2014年09月18日

らーめん 八起

新潟市西区、新潟大学前駅近くにオープンした「らーめん 八起」に行ってきました。

yaoki_1.jpg


お店の前には「たまる屋」「満月」「武者気」「ふじの」「大戸屋」「しゃがら」の他、これから新潟市西区にオープン予定の「我躯」等からの花輪があり、だるまや離脱系のお店である事を伺わせます。


また、同じ建物には、新潟市東区にもお店がある「吉風」が同時オープンしましたが、店内が繋がっていたり、両店のメニューを注文出来るとかではなく、それぞれが独立した2店舗の様です。

写真左が吉風、右が八起

yaoki_2.jpg


店内には、店名の「八起」をイメージさせる8個のだるま(七転び八起き)が置いてありました。

yaoki_3.jpg


ラーメン

yaoki_4.jpg

yaoki_5.jpg


魚介が香るライトな動物系白湯スープに、背油が浮いており、結構コッテリしています。
麺は中太位の太さでしょうか。

しまった肉質のチャーシューは、歯応えがあり、味が良く染みています。

味としては、花輪の送り元の「たまる屋」にかなり近い味となっています。
という事で、だるまや女池店、亀田店、亀貝店の味にも良く似ています。


野菜ミソラーメン

yaoki_6.jpg

yaoki_7.jpg


濃い味噌味で、スープも白湯系でしょうか。
表面にも油が多めに浮いており、かなりコッテリとした味わいです。

味噌の風味や動物系のコクの他の旨味もプラスされ、味わい深く、人気が出そうな味噌ラーメンですね。


らーめん 八起の詳細
posted by BBSHIN at 00:23| Comment(0) | 新潟市西区

2014年09月09日

赤なおじ

新潟市西区、小新のなおじ2号店が「赤なおじ」としてリニューアルしました。

akanaoji_1.jpg


なおじグループはリニューアルオープンが多いので、なかなか全ては行ききれないですが、今回はkomachiスタンプラリーの参加店だった事と、コンセプトが面白そうだったので、行ってみる事としました。


まずは、辛トマト麺(半玉)

akanaoji_2.jpg

akanaoji_3.jpg


ドロドロとしたトマトスープです。
ただ、ドロドロ感はかなり強く、スープというよりは、パスタ等にかかっていそうなトマトソースという感じです。
麺はツルモチ系ではなく、恐らくは中位の水分量で、淡麗系に合いそうな、しなやかな中細麺です。


トータル700円で半麺+チーズ+半ライス+焼石の女子セットとして、ラストにリゾット風にして食べる事が出来ます。

akanaoji_4.jpg


美味しいトマトリゾットですね手(チョキ)


続いて塩ラーメン

akanaoji_5.jpg


あっさりアサリ味のスープ、麺はトマト麺と同じでしょうか。

スープはアサリ出汁と鶏白湯を合わせたらしく、少しだけ濁ったスープです。
白湯の濃度がそこまで高くないのか、または、比率が低いのか、清湯スープを少し濁らせた様な白濁感です。
塩分は若干控えめですね。

若干、特有の臭みが残り、出汁感は淡麗系貝ラーメンを出す人気各店よりも控えめな印象を受けました。

まだ改良の余地はあると思いますが、狙いとしているところが明確に分かる一杯だと思いました。

アサリ出汁を強く、白湯を清湯に、塩分を強く、などちょっとした事で化けそうな気がします。


なおじろう野菜

akanaoji_6.jpg

akanaoji_7.jpg


こちらは定番ですね。

基本的にはいつもと同じな感じではありますが、麺、スープともに変わったでしょうか?
長方形の断面の麺は、ツルツルの表面ですが、結構固めの麺です。
固茹でというより、元々が固い質感の麺かなと思います。

スープは白濁感が増したでしょうか?


3杯食べてみて、個人的お勧めはトマト麺でした。


赤なおじの詳細
posted by BBSHIN at 19:05| Comment(4) | 新潟市西区

2014年09月06日

くるまやラーメン 新潟黒埼店 納豆ラーメン

黒埼インター近く、8号線沿いにある「くるまやラーメン 新潟黒埼店」へと行ってきました。

kurumaya_kurosaki_201409_1.jpg


長岡喜多町店店で食べたオリジナルの「納豆ラーメン」がおいしかったので、こちらのお店でも注文してみる事としました。
(長岡3店と黒埼店が同じ系列の様です)

納豆ラーメン

kurumaya_kurosaki_201409_2.jpg

kurumaya_kurosaki_201409_3.jpg


ガッツリとニンニクの効いた香ばしい味噌味のスープに、油がそこそこ浮いており、かなりガツンとした味わいです。

納豆の他に、モヤシ、刻みネギものっています。
野菜はスープをくぐらせて食べると美味しいですね。

納豆自体にも味がつけてあり、そのまま食べても、スープと合わせても良し。


無料のライス

kurumaya_kurosaki_201409_4.jpg


ライスと納豆、スープをライスにかけて、全部を混ぜ合わせて、など色々な楽しみ方があるかと思います手(パー)

