2017年01月15日

かなみ屋 女池上山店 超ドロ系濃厚クリーミーかつスパイシーな四川担々麺(味噌)

2017年1月にオープンした「かなみ屋 女池上山店」へと行ってきました。

kanamiya_meike_1.jpg


広い店内は満席で、入り口の中の待合席だけでなく、外にも行列が出来ていました。
中に名前を書く紙があるので、並ぶ前に書く必要があります。
知らずに並んでいた人もいたので、うっかり書き忘れに気をつけましょう。
外に貼り紙とかした方が良いかもしれませんね。

かなり寒く、名前記入式という事もあってか、車の中で待っている人も多く、行列の見た目以上の人達が待っていました。


こちらのお店といえば担々麺です。

四川担々麺は、味噌と醤油がありますが、こちらのお店に来るのが始めてという友人と行った為、まずはインパクトの強い味噌を勧める事としました。

四川担々麺(味噌)

kanamiya_meike_2.jpg

kanamiya_meike_3.jpg


ドロ系で超濃厚なスープです!
相変わらずの破壊力ですねあせあせ(飛び散る汗)

たっぷりのゴマが使われクリーミーに仕上がり、また、エビの風味、辛味、スパイス感など、様々な味が混在しています。

麺は食べ応えある太麺です。
味噌は濃厚なこともあり、太麺がデフォルトとなっていますが、担々麺マニア情報によればお願いすると細麺への変更も可能なのだとか。
この超濃厚スープに細麺を合わせると、太麺以上に絡みついてくる事が予想されます。

ちなみに、「食べるスープ」と言っても良い程のドロドロスープは、付属の穴あきレンゲを使用しても、ほどんどスープが落ちてきません。
これを食べた友人は、初めて食べるスープのインパクトと具材の美味しさに、穴あきレンゲで何回もすくって食べているうちに、スープの大半を飲み干していました。
穴あきレンゲの必要性を疑ってしまう程のトロみです爆弾


そして、このドロドロ担々スープに合うのがライスです。

ハーフライス(120円)

kanamiya_meike_4.jpg


スープとご飯の相性は抜群です。
担々麺に必須のサイドメニューと言っても良いかと思います手(パー)



続きましてはコチラ

四川麻婆麺

kanamiya_meike_5.jpg

kanamiya_meike_6.jpg


あっさり系の清湯スープに強めの辛味でスパイシー感が特徴的な麻婆餡がかかっています。

麺は担々麺よりも細いタイプの多加水麺でした。

こちらもご飯と合いますねぴかぴか(新しい)


お冷はルイボスティーです。

kanamiya_meike_7.jpg


濃い味わいの各種ラーメンの味をスッキりと流してくれるので助かります手(パー)


かなみ屋 女池上山店の詳細
posted by BBSHIN at 22:08| Comment(0) | 新潟市中央区

2017年01月08日

麺屋 肉ばかのド迫力のボリューム「テラのせ(肉)」

新潟市中央区にある「麺屋 肉ばか」へと行ってきました。

nikubaka2_201701_1.jpg


こちらのお店に行くのは、オープン当初の2014年6月以来となります。


通常の「らーめん」に、前回気になっていたトッピングの「テラのせ(肉)」を追加してみました。

すると、、

テラのせは、別皿トッピングとのこと。

という事で、まずはシンプルな「らーめん」

nikubaka2_201701_2.jpg


テラのせ肉

nikubaka2_201701_3.jpg


そして、セルフで盛り付け

nikubaka2_201701_4.jpg

nikubaka2_201701_5.jpg


ノーマルのラーメンは、以前と盛り付けがだいぶ変わりましたね。
そして、スープの味も全くといって良い程変わったのではないでしょうか?
2年以上前の記憶でハッキリと自信は持てませんが、以前はもう少しシンプルで、動物系に醤油がメインの単調な味だった記憶があります。
今回のスープは、ライト白湯と思われる動物系のコクに加え、醤油や調味料などの旨味、更に貝エキス的(?)な印象的な旨味が加わっていたかなと。
一口飲んだ瞬間に旨味を感じる様な、特徴的な味だったと思います。


デフォルトでも4〜5枚の肉がのっているところに、別皿のテラ盛り追加する事で、元々のっているのと同じと思われる肉、鶏肉、あとは、濃い味がつけられた長い肉と3種の肉がプラスされるので、かなりのボリュームとなります。

大食いの人は、サイドメニューの鶏タレカツ丼、ちゃーしゅう丼と更なる肉を注文しても良いかと思いますが、スープの味が濃いので、ノーマルのライスなどを合わせると美味しいかなと思います。



久しぶりに行くと、以前はなかった塩ラーメンがメニューに追加されていたので、注文してみました。

新潟の塩

nikubaka2_201701_6.jpg

nikubaka2_201701_7.jpg


上には、ハマグリ的な貝がのっています。
スープには、醤油ラーメンにも感じた強い貝の様な旨味が加わっていました。
パっと見、上にのった貝の出汁かなとも思いますが、このスープ量に対しこのサイズの貝2つでは、この位の出汁は出ないと思うので、他にも何かを使っているのではないでしょうか。

あっさり塩ですが、かなり印象的な味に仕上がった一杯でした。


麺屋 肉ばかの詳細
posted by BBSHIN at 01:05| Comment(0) | 新潟市中央区

2017年01月04日

ヒグマの姉妹店「正油らーめん さとう」が古町にオープン!

