpg


濃厚な白湯スープです。

そしてかなり強めの動物臭が漂っています。
良い意味での豚臭さが、好きな人にはピタリとはまりそうです。

過去に食べた時には、スープよりもモヤシのインパクトが強かった記憶があるのですが、こちらの一杯は盛りの良さよりも、スープの方が強く印象に残ります。


麺は多加水太麺です。

dokamen_5.jpg


ガツンとしたスープにはこうした歯ごたえ強い太麺が合いますね。


満腹セットのからあげ

dokamen_6.jpg


カレー味でカリカリとした食感の衣をまとっています。


ご飯と漬物

dokamen_7.jpg


美味しくお腹いっぱいになりました!!


もう一つも満腹セットにすることにしました。

満腹もつ煮セット

dokamen_8.jpg


こちらは中華そばを選びました。

dokamen_9.jpg


潤の背油醤油ラーメンですね。


スープ

dokamen_10.jpg


上記の小豚とは全く別の背脂醤油スープです。

濃厚な小豚とは違い、背脂を抜けばあっさりとした醤油スープかと思われます。
そこに定番の煮干しでしょうか。
魚介感と旨味の強い醤油ダレの風味が加わり、バランス良く仕上がっています。


多加水な太麺

dokamen_11.jpg


これを看板メニューに据え「潤」ブランドでいっても十分いけそうなクオリティ高い一杯だと思います。


もつ煮

dokamen_12.jpg


柔らかいモツと濃厚な汁、そして、そこに玉ねぎの程よい辛味と食感が良いアクセントとなっていました。
ご飯と良く合いますね。

そして、ライスは中華そばのスープとも良く合います。


テーブル調味料

dokamen_13.jpg


ブラックペッパー(あらびき)、ラーメンタレ、餃子タレ、ラー油が置いてありました。

ブラックペッパーは、醤油濃いスープと良く合います。
また、味が濃いスープが好きな人は旨味の強いラーメンタレで調節すると良いでしょう。


がっつり食堂ドカメンの詳細
posted by BBSHIN at 10:59| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年12月20日

笑美寿亭 他に類を見ない強烈な辛さ! 激辛担々麺 鬼辛

新潟市中央区、本町にある「笑美寿亭」へと行ってきました。

ebisutei_201812_1.jpg


注文したのは、過激な辛さがインパクト大なこちらの一杯です。

激辛担々麺 鬼辛

ebisutei_201812_2.jpg


スープを一口、、、

ebisutei_201812_3.jpg


す、、、、

凄まじい辛さです!!!!

大量の唐辛子、ハバネロ、花椒に加え、鮮烈な辛さのラー油がたっぷりと浮いたスープは見た目通り、いや、それ以上の辛さでした。

辛さの緩和に白いご飯とともに食べる事をお勧めします。




ebisutei_201812_4.jpg


スープに溶けた辛さ、ラー油の他、スープに混ぜている粉唐辛子自体が絡んでくるので、麺の一口すする毎に口の中が辛さで充満します。


そしてトッピングまでも唐辛子です。

ebisutei_201812_5.jpg


大きな四川唐辛子は見た目のインパクト程の辛さではなく、食べやすいです。
辛さ弱めなこちらの唐辛子ですが、強烈の辛さのスープの後に食べると、全く辛さがないのではと感じる程でした。


コリコリとした挽き肉が美味しかったです。

ebisutei_201812_6.jpg


強烈な辛さが前面に出ていますが、その奥にはしっかりとした旨味と胡麻等のコクが潜んでおり、旨辛な仕上がりとなっていました。

激辛フリークの方は、比類無き辛さの一杯「激辛担々麺 鬼辛」を是非お試し下さい!


もう一杯はこちら

赤担々麺

ebisutei_201812_7.jpg

ebisutei_201812_8.jpg

ebisutei_201812_9.jpg

ebisutei_201812_10.jpg


十分辛いこちらの一杯ですが、激辛の後に食べると優しい味わいに感じるのが不思議です。

激辛インパクトの鬼辛、バランスの赤担々麺

機会があれば食べ比べてみて下さい。

この他にも、各種担々麺が揃っているので、色々と試してみるのも面白いかもしれませんね。


笑美寿亭の詳細
posted by BBSHIN at 22:34| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年11月27日

俺のとんこつラーメン 伝丸 東堀に移転 ラーメン居酒屋としてリニューアルオープン!

