2015年06月10日

つか乃間 鶏エビそぱ

新潟市西区の「つかのま」へと行ってきました。

tsukanoma2_201506_1.jpg


今回は先日掲載したインタビューコーナーの取材予定の前にお店に行き、先にラーメンを食べる事としました。


前回、鶏しおそぱと白湯ラーメンを食べたので、今回は「ラーメン」と「鶏エビそぱ」を注文してみることに。

鶏エビそぱ

tsukanoma2_201506_2.jpg

tsukanoma2_201506_3.jpg


味玉等各種トッピングの盛りが豪華です。

揚げた小エビものっています。
恐らくは上に浮いた海老油を作るのに使われたものだと思いますひらめき

スープの方は、出汁としても海老が使われているらしいですが、海老油の風味が前面に出てきます。
少量でもスープ全体の印象を変えるので、やはり油は重要ですね。

麺はシンプルなタイプの縮れ細麺です。
歯応えが良く、印象的な味のスープや油と良く合っていると思います。

美味しい淡麗系あっさりラーメンでしたるんるん


ラーメン

tsukanoma2_201506_4.jpg


あっさり系の醤油ラーメンです。
昔ながらの雰囲気もあるシンプルな作りの一杯で、動物系がメインの構成だと思いますが、どこか独特な香りが漂っています。



カレーライス(小)

tsukanoma2_201506_5.jpg


こちらも美味しいですね〜グッド(上向き矢印)

2回訪れてレギュラーメニューの4品とカレーを試してみましたが、どれも丁寧に作られていて美味しかったです。
それぞれからオリジナリティを感じるのは、元々がラーメン屋さんではないからでしょうか。
県庁前の時から比べても美味しくなっていると感じます。

あとは、ラーメンと小カレーのセットが、リーズナブルな価格となっており、一度に2種類の味を楽しめるのもお勧めポイントですねぴかぴか(新しい)


つか乃間の詳細


つか乃間のクーポンはこちら
posted by BBSHIN at 06:14| Comment(0) | 新潟市西区

2015年06月09日

剛龍飯店

新潟市西区、大堀幹線沿いにオープンした「剛龍飯店」へと行ってきました。
場所は優雅の隣です。

gouryuhanten_1.jpg


こちらの剛龍飯店は、惜しまれながら閉店してしまった広来飯店駅南店出身の方がオープンしたお店との事です。
広来飯店駅南店がビルの取り壊しによって閉店した事により、このお店をオープンするに到り、当時のスタッフ達も移籍してきたそうです。
そういった経緯などもあり、メニュー構成やスタイルなども、ほぽ広来飯店駅南店と同じとなっています。

という事で注文したのは、以前のお店からの人気メニューだった「エビそば」です。

エビそば

gouryuhanten_2.jpg

gouryuhanten_3.jpg


あっさり塩味のスープは緩やかな塩メインの味わいで、いかにも中華系で使われる様な主張少なめのスープです。
そこに程よく卜ロみがつけられた塩系の五目餡がかかり、餡の味わいがサッパリとしたスープに移りちょうど良いバランスとなります。
餡は野菜などの火加減も良く、また海老がプリプリとしており、とても美味しいですねるんるん

麺はツルモチ系でスープを弾くタイプの細麺で、餡を絡めて食べるとちょうど良いですね。

シンプルながらもとても美味しい一杯でしたぴかぴか(新しい)


鶏肉細切りスープそば

gouryuhanten_4.jpg


タイトル通りトッピングとして鶏肉がのっています。
熱の通し方などもちょうど良く、美味しい鶏肉でした。

スープはエピそばと同じ塩味のスープだと思いますが、少し塩分と旨味が強い様に感じます。
恐らくエビそぱの方は餡と合わさる事を考慮し抑え目にしてあるのかなと。


蒸し餃子

gouryuhanten_5.jpg


餃子は「焼き」と「蒸し」があったので、今回は「蒸し」を選択しました。
焼き餃子に比べて、脂感が少なく、サッパリ感が良いですね。
ただ、食べ応えを重視する方は焼き餃子の方が良いかなと思います。


春巻

gouryuhanten_6.jpg


パリパリと仕上がっていて美味しいですね。
ケチャップと辛子がついてくるので、備え付けの醤油なども含め、お好みに味付けて食べると良いでしょう。


他にも中華系の一品料理等がたくさんあるので、何人かで行って色々な物を注文し取り分けたり、または、コースを注文したりしても楽しめそうです。


剛龍飯店の詳細
posted by BBSHIN at 20:25| Comment(0) | 新潟市西区

2015年06月07日

麺マッチョ 新大店

新潟市西区、潤UNIV跡地にオープンした「麺マッチョ 新大店」へと行ってきました。

men_macho_shindai_1.jpg


注文したのは基本の「ラーメン」です。

men_macho_shindai_2.jpg

野菜、ニンニク、かつお節、背脂、醤油ダレの量などを聞かれるので、野菜マシマシ、カラメ増し、あとは普通にしておきました。


野菜マシマシの場合は、食べやすい様にと取り皿を出してくれます。

モヤシ等の野菜を取り分けた取り皿

men_macho_shindai_3.jpg


というか、取り皿無しに食べるのはかなり厳しいです。


取り分けてやっと麺を拝む事が出来ます。

men_macho_shindai_4.jpg


動物系スープと油のコクと醤油の味がメインの構成です。
この系統にしては、旨味調味料が控えめと感じます。
味に変化が欲しい場合は、カツオ節を増やして、スープに浸して魚介風味を加えても良いかと思います。

