2019年04月21日

中華厨房 ToTo龍 キューピット石山店で食べられるお得なセット

新潟市東区、キューピット石山店内にある中華料理店へと行ってきました。

キューピット石山店

totoron_1.jpg


中華厨房 ToTo龍(トトロン)

totoron_2.jpg


店舗前のブラックボードにはトトロが描かれています。

totoron_3.jpg


「トトロン」という店名の由来はこれかもしれませんね。


各種セットメニューが充実していました。

totoron_14.jpg


という事で、その中から一つ注文してみる事に。

五目あんかけラーメンと半チャーハンセット(1,000円)

totoron_4.jpg


五目あんかけラーメン

totoron_5.jpg


スープ

totoron_6.jpg


醤油風味が効いたスープです。
スープはそこまで醤油感は強くなく、餡の方が醤油が強かったです。
餡の味がスープに混ざってきていますね。


餡はしっかりとした味付け、そして程よいトロみになっています。

totoron_7.jpg


中華系五目あんかけの定番の各種具材が入り、種類豊富な野菜が食べられます。


麺はシンプルな中華麺です。

totoron_8.jpg


多加水細麺にトロみある餡が良く絡みます。

スタンダードなスタイルの五目あんかけラーメンです。
食べ飽きる事の無さそうなしっかりとした美味しさがありました。


チャーハン

totoron_9.jpg


程よいパラつき感のあるチャーハンです。
五目あんかけとの相性も良いですね。


サラダと漬物

totoron_10.jpg


もう一品はこちらの一杯にしてみました。

えびあんかけラーメン

totoron_11.jpg


こちらは塩系の餡とスープです。

totoron_12.jpg


ハッキリとした旨味の塩スープです。




totoron_13.jpg


強めの旨味とプリプリの海老やシャキシャキ感のある野菜など食感の具材と、美味しい海老あんかけ塩ラーメンでした。


中華厨房 ToTo龍の詳細
posted by BBSHIN at 18:58| Comment(0) | 新潟市東区

2019年03月28日

海老ラーメン えび蔵 東新潟駅近くで食べられる濃厚な海老風味の味噌

新潟市東区にオープンした「海老ラーメン えび蔵」へと行ってきました。

ebizou_higashi_1.jpg


場所は閉店してしまった「お〜や」の跡地です。

こちらのお店、少し前に村上市にオープンしたえび蔵と同系列のお店の様です。


店内は、元々あったカウンター席と4人がけのテーブル席に加え、6人用のテーブル席という構成でした。


注文したのはこちら

ebizou_higashi_2.jpg


スープ

ebizou_higashi_3.jpg


村上のお店と同様に、あっさり系の海老出汁スープに、味噌と浮き油が濃厚感を与えるスタイルです。

海老風味は結構強めですね。




ebizou_higashi_4.jpg


多加水細麺でした。


トッピングとしてはチャーシュー、メンマ、水菜がのっていました。


続いてはこちら

海老塩らーめん

ebizou_higashi_5.jpg

ebizou_higashi_6.jpg


あっさり塩味のスープは味噌同様に海老がしっかりと効いています!


サイドメニューとしてミニサイズのカレーライスも提供していました。

まかないカレー

ebizou_higashi_7.jpg


家庭的なカレーをイメージしていましたが、想像以上に辛いカレーでした。
これはなかなか刺激的ですね。


海老ラーメン えび蔵の詳細
posted by BBSHIN at 21:17| Comment(0) | 新潟市東区

2019年03月19日

稲よし サッポロ味噌の老舗店が提供する「みそバター」

新潟市東区にある「稲よし」へと行ってきました。

inayoshi_201903_1.jpg


今回注文したのはコチラ

みそバター

inayoshi_201903_2.jpg


スープ

inayoshi_201903_3.jpg


あっさりですが、味噌の旨味や野菜の甘味などが重なり、とても深みのある味となっていますね。

そこに、トッピングとしてのっているバターが溶けだし、コクと風味をプラスします。
当然の事ながら味噌スープとバターの相性は良かったです!




inayoshi_201903_4.jpg


程よい弾力感の多加水中太麺は、あっさりタイプの味噌スープにベストマッチ!!