古町通4番町、ミートソースさとう跡地にヒグマ姉妹店「正油らーめん さとう」がオープンとなりました。

syouyu_satou_1.jpg


正油らーめん

syouyu_satou_2.jpg

syouyu_satou_3.jpg


ヒグマという事で、典型的な長岡生姜醤油系スタイルな一杯です。

あっさりスープは、生姜と醤油が強く効いています。
濃い醤油風味のスープは、生姜のさっぱり感により、スッキリとした飲み心地です。

多加水でもちもちモッチリ食感の麺は、生姜醤油スープにベストマッチ!

トッピングとしては、チャーシュー、太いタイプのメンマ、ほうれん草、海苔がのっていました。


もう一杯はチャーシューメン

syouyu_satou_4.jpg


調味料はブラックペッパーと七味唐辛子

syouyu_satou_5.jpg


生姜醤油スープとブラックペッパーの相性は最高でするんるん
濃い醤油スープと胡椒の相性って良いんですよね。


味が濃いと感じる方はお願いすると割りスープがもらえます。

syouyu_satou_6.jpg


特に味が濃過ぎるということはなかったのですが、割りスープの味も試してみたいと思いお願いしてみました。
飲んでみると、濃い目の動物系清湯かなと。
生姜は、スープで煮込むか、タレに入れるか、提供時にジンジャーパウダーを溶かすなどが考えられますが、こちらのお店はどうなのでしょう?
割りスープを飲む限りは、強い動物系の臭いを緩和する香味野菜が入ってる気がしました。
恐らくはタレに生姜がガツンと入っているのではないかなと・・ 多分ですが・・・
ただ、こうしたスタイルのお店で割りスープがお願い出来るのは嬉しいですよね。

古町に行った際、青島以外にも美味しい生姜醤油ラーメンを楽しめる様になったのは良かったと思います。


正油らーめん さとうの詳細
posted by BBSHIN at 10:30| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年12月26日

「まっくうしゃ 笹口店」がニューオープン!! 新作「みそ」

12月にオープンしたばかりの新店「まっくうしゃ 笹口店」へと行ってきました。

makusya2_1.jpg


こちらのお店は、上近江にある「まっくうしゃ」の2号店となります。

そして、2号店オープンに合わせ、新メニューが登場しました。

「みそ」

makusya2_2.jpg

makusya2_3.jpg


信州味噌と越後味噌の合わせ味噌というスープは、なかなかに濃厚です。
上には香味油としてマー油が浮かせてあり、スープに香ばしい風味を加えます。

事前のイメージでは魚介系味噌を想像していましたが、強い味噌風味にスープの出汁感は隠れ気味となっており、味噌の風味と濃厚感が前に出ています。

麺は多加水の太麺でした。

上にはモヤシ、白髪ネギ、水菜、ニンニクチップ、コーン、モヤシ、チャーシューがのっていました。
厚めで大きなバラ肉のロールチャーシューは食べ応え抜群ですね。
ボリュームたっぷりな盛り付けでした。

新潟の人達の支持を集めそうな、王道系味噌ラーメンだと思います。
奇をてらう事のないスタイルは、いかにも「いっとうや」的かなと。


続きましては、「まっくうしゃ」といえばコレという一品です。

「塩」

makusya2_4.jpg


丼から漂う海老風味が印象的です。

スープは、数年前に食べた時よりもライトな動物系となっており、深みのあるコクがありつつも重たさがありません。
そこに加わる油の香りや味わいが絶妙です。

バランスが秀逸な一杯ですね。
以前よりもクオリティが高くなっていると感じます。


餃子

makusya2_5.jpg


まっくうしゃ 笹口店の詳細
posted by BBSHIN at 20:58| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年12月17日

焼き肉・ホルモンと美味しいラーメンが食べられるお店「なにわ塩焼き肉 にく舞台」

新潟駅前にある「なにわ塩焼き肉 にく舞台」へと行ってきました。

nikubutai_1.jpg


今回はリクルート社のホットペッパーが運営するサブサイト「メシ通」の取材でやってきました。


今回の取材のテーマとしては、
「新潟には美味しい焼き肉やホルモンを提供しているのに、専門店の様な本格的なラーメンを提供しているお店がある」
というもので、そうした驚きを伝えられたらと思い記事を書かせて頂きました。

新潟の人にとってみれば、こちらのお店は「ののや」や「八」の系列なので、焼き肉店なのにラーメンが美味しいというのはそれ程驚きではないのかもしれませんが、メシ通は全国系メディアなので、県外読者に向け「新潟駅の近くには一風変わったお店がある」といった情報発信をしようと思いまして。


まずは、焼き肉を・・

nikubutai_2.jpg


肉質が良く、柔らかく美味しいですね〜るんるん


焼き野菜

nikubutai_3.jpg


そしてシメにはラーメンを・・・

濃厚煮干し中華+チャーシュートッピング

nikubutai_4.jpg

nikubutai_5.jpg


トロみがあり濃厚なスープには煮干しがガツンと効いています!

