2016年08月28日

居酒屋ナカマチの本格豚骨スープ「長浜ラーメン」

新潟駅前、代々木ゼミナール新潟校近くにある「居酒屋ナカマチ」へと行ってきました。

nakamachi_201608_1.jpg


4月に食べにきた際に食べた豚骨ラーメンが美味しかった為、短いスパンでの再訪となりました。

前回のブログ記事


まずは、水餃子(500円)

nakamachi_201608_2.jpg


お次は、焼餃子(500円)

nakamachi_201608_3.jpg


ジャコ天(250円×2)

nakamachi_201608_4.jpg


煮鯖(480円)

nakamachi_201608_8.jpg


ラーメンメニューは前回あった「上もやし」なる味噌ラーメンがなくなっており、長浜ラーメンと南蛮ラーメンの二品のみとなっていました。
今回は味噌ラーメンを試そうと思っていたので残念ですね。
長浜ラーメンにチャーシューやキクラゲ、ネギなどの追加トッピングが出来ると色んなバリエーションで何度も楽しめて良さそうですが、居酒屋という営業スタイル上難しいのとラーメン一本でも十分勝負出来るという事なのかもしれませんね。

という事で、今回は二人で行きましたが、二人ともこちらの一品を注文しました。

長浜ラーメン

nakamachi_201608_5.jpg

nakamachi_201608_6.jpg


濃厚な動物系スープは飲み応え抜群ですね。
コラーゲン質が多いと感じさせるネットリとした舌触りが印象的です。

麺はそのスープをしっかりと持ち上げる低加水ストレート細麺です。
パッツン食感で、豚骨系としては王道タイプの麺かなと思います。

チャーシューはかなり小さいですが、味と食感が良かったです。
色々食べた後なのでこのサイズで十分でしたが、ラーメン屋で単体で食べるなら、もっとたくさん食べたくなってしまいますね。


ラーメンを注文すると高菜、紅生姜、白ゴマが出てきます。

nakamachi_201608_7.jpg


ラーメンでなく、各種一品料理も美味しく、お勧めの居酒屋ですねぴかぴか(新しい)

一軒でシメまでいけるのも良いですね手(チョキ)


居酒屋ナカマチの詳細
posted by BBSHIN at 13:10| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年08月22日

餃子の王将 近江店 味噌ラーメン+炒飯餃子セット

新潟市中央区、笹出線沿いにある「餃子の王将 近江店」へと行ってきました。

gyouza_osyo_oumi_201608_1.jpg


今回は夜遅くに食事出来るお店を探しているところ、こちらのお店が22時ラストオーダーだった事を思い出し行く事としました。

夜遅くなので軽めにする事も考えましたが、やはりガッツリと食べる事にしました。

味噌ラーメン+ごはんセットB(650円+330円+消費税)

gyouza_osyo_oumi_201608_2.jpg


味噌ラーメン

gyouza_osyo_oumi_201608_3.jpg

gyouza_osyo_oumi_201608_4.jpg


野菜たっぷりで、スープも結構濃い目です。

味もしっかりしてて、想像以上に美味しいですね。

麺は程ほどの歯応えで、丸い断面の中太麺でした。


餃子

gyouza_osyo_oumi_201608_5.jpg


炒飯

gyouza_osyo_oumi_201608_6.jpg


餃子の王将 近江店の詳細
posted by BBSHIN at 23:32| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年08月20日

らぁめん武士屋の「からし味噌」

新潟市中央区の「らぁめん武士屋」へと行ってきました。

bushiya_niigata_1.jpg


場所は閉店してしまった「ラーメン亭 鶏和っ賛。」の跡地です。


店内の案内には、
「山形の龍上海で修行し、新潟の武蔵で働きしゃがらをオープンさせた店主がオープンさせたお店」
的な事が書かれていました。

という事で注文するのはコチラ

からし味噌

bushiya_niigata_2.jpg

bushiya_niigata_3.jpg


風味が強い味噌が使われ、スープ自体はこってり感はないですが、表層の油と濃い味噌風味で濃厚な味わいとなっています。
新潟市では、武蔵、満月など同様のスタイルのお店も多いので、舌に覚えのある人も多いのではないでしょうか?
味噌風味と油のバランスなどを含め、龍上海で食べた時の一杯とも良く似ていました。

定番の青海苔がかかり、また、辛味噌がのっているので途中で溶かしながら味に変化を加えていっても良いでしょう。

麺は多加水でツルツルした表面です。
モッチリとまではなく、程良い固さの麺でした。
少し前の事なのでハッキリとは覚えてませんが、龍上海の方はもっと加水が高く、弾力感はひかえめだったと記憶しています。