麺は歯応え良い太麺で、ガッツリ系のスタイルのこちらの一杯に良く合っています。

チャーシューは分厚くカットされたロールチャーシューでした。


続きまして「まぜそば」です。

men_macho_shindai_5.jpg

men_macho_shindai_6.jpg


野菜は増しまでとの事だったので、野菜増しを選択しました。

器が大きく、かなりのボリュームです。

麺の下にあるタレは油と醤油がメインで、上にのったかつお節の味が落ちたのか、元々なのか、魚介風味となっていました。
上にのったマヨネーズが混ざると、全体がマヨネーズに染まるので、混ぜるのは終盤にした方が良いと思います。

チャーシュー、キムチ、刻みたまねぎ、ネギ、メンマ、モヤシ、ニンニクがのあっており、ニンニクはかなり辛味と刺激が強いタイプでした。

こちらもボリュームたっぷりでお腹一杯になりました。


ライスが一杯無料です。

men_macho_shindai_7.jpg


お冷はウーロン茶です。

men_macho_shindai_8.jpg


お店の入り口脇にウォーターサーバーが置いてあり、飲み放題となっています。
温・冷の両方があるのが嬉しかったですね。
食事中は冷たいお茶を飲み、食後に温かいお茶に切り替え軽く一息ついてからお店を出ました。


麺マッチョ 新大店の詳細
posted by BBSHIN at 11:07| Comment(0) | 新潟市西区

2015年05月21日

つか乃間

新潟市西区に県庁前から移転オープンした「つか乃間」へと行ってきました。

tsukanoma2_1.jpg


場所は「ぱすきや」があった場所です。

店内は落ち着いた雰囲気で、ジャズ・ボサノヴアが流れていました。

移転前はラーメン居酒屋として営業していた為、各種一品料理が揃っていて夜はラーメン一種類のみの事がありましたが、移転後はラーメン専門店としてリニューアルオープンした様です。

まず注文したのは、移転前からの看板メニューだった「鶏しおそば」です。

tsukanoma2_2.jpg

tsukanoma2_3.jpg


あっさり系の塩ラーメンです。

油が結構多めに浮いており。―口目の印象が強いですね。
スープは鶏以外にも各種色々な素材の味を感じ、浮いた油も含め複雑な味わいになっているかと思います。

トッピングとしては、鶏チャーシュー、鶏団子などがのっており、それぞれが美味しいですね手(パー)
他にも、キクラゲや挽き肉、昧玉などバラエティ豊富です。

麺はツルモチの多加水細麺でした。
小麦粉「春よ恋」を使った麺とのこと。

タイトルの「鶏そぱ」というには色々な素材感が出ており、「淡麗塩ら一めん」といった方が良さそうな一杯でした。
丁寧に作られた美味しい一杯でしたぴかぴか(新しい)


続きまして「白湯ラーメン」

tsukanoma2_4.jpg


説明によると鶏と牛のスープとの事です。
恐らくは鶏メインの構成なのでしょうが、鶏単体、鶏単体、鶏豚混合スープに慣れた身には、いつもとは違う牛の味が際立って感じます。

粘度低めで、濃度そこそこ高め、動物系の旨味がたっぷりと詰まった白湯スープです。

新潟では初めて食べるバランスの一杯でした。


こちらのお店では、ラーメン以外にもカレーライスも提供しています。

ラーメンとカレーは扱いが並列となっており、2枚看板といったところでしょうか。

ハーフチキンカツカレー

tsukanoma2_5.jpg


野菜やフルーツをブイヨンで煮込み各種スパイスを加えた一品とのこと。

辛味も程よく、とても深い味わいですね。

カラつと揚げられたチキンカツも美味しいですね。
カレーと絡めても良し、ソースがついてきたので、ソースをかけて食べても良いでしょう。

美味しいカレーライスなので、お勧めの一品です。

つか乃間の詳細
posted by BBSHIN at 19:12| Comment(0) | 新潟市西区

2015年05月20日

酒麺堂しゃんじ タンメン

新潟市西区にある「酒麺堂しゃんじ」へと行ってきました。

syanji_201505_1.jpg


こちらはラーメン店ではなく、ラーメン居酒屋という営業形態を取っているお店です。


まず注文したのはタンメンです。

syanji_201505_2.jpg

syanji_201505_3.jpg


あっさりとした塩味のスープには、野菜の味も染みこんでていて美味しいですね。
野菜は炒めてあり、シャキシャキした食感が良かったです。

麺は緑色の中細麺で、練り込み麺の様ですね。



醤油とんこつラーメン

syanji_201505_4.jpg

syanji_201505_5.jpg


麺は太麺、中太麺、細麺から選択可能だったので、太麺を選択しました。
(中太麺がタンメンのものらしいです)

スープはライトな動物系白湯に多めの油が浮き、コツテリとしています。
スープは、かなり強烈なニンニク風味となっており、ニンニクの味メインで食べる一杯でした。


餃子

syanji_201505_6.jpg

自家製らしく、美味しい餃子でした。


ミニチャーハン

syanji_201505_7.jpg


胡椒風味で濃い目の味付けのチャーハンでした。

メニューも豊富で色々と楽しめるラーメン居酒屋ですね。


酒麺堂しゃんじの詳細
posted by BBSHIN at 19:06| Comment(0) | 新潟市西区

2015年04月27日

中華麺食堂かなみ屋 四川担々麺(醤油)