キャベツやモヤシ、挽き肉といった具材にも味噌スープの味がしっかりと絡んでいます。

サッパリと食べやすく仕上がりつつも、とても美味しい一杯でした!


ライス

inayoshi_201903_5.jpg


味噌ラーメンのスープとご飯の相性も最高です。


サイドメニューとして餃子も頂きました。

inayoshi_201903_6.jpg


自家製という餃子は、具材がたっぷりと入り、モチモチとした皮の食感も良かったです。
特に変わったタイプではないですが、シンプルさの中にもしっかりとした美味しさがありました。


稲よしの詳細
posted by BBSHIN at 20:52| Comment(0) | 新潟市東区

2019年03月04日

古稀櫻 本格焼豚などたっぷりの具材がのった日本一坦々麺

新潟市東区にある「古稀櫻」へと行ってきました。

kokirou_201903_1.jpg

kokirou_201903_2.jpg


こちらのお店は担々麺と餃子が売りのお店です。

担々麺は数種を提供しており迷いましたが、まずはお店のイチオシというコチラ

味噌坦々麺

kokirou_201903_3.jpg


スープ

kokirou_201903_4.jpg


近年増えてきたチーマージャン押しのドロ系担々麺とは違い、サラリとした飲み口のスープです。
程よい辛味と味噌、スープ等の旨味などバランスの良い味となっています。


麺は多加水の縮れ細麺です。

kokirou_201903_5.jpg


挽き肉はしっかりと味がつけられています。

kokirou_201903_6.jpg


具材の各種野菜

kokirou_201903_7.jpg

モヤシ、キャベツ、ニンジン、青菜等の野菜がたっぷりとのっています。

野菜がたくさん食べられるのは嬉しいですね。
味の方も辛味がそれ程でもなく、食べやすく仕上がっていると思います。


もう一杯はこちら

日本一坦々麺

kokirou_201903_8.jpg


味噌担々麺は野菜がたっぷりとのっていましたが、こちらは豪華版の具材がのっています。

挽き肉は共通です。

kokirou_201903_9.jpg


チャーシューは一般的なラーメン屋に多い煮豚ではなく、中華料理系の焼豚でした。

kokirou_201903_10.jpg


焼き加減や味つけなど、本格的で美味しい焼豚でした。


ワンタン

kokirou_201903_11.jpg


こちらは硬めな噛み応えが特徴的です。
ツルンと柔らかいワンタンが多い中、こういうのは珍しいですね。


モヤシ、卵とじ

kokirou_201903_12.jpg


玉子のまろやか感が加わります。


具材たっぷりな担々麺でした。


夜六時からはご飯物など各種メニューが追加されます。

今回はその中からこちらの一品を注文してみました。

五目チャーハン(900円)