チャーハンが1皿10円との事です。

bushiya_niigata_4.jpg


チャーハン

bushiya_niigata_5.jpg


パラパラ系食感のチャーハンです。

ミニチャーハンサイズで、サイドメニューにちょうど良いボリューム感です。

10円というのはお得価格ですね。

ちなみに、麺も大盛10円、特盛20円のサービス価格となっています。
何故か、
「大盛り無料」
よりもお得感を感じさせるのが不思議です。


らぁめん武士屋の詳細
posted by BBSHIN at 14:05| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年08月18日

ラーメンとやの 旨辛味噌らーめん

新潟市中央区の「ラーメンとやの」へと行ってきました。

toyano_201608_1.jpg


定番のガーリックバターと共に食べる「特選味噌ラーメン」も捨てがたかったですが、今回は「旨辛味噌らーめん」を注文してみました。

toyano_201608_2.jpg

toyano_201608_3.jpg


スープはサッパリ系のサラリとした味噌味です。

麺は多加水の縮れた中太麺でした。

チャーシュー、もやし、挽き肉、ネギなどがのっていました。

品名にもある辛味噌は結構辛めで、お好みのタイミングで甘めの味わいのスープに溶かし、インパクトを加えて食べる事が出来ます。


テーブル調味料
(醤油、ラー油、酢、ブラックペッパー、一味唐辛子、おろしニンニク)

toyano_201608_4.jpg


味噌ラーメンにニンニクは合いますね手(パー)


麺類にプラス200円で小丼を提供していました。

麻婆丼

toyano_201608_5.jpg


他にも、豚そぼろ丼、野菜炒め丼などもありました。
200円はお得価格かなと思います。


ラーメンとやのの詳細
posted by BBSHIN at 07:29| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年08月17日

麺しょうの昔ながらのあっさりチャーシューメン

新潟市東区の「麺しょう」へと行ってきました。

mensyo_201608_1.jpg


今回注文したのは「チャーシューメン」です。

mensyo_201608_2.jpg

mensyo_201608_3.jpg


あっさり味のスープは程良い旨味と塩分で実に飲みやすいですねぴかぴか(新しい)

麺は多加水の細麺です。

チャーシューは適度に脂身が入り、味が程良く染みていました。
薄めにカットされ柔らかい食感が良かったですぴかぴか(新しい)


何度食べても食べ飽きる事が無さそうな、昔ながらの味わいの一杯でした手(チョキ)

とても美味しかったですグッド(上向き矢印)


餃子

mensyo_201608_4.jpg


一緒に出てきたタレに漬けて食べると、香ばしさと旨味が印象的でした。

タレだけを味わってみると、かなり強いグルタミン酸的な旨味が加わっていました。
餃子とセットで専用ダレが出てくる事は多々ありますが、味付けしてあったりラー油が入っていたり等はあっても、こうした強い旨味のタレは珍しいかと。
タレは動物系脂的なものがほんの少し入っていたり、また味的にも、恐らくはラーメンのタレとして使用されるチャーシュー醤油ダレではないかなと思われます。(あくまで想像です)


こちらのお店では、あっさりラーメンの他に、味噌ラーメンや、また各種ラーメンのこってり版などもあるらしいので、機会があればまた訪れてみたいと思います手(パー)


麺しょうの詳細
posted by BBSHIN at 06:59| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年08月09日

手仕事らぁめん八 堀之内店の「濃厚煮干しつけめん」

新潟市中央区の「手仕事らぁめん八 堀之内店」へと行ってきました。

hati_201608_1.jpg


こちらのお店は朝早くから営業しての「朝ラーメン」が有名ではありますが、夜遅くまでやっている事で、遅い時間にラーメンを食べたい時などにも便利です。
今回は遅い時間にラーメンが食べたくなり、こちらのお店に伺う事としました。


注文したのは「濃厚煮干しつけめん中」です。

hati_201608_2.jpg

hati_201608_3.jpg


麺量は「並」と「中」が同価格なので「中」を選択しました。

濃厚な動物系スープに魚介が強く効いています。
トロみもそこそこで、甘味もあります。

麺は適度な弾力感で、つけ麺の太麺ならではの強い歯応えが良く、つけ汁との相性も抜群ですぴかぴか(新しい)

つけダレの中にはチャーシュー、柚子、ネギ、メンマなどが沈んでいました。

王道系の濃厚魚介つけ麺スタイルの一杯でした手(パー)


スープ割りも可能で、お願いするとポットに入った割りスープを出してくれます。

hati_201608_4.jpg


あっさり魚介スープが入っており、混ぜる事を前提としているのか、単体で飲むと少し苦味を感じる程に強めに取られた魚介出汁でした。

濃い魚介出汁は好きなので、ついついたくさん飲んでしまいましたたらーっ(汗)


+250のチャーハンセット

hati_201608_5.jpg


パラパラ食感で濃い味になっていて美味しかったですね。


手仕事らぁめん八 堀之内店の詳細
posted by BBSHIN at 07:31| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月29日