そして、上にのった魚粉をお好みのタイミングで混ぜていくことで、更なる魚介風味が加わります。

インパクト抜群のスープと麺の相性もばっちりですねグッド(上向き矢印)


とても美味しかったです!


あっさり系の煮干し中華も人気です。
(チャーシューをトッピングしました)

nikubutai_6.jpg

nikubutai_7.jpg


煮干しがしっかりと効き、醤油風味と浮き油も合わさり、厚みある飲み応え手(パー)

滑らかな質感の中細麺もクオリティが高いですね。

全体のバランスが秀逸な一杯だと思います。



テーブル調味料

nikubutai_8.jpg


焼き肉用の特製だれ、梅だれ、辛子味噌、にんにく、ホワイトペッパー、七味唐辛子が置いてあります。

店員さんによると、あっさり煮干し中華には七味唐辛子がお勧めとのことぴかぴか(新しい)



ちなみに、今回の取材では、一つミスを犯してしまいました。。
取材は、昼営業と夜営業の間の時間に行ったのですが、私が趣旨を伝えずにラーメンの取材に入ってしまった事で、掲載した品の構成がおかしなものとなってしまいました。
こちらのお店、夜は焼き肉営業メインとなっている事もあってか、ラーメンメニューをトッピングなしのシンプルなものに絞っています。
それに気付かず
「豪華なトッピングで華やかな画を撮りたい」
という気持ちでチャーシューをトッピングした為に、焼き肉メニューとチャーシュートッピングという通常営業ではありえない組み合わせとなってしまいましたたらーっ(汗)

食べてから気付いたのですが、掲載については編集部の方と相談し、読者の方に誤解を招かない様な記載を入れる事としました。
掲載した記事については以下をご覧下さい。

メシ通掲載の記事はこちら


なにわ塩焼き肉 にく舞台の詳細
posted by BBSHIN at 09:54| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年11月28日

新潟駅前の居酒屋「ナカマチ」で食べられる本格派「長浜ラーメン」

新潟駅前にある「居酒屋ナカマチ」へと行ってきました。

nakamachi_201611_1.jpg


こちらのお店では、居酒屋とは思えない程、本格的な豚骨ラーメンを提供している事もあり、最近お気に入りとしてちょくちょく通っています。

今回は、リクルートホールディングス社が運営するホットペッパーの別企画「メシ通」の取材で伺いました。

メシ通掲載の記事はこちら


ラーメンメニューはシンプルに「長浜ラーメン」のみとなっています。

nakamachi_201611_2.jpg

nakamachi_201611_3.jpg


豊富なコラーゲン質によりトロみたっぷりの濃厚豚骨スープが美味しいですね〜グッド(上向き矢印)
動物系のコクに加え、タレの旨味の旨味、塩分バランスなども絶妙です。

そこに、ピッタリとくるのが低加水の細麺がこれまた良いですねるんるん

まさに王道系豚骨ラーメンです手(チョキ)


濃厚系ではほとんどスープを飲み干さないタイプですが、今回は珍しく完飲となりました手(パー)

nakamachi_201611_4.jpg


居酒屋ナカマチの詳細
posted by BBSHIN at 00:56| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年11月15日

らーめん燈の野菜や海鮮素材などの具材たっぷり「野菜とんこつ」

新潟市中央区の「らーめん燈」

akari_201611_1.jpg


今回注文したのは定番のボリュームたっぷりの一杯のトッピング増量版です。

野菜とんこつ+コーントッピング

akari_201611_2.jpg

akari_201611_3.jpg


モヤシ、キャベツ、ニラ、ニンジン等、品数豊富な野菜や海鮮素材など、たっぷりの具材がのっています。
そしてトッピングのコーンを加えた事で更にボリュームが増しました手(チョキ)

スープは濃い目の豚骨ですが、野菜の甘味や海鮮素材の味などが入り、複雑な味わい、かつ、スッキリとした飲み心地となっています。

麺はスープや具材の迫力に負けない歯応え満点の太麺です。

ボリュームたっぷりでお腹一杯になること間違いなしな一杯でした手(チョキ)


あかりちゃーしゅう

akari_201611_4.jpg

akari_201611_5.jpg


豚骨スープにマー油という定番スタイルな一杯です。
麺は豚骨系に良く合う低加水ストレート細麺です。


燈の仕込みや提供作業についての取材記事を掲載しました。


らーめん燈の詳細
posted by BBSHIN at 23:52| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年10月21日