kokirou_201903_13.jpg


パラリとした食感で程よい味付けのチャーハンです。

刻みチャーシュー、玉子などが入っていました。



ラストは人気メニューのこちら

餃子

kokirou_201903_14.jpg


モッチリ皮にたっぷりの野菜等の具材が詰まっています。

kokirou_201903_15.jpg


この餃子を20種の野菜を用いたという自家製タレにつけて食べます。

kokirou_201903_16.jpg


おろし醤油的なタレにつけて食べるとサッパリ感が加わり、美味しく頂けます。


古稀櫻の詳細
posted by BBSHIN at 00:00| Comment(0) | 新潟市東区

2019年02月22日

中華料理 かねもと 五目うま煮とマーボーメンが融合「五目マーボー麺」

新潟市東区にある「中華料理 かねもと」へと行ってきました。

kanemoto_1.jpg


お店は東総合スポーツセンターから河渡方面に向かい少し行った細い道沿いにあります。
地元の人でないとなかなか分からない様な、目立たない場所かなと思います。


色々なメニューがあり迷いましたが、その日のお勧めメニューとしてサービス価格となっていたこちらの一杯を注文しました。

五目マーボー麺

kanemoto_2.jpg


その名の通り
「五目うま煮ラーメン」

「マーボー麺」
が合わさった様な一杯です。


スープ

kanemoto_3.jpg


スープはあっさり系で、五目マーボー餡の味が混ざっています。

餡は程よいトロみで、マーボーの味が強く出ています。
そこに海老、イカ、ピーマン、ニンジン、カマボコといった五目的な具材が入っています。


麺は多加水の細麺です。

kanemoto_4.jpg



五目と麻婆の融合

ありそうでいて、なかなか無い
そんな珍しい一杯でした!!



テーブル調味料

kanemoto_5.jpg


ブラックペッパー、ホワイトペッパー、酢、醤油、ラー油、塩、唐辛子、さんしょうの粉が置いてあります。

マーボーには定番の山椒がお勧めですね。


もう一杯はこちら

五目もやしうま煮ラーメン

kanemoto_6.jpg

kanemoto_7.jpg

kanemoto_8.jpg


スタンダードなスタイルの五目うま煮麺です。
具材としては、海老、イカ、たっぷりのモヤシ、ネギ、キクラゲ、ニラ、カマボコ、ニンジン、ピーマン、玉子などが使われていました。
具材が種類豊富なのが嬉しいですね。

味としてはシンプルな定番五目スタイルで、しっかりとした美味しさのある一杯でした。



こちらのお店は餃子が人気の様で、店内のお客さんの大半が単品の餃子、もしくは定食の餃子ライスを注文していました。

という事でサイドメニューとして餃子を注文。

kanemoto_9.jpg


大きい餃子ですね。

割った瞬間にたっぷりの熱々な肉汁が飛び出してきました。

kanemoto_10.jpg


具材もたっぷりと入っています。
モチモチとした皮の食感も良いですね。


タレは普通のタレとおろし醤油ダレが選べたので、おろし醤油でお願いしました。

kanemoto_11.jpg


とても美味しい餃子でした!


とても満足いく品だったので、お持ち帰りも購入しました。

kanemoto_12.jpg


ちなみに、各種テイクアウトメニューが充実しています。

kanemoto_13.jpg


その中から、あんかけ玉子チャーハン(390円)を購入しました。

kanemoto_14.jpg


お店で出来立てを食べた方が、より美味しいのだとは思いますが、お持ち帰りでも十分に美味しかったです。


中華料理 かねもとの詳細
posted by BBSHIN at 20:14| Comment(0) | 新潟市東区

2019年02月03日

麺処 清水 新潟東店 整った麺線が美しい中華そば、ブラックペッパーがガツンと効いた六日町ブラック

新潟市東区にオープンした「麺処 清水 新潟東店」へと行ってきました。

shimizu_higashi_1.jpg


場所は、新潟市東総合スポーツセンター近くで、麺五郎蓮華があった場所です。


まずは看板メニューのこちらの一杯を頂いてみる事に。

中華そば

shimizu_higashi_2.jpg


こちらの系列店は、綺麗に整えた麺線が特徴的です。


スープ

shimizu_higashi_3.jpg


あっさり醤油清湯い脂が多めに浮かせてあります。

程よい濃さの出汁と少し強めの醤油ダレと油のコク。
際立つ部分はなく、バランス良く仕上げたスープかなと思います。




shimizu_higashi_4.jpg


軽くパッツリとした食感の中細麺でした。



もう一杯はこちら

六日町ブラック

shimizu_higashi_5.jpg

shimizu_higashi_6.jpg


「ブラック」という名前から、濃い醤油ダレを前面に出した一杯を予想していましたが、想像とは違い、醤油感はそこそこな濃さでした。
魚沼・南魚沼エリアには、この位の醤油感の強さのものは多いかなと思います。
変わりにスープや醤油の味を完全に上書く程の大量のブラックペッパー、スパイシー感が全体を支配していました。
上にかかっているだけでなく、丼の底にもたまっており、スープを飲むと強い辛味とざらつき感が舌に残ります。