コーンやチャーシューなどが盛りだくさん! だるまや女池店

新潟市中央区の「だるまや女池店」

darumaya_meike_201607_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の取材で伺いました。

取材予定の約束時間より早めに行き、注文し会計してから取材、という手法を時折取っています。

だるまや女池店についての取材記事はこちら


何を注文するか迷いましたが、新潟以外に住んでいる方など、こちらのお店を知らない人向けに、印象的な絵が撮れそうなチャーシューメンを選択しました。
ただ、個人的には、今まで注文した事がないトッピングの組み合わせを試してみたかったので、コーンを追加することに。
トッピングは、ちょうどよく別皿で出てきてくれたので、コーン無し版、セルフのせ版の2種類の写真を撮る事が出来ました。

チャーシューメン+コーントッピング

darumaya_meike_201607_2.jpg

darumaya_meike_201607_3.jpg


チャーシューが丼の周囲を花びらの様に覆い、モヤシ、ネギ、海苔、メンマ、そしてコーンとトッピングが所狭しと敷き詰められています。
これはかなりの食べ応えですね〜グッド(上向き矢印)

魚介の効いた背脂醤油スープと中太麺は、まさに定番の組み合わせです。

美味しかったです手(パー)


サイドメニューのチャーハン

darumaya_meike_201607_4.jpg


だるまや女池店の詳細
posted by BBSHIN at 00:41| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月28日

きんしゃい亭 県庁前店 濃厚なスープとたっぷりの野菜!「豚骨野菜味噌ラーメン」

久しぶりに新潟市中央区にある「きんしゃい亭 県庁前店」へと行ってきました。

kinsyai_kentyo_201607_1.jpg


定番の豚骨ラーメンを食べたい気もしましたが、今回は食べた事がない一品を注文する事としました。

豚骨野菜味噌ラーメン

kinsyai_kentyo_201607_2.jpg

kinsyai_kentyo_201607_3.jpg


濃厚な豚骨スープがインパクト大です。
動物系の旨味をメインに、程良い味噌風味が良い感じですね。

麺は低加水のストレート細麺。

たくさんのった野菜にスープや油が良く絡みます。
他にもチャーシューや定番の紅生姜などがのっています。


ザーサイラーメン

kinsyai_kentyo_201607_4.jpg


テーブル調味料

kinsyai_kentyo_201607_5.jpg


おろしニンニク、自分でおろすニンニク、高菜、紅生姜、白ゴマ、ホワイトペッパーが常備されていました。


きんしゃい亭 県庁前店の詳細
posted by BBSHIN at 00:02| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月18日

麺屋 来華

新潟市中央区姥ケ山の住宅街にオープンした新店「麺屋 来華」へと行ってきました。

raika_1.jpg


店舗は民家の一部を改装した様な造りとなっています。
家の前に駐車場が2台、お店に向かって左側のCAFE木風舎の駐車場を4台使用可能(17:30〜)の様です。

店内は数席のカウンターのみで、7人のお客さんが入り満席となっていました。
店主との会話からこの日のお客さんは、一見客はいなく、何度もきている常連さん達である事が分かりました。
オープンして間もないというのに常連さんがついている事にお店への期待感が高まります。


注文したのは看板メニューの「塩野菜らーめん」です。

raika_2.jpg

raika_3.jpg


キャベツ、モヤシ、ニンジン等、たっぷりの炒め野菜やコーン、ネギなどがのっています。
白ゴマもたっぷりと浮いていました。

野菜には、熱い油が絡み、最後まで熱々です。
そうした事もあり、スープや油には野菜の味が染み込んでいます。

あっさりとしたスープには強い旨味も加わり、印象的な飲み応えの塩味となっていましたぴかぴか(新しい)

麺はシンプルな多加水細麺です。

あっさりながらもインパクトある仕上がりとなっており、また、たっぷりの野菜を食べられるのも嬉しいですねるんるん


らーめん

raika_4.jpg


魚介出汁と、旨味がしっかりと効いたあっさりスープです。
醤油の色はそれ程なく、塩・醤油併用位に見えます。

麺は塩野菜同様のシンプルな細麺です。

昔ながらのテイストのあっさりラーメンでしたぴかぴか(新しい)


+400円でミニ丼がセットに出来るという事で、2品注文してみました。

ミニ焼肉丼

raika_5.jpg


濃い味付けの焼肉丼です。
スープ、サラダ付きの単品サイズ(並・大盛・特盛)もありました。


ミニ麻婆丼

raika_6.jpg


トロみの強い麻婆餡がご飯にかかっています。
辛味はそれ程なく、味付けは濃い目です。
マーボーメンもあるみたいなので、あっさりスープにこの麻婆餡がかかっていたら美味しそうですねぴかぴか(新しい)