新潟中央郵便局近くにオープンした源七くろとり食堂の姉妹店「麺屋ほんず」

新潟市中央区、中央郵便局の裏にオープンした「麺屋ほんず」へと行ってきました。

honzu_1.jpg


こちらのお店は、西区で美味しいあっさりラーメンを提供している源七 くろとり食堂の姉妹店となります。


まずは、あっさりらーめん

honzu_2.jpg

honzu_3.jpg


あっさり塩系と思われるスープです。
動物系の強めの香りと味を感じます。
スープの色はタレの影響かもしれませんが、スープ自体も軽く濁りが出る程に強めに出汁を取っている事が予想されます。
タレの方は、塩メインかとは思いますが、ある程度の風味も感じるの色の出ない醤油も併用しているかもしれませんね。
ただ、出汁の強さとは裏腹に旨味調味料的な強い旨味は感じません。
その為、濃いスープなのに淡い味わいに感じます。
旨味調味料小さじ4分の1位のプラスで一般受けする様な味になりそうな、玄人好みな一杯かなと思います。

麺は細く固めで、食べやすく食感も良く美味しい麺でした。


醤油ラーメン

honzu_4.jpg


こちらは、醤油自体に含まれる旨味もあり、分かりやすい美味しさになっていると思います。
滋味深い味わいがとても良かったでするんるん

チャーシューは豚、鶏の2種類です。

honzu_5.jpg


ごはんとおかずが無料となっています。

honzu_6.jpg

honzu_7.jpg


飲みやすく美味しいスープをご飯とあわせた事もあってか自然と完食となりました手(チョキ)

honzu_8.jpg


とても美味しかったでするんるん


麺屋ほんずの詳細
posted by BBSHIN at 07:58| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年10月19日

楼蘭の刺激的な味わいの「全とろ麻婆麺」と「酸辣湯麺」

新潟市中央区にある「楼蘭」へと行ってきました。

rouran_1.jpg


注文したのは「全とろ麻婆麺」です。

rouran_2.jpg

rouran_3.jpg


メニューによると中目黒「新潟三宝亭東京ラボ」と同じこだわり仕様とのこと。

食べてみると、かなりトロみの強い麻婆豆腐は、鮮烈なトウガラシ系の辛味に山椒系の痺れが加わり、かなり刺激的な味わいです。
麺は結構太めで歯応えの強いタイプです。
トロみの強いマーボー餡がこれでもかという程に絡みついてきます。

今回は炒飯を注文した為、お願いしませんでしたが、白ご飯必須な一杯かと思われます手(パー)


続きましてはコチラ

酸辣湯麺

rouran_4.jpg

rouran_5.jpg


結構強めのトロみがつけられています。
スープは程良い辛みと酸味により、食欲が刺激されます。

上にのったパクチーが食べ進む中で混ざっていき、スープに独特な香草的アジアンテイストが加わっていきます。

麺はマーボー麺よりも細めの麺でした。

マーボーメンも美味しかったですが、こちらの方がより好みの味でした。
他ではなかなか食べられないレベルの美味しさの酸辣湯麺かなと思いました。


海老炒飯(880円税抜)

rouran_6.jpg

rouran_7.jpg


パラりとした食感の、程良い味付けの美味しい炒飯です。



テーブル調味料

rouran_8.jpg


酢、ラー油、胡椒、四川山椒

酸辣湯麺に酢やラー油をプラスしたり、麻婆麺にラー油、山椒をプラスし、より刺激的な味にして楽しんでも良いかもしれません。
(個人的好みではデフォルトで十分ですが)

そこそこの値段でクオリティの高いものを食べられるので、とても良いお店だと思いました。
また食べに行きたいですね。


楼蘭の詳細
posted by BBSHIN at 00:19| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年10月16日

話題の新店「麺作ブタシャモジ」が女池インター近くにオープン!

新潟市中央区、女池インター近くにオープンした「麺作ブタシャモジ」へと行ってきました。

butasyamoji_1.jpg


こちらのお店は、村上市の人気店「あしら」、新発田市の「赤シャモジ」の姉妹店となります。
少し前には、新潟市東区に赤シャモジの2号店をオープンさせたり、今躍進中のグループです。


まず注文したのは、定番メニューの豚ソバです。

butasyamoji_2.jpg

butasyamoji_3.jpg


濃厚な豚骨スープに極細ストレート麺という定番スタイルでした。

スープの方は、トロみが結構あり、豚の旨味たっぷり、そしてタレのしっかりとした旨味も加わり、飲み応え抜群となっています。
臭みがなくクリーミーな味わいとなっており、濃厚感の割りにクセの無い飲みやすさがあります。
九州系のくっさい濃厚豚骨をイメージしていると肩すかしをくらう可能性はありますが、今までの傾向を見ても新潟市の多くの人が求めているのはこの味なのかなと思われます。

ガッツリとしたトロみというよりは、豚の旨味がギッチリ詰まっているという印象的です。
色々な部位を使う中、豚頭なども使用しているとのことで、深みのある味わいとなっていました。