新潟市西区、よし一ちゃんの跡地に移転オープンした「中華麺食堂かなみ屋」へと行ってきました。

kanamiya2_1.jpg


移転した事で店舗や駐車場が広くなり入りやすくなりました。
以前から人気店ではありましたが、広い店内は満席となり行列が出来ていました。


注文したのは、看板メニューの「四川担々麺」です。

味噌ベースと醤油ベースがあり、以前、移転前のお店では味噌の方を食べていたので、今回は醤油を選びました。

四川担々麺(醤油)

kanamiya2_2.jpg

kanamiya2_3.jpg


見た目からとても美味しそうですねひらめき

スープを飲んでみると、かなり複雑な味わいに驚きます。

スープに色々な食材を用い複雑な味となっている場合、様々な食材が混ざる事で、何の味なのか判別出来なくなる事が多いのですが、こちらの一杯は、色々な味が混ざりつつ、それぞれの輪郭がしっかりと分かります。

まず、胡麻の豊かな風味とコク、そして海老の味わい、この辺りがメインになりつつ、花椒の痺れ、唐辛子(ラー油)の辛味、そして、各種スパイス等が加わり独特な味わいを出しています。
どれも個性的な味を出す食材ですが、一つの味に染まらずバランスが保たれる様な分量がさすがですね。
数年前に食べた時は、こんな印象を受けなかったのですが、自分の味覚が変わったのか、それとも味噌と醤油の違いなのか。
想像するに、醤油より味噌の方が調味料の影響が大きく、味の複雑さを覆って味噌の美味しさが前に出ているとかでしょうか。

麺も普通のそこまでツルツルとはしていなく、味の馴染みもよく、歯応えも程良い麺でした。
太さは中位でしょうか。

具材の挽き肉も美味しく、刻んだザーサイも食感が良いですね。
それぞれ違った食感が楽しめ、また、次第に丼の底にたっぷりと具がたまっていき、穴あきレングですくうと、スープと混じり合い絶妙な味わいとなりますグッド(上向き矢印)
この底に沈んだ具材をおかずにして、白いご飯が一杯、二杯と食べられそうな程です手(チョキ)

とても美味しく、素晴らしい一杯でしたぴかぴか(新しい)


四川麻婆麺

kanamiya2_4.jpg


唐辛子系の辛味が強く、そこに花椒のしびれる様なスパイシーさが加わります。

麻婆餡は、豆板醤、甜麺醤等が配合され、甘味よりも辛味を強めに感じます。
トロみも程よくついており、スープとの相性も良いですね。
ただ、あえていうなら汁無し麺の方か、または単品でご飯と合わせたりした方が、この麻婆豆腐の美味しさを更に堪能出来るかなと感じました。


ルイボスティー

kanamiya2_5.jpg


お冷の代わりにこういったお茶が飲めるのは嬉しいですね。
口の中に残る中華系の味の濃さや油を洗い流し、スッキリとさせてくれます。


チャーハン

kanamiya2_6.jpg


しっとりした食感で、深い旨味のチャーハンです。
鶏っぽい感じがした気がするので、鶏ガラスープも使ってるかもしれません。(勘違いかもですが・・)
とても美味しいチャーハンでした。


餃子

kanamiya2_7.jpg


こちらも美味しかったですねぴかぴか(新しい)



中華麺食堂かなみ屋の詳細
posted by BBSHIN at 22:21| Comment(0) | 新潟市西区

2015年04月18日

麺屋ななひら 塩ちゃーしゅーめん

新潟市西区にある「麺屋ななひら」へと行ってきました。

nanahira_201504_1.jpg


こちらのお店に行くのは、オープン以来なので2年ぶり位でしょうか。


当時と変わらず、看板メニューはやはり塩ラーメンです。
今回はチャーシュー麺にしてみました。


塩ちゃーしゅーめん

nanahira_201504_2.jpg

nanahira_201504_3.jpg


あっさりながら、深い味わいのスープです。
魚介風味が漂うスープは実においしいですね。
魚介といっても、そこまでガッツリ効かせている訳ではなく、様々な味が混在しながらも、うまく調和が取れています。

以前、食べた時には、あっさりなのに強い旨み、若干強めの塩味、そして、全体的にハッキリとした輪郭の味だと感じていました。
良く言えば印象的、悪くいえば、カドがある、といった感じでしたが、今回はバランスが良く、丸みを帯びた旨みだと思いました。

自分の味覚が変わったのか、それとも、味が変わったのか。
恐らくは後者で、時間の経過とともに少しずつ微調整をしたのかなと思われます。

ちなみに、店内には様々な塩が飾ってあり、岩塩や藻塩などが置いてありました。
「数種の塩をブレンド」
と書いてあったので、その辺りをブレンドしているのでしょう。

チャーシューは、少し歯応えを残しながらも、柔らかく仕上げ、甘じょっぱい味が良く染み込んでいます。

とても美味しい塩ラーメンでした手(チョキ)


こくまろ醤油らーめん

nanahira_201504_4.jpg

nanahira_201504_5.jpg


こちらは、白湯系のスープで、醤油も濃い目に効かせてあります。
乳化油以外にも、表面にも油が浮いており、結構コッテリしています。

トッピングとしては、チャーシュー、モヤシ、海苔、味玉などがのっていました。

麺は塩よりも太めのタイプです。

麺はオープン当初とは変更されたらしく、浅草 開化楼の特注麺で、日清製粉の傾奇者を使用している様です。
お店の中に小麦粉の袋が貼ってありました。


チャーハンセットの半チャーハン

nanahira_201504_6.jpg


パラパラとした食感で美味しいチャーハンでした。


お好みで柚子胡椒と紅生姜をプラスします。

nanahira_201504_7.jpg


柚子胡椒は塩にお勧めらしいです。
紅生姜はこってり系に合うらしく、また、チャーハンに合わせても良いかなと思います。


麺屋ななひらの詳細
posted by BBSHIN at 13:27| Comment(0) | 新潟市西区

2015年02月28日

王華楼

小新インター近くのイオン裏側にある「王華楼」へ行ってきました。

oukarou_1.jpg


平日のお昼に行きましたが、店内は満席でかなり賑わっていました。


お店のおすすめを聞くとマーボー麺、タンメンとの事だったのでタンメンを注文しました。

タンメン

oukarou_2.jpg

oukarou_3.jpg


あっさり塩味のスープに野菜の甘み、旨味が良くしみだしています。
塩味も程よく効いており、旨味もきつくないレベルでしっかりプラスされているので、あっさり・スッキリとした飲み口ながらも印象的な味わいです。