どれもスタンダードなスタイルの品で、特に変わった部分は無いのですが、しっかりとした美味しさがあり、食べ飽きる事が無さそうな味だなと思いました。
オープンして数ヶ月で常連さんがついているのも納得です手(チョキ)


麺屋 来華の詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月16日

麺や来味 弁天橋通店の夏季限定「冷製スパイシーカレー和え麺 丸ごとトマトのせ」

新潟市中央区の「麺や来味 弁天橋通店」へと行ってきました。

menyaraimi_bentenbashi_201607_1.jpg


今回の目的は限定告知をしていた「冷製スパイシーカレー和え麺 丸ごとトマトのせ」です。

menyaraimi_bentenbashi_201607_2.jpg


トマトが1個まるごとのったとても奇抜なルックスです!

ちなみに、トマトの中には、、

menyaraimi_bentenbashi_201607_7.jpg


トマトと挽き肉が混ざっています。


カレーはトロみが強く、スパイシーで結構辛めです。

トロみがあるので、麺にしっかりと絡みついてきます。

menyaraimi_bentenbashi_201607_3.jpg


冷たくスパイシーで辛いカレーは、結構辛味が口に残るので、トマトの酸味メインの味の挽き肉を混ぜると少し、辛さを緩和してくれるかなと思います。

スパイシーさがメインの味に終盤、変化が欲しいと感じたので、コクのプラスと辛味の緩和が出来る何かがあると嬉しいですね。
例えば粉チーズとか。

店主のチャレンジ精神を感じ取れる個性的な一杯でした手(パー)


野菜みそらぁ麺

menyaraimi_bentenbashi_201607_4.jpg

menyaraimi_bentenbashi_201607_5.jpg


白味噌が目立ち甘めでサッパリとした味わいの、あっさり味噌スープです。
そこまで濃くない味噌風味の中に、香味野菜(ニンニク等?)やバターの香りが混在しています。
油が少し多めでトッピングの野菜などにより、食べ応え、飲み応えが出ていました手(パー)

以前食べた時は、もっと味噌風味が濃かった記憶がありますが、前回は数年前の事なので、ハッキリとは分かりません。


味噌スープや野菜と共に、ごはんを頂きました手(チョキ)

menyaraimi_bentenbashi_201607_6.jpg


麺や来味 弁天橋通店の詳細
posted by BBSHIN at 13:29| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月15日

担々麺屋 関屋店のお勧めメニュー「辛ネギドラゴン坦々麺」

新潟市中央区の「担々麺屋 関屋店」へと行ってきました。

tantanmenya_1.jpg


辛ネギドラゴン坦々麺

tantanmenya_2.jpg

tantanmenya_3.jpg


「ドラゴン」と品名につくのは、ライト豚骨スープとなっています。

太麺と細麺、また辛さを4段階から選べるので、太麺と中辛を選択しました。

ゴマと辛味と分かりやすい旨味が印象的な担々麺です。


担々麺とライスの相性は抜群です!

tantanmenya_7.jpg



ザーサイ担々麺

tantanmenya_4.jpg


こちらは細麺にしました。

tantanmenya_5.jpg


辛さは普通です。

タンタンスープとザーサイって合いますよね。
また、ザーサイ入りスープとご飯の組み合わせも最高です手(チョキ)

ちなみにライスは+54円でひき肉入りに出来ます。

tantanmenya_6.jpg


担々麺屋 関屋店の詳細
posted by BBSHIN at 00:15| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月13日

本町人情横丁「細麺中華 政吉」のあっさりスープの「わんたんめん」

新潟市中央区、本町「人情横丁」にある「細麺中華 政吉」へと行ってきました。

masakiti_201607_1.jpg


わんたんめん

masakiti_201607_2.jpg

masakiti_201607_3.jpg


あっさりで飲みやすいスープに極細麺です。

チャーシュー、ワンタン、メンマ、海苔などがのっていました。

サッパリとした食べ心地で、食べやすい一杯ですね。


食べに行ったのは6月下旬でしたが、季節的にネギが固い時期という事でネギラーメンの販売を休止しているとの事でした。


細麺中華 政吉の詳細
posted by BBSHIN at 23:35| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月10日

新潟駅前「サクラサイダー」のサバ節魚介系醤油ラーメン

新潟駅前にあるレストランバー「サクラサイダー」へと行ってきました。

sakuracider_1.jpg


以前、新潟駅周辺を歩いていた時、お店の前にある「ラーメン」と書かれたのぼりが気になり、お昼時に合わせ行ってみる事としました。

今回は狙い通り、平日のランチタイム限定で提供している「サバ節魚介系醤油ラーメン」を注文してみました。

サバ節魚介系醤油ラーメン(750円)※白ごはん、小鉢付き

sakuracider_2.jpg


ラーメンのみを撮影

sakuracider_3.jpg

sakuracider_4.jpg


あっさりで魚介出汁主体、そして醤油風味が立ったスープです。
魚介がメインで動物的厚みをそれ程感じなかったので、チャーシューの煮汁レベルの動物出汁かもしれません。
ほのかな甘味などもあり、どことなく、あったかお蕎麦のつゆに似た感じでしたぴかぴか(新しい)