麺は低加水ストレート細麺で、このタイプのスープにピッタリと合っていました。
とてもクオリティの高い麺かなと思います。


当然このスタイルであれば、替え玉は必須ですよねひらめき

butasyamoji_4.jpg


とても美味しい一杯でした手(チョキ)


もう一杯はコチラ

もつニラそば

butasyamoji_5.jpg

butasyamoji_6.jpg


上にはたっぷりのニラと、モツがたっぷりとのっています。

あっさり醤油スープで、上には程よく油が浮いていました。

独特の旨味のある油は、モツから浮かび上がったものらしく、この油が出汁以上に効果的な働きをしていると感じ、一般的なラーメンとは違った風味を醸し出していましたぴかぴか(新しい)

麺は豚骨の麺とは違う多加水系です。
豚骨に使われている低加水麺の様な目立った存在感はないタイプですが、珍しい味ながらもあっさりまとまっているスープをうまく引き立てているかなと思います。

モツはプルプル食感で、油っこさがなく、コラーゲン的たっぷりな感じが良かったですね。
美味しかったので、モツWにしても良いかなと思いました。

なかなか他ではないスタイルだと思うので、ぜひ一度試してもらいたいですね。


友人は「ご馳走豚ソバ」を注文していました。

butasyamoji_7.jpg


豚ソバのトッピング豪華版です。

チャーシューがかなりデカいですねあせあせ(飛び散る汗)

butasyamoji_8.jpg

butasyamoji_9.jpg


食べてないので分かりませんが、豚ソバと同じチャーシューを厚切りにしたのか、サイドメニューにある「角煮」とやらなのか、その辺りは今のところ不明です。
ただ、食べ応えがありそうなのは間違いないかなと思います。


テーブル調味料

butasyamoji_10.jpg


豚骨系には定番の白ゴマ、高菜、おろしニンニクの他、刻みしょうが、醤油、酢、胡椒などが置いてありました。
また、ラーメンタレもあったので、味を濃くしたい方は少し入れると良いでしょう。


サイドメニューも充実しています。
今回はラーメンとセットで3品注文しました。

羽根付き餃子

butasyamoji_11.jpg


毎回羽根のサイズは違うとは思いますが、今回のものはかなり豪快についていました。
餃子の方も美味しかったですぴかぴか(新しい)


半チャーハン

butasyamoji_12.jpg


パラパラ食感が良く、旨味も程よく、美味しい炒飯でしたわーい(嬉しい顔)


唐揚げ

butasyamoji_13.jpg


唐揚げはカリッカリの食感で、甘酢醤油が皿に入り、マヨネーズがかかっていました。
赤シャモジでも同様のものを食べましたが、相変わらず美味しいですね〜グッド(上向き矢印)


こちらの新店、メニューが豊富に揃いながらも各品のクオリティが高いので、赤シャモジ東店の様に人気が出るものと思われます。


麺作ブタシャモジの詳細
posted by BBSHIN at 22:40| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年10月13日

煮干がガツンと効いたあっさり中華そばと濃厚豚骨!! 碧空麺舗が新潟市中央区東堀に移転オープン! 

見附市から新潟市中央区のお〜や跡地に移転オープンした「碧空麺舗」へと行ってきました。

aozoramenpo_niigata_1.jpg


まず注文したのは「中華そば」です。

aozoramenpo_niigata_2.jpg

aozoramenpo_niigata_3.jpg


あっさり系で、煮干し等の強烈に効いた醤油味のスープです。
油は恐らくは動物系でしょうか?
魚介系のみならず、動物系コクもあります。
スープは清湯かもですが、軽く濁りがある半濁状態にも見え、魚介が大半を占めるダブルスープなのかもしれません。
結構しょっぱめな点もガッツリ煮干し系の特徴の一つです。

麺はストレート中麺で、スープが程よく馴染む質感でした。
軽くバツンとする食感も良いですね。
新潟ではあまり見かけませんが、関東などで多いタイプの麺かと思います。
個人的にはかなり好きな麺ですね。

とてもインパクトある仕上がりとなった一杯でした手(チョキ)


続きましてはコチラ

濃厚ラーメン

aozoramenpo_niigata_4.jpg

aozoramenpo_niigata_5.jpg


かなり濃厚でトロみのある豚骨スープです。

中華そば同様に、動物系以外の旨味も強く、そして、なかなかのしょっぱさです。
スープの動物系のパンチあるコク、そしてタレの旨味、塩分濃度の高さもあり、破壊力抜群な一杯でした。

以前よりも、しょっぱさを強く感じたのですが、オープン当初という事もあり、ブレの範囲かもしれません。
スープの濃さはそのままに、旨味も保った上で、塩分濃度を少し落とせれば、他の追随を許すことのない至極の一杯となりそうな予感があります。

とても美味しい二杯でしたぴかぴか(新しい)


碧空麺舗の詳細
posted by BBSHIN at 21:40| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年10月12日

新潟市役所近くの蕎麦店「そば処新更科 白山浦店」が提供する昔ながらのあっさりラーメン!