野菜も種類豊富にたっぷり入っていましたぴかぴか(新しい)

麺は結構細めな細麺でした。

とても美味しいタンメンですねるんるん



手作りという「焼き餃子」(500円)

oukarou_4.jpg


モチモチ皮で焼きたてアツアツです。
こちらも美味しかったですね。


王華楼の詳細
posted by BBSHIN at 07:46| Comment(0) | 新潟市西区

2015年02月19日

担々麺屋 大学前店

新潟大学向かいにある「担々麺屋 大学前店」へと行ってきました。

tantanmenya_shindai_1.jpg


こちらのお店は店名の通り「担々麺」がメインのメニュー構成となっていますが、普通のラーメンやこってりの醤油ラーメン、カレーライスなどもある様です。

お店に入ると、ラ一メン屋的なスープ等の香りよりもカレ一の香りの方が漂ってきました。

注文したのは、担々麺です。

tantanmenya_shindai_2.jpg

tantanmenya_shindai_3.jpg


あっさり系のスープの上に、かなり多めの辛味油が浮いており、結構コッテリし、辛さもなかなかのものですね。

麺は太麺、細麺が選択可能だったので、太麺を選びました。
もう一杯の方を細麺にしたので、両方を試してみましたが、ほぼ同じ質感の麺で太さだけが違います。
麺帯の厚さか切刃を変えた麺なのでしょうか。

周囲の人を見ていると辛さの調節が可能らしいです。
このスタイルで辛さ調節が出来るとなると、油の量が変わる形になると思うので、辛さを減らせば少しアッサリになるのかなと思います。


ドラゴン担々麺

tantanmenya_shindai_4.jpg

tantanmenya_shindai_5.jpg


こちらはスープが豚骨スープになっているらしく、それ以外は普通の担々麺とほぼ同じかなと思います。

白湯スープは、比較的あっさりめです。
辛味油で味や香りが分かりにくいですが、恐らくは臭みがなくライ卜な良く見かけるタイプかなと。



セットのチャーハン

tantanmenya_shindai_6.jpg


旨味がしっかりと入った美味しいチャーハンです。


場所柄もあってか、店内は学生さん達で大賑わいでした。 学生は大盛りサービスみたいです。


担々麺屋 大学前店の詳細
posted by BBSHIN at 23:35| Comment(2) | 新潟市西区

2014年12月23日

麺kitchen ふくすけ 極 油そば、白海老

新潟市西区の「麺kitchen ふくすけ」

fukusuke_201412_1.jpg


前回訪問した際、「魚介油そば」が美味しかったので今回は「極 油そば」を注文しました。

fukusuke_201412_2.jpg

fukusuke_201412_3.jpg


メニューの説明によると魚介油そばは「汁無し鰹節系」で、こちらの極油そばは「汁無し鯖節系」とのこと。

お店の方からは、モヤシ等の野菜や麺なども含め、まずはしっかりと混ぜてタレを絡めて食べる事をすすめられます。

汁無し系にピッタリな歯応えの良い太麺がとても美味しく、そこに濃い目のタレと油が良く絡みついてきます。
タレには魚粉が入った様な軽いザラつきを感じ、そうする事で麺への味の絡みが良くなっている様な感じます。

店員さんから

「途中で入れて食べてみて下さい」

と生卵を渡されました。

fukusuke_201412_4.jpg


途中、生卵を追加すると、かなり味がまろやかになります。
しょっぱさやタレの味わいは卵に上書かれるので、基本の味が好きだという人は卵の投入を終盤まで引っ張った方が良いかもしれません。


前回、味の変化用にと酢やカレーパウダーを出してもらいましたが、今回は出てこなかったので店員さんに聞いてみたところ、味変グッズは魚介油そば用とのこと。

店員さんが
「もし、いるなら出しましょうか?」
と言ってくれたので、お言葉に甘えることに手(パー)

酢、カレー粉、チリペッパー、ラー油

fukusuke_201412_5.jpg


生卵が与えてくれたまろやか感をもう一度ひっくり返す為に、酢、ラー油を活用させて頂きました。


油 追い飯(120円)

fukusuke_201412_6.jpg


チャーシューがたっぷりとのったミニご飯です。
これで120円はかなりのお得価格だと思います。

「追い飯」という名前通り、器に残ったタレにご飯を投入し、混ぜて食べる事を推奨してると思われますが、個人的にはいくら美味しいタレといえど、全てをご飯に吸収させて完食するのは避けたかったので、タレの方をレンゲですくい追い飯にかけて食べる事にしました。
(タレはしっかりと味が濃いめになっており、量も結構多かったもので)

食べてみたところ、刻んだチャーシューは食感を含めとても美味しく、ご飯とタレの相性も良かったです。
あえていうのであれば、ここでも卵のフワっとした感じが味を覆ってしまったので、卵を混ぜる前のタレで食べれば良かったかなと。
ご飯に卵入りのタレをかけるのであれば、かるく醤油をひとさししても良いかもしれません。
今回は、味変セットを出してもらっていたので、カレー粉、酢で味を加えて美味しく頂きました手(チョキ)