麺は固めの細麺です。
夜はパスタなども提供しているのか、麺の湯切りにはスパゲティ揚のスリムテボを使用していました。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ネギなどがのっていました。
チャーシューはそこそこ出汁を取られ、味が良く染みこんでいる様なタイプです。
味の染み込み具合から、醤油ダレに長時間漬けるか、醤油で煮ているものと思われます。

あっさりで魚介の効いたスープは、とても飲みやすく、また、ご飯と合わせて食べる事でお腹一杯にもなりますねグッド(上向き矢印)

ラーメン屋さんではないので、そこまで期待は出来ないと思っていましたが、予想外にしっかりと美味しいラーメンが出てきたので驚きました手(チョキ)


つけあわせとして刻み生姜も利用出来ます。

sakuracider_5.jpg


スープが濃いと感じる場合は、お願いすると割りスープがもらえます。

sakuracider_6.jpg


特に醤油スープが濃く、しょっぱいとは思わなかったですが、こういうのは大抵試す事にしているのでお願いしてみました。
スープに混ぜずにレンゲで試してみたところ、割りスープは魚介出汁でした。
実際に作るところを見てる訳ではないのでハッキリとは分かりませんが、ラーメンスープは、この割りスープに醤油ダレという構成な気がします。


食後、アイスコーヒーを出してくれました。

sakuracider_7.jpg


美味しいラーメンに、ごはん、小鉢がつき、食後にアイスコーヒーまで出て750円というのはかなりお得ですねぴかぴか(新しい)


サクラサイダーの詳細
posted by BBSHIN at 21:09| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月06日

太洋軒の昔ながらのあっさりタンメン

新潟市中央区の「太洋軒」へと行ってきました。

taiyouken_201607_1.jpg


壁に貼られていたメニューを見ると、醤油ラーメンと小カレーのセット、味噌ラーメンと小カレーのセットが共に700円となっていました。
他のラーメンと小カレーのセットが可能かを聞いてみると、差額を支払えばオッケーとの事でした。

という事で、タンメン+小カレーを注文してみました。

taiyouken_201607_2.jpg


タンメン

taiyouken_201607_3.jpg

taiyouken_201607_4.jpg


豚肉、かまぼこ、メンマのほか、ニンジン、モヤシ、キャベツ、ピーマン、キクラゲ等の野菜がたっぷりとのっています。

程良い旨味の塩スープは、野菜などの味も入り、優しい味わいで飲みやすいですね。

麺は多加水縮れ細麺です。

昔ながらのシンプルな野菜タンメンで、何度食べても飽きる事のなさそうな美味しい一杯ですねるんるん


小カレー

taiyouken_201607_5.jpg


家庭的な味わいで、美味しいカレーライスでした。

ラーメンとのセットは、ボリュームもあり、結構お腹一杯になります手(パー)


太洋軒の詳細
posted by BBSHIN at 22:45| Comment(0) | 新潟市中央区

手仕事らぁめん八 堀之内店の肉の旨味たっぷりな期間限定「デロリアン」

新潟市中央区の「手仕事らぁめん八 堀之内店」へと行ってきました。

hati_201607_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していた牛肉煮込みトリプルスープ仕立て「デロリアン」です。

hati_201607_2.jpg

hati_201607_3.jpg


濃厚魚介スープに、牛肉煮込み餡かけがのった一杯です。

濃厚な動物系スープに、上にのった餡がの味が混ざり、かなり複層的に分厚い味わいのスープとなります。
味の前面にくるのは、やはり上にのった牛肉煮込みですひらめき
濃厚スープは、牛肉煮込みの味が混ざりつつも、パンチある飲み心地を演出し、魚介は餡に消され分かりにくいですが、トータルの旨味を底上げする役割になっているかなと思います。

そして、ピリ辛で旨味たっぷりのスープと油が、八自慢の麺に絡みついてきますダッシュ(走り出すさま)

ライスとの相性が良いとの事なので、追加注文しました。

hati_201607_4.jpg


前評判通り、かなりご飯と合いますねグッド(上向き矢印)

ラーメンでここまで素材を重ね合わせるバランスにもっていっているのは、なかなか見た事がないですね。
この機会に是非試してもらいたい一杯です手(チョキ)


つけ麺

hati_201607_5.jpg

hati_201607_6.jpg


酸味と甘味が前面に出たあっさり系のつけダレに、滑らかな質感の多加水中太麺という構成です。


お願いすると割りスープがもらえます。

hati_201607_7.jpg


こちらはアッサリ魚介出汁の様ですね。


手仕事らぁめん八 堀之内店の詳細
posted by BBSHIN at 07:53| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月03日