刺激的でクセになりそうな一杯でした手(チョキ)


カレーラーメン

kurumaya_kurosaki_201409_5.jpg


ニンニクの効いたカレースープタイプのカレーラーメンです。
モヤシがたっぷりとのっているので、味噌ラーメン同様、スープを絡ませて食べると美味しいです。
油もそこそこ浮いており、結構コッテリとしています。

くるまやのカレーラーメンは白根の東萱場店でも食べた事がありますが、ニンニクが効いてモヤシがのっているところは同じですが、カレースープや油の感じなど、バランスがかなり違うと思いました。
味の好みは人それぞれだと思いますので、食べ比べてみるのも良いかなと思います。


今回は贅沢して色々と注文してみました。

ラーメンとセットのミニチャーハン(+250円)

kurumaya_kurosaki_201409_6.jpg


ミニという割りには結構ボリュームがあります。
パラパラとしており、旨味の強い美味しいチャーハンですぴかぴか(新しい)

他には、ミニチャーシュー丼(350円)、ミニ高菜丼(150円)がありました。


月・水・日の11:00〜15:00、18:00〜22:00はタイムサービスとして、餃子を300円→150円の半額で提供している様です。
(祝日を除く火、木は終日100円)

という事で餃子も注文しました。

kurumaya_kurosaki_201409_7.jpg


かなり満腹になりましたあせあせ(飛び散る汗)

しかし、これだけ食べて1,830円です。
チャーハンを無料のライスにかえれば1,580円ですから、ガッツリと安く食べたい人にお勧めのお店だと思います手(チョキ)


くるまやラーメン 新潟黒埼店の詳細
posted by BBSHIN at 23:21| Comment(0) | 新潟市西区

2014年09月04日

らーめん侍元 みそらーめん

新潟市西区にある人気店「侍元」へと行ってきました。

ramen_jigen_201409_1.jpg


最近行った燕市の「侍元 魂」が美味しかったのと、今回同行したこちらのお店に初訪問の友人が「アニメのワンピースの時に流れるCMで見た侍元のラーメンを食べてみたい」と言っていたので、久々に行ってみる事としました。

週末のお昼に行きましたが、相変わらずの人気っぷりで、広い店内は満席で、店外、店内合わせて20人程が並んでいました。
並ぶ人用のメニューが多めの冊数用意されており、豊富なメニューからじっくりと選ぶ事で暇を持て余す事なく待つ事が出来ました。
行列に対処している若い女性店員さんの笑顔の接客も感じが良かったですね。


まずは、友人が食べたチャーシューメン

ramen_jigen_201409_2.jpg

ramen_jigen_201409_3.jpg


分厚いロールチャーシューがのっており、かなりのボリュームです。
スープは魚介風味のあっさり味でした。

麺は自家製の細麺で、スープとも良く合っていますぴかぴか(新しい)

「魂」の方のラーメンは、ここまであっさりしていなかったので聞いてみたところ、こちらのお店の方があっさりスープで、魚介を強く効かせているとのことです。

ですので、メニュー構成がほぼ同じ2店ではありますが、それぞれ味が違う2種類のラーメンがあるという事になります。(油そばに関しては未確認)

トータル油量をあっさりした順に並べると

1.ラーメン(本店)
2.ラーメン(魂)
3.ちゃっちゃ麺(本店)
4.ちゃっちゃ麺(魂)

となるかと思われます。(2と3の順番はなんとも言えませんが)

その様な事もあり、魂の「ちゃっちゃ麺」は私にはガツンとし過ぎていましたが、本店の「ちゃっちゃ麺」はちょうど良い可能性もあるので、今度試してみたいと思います。
新潟市と燕市で結構距離はありますが、自分の好みの味を見つける為に、食べ比べてみるのも良いかもしれませんね手(パー)


続きまして、私が食べた「みそらーめん」

ramen_jigen_201409_4.jpg

ramen_jigen_201409_5.jpg


比較的あっさりしていると思いますが、味噌の風味が強く、また、油やチャーシューの効果もあってか「あっさり味噌」という感じではありません。
そして、強い味噌の風味に負けず、何らかの他の素材の味も感じます。
醤油ラーメンを食べた感じでは、前に出ているのは魚介でしょうか?
個人的には、こういう味噌の味に頼り切っていない味噌ラーメンは好きですね手(チョキ)


トッピングの玉ねぎを別皿でお願いしました。

ramen_jigen_201409_6.jpg


味噌に入れても美味しかったですが、ちゃっちゃ麺などに特に合いそうですねぴかぴか(新しい)


サイドメニューとして「子豚めし」を注文しました。

ramen_jigen_201409_7.jpg


タレがかかったご飯の上にごっついチャーシュ、味玉、メンマがのっています。

「子豚」という割りにはなかなかボリュームがありますね。

味噌ラーメンもチャーシューや野菜、味玉などボリュームが結構あるので、トータルでかなりお腹いっぱいになりました。。たらーっ(汗)