白海老

fukusuke_201412_7.jpg

fukusuke_201412_8.jpg


コッテリめだけど臭みの無い動物系白湯スープ、麺は低加水のストレート細麺です。
しっかりと茹でても美味しいですが、「カタ」「バリカタ」などでパッツリ感を出しても美味しそうな麺ですね。

浮いているのは海老油でしょうか。
海老風味の強い一杯でした。


紅生姜、辛子高菜といった豚骨ラーメンに合うトッピングが無料となっています。

fukusuke_201412_9.jpg


麺kitchen ふくすけの詳細
posted by BBSHIN at 12:49| Comment(0) | 新潟市西区

2014年12月13日

くるまやラーメン 黒埼店 デラックス

黒埼インター近くにある「くるまやラーメン 黒埼店」へと行ってきました。

kurumaya_kurosaki_201412_1.jpg


今回は2人で行きましたが、2人ともお腹が減っていた事もあり、たっぷりと注文することに。


まずは、「デラックス」

kurumaya_kurosaki_201412_2.jpg

kurumaya_kurosaki_201412_3.jpg


トッピング全部のせ的な豪華な一杯ですひらめき
チャーシュー、ワカメ、コーン、メンマ、モヤシ、生卵、バターなど盛りだくさんですね。

スープはニンニクがガッツリと効いた味噌味です。
麺はツルモチ系の太麺でした。

これだけでも十分お腹一杯になれる一杯です。
相変わらず刺激的な味噌ラーメンでしたグッド(上向き矢印)


更にライスが無料となるので、お腹いっぱいになる事間違い無しです。

kurumaya_kurosaki_201412_4.jpg


黒豚骨

kurumaya_kurosaki_201412_5.jpg

kurumaya_kurosaki_201412_6.jpg


白濁した豚骨スープに香ばしいマー油が浮いています。
麺はツルモチとボソボソの中間位の質感の細麺です。

高菜や紅生姜など、九州系の豚骨をイメージしたと思われる一杯ですね。
味噌ラーメンの様なニンニクは入っていませんでした。


ラーメンとのセットメニューのミニ高菜丼(150円)

kurumaya_kurosaki_201412_7.jpg


餃子

kurumaya_kurosaki_201412_8.jpg


餃子は曜日や時間帯によって値段が変わるみたいですね。
月水金の11:00〜15:00、18:00〜22:00は、300円→150円のタイムサービス、祝日を除く火曜日と木曜日は終日100円となる様です。


かなりたくさん食べたので、お腹がパンパンになってしまいました。。
しかし、何故かたまにこうやってガッツリと食べたくなってしまうんですよね(^^;)

くるまやラーメン 黒埼店の詳細
posted by BBSHIN at 10:04| Comment(0) | 新潟市西区

2014年11月20日

麺食堂 丸三

新潟市西区にオープンした「麺食堂 丸三」へと行ってきました。

marusan_1.jpg


新潟駅前にある居酒屋「駅前漁港」の系列店との事で、夜は一品料理や定食などメニューが充実しており、居酒屋的な使い方も可能な様です。


ラーメンとミニご飯物のセットがあったので、今回はそちらを2種類注文してみました。

塩ラーメン+ミニチャーハンセット(880円税込)

marusan_2.jpg

塩ラーメン単体の画像

marusan_3.jpg

marusan_4.jpg


煮干や焼きアゴの魚介と鶏ガラのWスープに笹川流れの粗塩を使った塩ラーメンとの事です。

魚介風味がかなり強く、印象的な香りと味わいのスープです。
油は魚介油でしょうか。油感もちょうど良かったです。
魚介が効いている事もあってか、塩分は少し強めに感じました。

魚介の旨みの他に、タレに加わるタイプの旨みなど、旨みがかなり強めで、ラーメン通の方の中には「旨みが強過ぎるのでもっと控えめなら」という方もいそうですが、個人的には全く問題無く許容範囲内でした手(パー)

麺は淡麗系スープに良く合う、しなやかで噛み切る時の食感の良かったです。
もう少しパッツリ感をあれば完璧でしたが、かなり良い麺だと思いました手(チョキ)

トッピングとしては、味が良く染み、トロトロになる位柔らかくなっているロールチャーシュー、メンマ、ネギなどの他に、オカヒジキがのっていました。
オカヒジキがのってるラーメンは初めて食べたかもしれません。

印象的な味わいで、とても美味しい一杯でしたぴかぴか(新しい)


味噌ラーメン+ミニカレーのセット(1,000円)

marusan_5.jpg

marusan_6.jpg

marusan_7.jpg


味噌がかなり濃いですね。
スープ自体は恐らくアッサリ系だと思いますが、野菜の炒め油と思われる浮いている油が多めに浮いており、結構コッテリしています。
麺はツルモチ系の太麺でした。

カレーはファミレス的な美味しいカレーですねひらめき

二人で1,880円で、かなり満腹になりつついろんなものを楽しめたので、値段に見合うか、それ以上の価値はあるかなと思いました。

美味しくお腹いっぱいになれたので大満足ですわーい(嬉しい顔)


麺食堂 丸三の詳細
posted by BBSHIN at 20:43| Comment(0) | 新潟市西区

2014年11月06日

天心坊 辛味噌らーめん 五目らーめん

新潟市西区、大堀幹線沿いにある「天心坊」へと行ってきました。

tenshinbou_201411_1.jpg


今回は事前にお勧め情報を聞いていた「辛味噌らーめん」を注文してみました。

辛味噌らーめん

tenshinbou_201411_2.jpg

tenshinbou_201411_3.jpg


麺は基本太麺らしいですが、細麺と極細麺も選択可能で、常連の間では味噌と細麺の組み合わせが人気の事だったので細麺を選びました。
一般的なツルツルの中華麺とは違い、しなやかで少し柔らかめの食感の細麺です。
こだわりの味噌を邪魔せず、スープ主体で楽しみつつスルスルと美味しく頂ける麺だと思いまするんるん