新潟市中央区、東堀のタキザワガレージ近くに移転オープンした「俺のとんこつラーメン 伝丸」へと行ってきました。

denmaru2_1.jpg


移転前に比べ、店内が広くなり、深夜営業が出来る様になった事から、ラーメンメニューの他にも各種おつまみメニューが増えていました。

denmaru2_2.jpg


せっかくなので、一品注文してみる事にしました。

たくさんあったので迷いましたが、選んだのは「イチオシ」マークがついているこちら。

サバサラ

denmaru2_3.jpg

denmaru2_4.jpg


サバの水煮に、刻み玉ねぎがたっぷりとのり、そこにマヨネーズと唐辛子がかかっています。

シンプルな構成ですが、これがまた美味しく、お酒が進みそうな一品です。

サバ缶にマヨネーズというのは日常から自宅でもやっていましたが、玉ねぎとの組み合わせが合うとは知りませんでした。

他にもおつまみメニューがたくさんあるので、こちらのお店でおつまみを食べながらお酒を飲んで、シメにラーメンというのも良さそうですね。


では、本題のラーメンを頂くとしましょうか。

お得なセットがあったので、そちらを注文してみました。

Bセット(ラーメン&博多明太子丼)950円

denmaru2_5.jpg


ちなみに、Aセットは同価格でチャーシュー丼とのセットでした。


ラーメン

denmaru2_6.jpg


マー油の「黒」とピリ辛の「赤」があり、こちらは「黒」です。


スープ

denmaru2_7.jpg


豚骨スープながら、豚骨臭が出ない様に、臭みを取り除いたマイルドで程よく濃厚なスープです。
以前食べた時より、少し濃厚になりパンチが出た様に思います。

豚骨の臭みが少ない無い分、好きな人は若干物足りなく感じる可能性もあるかもしれませんが、苦手な人でも美味しく頂けるのではないかなと思います。
旨味・コクはちょうど良く、食べやすく仕上がっている豚骨スープです。




denmaru2_8.jpg


こうしたスタイルですと、低加水ストレート細麺を予想しがちですが、こちらは多加水細麺を使用しています。(太麺に変更も可)

一風変わった豚骨ラーメンは、オリジナリティある仕上がりとなっていました。



博多明太子丼

denmaru2_9.jpg


先ほどのサバサラも良かったですが、こちらもシンプルな組み合わせながらとても美味しかったです。


もう一杯はこちら

ゆず味噌ラーメン

denmaru2_10.jpg


キャベツ、玉ねぎ、モヤシ、ニンジン、インゲンなどのたっぷりの野菜、そして、チャーシュー、味玉などのトッピングがのっていました。
そして、真ん中には柚子胡椒がのっています。


スープ

denmaru2_11.jpg




denmaru2_13.jpg


こちらは、多加水のもっちり太麺です。
濃厚味噌スープにぴったりと合いますね。



濃い味噌風味に程よいコッテリ感のあるスープです。
全体的になかなか濃厚な仕上がりとなっていました。

ここに、柚子胡椒を溶かしながら、味に変化を与える事が出来ます。

これからの寒い冬に嬉しい体が温まる一杯でした。


テーブル調味料

denmaru2_12.jpg


醤油、酢、ラー油、ブラックペッパーに加え、豚骨ラーメンに良く合う紅ショウガと高菜が置いてありました。


俺のとんこつラーメン 伝丸の詳細
posted by BBSHIN at 19:15| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年11月20日

麺屋 極一 濃厚かつクリーミーな背脂担々麺

新潟市中央区にある「麺屋 極一」へと行ってきました。

gokuiti_201811_1.jpg


こちらは優雅と同じグループで、優雅の名物ともいえる「背脂担々麺」をこちらのお店でも提供しています。

という事で「背脂担々麺」を注文してみました。

gokuiti_201811_2.jpg


濃厚なクリーミー感があるスープは飲み応え抜群です。
少し優雅の方が濃厚な気もしますが、こちらも十分な濃厚感です。

このスープとご飯が合うのですが、今回はなしにしておきました。
お腹に余裕があればぜひご飯と合わせて食べたいものです。


麺は多加水で歯ごたえの強い太麺です。

gokuiti_201811_3.jpg


濃厚系スープと良く合いますね。

とても美味しかったです。



背脂にぼし味噌

gokuiti_201811_4.jpg


白味噌ラーメン

gokuiti_201811_5.jpg


麺屋 極一の詳細
posted by BBSHIN at 19:36| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年11月06日