醤油、塩、味噌がアッサリとコッテリ(ちゃっちゃ)まであり、つけ麺、油そばと、豊富なメニューが揃っており、サッパリ系が好きな年配の方からガッツリ食べたい若い人達まで、幅広い層に人気があるのも納得のお店だと思いましたひらめき


侍元の詳細
posted by BBSHIN at 20:37| Comment(2) | 新潟市西区

2014年07月31日

ダルマ食堂 マーボーめん ちゃんタンメン

ブログのコメント欄へのお勧め情報を元に新潟市西区の小新インターすぐ近くにある「ダルマ食堂」へと行ってきました。

darumasyokudou_201407_1.jpg


寄せられた情報によると、こちらのお店の「マーボーめん」が美味しいとのこと。

辛さはレベル0からレベル3まで4段階の調節が可能らしいので、レベル0にしてみました。

マーボーめん 辛さレベル0

darumasyokudou_201407_2.jpg

darumasyokudou_201407_3.jpg


かなりトロみの強い麻婆餡がかかっています。
パっと見、汁無しマーボーメン位のドロドロ感がありましたが、マーボー餡の下には少なめのスープがあったと思います。

辛さはレベル0でも程々の辛さだったので、レベル2や3であればかなり辛さである事が想像出来ます。
辛さもそこそこで比較的食べやすく、またトロの強い餡と麺の相性もよく、とても美味しいマーボーメンでしたぴかぴか(新しい)



ちゃんたんめん

darumasyokudou_201407_4.jpg


白濁したライトな白湯スープに野菜の甘味が加わり、とても味わい深いスープです。
上には生姜がのっており、スープの生姜風味が食欲をかきたてます。

野菜も多くのっており、スープの旨味もちょうど良いので、最後まで飽きる事がないいっぱいだと思います。
トッピングで野菜増しも出来る様なので、そちらも良さそうですね手(パー)

以前食べたノーマルのラーメンよりも今回食べた2杯の方が断然好みの味でしたるんるん
とても美味しかったですわーい(嬉しい顔)


唐揚げ

darumasyokudou_201407_5.jpg

衣がカリカリで食感も良く、美味しいから揚げですね。


ダルマ食堂の詳細
posted by BBSHIN at 18:49| Comment(8) | 新潟市西区

2014年07月19日

麺屋 大空 O-ZORA

新潟市西区にオープンしたばかりに新店「麺屋 大空」へと行ってきました。

oozora_1.jpg


場所は、閉店した麺や祭の跡地です。

ちなみにこちらのお店、江南区の人気店「麺屋 空」の姉妹店となっています。


事前のオープン情報が入っていたので、オープンを心待ちにしていました手(パー)

オープン前の情報はこちら


お店入り口のところにある券売機があり、一番左上が「らーめん」だったので、まずはシンプルな「らーめん」から。

らーめん

oozora_2.jpg

oozora_3.jpg


あっさりと魚介の香るオーソドックスなタイプの和風テイストな一杯ですぴかぴか(新しい)

スープは煮干しメインの魚介風味が強く、また旨味も程よく、適度な醤油感とバランスの良い仕上がりです。

麺はスタンダードなタイプの縮れ細麺でスープとも良く合っています。

味玉は本来半個らしいのですが、見た目の悪いものをプラスし、サービスで半個2つを入れてくれた様です。
ランダムを食べ歩きを繰り返していると、極稀にこういうタイミングに出くわします。
普通ならラッキーな出来事なのですが、いつものそのお店の一杯を皆様に紹介したいと考えている私にとっては複雑な気分です(^^;)

ちなみにカウンターに座ったのでラーメンを作る作業が見えたのですが、こちらのラーメンのあっさりスープは豚骨白湯と煮干し系魚介スープをスープレードル内で合わせてWスープとしている様に見えました。
細かくやる店であれば小さいレードルを2つ用意し、きっちり計って提供していると思いますが、この手法は配分を微調整出来るといったメリットもあります。
ブレの原因にもなりそうではありますが、自信のある熟練職人にとっては効率が良いのでしょうね。


続きましてO−MEN(味玉半個プラス)です。

oozora_4.jpg

oozora_5.jpg

モヤシ、キャベツ等の野菜がたっぷりとのり、ボリュームたっぷりです。
背油がかかり、インパクトある仕上がりです。

こちらは、Wスープのらーめんに用いられている動物系スープのみが使われている様です。
ライトな動物系白湯スープに濃い目の醤油ダレがいかにもな感じですね。

麺はあっさりラーメンとは異なる力強い太麺でした。

動物系スープと醤油がメインのシンプルな構成で、旨味をプラスする調味料は控えめなイメージです。
油も含め動物系の印象が前に出ており、苦手な人もいるかもしれませんが、個人的には結構好きなバランスでした。
調味料を1.5〜2倍位にすると、新潟でウケるタイプのデカ盛りに近くなりそうです。


2杯とも美味しかったので、今度はつけ麺の方も食べてみたいですねぴかぴか(新しい)
あっさり魚介+酢、もしくは、豚骨+魚粉あたりでしょうか?