スープは唐辛子の他に、ラー油的な油も浮き結構な辛さですが、単に辛味で押すタイプではなく、辛さの中にも風味の良い味噌の美味しさを感じ取れ、バランスの良い味わいだと思います。

キャベツ、モヤシ、キクラゲ、ネギ、ひき肉などの具材がたっぷりとのっており、具沢山で美味しい辛味噌ラーメンでしたぴかぴか(新しい)


五目焼そば

tenshinbou_201411_4.jpg

tenshinbou_201411_5.jpg


キャベツ、キクラゲ、ニンジン、エビ、イカ、ウズラ、豚肉などの具が入った五目餡がかかり、麺は細麺でした。
麺は蒸し麺と揚げ麺が選択可能で、今回は蒸し麺を選択しました。
カリカリとした焦げた部分もあり、食感が良かったですグッド(上向き矢印)

麺には、焼いた時か、もしくは五目餡からか、程よく薄めに油をまといコクがあり、また、五目餡からの旨味もプラスされ、麺をすする一口一口が実に美味しいですぴかぴか(新しい)
(日々のラーメン生活により、ついつい、焼そばやパスタもすすって食べるクセがついてしまいました。。 焼そばはまだしもパスタはさすがに気をつけないといけないと感じています)

ちなみに、五目焼そばの揚げ麺バージョンを食べた事がある人の話では、カリカリとした食感の麺と五目餡との絡みが絶妙で、そちらも美味しかったとの事ですひらめき

味噌がお勧めという事で、今回はそれを試す目的で訪れましたが、むしろこれを一番に推しても良いレベルかなと思いました。
とても美味しかったです手(チョキ)


遅めの時間に行った事もあり軽く話を聞く事が出来たので、その場の交渉で五目らーめんの調理風景を取材させてもらう事としました。

tenshinbou_201411_6.jpg


天心坊へのインタビュー記事はこちら


天心坊の詳細
posted by BBSHIN at 22:52| Comment(2) | 新潟市西区

2014年11月03日

麺屋 大空 O-CHACHA麺 しょうがのせ

新潟市西区、新通インター、新潟大学前駅近くにある「麺屋 大空」

oozora_201411_1.jpg


こちらのお店にはオープンから間もない頃の7月に訪れていましたが、新作等を含めたPR情報をもらい、その中からO-CHACHA麺とO-MENを試してみたく再訪しました。

O-CHACHA麺、O-MEN、ラーメンについてのPR情報


O-CHACHA麺 しょうがのせ(チャーシュー増し)

oozora_201411_2.jpg

oozora_201411_3.jpg


豚の香りたっぷりの醤油味のスープは飲み応え抜群です。
チャーシューを増量した事で4枚も贅沢にのり、モヤシ、キャベツ等の野菜がたっぷりと盛り付けられ、他にも味玉、メンマなど豪華な盛り付けが特徴的です。
(基本バージョンはチャーシューが2枚で違う種類が一枚ずつとのこと)

メンマは切れ目が入れられ、歯応えが面白いですねぴかぴか(新しい)

ガッツリと食べ応えがありつつも、上におろし生姜がのっているので、それを混ぜながら食べる事でサッパリ感が得られ、また味の変化を楽しむ事が出来ます手(チョキ)


味の濃さはちょうど良い位に抑えられ、しょっぱさはそれ程感じませんでしたが、O-MENも含めこういうタイプのラーメンはちょっと位しょっぱい方が美味しかったりします。
ですので、物足りないという方はテーブル備え付けの「O−メンのタレ」を加え、味を濃くして食べると良いでしょう。

oozora_201411_5.jpg


続いて「O−MEN」

oozora_201411_4.jpg


O-CHACHA麺と比べるとニンニクが効いており、スープ自体がガツンとした仕上がりになっているという印象です。
(途中で少しもらったので、ニンニクは上にのっていたのか元々混ざっていたかは不明です)

O-CHACHA麺の方は動物系スープの印象が強かったですが、こちらは恐らく同じスープだと思われますが、ニンニク風味に上書かれ別物だと感じます。
たっぷりの野菜を香ばしいスープに絡めて食べると美味しいですねぴかぴか(新しい)
前回食べた時は、もっと動物系の香りが前面に出ていたと思いますが、野菜もボリューム増となったりと、この系統のラーメンの魅力を増す様な改良が加えられたと思います手(パー)


麺屋 大空の詳細
posted by BBSHIN at 23:27| Comment(3) | 新潟市西区

2014年10月26日

麺屋 オグリ

新潟市の焼龍跡地にオープンした「麺屋 オグリ」へと行ってきました。

oguri_1.jpg


こちらのお店、夷霧来極一優雅の姉妹店との事です。


注文したのは、定番の「琥珀中華そば」です。

oguri_2.jpg

oguri_3.jpg


透き通る様なスープは、旨味も程よく、油も軽く浮き、あっさり味で飲みやすく、とても美味しいですねぴかぴか(新しい)

チャーシューは肉の旨味をしっかりと残し、弾力感ある歯応えです。
とても良い出来のチャーシューです手(パー)