中華そば とみ屋 優しい味わいの中華そばと煮干し塩

新潟市中央区にオープンした「中華そば とみ屋」へと行ってきました。

tomiya_1.jpg


場所は、東堀の碧空麺舗、お〜やの跡地です。


注文したのはこちら

中華そば(正油)

tomiya_2.jpg

tomiya_3.jpg


スープは、あっさり醤油味で、程よい出汁感と醤油風味でバランスの良い仕上がりです。

麺は自家製らしく、ストレートの細麺です。
硬く茹でれば軽くパッツリとしそうなタイプです。
結構細いので、強い歯ごたえの麺が苦手な人などにも食べやすそうです。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、三つ葉などがのっていました。


中華そばの醤油・塩に加え、煮干しの醤油・塩があったので、
もう一杯は煮干中華そば(塩)にする事としました。

tomiya_4.jpg

tomiya_5.jpg


バランス良く仕上げた醤油とは対照的に、煮干しがハッキリと主張をしている塩味のあっさりスープです。

機会があれば煮干し醤油も試してみたいですね。


半炒飯とのセットをお願いしてみました。

tomiya_6.jpg


パラパラ食感で味付けもしっかりとしており、とても美味しいチャーハンです。

中華そば(正油)が680円、半炒飯セットが900円と+220円で食べられるので、セットで食べる事をお勧めします。


中華そば とみ屋の詳細
posted by BBSHIN at 20:28| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年11月01日

ポンポ子 野菜たっぷり! あっさりながらも深みある味わい「味噌ラーメン」

新潟市中央区にある「ポンポ子」へと行ってきました。

ponpoko_201811_1.jpg


開店の10分前に着いてしまい車の中で待とうと思っていたところ、続々と車が入ってきて駐車場は満車となり、また、徒歩で現れる人が続出しあっという間に行列が出来てしまいました。
歩いて来る人が多いという事は、地域に愛されているお店なのでしょうね。


今回注文したのは、こちらです。

ponpoko_201811_2.jpg


味噌ラーメン(790円)を+160円で定食(半ライス、小鉢)にしてみました。


味噌ラーメン

ponpoko_201811_3.jpg


スープは、比較的あっさりしていますが、程よい味噌の風味とほんのりとした甘味があり、深みある味わいとなっています。

豚肉、キャベツ、モヤシ、ニンジンなどの具材がたっぷりとなっています。
野菜がたくさん食べられるのは嬉しいですね。


麺は歯ごたえ良い多加水太麺です。

ponpoko_201811_4.jpg


とても美味しく、ボリュームもありお腹一杯になりました!


もう一品はこちら

焼肉定食

ponpoko_201811_5.jpg

ponpoko_201811_6.jpg


こちらも美味しかったですね!


ポンポ子の詳細
posted by BBSHIN at 07:34| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年10月22日

元祖金太郎ラーメン 病みつきになる事間違いなし「くっせぇチャーハン」

新潟市中央区にある「元祖金太郎ラーメン」へと行ってきました。

kintarou_furumachi_201810_1.jpg

kintarou_furumachi_201810_2.jpg


今回は、ホットペッパーが運営する「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


まずは、定番のコチラ

元祖味噌オロチョン

kintarou_furumachi_201810_3.jpg


トロみのある濃厚な味噌スープはインパクト大です!

kintarou_furumachi_201810_4.jpg



味噌や各種調味料の旨味、スープのコク、辛味など、複雑な味が濃厚な味わいながらも絶妙なバランスを保っています。

他ではなかなか味わえない様な、パンチある味わいです!


トロみがあるので、麺にもたっぷりと絡みます。

kintarou_furumachi_201810_5.jpg


とても美味しい一杯でした!