にしやま 2代目店主が送り出す一杯!「四川風麻婆麺」

新潟市中央区、学校町にある「にしやま」へと行ってきました。

nishiyama_201607_1.jpg


数年前に2代目店主へと変わり、以前はなかったマーボーメンやつけ麺、また、汁なし系などが新たにメニューに加わっていました。

という事で新しいメニューを注文してみました。

四川風麻婆麺(醤油)

nishiyama_201607_2.jpg


スープは醤油と味噌があり、醤油を注文しました。

トロみの強い麻婆餡がかかり、その上に山椒がたっぷりと振り掛けられています。

スープはあっさり系醤油ですが、トロみたっぷりで味が濃いめの麻婆餡が混ざり、また、背脂も浮いている事で、インパクトある味となっています。

そして、圧巻は麺です。

nishiyama_201607_3.jpg


極太でモッチリ歯応えの強い麺です。

新潟市内では、マーボーメンを提供するお店が多いですが、ここまでの太麺との組み合わせはなかなか無いかなと。

食べ応え抜群の一杯でした手(チョキ)


続いてコチラも新メニューです。

汁なし うま煮めん

nishiyama_201607_4.jpg

nishiyama_201607_5.jpg


汁無し餡かけ麺です。

餡の味わいなど、スタンダードなスタイルですが、こちらも極太麺との組み合わせが珍しいですね。

トロみの強い五目餡が麺にたっぷりと絡みついてきますぴかぴか(新しい)

五目餡には豚肉、エビ、ニンジン、キクラゲ、しいたけ、白菜、タケノコ、ウズラの玉子、ピーマン等、豊富な種類の具材が使われていました。


テーブル調味料で味の変化を楽しんでも良いでしょう。

ラー油、醤油、酢、ブラックペッパー、七味唐辛子

nishiyama_201607_6.jpg


おろしニンニク、辛みそ

nishiyama_201607_7.jpg


にしやまの詳細
posted by BBSHIN at 15:52| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年07月02日

中華そば むしゃ

新潟市中央区、南笹口にオープンした「中華そば むしゃ」へと行ってきました。

musya_1.jpg


テーマは

「ごはんが進むラーメン」

との事で、果たしてどんな一杯なのか、期待が膨らみます。


中華そば

musya_2.jpg

musya_3.jpg


事前の告知では、あっさりスープという情報でしたが、実際に出てきた一杯は、適度に濁ったスープとなっています。
半濁気味のライト白湯的な濃さでしょうか。
試作段階から営業スタートまでの間に調整が進んだのでしょう。

ほんのりと魚介風味が漂っており、香味油として煮干し油が浮かせてある様です。

麺は歯応えのしっかりとした多加水中太麺です。
平打ち的な形状をしていたかと思います。

そして、ポイントは「肉」です。

musya_4.jpg

musya_5.jpg


味付けられた豚バラ肉と挽き肉がのっています。
「ごはんが進む」というイメージから、かなりしょっぱめをイメージしていましたが、適度な味付けで、スープに浸して食べるとそこそこのしょっぱさとなります。

挽き肉は弾力感があって美味しいですね。



トッピングの乱切りメンマ、ナルト、ネギ、海苔

musya_6.jpg


乱切りメンマは、ラーメンに良くのっかっているメンマとは食感が違い、タケノコをそのまま乱切りした様な感じです。


そして当然のごとく、こちらを注文しました。

ライス(100円) ※半ライスは50円

musya_7.jpg


豚バラや挽き肉、スープとともに食べると美味しいですねぴかぴか(新しい)

特に、挽き肉とスープとの相性が良かったでするんるん


豚しょうが丼(280円)

musya_8.jpg


豚バラはスープと混ぜずに単品で食べると生姜風味が印象的です。

単品のサイドメニューとしては、もう少し甘じょっぱいタレなどがかかっていた方が美味しそうな気もしましたが、こちらもラーメンのスープと共に食べる事を前提とした一品なのでしょう。
肉ご飯としてそのまま食べても良し、または、ラーメンと共に、肉増しライスとして食べても良いかなと。