横越の空の様に、限定麺などもやってくれると嬉しいですね〜グッド(上向き矢印)


麺屋 大空の詳細
posted by BBSHIN at 14:37| Comment(0) | 新潟市西区

2014年07月01日

げん固つ亭

新潟市西区、黒埼スマートインター近くにある「げん固つ亭」へと行ってきました。

genkotsutei_1.jpg


しょうゆラーメンと半チャーハンのセット(760円)

genkotsutei_2.jpg

genkotsutei_3.jpg


あっさりで程良い旨味の醤油味のスープです。

麺はツルツルのストレート細麺でした。

食べやすく、いつ食べても飽きる事のなさそうなシンプルなタイプの醤油ラーメンでしたひらめき


チャーハンは良く見かけるタイプのものでしたが、ラーメンのサイドメニューとしてはピッタリの一品です。

美味しくお腹いっぱいになれるので、お勧めのセットです。


あぶりみそチャーシューめん

genkotsutei_4.jpg

genkotsutei_5.jpg


こちらは醤油とは違い太麺でした。

スープはあっさり味噌で、若干控えめな印象です。

チャーシューは柔らかく、なかなか美味しかったです手(パー)

テーブルにおろしニンニクがあったので、少し入れたところ味にアクセントが付き、美味しくなった様に思えます。


テーブル備え付けの調味料

genkotsutei_6.jpg


各種調味料で味を変えて、お好みの味を楽しめる様にしているのかもしれませんね。



餃子

genkotsutei_7.jpg



他にも、居酒屋メニューがたっぷりとあり、近所の人は居酒屋として利用している様でした。

メニューが豊富で何度行っても楽しめそうなお店だと思いました。


げん固つ亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:52| Comment(0) | 新潟市西区

2014年06月14日

きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店

新潟市西区に今年の春オープンした「きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店」へと行ってきました。

kinsyai_tabukin_kamegai_1.jpg


こちらのお店は、新潟県下越地域を中心に何店かのお店がある「きんしゃい亭」「麺やたぶきん」の2店の両方のメニューが揃っています。

まずは、きんしゃい亭のメニューの一つ「胡麻醤メン」

kinsyai_tabukin_kamegai_2.jpg

kinsyai_tabukin_kamegai_3.jpg


胡麻の風味の効いた豚骨担々麺です。

麺はストレートの細麺でした。
固さはバリカタ、かため、ふつう、やわらかめから選べる様です。

辛味も程よく、挽き肉がスープと混じり合い、良い味を出してくれます。

穴空きレンゲもあるので、ラストは底に沈んだ具をすくって食べると良いでしょう手(パー)


テーブルには高菜、紅生姜、ニンニクが備え付けられています。

kinsyai_tabukin_kamegai_4.jpg


続きまして、たぶきんのイチオシメニュー

油そば

kinsyai_tabukin_kamegai_5.jpg

kinsyai_tabukin_kamegai_6.jpg


麺の上にチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔がのり、丼の底にタレと油があるシンプルな油そばです。

麺は縮れた細麺でした。


お好みで酢、ラー油、具入りラー油を追加し、味の変化を楽しみます。

kinsyai_tabukin_kamegai_7.jpg


酢などを投入する事で、飽きる事なく食べられ、スッキリとした後味の一杯でしたぴかぴか(新しい)


きんしゃい亭&麺やたぶきん 亀貝店の詳細
posted by BBSHIN at 12:54| Comment(0) | 新潟市西区

2014年06月03日

イエロー まぜそば

新潟大学近くにある「イエロー」へと行ってきました。

yellow_201406_1.jpg


並、やさいましまし、にんにくまし

yellow_201406_2.jpg

yellow_201406_3.jpg


凄まじいボリューム感ですね
麺までたどりつくのが大変です。
なだれがおきてしまうのではないかと、細心の注意を払いながら食べました。

ガシガシとした食感の力強い麺は食べ応え抜群です。

増量した刻みニンニクは少し辛めで、スープに混ぜていくと香ばしさがプラスされます。

スープの油感、旨味、しょっぱさなどバランス感が良く、この系統のラーメンの中でも、ラーメンとして旨い一杯だと思いますぴかぴか(新しい)


ラーメンのタレが置いてあるので、しょっぱさが足りない人は自分で調節します。
(その為、注文時にタレの量は言わないスタイルです)

yellow_201406_5.jpg



まぜそば

yellow_201406_4.jpg


平日限定のまぜそばです。

下にはタレがあり、混ぜながら食べます。
肉が美味しく、チャーシュー丼とか用意してくれた絶対に旨いと思います。

こちらもとても美味しかったですぴかぴか(新しい)