shimizu_higashi_7.jpg


中華そばよりも細いタイプで、よりパツパツとした食感が印象的でした。
個人的にはこちらの麺の方が好みです。


ブラックペッパー好きな人は試してみてはいかがでしょうか。


サイドメニューの皿ワンタン(400円)

shimizu_higashi_8.jpg


麺処 清水 新潟東店の詳細
posted by BBSHIN at 16:18| Comment(0) | 新潟市東区

2019年01月04日

幸楽苑 中野山店 リーズナブルな価格の極上中華そば

新潟市東区にある「幸楽苑 中野山店」へと行ってきました。

kourakuen_nakanoyama_1.jpg


極上中華そば

kourakuen_nakanoyama_2.jpg


スープ

kourakuen_nakanoyama_3.jpg


あっさりスープには、動物系の旨味等が多めに入っていて、醤油風味も強めで濃い飲み口となっています。



麺リフトアップ

kourakuen_nakanoyama_4.jpg


シンプルなスタイルの中華そばには、多加水の細麺が良く合います。

税込421円という価格にしては、かなり良く出来ていると思います。
普通に美味しい一杯でした。



濃厚魚介つけめん

kourakuen_nakanoyama_5.jpg


つけダレ

kourakuen_nakanoyama_6.jpg


トロみがあり、塩分強め、強い魚介風味と甘みが入っていました。

王道スタイルの濃厚魚介つけ麺に良いところまで近づけていると思います。




kourakuen_nakanoyama_7.jpg

kourakuen_nakanoyama_8.jpg


こちらは良くあるガッシリ太麺ではなく、多加水の細麺でした。

ここが太麺であれば大分近づいたと思いますが、茹で時間、他メニューとの作業の統一等、オペレーションを考慮しての細麺でしょうか。

もう一品の酸味が効いたあっさりつけ麺に良く合いそうな麺ですが、こちらの濃厚魚介にも、スープが良く絡み食べやすく相性は悪くないかなと思います。


+421円のチャーハンセットも頂きました。

半炒飯

kourakuen_nakanoyama_9.jpg


しっとり食感、しっかりとした味付けで美味しかったです。


餃子(3コ)

kourakuen_nakanoyama_10.jpg


セットの餃子は3コですが、更に+110円で6コに変更可能とのこと。


これだけ食べて1,371円(税込)というのは、かなり安いですね。

昔はチェーン店というと安いがそれなりの味的な事が多かったが、各品ともに美味しく、チェーン店のレベルがかなり上がってきていると感じます。


幸楽苑 中野山店の詳細
posted by BBSHIN at 23:21| Comment(0) | 新潟市東区

2018年10月06日

ラーメン ぱせり トロみたっぷりなマーボーラーメン

新潟市東区にある「ラーメン ぱせり」へと行ってきました。

paseri_201810_1.jpg


こちらのお店を訪問したのは約8年ぶりとなります。
以前に行った時はかなり低価格で色んなメニューを提供しているお店だと思いましたが、それから年月が経過し久しぶりに訪れてみると、当時と価格が20円アップしただけとなっていました。
当時からは、材料費の高騰、消費税増税等、いろんな値上げタイミングがありましたが、それでも各種メニューを低価格帯に抑えている事に驚きです。


今回注文したのはこちら

マーボーラーメン

paseri_201810_2.jpg

paseri_201810_3.jpg


あっさりとしたスープにトロみの強い麻婆餡がたっぷりとかかっています。

paseri_201810_4.jpg


麻婆豆腐は辛味はほどほどに甘めもありました。
トロみの強さにより麺への絡みも良かったです。

マーボー丼(670円)なども美味しそうですね。


肉あんかけラーメン

paseri_201810_5.jpg


炒飯(570円)

paseri_201810_6.jpg


炒飯についてくるスープ

paseri_201810_7.jpg


ラーメン ぱせりの詳細
posted by BBSHIN at 23:39| Comment(0) | 新潟市東区

2018年09月18日

琴平うどん ちゃーしゅうや武蔵の味噌ラーメンとうどんの融合!!