新潟市中央区、新潟市役所近くにある「そば処新更科 白山浦店」へと行ってきました。

shinsarashina_1.jpg


今回は中華そば(500円)にミニカレー(300円)を追加してみました。

shinsarashina_2.jpg


中華そば単体の写真

shinsarashina_3.jpg

shinsarashina_4.jpg


昔ながらのあっさり醤油スープの一杯です。
おだやかな旨味とサッパリとした飲み口で、優しい仕上がりとなっています。

麺は、歯応えは程ほどに、スッキリとした味わいのスープとの相性は良いですね。

何度食べても食べ飽きない様な、そんなタイプの一杯でした。
あと、500円というサービス価格は嬉しいですねぴかぴか(新しい)


ミニカレー

shinsarashina_5.jpg


シンプルですが、美味しいカレーライスですね。
カレーラーメンやカレー南蛮もあるらしく、そちらも期待が出来そうです手(パー)


そば処新更科 白山浦店の詳細
posted by BBSHIN at 07:37| Comment(2) | 新潟市中央区

2016年10月09日

きらく亭のトロみたっぷりカレーラーメン! ごはん付き

新潟市中央区に移転オープンした「きらく亭」へと行ってきました。

kirakutei_201610_1.jpg


前回食べたあっさり醤油ラーメンが美味しかったので、再訪する事としました。

今回注文したのは「カレーラーメン」です。

kirakutei_201610_2.jpg

kirakutei_201610_3.jpg


下には醤油色のスープが見えたので、かけカレータイプのカレーラーメンの様です。
ただ、カレー自体にトロみがかなり強いので、スープと混ざって薄くなる感じもなく、逆にしっかり混ぜてセルフでスープカレー風にしてもいけそうでした。

麺には、そのトロみの強いカレーがたっぷりと絡んできます。

そしてカレーといえば、やはりご飯です!

kirakutei_201610_4.jpg


ご飯が無料でついてくるのは嬉しいですね。

カレーラーメンだけでなく、こちらのお店では麺類注文の方にはライスがサービスとなっている様です。


もう一品はこちら

タンメン

kirakutei_201610_5.jpg


野菜たっぷりのあっさり塩味な一杯です。
胡麻油なども浮かせているのか、香ばしい香りが漂います。

スッキリ味のスープに、たっぷりの野菜が食べられるのは嬉しいですね。

kirakutei_201610_6.jpg


更にもう一品を注文しました。

マーボー丼(600円)

kirakutei_201610_7.jpg


トロみの強いマーボー餡がのっていました。
当然の事ながらご飯とマーボー豆腐の相性は抜群です。

100円アップのマーボーメン(700円)を注文し、無料のライスをつけてもらう事で、1杯で2度楽しむの良いかもしれませんね。


きらく亭の詳細
posted by BBSHIN at 11:43| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年09月28日

らーめん亭にしやまのチャーシューメンにたっぷりコーンをトッピング!

新潟市中央区にある「らーめん亭にしやま」へと行ってきました。

nishiyama_201609_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通記事はこちら


今回は、チャーシューメンにたっぷりのコーンをトッピングしてみました。

nishiyama_201609_2.jpg

nishiyama_201609_3.jpg


麺は多加水でかなりモッチリとした歯応えの強い極太麺です。

スープは醤油風味とたっぷりの野菜や動物系ガラなどの旨味が出たアッサリタイプのスープでした。

以前は、もっと背脂がたくさん浮いていましたが、最近ではデフォルトの背脂量を減らしているとの事です。
「その方がスープの味がハッキリと分かるから」
との事でしたが、注文時に背脂量が調節可能なので、お願いすれば今まで同様にたっぷりの背脂にする事も可能な様です。

たっぷりのコーンが入るとお腹いっぱいになります。
スープは醤油、味噌とあるので、味噌ラーメンとコーンの定番の組み合わせも良いかもしれませんね。


ノーマルのチャーシューメン

nishiyama_201609_4.jpg


テーブル調味料

nishiyama_201609_5.jpg


おろしニンニク、辛みそ、醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、七味唐辛子など、豊富な種類が揃っています。


自家製餃子(450円)やチャーハンなどのサイドメニューもお勧めです。

半炒飯(350円)

nishiyama_201609_6.jpg


最近は卵かけご飯もやっている様です。

nishiyama_201609_8.jpg


五泉のキムラファームの卵を使っているという卵かけご飯(250円)

nishiyama_201609_7.jpg


らーめん亭にしやまの詳細
posted by BBSHIN at 22:36| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年09月26日

麺屋 茉莉蔵が燈花跡地に移転オープン! クリーミーで濃厚な担々麺

燈花跡地に移転オープンした「麺屋 茉莉蔵」へと行ってきました。

marizou2_1.jpg


以前は醤油ラーメン、味噌ラーメンなどもありましたが、看板メニューの担々麺のみを残し、海老ラーメン、海老つけ麺を新メニューとして追加した様です。

注文したのは定番の担々麺です。

marizou2_2.jpg

marizou2_3.jpg


濃厚でクリーミーなスープですね。
練りゴマの風味が印象的です。

最近はゴマをガッツリと利かせる担々麺も多いですが、こちらは程良いゴマ風味となっています。
担々麺の場合は、練りゴマのコクと油による濃厚感で、ベースとなるスープがあっさりなのかコッテリなのか分かりにくくなるのですが、こちらのお店はゴマがそこまで強くないながらもかなり濃厚になっているので、結構な濃厚スープなのではないかなと思います。