もう一杯はこちら

金塩マーボーメン

kintarou_furumachi_201810_6.jpg


スープは以外にも比較的あっさりで、旨味はハッキリとしているもののサッパリとした飲み心地です。

しっかりと出汁が効いたスープは、濃厚なタイプではなく、万能なライト白湯の様です。

上にかかる麻婆餡は、程よいトロみで、適度な辛味とシビレ。


こちらの麺は細麺でした。

kintarou_furumachi_201810_7.jpg


食べやすく美味しい一杯でした!!



そして、今回一番強烈なインパクトを放っていたのがコチラ

くっせぇチャーハン(500円)

kintarou_furumachi_201810_8.jpg


その名の通り、かなりの香ばしい香りです。

臭いの元は「ニンニク」です。
かなり強くニンニクを効かせたチャーハンは、刺激的で病みつきになりそうな味です。

味も良く、これで500円はかなりお得かなと。
機会があれば是非お試し下さい!


他にも各種おつまみメニューが充実しており、シメのラーメンとしてだけでなく、こちらのお店で一杯飲んで、ラストにラーメンというコースも可能です。

今回はそんなおつまみメニューから「よだれ鶏(400円)」を注文してみました。

kintarou_furumachi_201810_9.jpg


インパクト抜群で多彩なラーメンメニューに加え、一品料理も充実しているので、何度行っても楽しめるお店かなと思います。


元祖金太郎ラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 21:18| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年10月03日

元祖金太郎ラーメンのクーポンを追加しました。

新潟市中央区、古町にある「元祖金太郎ラーメン」

看板メニューは「味噌オロチョン」は、刺激的な味わいがインパクト大です。

kintarou_furumachi.jpg


そんな金太郎ラーメンのお得なクーポンを追加しました。

ぜひ、食べ歩きにご活用下さい!


元祖金太郎ラーメンのクーポンはこちら
posted by BBSHIN at 21:45| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年09月23日

吟醸味噌らーめん まごころ亭 背脂や具材と味噌の旨味が融合「特製霜降り味噌らーめん」

新潟市中央区、弁天インター近くの「吟醸味噌らーめん まごころ亭」へと行ってきました。

magokoro_1.jpg


今回はホットペッパーが運営するグルメサイト「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


まずは、看板メニューのこちら

吟醸味噌らーめん

magokoro_2.jpg

magokoro_3.jpg

magokoro_4.jpg


風味豊かな味噌の味わいが活きたスープが美味しいですね!

炒め野菜の香ばしさ、上にのった具材とスープのコラボも絶妙です。

麺は多加水でモッチリ食感の中太麺でした。

スタンダードなスタイルの味噌ラーメンですね。
味噌ラーメン好きにお勧めしたい一杯です。


もう一杯はこちら

特製霜降り味噌らーめん

magokoro_5.jpg

magokoro_6.jpg


こちらは、フワッフワな背脂がのっています。
コクに加え、ふんわりとした食感が良いですね。
また、カリカリとした具材がスープと合わさると更なる食感の変化も楽しめます。