イエローの詳細
posted by BBSHIN at 07:41| Comment(2) | 新潟市西区

2014年04月15日

麺kitchen ふくすけ 紅-beni-

新潟市西区の櫻食堂跡地にオープンした「麺kitchen ふくすけ」へと行ってきました。

fukusuke_nishiku_1.jpg


ふくすけは、新潟市東区のお店から、つけ麺らーめんienaと共にiena&ふくすけをオープン → 閉店など、紆余曲折を経ての移転オープンとなりました。


今回は、東区にあった時には辛いものは苦手だったので敬遠していたメニューにチャレンジしてみる事にしました。


紅-beni-

fukusuke_nishiku_2.jpg

fukusuke_nishiku_3.jpg


見た目からメチャクチャ辛そうですあせあせ(飛び散る汗)
個人的に最近ラー油作りの勉強をした時、使う唐辛子の種類により見た目は辛そうだけどほとんど辛くない油を作れる事を知ったので、「パっと見のイメージでビックリさせておいて実は辛くないのではないかな?」と思いつつ一口食べてみると、、


かっ 辛exclamationふらふら


激辛とまではいきませんが、結構な辛さですあせあせ(飛び散る汗)
ラー油というよりは、辛さがストレートに伝わる辛味油という印象を受けました。

辛味の影響で下のスープの細かい部分までは分かりませんでしたが、サラリとした白湯スープだったと思います。
レンゲを丼の中からすくい上げ、辛味とスープのバランスを調節して飲むと良いでしょう手(パー)

今回は注文しませんでしたが、ライスと交互に食べたり、スープをかけて食べたりすると美味しそうですねぴかぴか(新しい)

麺はかなり力強い太麺です。
辛味のインパクトとぶつかり負けない良い麺だと思いました。

もやし等の野菜、味玉、チャーシュー、メンマなど盛りが良く、盛り付けのバランスも綺麗でした。


友人が食べた「魚介油そば」

fukusuke_nishiku_4.jpg


麺量、トッピングが多く、ボリュームがかなりあります。

丼の底にはタレが隠れており、混ぜながら食べます。
タレの量は比較的多めで、麺が入って水位が上がった事もありますが、器の1/3位のところまであったと思います。


生卵、チリペッパー、カレー粉、酢がついてくるので、お好みで味を変化させながら食べる事が出来ます。

fukusuke_nishiku_5.jpg


テーブル備え付けのラー油や七味、紅生姜や高菜を混ぜても良いと思います。


油そば用の「追い飯」(120円)

fukusuke_nishiku_6.jpg


麺を食べた後、残ったタレに入れると美味しいです。
チャーシューがたくさんのっており、120円はサービス価格だと思います。



塩ダレ温野菜(350円)

fukusuke_nishiku_7.jpg


サイドメニューのつもりで注文したのですが、量がかなり多くびっくりですあせあせ(飛び散る汗)
二人で取り分けて食べましたが、ラーメンを食べた後に食べるのは結構大変でした。
量としては、ライスとスープをセットにすれば、「温野菜定食」みたいな感じで一人前の食事になりそうな位です。

2〜3人で行き、それぞれがメインメニューを食べ、サイドメニューとして食べ分けると良いかと思います



麺kitchen ふくすけの詳細
posted by BBSHIN at 20:13| Comment(0) | 新潟市西区

2014年03月28日

新潟市西区、望景跡地にオープンした新店「漢」に行ってみました。

kan_1.jpg


こちらのお店は「医食同源」をコンセプトにしたお店との事です。


注文したのは看板メニューの「鶏白湯ラーメン(塩)」です。

kan_2.jpg

kan_3.jpg


とろみはなく、「コラーゲンたっぷり」という訳ではなさそうですが、鶏の旨味がしっかりと出ており、そこにまた、強めの旨味も重なり、とても美味しいスープですぴかぴか(新しい)

脂感も少なく、ライトな仕上がりの鶏白湯スープですね。

麺は縮れた細麺で、軽い飲み口の白湯スープとも良く合う麺だと思いますひらめき

とても美味しい一杯でした手(パー)


たっぷり野菜あんかけラーメン

kan_4.jpg


とろみの強い餡にシャキシャキの食感の野菜がたっぷりと入っています。
スープは醤油味の鶏白湯スープらしいですが、塩ダレに醤油を加えた位のそれ程主張しない醤油味が、鶏の風味を消さず、良い感じの仕上がりです。

こちらも美味しかったです手(チョキ)



肉あんかけチャーハン

kan_5.jpg


たっぷりの肉ととろみの強い餡は、旨味たっぷりで美味しいです。

あんかけ麺も含め、こちらのお店の調理をされている方はレベルが高そうな印象なので、他の中華系メニューも期待出来そうな気がしますわーい(嬉しい顔)