新潟市東区にある「琴平うどん」へと行ってきました。

kotohira_udon_1.jpg


こちらのお店、かつて一本槍や武吉兆山木戸店があった場所でしたが、リニューアルしうどん店となっていました。
以前の2店同様に、だるまやグループのお店で、今回はそのグループ内でコラボした一杯を頂く事に。

今回食べたのはこちら

武蔵辛味噌うどん(780円)

kotohira_udon_2.jpg


見た目の通り、「うどん」とちゃーしゅうや武蔵の「からし味噌らーめん」が融合した一杯となっています。

チャーシューではなく、煮込まれた豚バラ肉がのっています。

kotohira_udon_3.jpg


スープ

kotohira_udon_4.jpg


スープの味は正にちゃーしゅうや武蔵の味噌ラーメンです!

味噌の風味はモロに武蔵なのですが、どことなく優しい出汁感なのは、うどん屋さんならではでしょうか。

スープ自体はあっさり、さっぱり系だと思われますが、上には少し多めの脂が浮き、味噌の風味もあり、濃厚な味わいとなっています。



そして、武蔵のラーメンと一番違う点は、、

やはり「麺」です。

kotohira_udon_5.jpg


コシのあるうどんと濃厚な味わいの味噌スープの組み合わせは抜群ですね。

うどんは、デフォルトで大盛りとなっているらしく、他のメニューは特盛無料ですがこちらは不可とのこと。
また、麺少な目を760円で提供している様です。

そしてちゃーしゅうや武蔵と同様に途中辛子味噌を溶かし、味に変化を与える事が出来ます。


そして、テーブル備え付けの薬味などをプラスする事で、更なる変化も可能です。

ネギ、七味、おろし生姜、揚げ天

kotohira_udon_6.jpg


ちなみに、こちらの一杯、10月31日までの期間限定メニューとなっております。

普段は食べられない「からし味噌らーめん」と「うどん」の融合。

この機会に是非お試し下さい!


琴平うどん 山木戸店の詳細
posted by BBSHIN at 22:59| Comment(0) | 新潟市東区

2018年09月15日

背脂三銃士 純白のビアンカ豚を使用した背脂醤油

新潟市東区の「背脂三銃士」へと行ってきました。

seaburasanjushi_1.jpg


こちらのお店、吉相、だるまや、万人家の3店コラボとのこと。
そして、背脂にはヤスダヨーグルトのホエイを与えて育てた純白のビアンカのものを使用しているとのこと。

注文したのは看板メニューのこちらの一杯です。

純白の背脂醤油らーめん

seaburasanjushi_2.jpg


スープ

seaburasanjushi_3.jpg


魚介系と動物系、そこに背脂の甘みとコクが合わさったタイプです。
魚介出汁の味が目立ち、そこに背脂や動物系が下支えしています。
魚介が前に出ている事で「背脂の質」というのは分かりにくいバランスとなっているかなと。



seaburasanjushi_4.jpg


構成としては、かなり「だるまや」に近いかなと感じました。
だるまやの背脂ラーメンが好きな人は、こちらも気に入るかなと思います。


三銃士まぜそば

seaburasanjushi_5.jpg

seaburasanjushi_6.jpg


良くあるジャンク系まぜそばの様な濃い味つけではなく、食べやすい仕上りとなっています。


追加トッピングメニュー

seaburasanjushi_7.jpg


これらの追加トッピングを加える事で、パンチやジャンク感を加える事も可能なのかなと思います。


ビアンカの子豚丼(350円)