麺はあっさりスープにピッタリと合う細麺です。

バランスが良く、実に美味しいあっさりラーメンでしたるんるん
他の三店の琥珀中華と同様のものだと思われます。


背脂坦々麺

oguri_4.jpg

oguri_5.jpg


辛味はほとんど気にならず、コクがあり、ゴマの風味、背脂のコッテリ感、スープの旨味など、印象的な味わいのスープです。
チャーシューは琥珀中華とは違うものでしょうか?
油が多く柔らかいのかと思いきや、こちらも弾力感ある歯応えです。
美味しいチャーシューですねぴかぴか(新しい)

とても美味しいタンタンメンでしたグッド(上向き矢印)


ミニチャーハン(330円)

oguri_6.jpg


パラパラとした仕上がりで、旨味が強く濃い味わいの美味しい炒飯ですぴかぴか(新しい)

それぞれのメニューが美味しく、とても良いお店だと思いましたわーい(嬉しい顔)


麺屋 オグリの詳細
posted by BBSHIN at 19:26| Comment(2) | 新潟市西区

2014年10月23日

満里 坂井店 スタミナ丼

新潟市西区にある「満里 坂井店」へと行ってきました。

manri_201410_1.jpg


こちらのお店は豊富な種類のラーメンメニューの他、ご飯物、一品料理など多彩なメニューが揃っています。

という事で、今回はラーメン類以外を食べてみる事としました。

スタミナ丼

manri_201410_4.jpg


うま味たっぷりで、かなり刺激的な味わいですダッシュ(走り出すさま)

スライスしたニンニクもたっぷりと入っており、かなり香ばしい味わいですね。

肉や野菜などの味付けが濃いので、ご飯もどんどん進みます。
ボリュームたっぷりでしたが、それでももっとご飯が食べたくなる位です。

名前のとおり、スタミナがつきそうな一品ですグッド(上向き矢印)


友人が食べた「ラーメン」

manri_201410_2.jpg

manri_201410_3.jpg


あっさりで、旨味が強めの醤油味のスープです。
麺はツルツルの細麺でした。

美味しいあっさりラーメンで、これで580円ならお得かなと思いました。

しかし、こちらのお店で、お勧めメニューを挙げるのであれば、こういうシンプルなタイプではなく、マーボーメン、五目ラーメン、タンメン等の調理系ですね。
美味しく、色々なメニューが揃っている事もこのお店の魅力の一つですぴかぴか(新しい)


満里 坂井店の詳細
posted by BBSHIN at 23:58| Comment(0) | 新潟市西区

2014年10月22日

ラーメン亭 一兆 黒埼店

新潟市西区、黒埼インター近くの「ラーメン亭 一兆 黒埼店」へと行ってきました。

icho_kurosaki_1.jpg


昨年オープンしたばかりの萬人が、今年の9月に一兆へとリニューアルオープンしました。


らーめん

icho_kurosaki_2.jpg

icho_kurosaki_3.jpg


魚介の効いた醤油味のスープです。
かなりあっさりとしており、旨味も程よく、飲みやすいスープですね。

チャーシューは箸で切れそうな程に柔らかく、味も良く染みています。

シンプルな味わいながらも、完成度の高いあっさり魚介醤油だと思います。
だるまやグループの定番の味ですね手(チョキ)


味噌ラーメン(野菜トッピング)

icho_kurosaki_4.jpg

icho_kurosaki_5.jpg


恐らくはラーメンと同じあっさりスープがベースで、味噌が濃く、濃厚な味わいとなっています。
風味の強い味噌が使われており、トッピングした野菜を味噌スープくぐらせて食べると美味しかったですねぴかぴか(新しい)



炙りちゃーしゅう丼

icho_kurosaki_6.jpg


柔らかいチャーシューは香ばしく、また味付けも濃く、美味しかったですわーい(嬉しい顔)
特に気にせずバクバク食べたので良く分からなかったですが、味付けはタレとマヨネーズとかだったかな?
あっさり味の醤油ラーメンのサイドメニューにピッタリな一品です手(チョキ)


ラーメン亭 一兆 黒埼店の詳細
posted by BBSHIN at 21:50| Comment(2) | 新潟市西区

2014年10月19日

秀楽

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は新潟市西区の「秀楽」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

新潟市西区にある、秀楽に行ってきました。
坂井輪公民館前交差点そば、道路沿いにあります。

syuraku_1.jpg


お店の中は、座敷のみの横長になっております。

小生は端っこの席に座り、ラーメンと半チャーハンのセットを注文しました。

チャーハンラーメン(750円)

syuraku_2.jpg

syuraku_3.jpg


セットの中にはラーメンとチャーハンの他、漬物と煮浸しがついていました。

ラーメンは薄い飴色のあっさりした味わいです。
炒飯はきれいに盛られており、細かく切られた叉焼が印象的でした。
全体的に、さらっと食べられるし、十分お腹いっぱいになるボリュームでした。

このサービスでお値段750円というのは、嬉しい価格です。
チャーハンセット以外にも、

カレーライスラーメン(750円)
ギョーザ定食ラーメン(750円)
かつ丼ラーメン(750円)

などのセットがあり、また、

ギョーザ定食(580円)
カレーライス(580円)
中華丼(630円)
野菜炒め定食(700円)
レバニラ定食(750円)

など、色々なご飯物が揃っています。
(記載した以外にも、まだ何品かのご飯物があります)

豊富なメニューがリーズナブルな価格で食べられる良いお店だなと思いました。


秀楽の詳細
posted by BBSHIN at 13:11| Comment(2) | 新潟市西区

2014年09月24日

麺や我駆

新潟市西区、小新インター近くにオープンした新店「麺や我駆」へと行ってきました。

gaku_1.jpg


こちらのお店、麺や吉風 新大前店のオープンに対し、自店がオープン前にも関わらず花輪を出しており、こちらのお店のオープンにも麺や吉風からの花輪が出ています。
やはり、だるまや離脱組なのでしょうか?