「特製」にした事で、かなり豪勢な盛り付けになるので、お腹いっぱいになりました。


各種テーブル調味料で味にアクセントを加える事も可能です。

magokoro_7.jpg


+380円のサイドメニュー「直火焼きチャーシュー丼」

magokoro_8.jpg


直火で焼いたチャーシューは、香ばしさと肉の美味しさが光ります。

お勧めの一品です。


吟醸味噌らーめん まごころ亭の詳細
posted by BBSHIN at 08:25| Comment(2) | 新潟市中央区

2018年08月27日

紅虎餃子房 新潟店 新潟駅前にニューオープン!! 各種担々麺や餃子など豊富なメニューを提供

新潟市中央区、新潟駅前にオープンした「紅虎餃子房 新潟店」へと行ってきました。

benitoragyozabo_niigata_1.jpg


担々麺を中心とした各種ラーメンの他、数種の餃子、一品料理などを提供しています。
少し高級感のある中華チェーンレストランといったところでしょうか。


まず、注文したのはコチラ

海鮮五目そば

benitoragyozabo_niigata_2.jpg

benitoragyozabo_niigata_3.jpg


しっかりとした旨味がプラスされたあっさり塩味のスープです。

イカ、エビなどの海鮮素材、ブロッコリー、青菜、キクラゲなどの野菜など豊富な具材ものっていました。

麺はシンプルな多加水細麺でした。



トマトチーズタンタン麺

benitoragyozabo_niigata_4.jpg


強いトマト風味でクリーミー感のあるスープです。
担々的な味よりもトマト風味が勝っていると思いました。

チーズ、ひき肉、そして、カットされたトマトなどがのっていました。
トマトが前面に出た一杯でした。



黒ごまタンタン麺

benitoragyozabo_niigata_5.jpg


辛味とシビレが効いた刺激的なスープです。

ゴマのコクと挽き肉の旨味などが良く出ていました。

麺の写真を撮り忘れましたが、担々麺は太めで多加水、ツルツル表面で固め食感のタイプだったとお澪ます。



牛肉そば

benitoragyozabo_niigata_6.jpg


あっさり醤油スープに細麺、牛肉にトロみのある餡が絡めてありました。


鉄鍋棒餃子(590円)

benitoragyozabo_niigata_7.jpg


麻婆豆腐、定食セット(880円 + 250円)

benitoragyozabo_niigata_8.jpg

benitoragyozabo_niigata_9.jpg


こちらも辛味とシビレがしっかりと効いています。


上海ショウロンポウ(620円)

benitoragyozabo_niigata_10.jpg


蒸し鶏 葱ダレ(580円)

benitoragyozabo_niigata_11.jpg


葱ダレの味が絶妙でした。
ビールなどに合いそうです。

※記載した価格は税抜です。


紅虎餃子房 新潟店の詳細
posted by BBSHIN at 09:28| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年08月14日

元祖金太郎ラーメン 濃厚かつ刺激的な旨味と辛味「元祖味噌オロチョン」

新潟市中央区、古町通4番町にある「元祖金太郎ラーメン」へと行ってきました。

kintarou_furumachi_1.jpg


お店は、入り口から入りすぐ左側にあります。

kintarou_furumachi_2.jpg


元々、きんしゃい亭古町店があった場所です。
閉店後にこちらのお店がオープンしました。

「金太郎ラーメン」という店名に聞き覚えがあったので聞いてみると、だいぶ前に古町8番町にあったお店との事です。
そして、そちらで働いていた店主が、その後、きんしゃい亭古町店で勤務し、閉店とともにお店を引き継ぐ形で「金太郎ラーメン」の名を継ぎ復活させたのだとか。

個人的な話ですが、約20年前、深夜まで古町の路上でギターを弾いた後、朝方まで営業しているこちらのお店に弾き語り仲間達とラーメンを食べに行っていた記憶がよみがえってきました。
古町という立地で、深夜〜早朝までやっている事もあり、夜のお店で働く方々もたくさんいた記憶があります。



今回注文したのは看板メニューというこちらの一杯です。

元祖味噌オロチョン

kintarou_furumachi_3.jpg


トロみがあり、かなり濃厚な口当たりのスープです。

kintarou_furumachi_4.jpg


辛味もあるのですが、そこまでの辛さではなく、辛旨的な程よいレベルでした。
濃厚感としっかりとした旨味、そこに加わる辛味のアクセントが実に良いですね。

麺は多加水の太麺です。

kintarou_furumachi_5.jpg


各種野菜や豚肉、モツなど具材も豊富にのっています。

飲み応えのあるスープ、たっぷりの野菜などのボリューム感。
かなり満足度の高い一杯となっています。


ライス(小)をお願いしてみました。

kintarou_furumachi_6.jpg


ご飯と味噌オロチョンスープが最高に合います!

ラーメンライスがかなり美味しいですね〜



もう一杯はこちら

金黒ラーメン

kintarou_furumachi_7.jpg


見た目通りに濃い醤油風味のスープです。

kintarou_furumachi_8.jpg


スープ自体も結構コッテリとした仕上がりで、深みある味わいとなっています。


麺は多加水の細麺でした。

kintarou_furumachi_9.jpg


こちらも美味しかったですね!