seaburasanjushi_8.jpg


背脂三銃士の詳細
posted by BBSHIN at 12:54| Comment(0) | 新潟市東区

2018年08月17日

らぁ麺 鯛あたり あっさりながらも深みある「麦みそ」

新潟市東区の「らぁ麺 鯛あたり」へと行ってきました。

taiatari_201808_1.jpg


今回注文したのは、以前行った時にはメニューになかった一品「麦みそ」です。

taiatari_201808_2.jpg

taiatari_201808_3.jpg


独特な色をしたスープですね。
味の方は、比較的あっさりとしていますが、風味の良い味噌の味が良く出ています。
こちらのお店のスープであれば、魚介も前に出てきそうではありますが、程よい味噌の風味の裏に隠れベースアップにつとめている印象です。

麺は多加水でツルツルモッチリ感のある太麺でした。

上にのった玉をスープに崩し溶かすと、スパイシー感が加わり、良いアクセントとなります。

サッパリと食べられる美味しい一杯でした。


もう一杯はこちら

しお

taiatari_201808_4.jpg


しっかりとした魚介感が際立つスープです。
あっさりとしつつも重厚感があり、飲み応え抜群です。
パッツリとした食感の麺も良いですね。

こちらの塩と定番の醤油は、他のお店には無いオリジナリティある仕上がりとなっているかなと思います。


数量限定の鯛めし(100円)

taiatari_201808_5.jpg


複雑に味が重なり合う塩ラーメンよりも、こちらの鯛めしの方が鯛感が分かりやすく出ています。
しっかりとした美味しさで、100円という価格はお得ですね。


らぁ麺 鯛あたりの詳細
posted by BBSHIN at 05:02| Comment(0) | 新潟市東区

2018年08月15日

柿屋 トロみたっぷり具材豊富なエビそば

新潟市東区にある「柿屋」へと行ってきました。

kakiya_201808_1.jpg


今回注文したのはコチラ!

エビそば

kakiya_201808_2.jpg

kakiya_201808_3.jpg


あっさりでしっかりとした旨味の塩味のスープに、トロみのある餡がかかっています。
餡には、エビの他に、白菜、青菜、きくらげ等の具材がたっぷりと入っています。

麺は多加水の細麺でした。

ボリュームがあり、味つけもの良く、とても美味しい海老そばでした!



次はこちら

マーボーメン

kakiya_201808_4.jpg

kakiya_201808_5.jpg

kakiya_201808_6.jpg


あっさりスープにトロがかなり強い麻婆餡がかかっています。

マーボー餡は、辛味と甘みがあり、餡のトロみも強く、印象的な味となっていました。
そして、トロみの強さから、麺にかなり絡んできます。



ラストはこちら

五目チャーハン

kakiya_201808_7.jpg


味つけが濃く、硬め食感のご飯の歯ごたえが良かったです。

具材は、肉、玉子の他、ナルトやメンマなどもあり、ラーメン具の転用的なものが見受けられました。
メニュー豊富な中華食堂ならではの五目チャーハン、とても美味しかったです。


柿屋の詳細
posted by BBSHIN at 07:39| Comment(0) | 新潟市東区

2018年07月25日

松壱家 新潟竹尾店 濃厚豚骨醤油スープ

新潟市東区、竹尾インター近くのデルゼ敷地内にオープンした「松壱家 新潟竹尾店」へと行ってきました。

matsuichiya_takeo_1.jpg


こちらのお店は、神奈川県藤沢市に本店がある系列となります。

藤沢本店での食べ歩き記事はこちら


注文したのは「醤油豚骨ラーメン」です。

matsuichiya_takeo_2.jpg

matsuichiya_takeo_3.jpg


濃厚な豚骨醤油スープです。
口の中にまとわりつく様な、コラーゲン質の多さが印象的でした。

麺は歯ごたえの強い太麺です。

matsuichiya_takeo_4.jpg


このスタイルのラーメンの中では加水が高い方かなと。


かなりガツンとくるタイプのスープかなと。


塩豚骨

matsuichiya_takeo_5.jpg


こちらも濃厚です。

醤油以上にコラーゲン感が目立つ仕上がりかなと。


テーブル調味料

matsuichiya_takeo_6.jpg


醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、白ゴマ、ニンニク、豆板醤がありました。


ニンニクと豆板醤

matsuichiya_takeo_7.jpg



塩豚骨を肉飯セットでお願いしていました。
(ラーメンとセットで1,000円)