また、スープにはしっかりとした旨味が加えられていますが、その濃厚さから、あと少しだけ旨味が多いとちょうど良いかなとも思いました。
(個人的好みでは、濃厚であればある程、旨味が強い方が良いと考えています)

麺はツルツルの多加水中太麺でした。
スープをかなり弾くタイプの麺で、トロみの強いスープとの相性を考慮し選んでいるのかもしれませんね。

トッピングの挽き肉は濃い味付けがつけられており、スープに混ざると絶妙な味わいとなります。
濃厚スープとキクラゲの相性はバッチリです。


こうした担々スープと組み合わせるといえば、やっぱり白ご飯です。

marizou2_4.jpg


スープや挽き肉をかけて食べると実に美味しかったですね手(パー)


麺屋 茉莉蔵の詳細
posted by BBSHIN at 21:41| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年09月24日

お〜やの魚介出汁の効いたあっさり味「炙り鶏入り白醤油らぁめん」

新潟市東区の「お〜や」へと行ってきました。

ooya_higashi_201609_1.jpg


今回は期間限定として紹介していた「炙り鶏入り白醤油らぁめん」です。

炙り鶏入り白醤油らぁめん

ooya_higashi_201609_2.jpg

ooya_higashi_201609_3.jpg


煮干系の魚介出汁がしっかりと効いたスープに白醤油ダレが風味を添えています。

以前、魚介系の限定で油に魚介を加えたものを出していましたが、今回はスープ自体から強い魚介を感じます。
そして醤油が風味と旨味を加え、あっさり味ながらも無化調の物足りなさを全く感じさせない仕上がりです。

無化調でやる場合、動物系スープと塩・昆布メインダレでは味をまとめるのがかなり難しかったりします。
そこで重要になってくるのが旨味が豊富な魚介と醤油の使い方です。
お〜やでは、元々魚介出汁を使用していましたが、強くは感じさせず旨味の補強やバランスを保つレベルだったかと思います。
今回は魚介を更に強調している為、いつも以上にハッキリと分かりやすい味に仕上がっていました手(チョキ)

トッピングの鶏チャーは、分厚くカットされた鶏肉を提供前に炙ったものをのせています。
肉厚の鶏肉は歯応えバッチリで、コラーゲン質の部分の食感も良く、また、炙ったことでの香ばしさが印象的です。
この香ばしい風味がスープに移し、炙り鶏周辺のスープは、また違った味わいとなっています。

いつもの味をベースにしつつも、普段とは大きく違う味となっており、今回の限定はかなりお勧め出来る一品かなと思いますぴかぴか(新しい)


定番のラーメン茶漬け

ooya_higashi_201609_4.jpg


ここにスープをかけると、磯海苔と節の出汁が加わり、更なる変化を楽しめます。


ラーメン茶漬けをすると自然と完食となります。

ooya_higashi_201609_5.jpg


とても美味しかったでするんるん


お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 09:54| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年09月23日

イタリア軒の二階にある中華料理店「DINING&BAR SHI-EN」

今回は新潟市中央区の老舗ホテル「イタリア軒」にある中華料理店に行ってみる事にしました。

italiaken_shien_1.jpg


お店は2階にあります。

「DINING&BAR SHI-EN」

italiaken_shien_2.jpg


メニューを見ながら何を食べるか悩みましたが、唯一「特製」と名づけられた一品にする事にしました。

特製担々麺

italiaken_shien_3.jpg

italiaken_shien_4.jpg


クリーミーな飲み口が印象的なスープですぴかぴか(新しい)

ラー油はそこまで辛くなく、色と風味を添える役割になっているかなと。

スープは恐らくあっさり系の清湯で、そこに練りゴマがクリーミーなコクと濃厚感を与えるオーソドックスなスタイルの担々かと思われます。
旨味のバランスも良く、飲み応えもしっかりとしています。

そのスープに挽き肉が混ざると食感、味わいともに良く、また、麺やネギ等の具材にスープが絡むと良い感じです。

とても美味しい担々麺でした手(チョキ)


お昼時は、+250円で半チャーハンをセットに出来ます。

italiaken_shien_5.jpg


こちらも美味しかったですね手(パー)
ランチのサイドメニューにお勧めです。


イタリア軒 DINING&BAR SHI-ENの詳細
posted by BBSHIN at 00:00| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年09月21日

東華楼の新メニュー「激辛石焼きマーボー麺」

新潟市中央区、新和のピアレの駐車場にある「東華楼」へと行ってきました。

toukarou_shinwa2_201609_1.jpg


今回食べたのは、新メニューの「激辛石焼きマーボー麺」です。

toukarou_shinwa2_201609_2.jpg


石焼というだけあり、ぐっつぐつとスープが煮えたぎっていますあせあせ(飛び散る汗)

そして「激辛」の名に恥じぬ強烈な辛さ爆弾

といっても、ただ辛いだけではなく、辛さの裏にはしっかりとした旨味があるので、旨辛な仕上がりとなっています。

トロみの強いマーボー豆腐が麺にたっぷりと絡んできます!

toukarou_shinwa2_201609_3.jpg


麺は結構細めな麺でした。

このインパクトのスープ、マーボー餡であれば、ガッシリ太麺と合わしても美味しいかもしれませんね。

機会があれば是非お試し下さい!