一つ気になるのが、
「横浜市 家系総本山 吉村家」
の花輪です。
家系のお店ではないのに、不思議な感じですね。


縦書きメニューの一番右に書かれていた「特濃つけめん」を注文してみました。

特濃つけめん

gaku_2.jpg

gaku_3.jpg


かなりトロみが強くこってりとしており、魚粉が浮き、魚介も効いたつけダレです。
スープは強いトロみの割には重たさがなく飲みやすいという印象です。

ツルツルの表面で固めの歯応えの太麺にスープが良く絡みついてきます。

濃厚魚介系の定番といっても良い様なつけ麺でしたぴかぴか(新しい)
美味しかったですね手(チョキ)

もし、だるまや離脱系なのだとしたら、名前と味からして恐らく我聞系なのでしょう。


お願いすると、つけダレの器を回収しスープ割りにしてくれます。

gaku_4.jpg


戻ってきたらぬるくなったスープが熱くなっていたので、温め直してくれてる様ですね。
ちょっと前までは新潟でつけ麺のつけダレを薄めて飲むといったら、割りスープを入れた別容器を提供してくれるのが基本でしたが、ここ数年は器を回収するスタイルも普及してきています。
味だけでなく、営業スタイルなどについても、関東などから流れてきて、良いものは広まっているのだなと感じます。


らーめん

gaku_5.jpg

gaku_6.jpg


つけ麺よりは、ゆるめですがトロみのあるスープは魚介風味たっぷりです。
麺はつけ麺よりは細めのストレート麺でした。
チャーシューは柔らかく、味が良く染みていて美味しいですね。

つけ麺の濃厚スープとは別に魚介スープを取って、Wスープで濃度調節をしてるとかでしょうか?
トロみが何に由来するのかも気になります。
一度このタイプのラーメン、つけ麺の作り方を見学してみたいものです。

ちなみに、紹介ページのメニューには掲載しましたが、「特濃らーめん」は現在準備中の様です。
「らーめん」よりも濃いスープの一杯らしいですね。
もし、らーめんがWスープ方式なのであれば、配分次第での濃度調節が可能ですしね。
発売が楽しみですねひらめき

2杯とも美味しく、また食べにいきたいと思うお店でしたぴかぴか(新しい)


麺や我駆の詳細
posted by BBSHIN at 01:20| Comment(4) | 新潟市西区

2014年09月23日

麺や吉風 新大前店

新潟市西区に新規オープン「麺や吉風 新大前店」へと行ってきました。

kippu_shindai_1.jpg


7月にオープンしたフレスポ赤道店に続く2号店です。
東区と秋葉区に2店新規オープンの「ふじの」もそうですが、新規店が2店一気に出来るというのは前代未聞の事ですよね。

同じ建物には、先日掲載した「らーめん八起」があります。

kippu_shindai_2.jpg


「ら麺のりダー」「中華そば石黒」「俺のラーメンジョー」「らー麺鯛あたり」など、だるまや出身のお店から花輪が出ています。

kippu_shindai_3.jpg


らーめん(あっさり)

kippu_shindai_4.jpg

kippu_shindai_5.jpg


あっさりとしたスープに中細麺です。
赤道店で食べた時にのっていたレンコンが無くなっていました。

チャーシューは細長く大きいものが一枚のっています。
食感は柔らかく、味が良く染みています。

赤道店同様、動物的な香りが漂っていましたが、強烈な香りだった前回と比べ、今回はそこまででもありませんでした。
前回食べたものは、うっかり臭みを残してしまった的な一杯で、内心完成度が低いと感じていましたが、今回のものは、その弱点をしっかりと消し、完成度を上げてきたという印象です。
赤道店の方は行ったのがオープン直後という事もあったので、恐らく現在は改善されているのではないでしょうか。

美味しいあっさりらーめんでした手(パー)


野菜らーめん(あっさり)

kippu_shindai_6.jpg


「こってり」を注文しようと思っていたのですが、うっかり「あっさり」を注文してしまいました。
「あっさり」「こってり」があるお店で、こういうミスをしてしまったのは初めてかもしれません。

「こってり」は背油が浮いたタイプらしく、恐らく赤道店で出している麺が太めの背油醤油と同様のものなのかなと思います。

今回のあっさり野菜は、たっぷりの野菜がのっており、その野菜をスープで煮たのかスープの味が普通のあっさりらーめんとは異なる味わいとなっていました。
普通のあっさりで少し感じた動物臭は全くしませんでした。
野菜の臭み消しの力はさすがですね。
このスープ量に対して、この量の野菜を使えば当然の事ではありますが。

上にはおろし生姜がたっぷりとのっており、終盤は味が変化してきます。

たっぷりの野菜でサッパリ感を得る事が出来るので、恐らくスープは「こってり」を選んだ方が全体のバランスが良いのではないかなと思います。
「あっさり」の方もたくさんの野菜を後味良く食べられるので良かったですけどね。


吉風丼

kippu_shindai_7.jpg


肉には酸味的な味付けがしてあったでしょうか。
ラーメン屋のサイドメニューとして食べるには初めての味でした。
美味しかったですね。


餃子

kippu_shindai_8.jpg


モチモチの皮にキャベツ、ニンニクなどの具が入っています。
恐らくキャベツでしたが、カットが大きめになっており、シャキッっという歯応えが良かったですね。


麺や吉風 新大前店の詳細
posted by BBSHIN at 21:21| Comment(0) | 新潟市西区