こちらのお店がある場所は、駐車場の入りにくさと目立たなさもあってか、新潟市内でも有数の閉店が相次ぐ場所ではありますが、こちらのお店であれば、うまくやっていけるのではないかという気がします。


の詳細
posted by BBSHIN at 18:38| Comment(0) | 新潟市西区

2014年03月17日

麺屋一本気 みそらー麺、みそつけ麺

青山のイオンの近くにある「麺屋一本気」へと行ってきました。

ippongi_201403_1.jpg


こちらのお店に行くのは結構久しぶりで、3〜4年ぶり位になりますね。

今回、こちらのお店のに行くきっかけとしては、ここ2〜3年、私と一緒に食べ歩く様になった友人が、たくさんラーメンを食べているのに、新潟市のラーメンを好きな人達なら大抵知ってる有名店にほとんど行った事が無い事に気付き、そういうお店も連れてってあげないといけないと思ったからです。
私の食べ歩きに付き合ってくれてる人達は、自分のお勧めを食べてもらっているのではなく、私の新規トライに付き合せてる形になってしまっているのですよねたらーっ(汗)


こちらのお店では醤油しか食べた事がなかったので、味噌を食べてみる事にしました。


味噌ラーメン

ippongi_201403_2.jpg

ippongi_201403_3.jpg


数年前に食べた魚介が強烈に効いた醤油ラーメンとは対照的な味わいです。
野菜の甘さか、味噌の甘さか、まろやかな甘みが特徴的なスープですぴかぴか(新しい)
そんなにコッテリはしてなく飲みやすいスープだと思います。

麺はツルツルモチモチの太麺でした。


友人が食べた味噌つけ麺

ippongi_201403_4.jpg


いかにもつけ麺的な濃厚スープではなく、サラリとしており、味噌の濃さが強く出ているつけダレだと思いした。

割りスープをお願いすると、一旦器を回収し、スープ割りにして出してくれます。

友人は「食べやすくて美味しいつけ麺だった」と満足した様子でしたるんるん


麺屋一本気の詳細
posted by BBSHIN at 22:42| Comment(2) | 新潟市西区

2014年01月27日

天下一品 新潟小針店 チャーシューメン(こってり味)

久しぶりに新潟市西区にある「天下一品 新潟小針店」へと行ってきました。

tenkaippin_201401_1.jpg


通常のセットメニューの他、昼間はお得なランチメニューがある様です。


私は通常の餃子定食(900円)を追加料金でチャーシューメンにしてもらいました。

tenkaippin_201401_2.jpg

tenkaippin_201401_3.jpg


相変わらずドロドロと濃厚なスープです。

ドロドロ感の割には重さが無く、飲みやすいスープです。
動物系以外に野菜が使われている事も大きいのでしょうね。

ちなみに、今回一緒に食べにきた京都からきた人は

「地元ではもっとドロドロしてる」

と言ってました。



辛子味噌

tenkaippin_201401_4.jpg


これを入れる事で味の変化を楽しめますぴかぴか(新しい)



火曜日、金曜日のランチメニューの酢豚定食の酢豚

tenkaippin_201401_5.jpg



天下一品 新潟小針店の詳細
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | 新潟市西区

2014年01月10日

三宝亭 亀貝店

西区、亀貝インター近くにオープンしたばかりの新店「三宝亭 亀貝店」へと行ってきました。

sanpou_kamegai_1.jpg


まずは、水菜のハリハリサラダ(380円)

sanpou_kamegai_2.jpg


かなりの量の水菜です。
二人で食べるには多すぎる程でした(^_^;)

3〜4人で取り分けて食べると良いでしょう手(パー)


酸辣湯麺

sanpou_kamegai_3.jpg

sanpou_kamegai_4.jpg


五目ラーメンなどと比べてもかなりトロみが強く、「汁無し」と表記しても良さそうな位でした。

辛味、酸味が程よく、バランスの良いサンラータンメンですねぴかぴか(新しい)

辛味の元は山椒、ラー油、胡椒らしく、山椒の痺れる様な風味が特徴的でしたぴかぴか(新しい)


終盤、ラー油で辛味、酢で酸味を増したり、テーブル備え付けの山椒などをふりかけても良いと思います。


唐揚げセット(230円)

sanpou_kamegai_5.jpg


値段も安く、ボリュームたっぷりに出来ます手(チョキ)

一つ注文ミスした事といえば、つけ合わせとしてこれにも水菜がついている事ですたらーっ(汗)


五目ラーメン

sanpou_kamegai_6.jpg


相変わらずの安定した美味しさですぴかぴか(新しい)

こちらの五目ラーメン、昔好きで良く食べていたのですが、各店を食べ歩きをする中、最近はずっと食べていなく、最後に食べたのも数年前となっていました。
その時の記憶も曖昧ですが、味覚が変わったのか以前よりも椎茸の味を強く感じる様になりました。
そして前食べた時よりも美味しいと思いましたるんるん


揚げネギとふりかけ

sanpou_kamegai_7.jpg


餃子

sanpou_kamegai_8.jpg


三宝亭 亀貝店の詳細
posted by BBSHIN at 19:35| Comment(0) | 新潟市西区

2013年12月15日

よし一ちゃん

新潟市西区にオープンした「よし一ちゃん」へ行ってみました。

yoshiitityan_1.jpg


週末のお昼に行きましたが、満席で待合席で数人待っている状況でした。
オープンしてまだ2ヶ月経っていなく、また、大通りにも面していないので、口コミで人気となったのでしょうか?