こちらのお店、立地柄もあってかラーメン居酒屋というスタイルを取っており、おつまみメニューやアルコールメニューが充実しています。

今回はその中から、四川風モツ煮込みを注文してみました。

kintarou_furumachi_10.jpg

kintarou_furumachi_11.jpg


山椒なども使っている様で、辛味とスパイシー感がありました。
そして、トロみがありコクのある味わいでした。

具材としては、モツの他、豆腐も入っていました。

あんかけで豆腐入りなので、モツ煮込みというよりは、「モツ入り麻婆豆腐」という品名としても良さそうなオリジナリティある一品です。

当然、ご飯との相性も絶妙でした!


こちらのお店、多彩なメニューを取り揃え、それぞれが個性的かつ印象的なジャンク感ある美味しさとなっています。

刺激的な美味しさを求めに、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

※店主は高齢で一人でやっている事もあってか、調理・配膳・片付けなどが追い付いていませんでした。数組の客が訪れた場合は、こなし切れない可能性もあるので、そういうものだと思い気長に待ち、時には客側が軽くヘルプしてあげると良いかなと。


元祖金太郎ラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 03:16| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年08月09日

麺や真玄 多彩なつけ麺を提供!

新潟市中央区の「麺や真玄」へと行ってきました。

shingen_201808_1.jpg


今回の目的はホットペッパー「メシ通」の取材目的です。

掲載した記事はこちら



ちなみに、駐車場の範囲を示す表示が個性的でした。

shingen_201808_2.jpg


寸胴に
「Pここまで」
と書かれています。




まずは、お店の看板メニュー「極み煮干しらぁ麺」

shingen_201808_3.jpg

shingen_201808_4.jpg


あっさりにぼし出汁のスープは、苦味などもなく、クリアながらも深みある煮干し風味が楽しめます。

強い煮干し出汁が出ていながらも、洗練された味に仕上がっています。
こうした煮干しスープは、新潟では他で食べられないかもしれませんね。


麺はパッツパツ食感の自家製中細麺です。

shingen_201808_5.jpg


歯切れ良い食感が絶妙でした!


オープン当初のつけ麺は煮干しスープのもの位でしたが、久しぶりに行くと全9種のつけ麺を提供する様になっていました。

という事で数品食べてみる事に。

濃厚海老つけ麺

shingen_201808_6.jpg

shingen_201808_7.jpg

shingen_201808_8.jpg


トロみがあり濃厚な舌触りながらも、重たさがなく、重厚感と飲みやすさが混在したスープとなっています。
濃厚さのみならず、強い海老風味も印象的です。

麺はしっかりとした歯ごたえの太麺です。
スープを適度に持ち上げ、つけ麺にぴったりとくる麺ですね。

麺や真玄ならではといえるつけ麺だと思います。

とても美味しかったです!



トマトチーズつけ麺

shingen_201808_9.jpg

shingen_201808_10.jpg


酸味あるトマト風味にトロトロのモッツァレラチーズが浮かしてあり、真玄流なイタリアンテイストのつけ麺ですね。
独特な味わいとなっていました。



ジンジャー醤油つけ麺

shingen_201808_11.jpg

shingen_201808_12.jpg


鮮烈な生姜風味が印象的なあっさり醤油スープです。

生姜好きにぜひおすすめしたい一品ですね。

さっぱりと食べられる一杯でした。



塩つけ麺

shingen_201808_13.jpg

shingen_201808_14.jpg


柚子胡椒が目立つ塩スープです。

他にも、レモングラス、オリーブオイルなども使われているのだとか。

これも、他にはないオリジナリティある仕上がりとなっていました。



どれも美味しく、個性的な仕上がりのつけ麺でした。

この他にも、多種多様なつけ麺を取り揃えているので、コンプリートを目指してみるのも楽しいかもしれませんね。


麺や真玄の詳細
posted by BBSHIN at 22:51| Comment(2) | 新潟市中央区

2018年08月02日

麺作ブタシャモジ 呼び戻し製法の濃厚豚骨スープ

新潟市中央区の「麺作ブタシャモジ」へと行ってきました。

butasyamoji_201808_1.jpg


スープの大幅リニューアルの告知をしており、果たしてどんな味になったのかが気になっていました。

リニューアル告知はこちら


注文したのはコチラ

豚ソバ

butasyamoji_201808_2.jpg


スープ

butasyamoji_201808_3.jpg


かなり濃厚な豚骨スープです。

これだけ濃厚だと丼から上がる豚骨臭が強そうなものですが、その辺りは程よいレベルだったと思います。
ただ、口に含むと、濃い醤油風味でも覆いきれない程の強い動物系の風味がガツンと駆け巡ります。