続きましては名物のバナナ餃子(1本185円税別)です。

toukarou_shinwa2_201609_4.jpg


比較の為にノーマルの焼き餃子(1本110円税別)もお願いしてみました。

通常の餃子も結構な大きさですが、バナナ餃子は更に大きなサイズでした。
「バナナ」という名称をつけるのも納得のサイズですね。

モッチリ皮が美味しく、具沢山で美味しい餃子だと思います手(チョキ)


東華楼の詳細
posted by BBSHIN at 00:11| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年09月09日

きらく亭が中央区上近江に移転オープン!

新潟市中央区上近江に移転オープンした「きらく亭」へと行ってきました。

kirakutei2_1.jpg


こちらのお店は移転前に食べたあっさりラーメンが美味しかったのでまた行きたいと思っていました。

移転前のお店でのブログ記事


今回注文したのは、夜のセットメニュー「チャーハンセット」(750円)です。

kirakutei2_2.jpg


屋台ラーメン(正油)

kirakutei2_3.jpg

kirakutei2_4.jpg


あっさりとしたスープはハッキリとした出汁感、そして醤油等の調味料の旨味などが合わさり絶妙なバランスとなっています。

麺はシンプルな細麺ですが、歯応え良く、美味しいスープがしっかりと絡んできます。

チャーシューはかなり柔らかく、また濃い味が染みこませてあります。

昔ながらのあっさりとしつつも、ハッキリとした味に仕上がった一杯ですね。

とても美味しかったです手(チョキ)


スープまで完食となりました。

kirakutei2_5.jpg


チャーハンもパラパラ食感で美味しかったです。

2品とも美味しかったので、他のメニューも色々と試してみたいですね。

また、こちらのお店では、

ランチ
日替定食(700円)
ハムカツ丼セット(700円)
カレーセット(700円)
焼肉定食(700円)
レディースセット(600円)
※ミニハムカツ、ミニラーメン、デザート、サラダ)


焼肉定食(700円)
野菜炒め定食(700円)
唐揚げ定食(700円)
ギョーザ定食(600円)
チャーハンセット(750円)
カレーセット(750円)
唐揚げセット(800円)
※唐揚げとライス、ラーメンのセット

など、豊富なセット、定食メニューを揃えているので、何度行っても楽しめそうですね。


きらく亭の詳細
posted by BBSHIN at 08:01| Comment(4) | 新潟市中央区

2016年08月31日

「まっくうしゃ」のド迫力塩ちゃーしゅうに極太めんまをトッピング!

新潟市中央区の「まっくうしゃ」へと行ってきました。

makusya_201608_1.jpg


今回はホットペッパーが運営する「メシ通」の取材で行ってきました。



注文したのはコチラ

塩ちゃーしゅう+極太めんまトッピング

makusya_201608_2.jpg

makusya_201608_3.jpg


こちらのお店を知らない県外の方々に向けては、迫力満点な炙りロールチャーシューと、いっとうやの流れをくむ板メンマの画像が印象的かなと思いこちらの組み合わせにしてみました。

しかし、想像以上のインパクトある盛り付けとなりましたね。

食べてみると、スープの方はオープン当初よりも少し軽めで飲みやすく仕上がっています。

仕込みを取材してみると、当初と少し作り方が違っている事がわかります。

今回取材したメシ通掲載記事

オープン当初のインタビュー記事

魚介スープで割る形を取っているのですね。

Wスープとなる事で、若干「いっとうや」の製法に近づきつつ、濃度はコチラのお店が高く、また、タレの違いや香味油などの影響もあり全く別物の仕上がりとなっています。


そしてサイドメニュー

ちゃーしゅう丼

makusya_201608_4.jpg


こちらは、インパクトあるサイドメニューを提供している事をお伝えしたいと思い注文してみましたが、実際食べてみるとチャーシュー麺とチャーシュー丼の組み合わせはやり過ぎでした。
通常のラーメンとチャーシュー丼、またはチャーシュー麺とあわせるなら別のご飯物がお勧めかと思います手(パー)

たっぷりの美味しいチャーシューを食べ、お腹いっぱいとなりました手(チョキ)


ばくだんトッピングは味の変化をつけることが出来ます。

makusya_201608_5.jpg


まっくうしゃの詳細
posted by BBSHIN at 07:34| Comment(0) | 新潟市中央区