もう一品はこちら

つけめん

musya_9.jpg

musya_10.jpg


麺の上にはたっぷりの刻み海苔がのっており、下には豚バラと乱切りメンマがのっています。

つけダレは結構しょっぱめで、こちらは、正にご飯が進むスープです。

しょっぱさの他にも、酸味や辛味などもありました。
それらの味もありスープのベースは分かりにくかったですが、恐らくはラーメンと同じ動物系スープでしょうか。


丼の底をすくうと、挽き肉が結構入っています。

musya_11.jpg


底からすくった挽き肉をスープと共にライスにかけて食べても良いかなと思います。


食後はお願いすると割りスープがもらえます。

musya_12.jpg


こちらは、ラーメンに使われているものとはまた違った、魚介出汁オンリーの割りスープです。

適度な出汁感で、このままこれだけでも飲めそうでしたが、本来の役割通りつけダレに入れると、しょっぱさが緩和され飲みやすくなります。

食後の割りスープとしても良いですが、
「つけ麺のスープがしょっぱ過ぎる」
という方は、先にもらってレンゲで数杯入れて調整という手法も良いでしょう。


2品食べてみましたが、新潟にはあまり無いようなスタイルの味かなと思いました。
こうした味が新潟に定着していくのか、今後の動向に注目していきたいと思います。

また、まだオープンしたばかりなので、ラーメン、つけ麺の二品のみですが、今後新メニューや限定などが出てくるかもしれませんね。
その辺りも期待したいですね。


中華そば むしゃの詳細
posted by BBSHIN at 08:49| Comment(2) | 新潟市中央区

2016年06月19日

トロみたっぷりの冷スープ!! お〜や「小麦若葉麺の冷やし醤油らぁめん」

新潟市中央区、東堀にある「お〜や」へと行ってきました。

ooya_201606_1.jpg


今回注文したのは、PR情報でも掲載していた一杯です

「小麦若葉麺の冷やし醤油らぁめん」のRR情報

ooya_201606_2.jpg

ooya_201606_3.jpg


独特のトロみをもった冷たいスープは、こちらのお店の夏の定番ですね手(パー)

小麦若葉を練り込んだという緑色の麺は見た目のインパクト抜群ですひらめき
水でしっかりとシメられる事で、しっかりとした歯応えをもった麺に、トロみある冷スープがたっぷりと絡みつきます。

トッピングは、脂分が少なく肉の旨味がしっかり残ったしっとり鶏チャーシュー、長芋、青菜、味玉など、バラエティ豊かなトッピングがのっており、全体の栄養バランスも良さそうです。


シメにはこちらのお店の代名詞ともいえるラーメン茶漬けを注文です。

ooya_201606_4.jpg


冷やしスープをかけて食べると抜群にうまかったでするんるん



ちなみに一年前、こちらのお店のトロみたっぷりの冷やしスープに影響を受け、自宅でもトライしてみました。
最初はタレが混ざらなかったり、コラーゲンたっぷりスープなのに、ここまでのトロみが出なかったりと、なかなかうまくいきませんでした。
冷やすとプルンプルンのゼリー状になるスープですが、熱く温めると液状化するので、熱しなくても使えるトロみ剤でも使わない限り、冷たくトロみのある状態というのはなかなか作れないのですよね。
ただ、お〜やの味をイメージしながら何度か試行錯誤するうちに比較的似たものを作る事が出来ました。

そうした中、今回、この一杯を作る作業をじっくり眺めていたところ、昨年の自分の手順は間違いではなかったのだなと実感しました。
手順については、ここでは触れませんが、お店に行って注文すれば
「あぁ、なるほど!」
と納得出来るものと思われます。

他ではなかなか食べられないコラーゲンたっぷりの冷スープ、興味のある方はぜひ一度お試し下さい!



8月中旬に新潟市東区へ移転オープン予定となっています。

ooya_201606_5.jpg


オープンについての告知記事はこちら


お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 09:41| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年06月18日

古町の居酒屋が提供するラーメンが予想をはるかに上回る美味しさ! 「ラーメン居酒屋ろまん」

新潟市中央区にある「ラーメン居酒屋ろまん」へと行ってきました。

roman_1.jpg


こちらのお店、存在も全く知らなかったのですが、古町に行った際に偶然見かけたので寄ってみる事としました。

基本的に夜は居酒屋スタイルの営業となっていますが、ラーメンのみも可能な様です。

今回はメニューに一番人気と書かれている「あっさり塩ラーメン」を注文してみました。

roman_2.jpg

roman_3.jpg


あっさりで魚介の香る淡麗系塩スープです。

魚介系が前に出ていますが、薄っぺらい感じはなく、下支え的な動物系もある程度しっかりしているものと思われます。

スープ以外にも旨味のしっかりとし、風味豊かな塩ダレが用いられていますぴかぴか(新しい)

麺は固め食感の多加水細麺でした。
印象的な味わいのスープに負けない歯応えが良いですねぴかぴか(新しい)


スナック的な内装の店内から、ラーメンに関してはあまり期待出来ないものかと想像していましたが、その予想を大きく覆す様な質の高い一杯にかなり驚きましたあせあせ(飛び散る汗)

旨味がしっかりとしつつもあっさりとした味わいなので、飲んだ後のシメにも良さそうですが、ラーメン単体でも十分楽しめる美味しさだと思います手(チョキ)