新潟にはこうしたタイプの豚骨醤油スープは無いかなと思いました。
家系にも似たバランスではありますが、自分が過去に食べた中で似てると思ったのは、京都で行った無鉄砲あたりかなと思いました。


麺は歯ごたえある中太麺です。

butasyamoji_201808_4.jpg


パンチあるスープに負けない力強い麺ですね。


もう一杯はこちら

特濃豚ソバ

butasyamoji_201808_5.jpg


スープ

butasyamoji_201808_6.jpg


かなり強烈なスープです!!

豚ソバもかなり濃厚でしたが、こちらはそれを更に上回る濃さです。

パっと見は、浮いた背脂のコッテリ感がプラスされただけかと思いましたが、スープ自体の味が違います。

ニンニク風味なども入りかなりパンチが効いていました。
聞いたところによると、スパイスなども加えているのだとか。

かなり濃いので、濃厚過ぎるスープが苦手という人には、重たさが厳しいかもしれません。
逆に、普通の濃厚ラーメンでは物足りないと感じてしまう様な、更なるインパクトを求める方々にお勧めしたい一杯ですね。


テーブル調味料

butasyamoji_201808_7.jpg


刻み生姜、おろしニンニク、ラー油、辛子高菜、白ゴマ、酢、胡椒、ラーメンタレ、餃子タレが置いてありました。

濃厚過ぎる程のスープは、時折変化が欲しくなるので、こうした調味料などを活用し、アクセントを加えたり、ニンニクで更なるパンチを加えたりなど、自分なりの楽しみ方をしてみると良いでしょう。



サイドメニューとしてこちらを注文しました。

チャーシュー玉子飯

butasyamoji_201808_8.jpg


味はつけていないらしく、お好みで餃子タレ、ラーメンタレで味付けして食べるのがお勧めとのこと。
マヨネーズ味のみで食べた後、店員さんのお勧めで少量かけて食べたり、レンゲでラーメンスープと合わせてみたりと色々な楽しみ方が出来ました。


こちらのお店、リニューアル前は濃厚だけど臭みのないクリーミーなスープを提供していましたが、今回のリニューアルで劇的な変化を遂げました。
やはり、豚骨をウリにするのであれば、食べやすさよりも、より「豚骨らしい」ものの方が魅力的かなと思いました。
良いリニューアルだったと思います。


麺作ブタシャモジの詳細
posted by BBSHIN at 22:11| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年07月29日

竜胆 新潟日報メディアシップに復活移転オープン

新潟日報メディアシップにオープンした「竜胆」へと行ってきました。

rindou2_1.jpg


竜胆は新潟市東区で営業していましたが、2012〜2013年にあたり閉店していたので、約5年ぶり位の復活オープンとなります。


今回注文したのはこちらの一杯です。

醤油ラーメン

rindou2_2.jpg

rindou2_3.jpg


あっさりとしたスープには、深みのある醤油風味が効いています。
新潟県産の生醤油「郷土の実り」、新潟県産のたまり醤油を使っているとのこと。
たまりはどこのものかの記載がありませんでしたが、県産でたまりというとマルタあたりでしょうか。

醤油ダレの旨味と出汁の味わいが合わさり、バランス良い仕上がりとなっていました。

多加水麺のモッチリ食感もスープと良く合っていました。


担々麺

rindou2_4.jpg


メニューの写真を見ると、たっぷりのチーマージャンを効かせたドロ系担々麺を予想していたのですが、意外にもサラリとしていました。
あっさり系のスープに、香りの良い胡麻風味が適度に合わさり、ラー油、花椒と辛味やシビレ、スパイシー感が程よく効いていました。


小ライス(150円)

rindou2_5.jpg


ご飯と担々スープはやっぱり相性が良いですね。

醤油スープにもお勧めです。


竜胆餃子

rindou2_6.jpg


熱々の鉄板にのりジュージューと音を立てて運ばれてきました。

そして、かなり大きく、厚いモッチリ皮。

食べごたえある一品です!