券売機の左上が背油ラーメンで「お勧め」と書いてあったので注文してみました。


ラーメン(背油)+ほうれん草トッピング

yoshiitityan_2.jpg

yoshiitityan_3.jpg


生姜醤油ラーメンに背油がたっぷりと浮いています。
スープは恐らくあっさりで、生姜風味でサッパリしているかと思われますが、背油の影響が大きく、結構コッテリとしています。
個人的には背油抜きを定番として推した方が良いのかなと思いました。


ちなみに注文時に味を濃い目に出来るらしく、テーブルにもラーメンタレが備え付けられています。

yoshiitityan_4.jpg


友人が食べたラーメン(背油)

yoshiitityan_5.jpg


ライスが無料サービスとなっています。

yoshiitityan_6.jpg


券売機で「ライス(無料)」を押し、店員さんに渡すとサービスとなります。



2種類の餃子がお勧めとの事で、1皿注文してみました。


青森産白ニンニク入りギョーザ(300円)

yoshiitityan_7.jpg


食べ終わると皿には女性が描かれています。

yoshiitityan_8.jpg


こちらの女性、架空のイメージキャラクターらしく、名前は店名と同じ「よし一ちゃん」(愛称よしいっちゃん)との事。


また行く機会があれば普通の生姜醤油ラーメンを食べてみたいですねひらめき



よし一ちゃんの詳細
posted by BBSHIN at 19:49| Comment(0) | 新潟市西区

2013年12月07日

だるまや 亀貝店

新潟市西区、亀貝インター近くにオープンした「だるまや 亀貝店」

darumaya_kamegai_1.jpg


ラーメンの種類などは女池と同じと思われます。


だるまラーメン

darumaya_kamegai_2.jpg

darumaya_kamegai_3.jpg


背脂入りの魚介豚骨スープは、旨味たっぷり、飲みやすく美味しいです。
背脂のまろやかさとスープの混ざり具合も昔から好きな味です。
もやしたっぷりなのも嬉しいですね。
薄く柔らかいチャーシューは昔から好きな味です。


野菜味噌ラーメン

darumaya_kamegai_4.jpg

darumaya_kamegai_5.jpg


餃子

darumaya_kamegai_6.jpg


だるまや 亀貝店の詳細
posted by BBSHIN at 10:54| Comment(0) | 新潟市西区

2013年11月03日

櫻食堂

新潟市西区に今年9月オープンしたばかりの新店「櫻食堂」へと行ってきました。

sakurasyokudou_1.jpg


この辺りは侍元やことぶきなどの人気店が揃うかなりの激戦区です。
その様な立地に果敢にも挑む新店が出すラーメンは果たしてどの様なものなのか、かなり気になっていました。
また、当サイト掲示板ユーザーからの評価も高かったので、期待感が高まりますグッド(上向き矢印)



Wラーメン
タイトルの「W」とはホワイトスープのWらしいです

sakurasyokudou_2.jpg

sakurasyokudou_3.jpg


運ばれてきたラーメンを見ると、確かに白っぽい感じです。
見た目からすると、自分の経験からの想像で濃度低めの豚骨魚介かと思いましたが、スープを飲んでみると予想外の味わいですひらめき

スープはあっさりだけどコク深く、口に広がる魚介の香りも実に良い感じですぴかぴか(新しい)
表面の油は鶏とアゴ油とのこと。

麺は表面がツルツルしていて、うまく表現出来ませんがモチモチとしているというよりは、噛み切る時にムニュっという様な食感の麺で、スープとも実に良く合っています。


また、岩海苔から溶け出す磯の香りが、変化を与えて最後まで飽きさせませんるんるん

そして完食手(チョキ)

sakurasyokudou_4.jpg


AGラーメン

sakurasyokudou_5.jpg


AGはスープに使われている飛魚の別名「アゴ」の事らしいです。

こちらもWラーメンとはまた違った方向で、あっさりながらも旨味たっぷりのスープが特徴的でした。

2杯を食べてみて、かなり美味しいと思ったので、ノーマルの櫻ラーメン、味噌ラーメン、つけ麺などにも興味が沸きました。

また、昼時はカレーが500円、上越風豚汁の豚汁定食が600円というリーズナブルな価格設定が嬉しいですねるんるん

カレーには動物系の軟骨、小骨から取ったゼラチン質を使っていると書いてありましたが、ラーメンスープを取る時の出汁ガラの有効活用でしょうか?
実際に見てないから何とも言えませんが、素材を余すところなく使うという発想は好きですねぴかぴか(新しい)
ぜひランチタイムに伺ってみたいものです手(チョキ)