塩ラーメンが美味しかったので、今度は醤油ラーメンの半ラーメンも注文してみました。

小腹ラーメン(醤油)

roman_4.jpg


ハッキリとした旨味の塩とは対照的に、程良い強さの醤油風味とほんのりとした独特な甘さが前に出ており、出汁感はそれに覆われている印象です。

キレのある味わいの塩に対し、角のない優しい味わいの醤油。
シメのラーメンとしては、こちらを好む人も多いかもしれませんね。


ちなみに、厨房設備を見渡すと、火の口数やスペースであったりと、ラーメンの仕込みや提供に適しているとは思えません。
聞いてみると、調理環境を考慮し、骨でなく肉系でスープを取ったり、チャーシュー(角煮)の出汁をうまく活用したりと工夫をしているそうです。
そういえば、トッピングの角煮は、しっかりとした味がつけてありながらも少し固めだったかなと。
恐らくスープにしっかりと旨味を落としつつ、肉としても美味しく食べられるギリギリのポイントを見極めているのでしょう。

この様な限定条件下で美味しいラーメンを作っているお店は好きですね手(チョキ)

機会があればまた食べに行ってみたいと思いますぴかぴか(新しい)


ラーメン居酒屋ろまんの詳細
posted by BBSHIN at 10:01| Comment(0) | 新潟市中央区

2016年06月15日

麺や燈花のつけ麺が復活!? 「燈」の新メニュー「濃厚つけめん」

新潟市中央区にある「燈」へと行ってきました。

akari_201606_1.jpg


今回注文するのは、PRコーナーでご紹介していた一品です。

濃厚つけめんのPR情報

濃厚つけめん

akari_201606_2.jpg




akari_201606_3.jpg


つけダレ

akari_201606_4.jpg


麺リフトアップ

akari_201606_5.jpg


以前、燈で食べた「とんこつ魚介つけめん」と比べると、大きく変わったのは麺です。

燈花で提供していたつけ麺で使用していた全粒粉入りのガッシリとした歯応えの太麺へとチェンジしています。

今までの麺よりも、こちらの麺の方が、濃厚なつけダレとの相性が良い様に感じます。
また、こちらの麺の方が、関東で数年前よりブレイクしている王道系のつけ麺に近くなりますひらめき
とてもよく似ており、再限度もかなり高いかなと思います。


器の底にはザラつく粉状のものがたまっています。

akari_201606_11.jpg


恐らく、動物系の骨から出る骨粉かと思われます。

以前、燈花で食べた時は自分の知識的にそれが何なのかが分かっていませんでしたが、最近自宅でスープを作る様になり、豚骨や鶏ガラを長時間煮込むとこういうものが出てくるというのが分かってきました。

ちなみに以前より、しっかりと濾すようになったという話を聞きましたが、それでも結構な量が入っていました。
そういえば、最初に燈花で食べた時はこれの3倍位の量が沈殿していましたね。

新潟をメインで食べ歩きしていると、この位の量の骨粉が入っているケースはなかなかないと思うので、体験してみるという意味でも一度試してみるというのも良いのではないでしょうか?手(パー)


食後にスープ割りをお願いすると、割りスープが運ばれてきました。

akari_201606_6.jpg


前回食べた時もお願いしましたが、その時の割りスープは、あっさりで味付き、そして旨味も加わっていた様な記憶があります。
それに対し、今回のものは、白濁した動物系白湯でした。
つけ麺のスープと比べると薄めで、塩分や旨味等、タレ的なものが入っていない純粋な動物系スープかなと思われます。
まあ、こちらの方が割りスープとしてはスタンダードかなと。
つけダレが濃厚なので、割りスープは魚介出汁でも良さそうですが、こうした薄め方も悪くないですね手(チョキ)


もう一品は

あかり豚骨

akari_201606_7.jpg

akari_201606_8.jpg


マー油がかかった濃厚豚骨系ラーメンです。

メニューの説明によると「通常の極細麺に比べ加水率を高めている」との事ですが、パツパツ食感が際立つ立派な低加水麺かなと思います。
スープが良く馴染む麺に、スープとマー油がしっかりと絡みつきます。

麺が実に良い出来で、かつ、スープとの相性もバッチリです手(チョキ)


ミニチャーハン(300円)

akari_201606_9.jpg


パラパラ系で旨味のハッキリとした美味しいチャーハンです。
これで300円はお得ですね〜


そして餃子(200円)

akari_201606_10.jpg


大きめで、モッチリ皮の美味しい餃子です。

3個はサイドメニューとしてもちょうど良い量で、何より値段が安く美味しいでするんるん

5個でも300円、8個は450円と、数が増えると更にお得なので、人数が多いときは8個にしても良いかなと。


らーめん燈の詳細
posted by BBSHIN at 19:36| Comment(1) | 新潟市中央区