竜胆の詳細
posted by BBSHIN at 16:00| Comment(0) | 新潟市中央区

2018年07月18日

燕三条中華SOBA 鬼にぼONIMORI 背脂醤油と濃厚魚介つけ麺

新潟市中央区の新店「燕三条中華SOBA 鬼にぼONIMORI」へと行ってきました。

oninibo_onimori_1.jpg


店名にもなっているメインメニューはこちら

中華そば

oninibo_onimori_2.jpg


トッピング豪華バージョンのトリプルチャーシュー

oninibo_onimori_3.jpg

oninibo_onimori_4.jpg


王道系燕三条系背脂ラーメンスタイルの一杯です。

背脂の下のスープは煮干清湯で、浮き油によるコッテリ感はあるものの、スープ自体はあっさりです。

燕や三条にも色んなお店があり、醤油が目立つタイプ、動物系が目立つタイプなどがありますが、こちらは、店名通りに煮干しが際立っています。
ただし、やり過ぎな程に煮干しを効かせた燕の鬼にぼに比べると、煮干しが緩やかになっており、食べやすくバランス良く仕上がっています。
燕の鬼にぼは、煮干しが強すぎるが故に好き嫌いがハッキリと分かれますが、こちらより多くの人のストライクゾーンにはまるものと思われます。

麺は多加水でガッシリとした食感の太麺です。
このスタイルのラーメンにぴったりとくる麺かなと思います。

ちなみにトリプルチャーシューにすると、かなりの迫力があるものとなります。
部位は全てバラ肉の様で、普通のチャーシュー、焼いたもの、味噌味の角煮と、3種類の肉が楽しめます。

また、背脂は油なしから鬼油まで選択出来るので、ガツンとくるものが食べたい方は鬼油にしてみてはいかがでしょうか。


もう一杯はこちら

鬼つけ麺

oninibo_onimori_5.jpg


オープン前告知では
「炒め野菜がのる」
と書きましたが、ボイル野菜がなってきました。
どちらでいくかは、調整中の様です。

こうしたデカ盛り系の野菜は、キャベツ、モヤシの2種という事が多いですが、こちらの一杯は、加えてニンジン、青菜、刻み玉ねぎと、種類豊富な野菜がのっていました。
炒め野菜であればシャキシャキとした食感や香ばしい風味が楽しめるとは思いますが、茹で野菜の方は、濃い味がのらない分、すっきりとした後味となるのが良いかなと思います。
このスタイルでニンジンなどが入るのも面白いかなと。


つけ麺のトリプルチャーシュー版

oninibo_onimori_6.jpg

oninibo_onimori_7.jpg


つけダレ

oninibo_onimori_8.jpg

oninibo_onimori_9.jpg


甘味のある濃厚魚介系つけダレです。
程よいトロみに強い魚介感。

本格的で美味しい濃厚魚介系つけ麺ですね。


あえていうのであれば、たっぷりのってる温かい野菜が麺のクオリティを分かりにくくしているかと。
野菜、麺を別皿にすればたっぷりの野菜を食べられる上に、単体のつけ麺としてより美味しく頂けそうですが、見た目が悪くなりそうな気もします。

スープ・麺等、基本のレベルが高かったので、微調整をする事でかなり美味しくなりそうな予感です。
今後、どういう形に定まっていくのか、気になるところです。



唐揚げ

oninibo_onimori_10.jpg


カリカリで美味しい唐揚げでした!


餃子

oninibo_onimori_11.jpg


一つ一つがかなり大きく、皮も厚くモチモチしていたので、食べ応え満点でした。
タレもラー油、カラシビ、味噌の3種から選べたので、色々と楽しめそうです。


今回食べた以外にも、鬼MORI醤油、鬼MORI味噌、鬼あっさりなどもあるので、機会あれば試してみたいと思います。


燕三条中華SOBA 鬼にぼONIMORIの詳細
posted by BBSHIN at 23:41| Comment(2) | 新潟市中央区