櫻食堂の詳細
posted by BBSHIN at 02:14| Comment(0) | 新潟市西区

2013年10月19日

ちゃーしゅうや武蔵 アピタ西店 「ごろごろ野菜トマカレつけ麺」 新潟ラーメンバトル2013

新潟ラーメンバトル2013

26軒目のお店は「ちゃーしゅうや武蔵」です。

お店はアピタ西店を選びました。

tyasyuya_musashi_apitanishi_1.jpg


ちゃーしゅうや武蔵 アピタ西店

tyasyuya_musashi_apitanishi_2.jpg


バトルラーメンはこちら

「ごろごろ野菜トマカレつけ麺」

tyasyuya_musashi_apitanishi_3.jpg

tyasyuya_musashi_apitanishi_4.jpg


野菜たっぷりのカレーつけダレと唐辛子麺、ライスという豪華な一品です。

カレースープは、溶けたチーズのコク・まろやかさ、トマトの酸味とスパイシーな辛味が特徴的ですひらめき

唐辛子麺は、色程のインパクトは無いものの、見た目がつけダレの色とマッチしており、食欲をそそります。
そして、比較的細めの麺をつけダレにつけると、これでもかという程に麺にカレーが絡みついてきます。

単にカレーとしてだけみても美味しいので、ご飯と合わないはずはありません手(パー)
シメにカレーリゾットという手もありますが、私は我慢し切れずに、麺と交互に半分程のご飯を食べてしまいました(^_^;)

チャーシュー、柔らかいジャガイモ、ブロッコリー、麺皿にのってるキャベツなどもカレースープと実に良く合いまするんるん

そして、麺を食べ終わった後、シメに半分程残ったご飯を投入し、スープまで完食です。

tyasyuya_musashi_apitanishi_5.jpg


麺も普通の量で、ライスもあり、スープまで全部食べるとかなり満腹ですね手(チョキ)

素晴らしい逸品でしたぴかぴか(新しい)


ラーメン

tyasyuya_musashi_apitanishi_6.jpg

tyasyuya_musashi_apitanishi_7.jpg


あっさりスープですが、以前食べたものより浮いてる油が少し多めでコッテリ感がありました。


ごろごろ野菜トマカレつけ麺の詳細


ちゃーしゅうや武蔵 アピタ西店の詳細
posted by BBSHIN at 19:40| Comment(0) | 新潟市西区

2013年09月28日

背脂中華そば 潤UNIV 「タンメンデラックス」 新潟ラーメンバトル2013

新潟ラーメンバトル2013

3軒目のお店は「背脂中華そば 潤UNIV」です。

jun_univ_201309_1.jpg


こちらのお店はのバトルラーメンは「タンメンデラックス」です。

jun_univ_201309_2.jpg

jun_univ_201309_3.jpg


人気メニューの「タンメン」の盛りが豪華になった「特製タンメン」的な感じですねぴかぴか(新しい)

野菜たっぷり、味玉も1個分入り、岩海苔、チャーシューなどかなり盛りだくさんですひらめき

スープを飲んでみるとオープン当初に食べたものと結構感じが違います。
味が変わってきたのか、この「デラックス」が違うのかは分かりませんが、今回のタンメンは以前のものよりスープが「ガツン!」とくるという印象ですダッシュ(走り出すさま)

濃度はそこそこながらも野性味溢れる豚骨臭と、野菜の旨味・甘味、おろし生姜のスッキリとした清涼感が合わさり、インパクト抜群な味わいとなっています。
系統は全く違いますが、上にのったおろし生姜は博多豚骨の紅生姜的な役割を果たしていると感じました。

そこに潤の代名詞ともいえる岩海苔がスープに徐々に磯の香りを与えていきまするんるん

何故かクセになってしまいそうな味と香りのぶつかり合い爆弾
そんな感じの一杯でした手(チョキ)


タンメンデラックスの詳細


背脂中華そば 潤UNIVの詳細
posted by BBSHIN at 00:36| Comment(0) | 新潟市西区

2013年09月07日

望景

新潟市西区に6月にオープンした「望景」に行ってきました。

mikage_1.jpg


コマチスタンプラリー参加店です。


味噌ラーメン

mikage_2.jpg

mikage_3.jpg


炒めもやし、挽肉がのっています。

麺はツルツルモチモチの縮れ太麺でした。

味噌の風味を強く感じるスープでした。



醤油ラーメン

mikage_4.jpg

mikage_5.jpg


見た目はこってりそうに見えますが、結構あっさりです。

あっさり動物系スープに油が浮いているという感じでしょうか。

こちらもツルモチ麺でした。


餃子

mikage_6.jpg


望景の詳細




望景の詳細
posted by BBSHIN at 17:30| Comment(0) | 新潟市西区