matsuichiya_takeo_8.jpg


甘じょっぱいタレがかかっていました。


松壱家 新潟竹尾店の詳細
posted by BBSHIN at 06:16| Comment(0) | 新潟市東区

2018年07月24日

中華麺食堂 かなみ屋 松崎店 ドロ系濃厚スープの担々麺 味噌ベース

新潟市東区にオープンした「中華麺食堂 かなみ屋 松崎店」へと行ってきました。

kanamiya_matsuzaki_1.jpg


注文したのは定番のこちら

担々麺 味噌ベース

kanamiya_matsuzaki_2.jpg



相変わらずのドロ系濃厚スープです。

海老の風味と辛味、シビレ、クリーミー感あるコクなど、色々な味が詰め込まれています。

そして、上にのった挽肉がスープに混ざると、食感と味に変化が加わります。
挽肉がスープをまとう事で、よりドロ系となり、穴あきレンゲですくってもスープが穴から落ちない位になります。

ザーサイにスープが絡めた時の食感も良かったです。


麺はそうしたインパクト抜群なスープにぴったりとくる多加水でモッチリ食感の太麺です。

kanamiya_matsuzaki_3.jpg


とても美味しい一杯でした!


濃厚な担々スープとご飯の相性は抜群です。

ハーフライス(120円)

kanamiya_matsuzaki_4.jpg


こちらのお店の担々麺や麻婆麺にライスは必須アイテムですね。
ハーフサイズでは足りない位でした。


お冷のかわりにルイボスティーが常備されています。

kanamiya_matsuzaki_5.jpg


濃厚な味わいの各種メニューに染まった口の中を一旦リセットしてくれます。
かといって、苦味などもなく飲みやすいので、こちらのお店の料理にちょうど良く合う飲み物かなと。



五目うま煮ラーメン

kanamiya_matsuzaki_6.jpg


あっさりとした醤油スープに、五目餡がかかっています。

五目餡には、ウズラの卵、イカ、椎茸、シメジ、ニンジン、キクラゲ、豚肉、白菜、青菜など、豊富な種類の食材が使われていました。

サラリとしたスープに、五目餡が旨味を加えるので、スープ自体も印象的な味となります。


麺は担々麺味噌よりも細めの多加水麺でした。

kanamiya_matsuzaki_7.jpg


正統派スタイルの中華系五目ラーメンでした。

食べやすく美味しい一杯ですね。


中華麺食堂 かなみ屋 松崎店の詳細
posted by BBSHIN at 00:25| Comment(0) | 新潟市東区

2018年07月22日

らーめん亭にしやま 風味豊かな「味噌らーめん」

新潟市東区にある「らーめん亭にしやま」へと行ってきました。

nishiyama2_201807_1.jpg


平日のお昼に行きましたが、店内はほぼ満席となっていました。
少し早めに行った事もあってか、待つ事なく座る事が出来ました。

定番の背脂醤油は前回食べたので、今回はこちらを注文してみました。

味噌らーめん

nishiyama2_201807_2.jpg


風味豊かな味噌の味がしっかりと出ています。

今回の味噌の他、五目うま煮、野菜らーめん、汁なし麺は背脂なしとのこと。
ただ、味噌の風味の強さ、濃さなどもあってか、濃厚感ある味わいに仕上がっていました。
旨味もしっかりとしており、味のバランスも良かったです。


麺は多加水太麺です。

nishiyama2_201807_3.jpg


ガッシリ食感が濃い味噌スープにベストマッチ!!

インパクトがありつつ、食べやすさもあり、とても美味しい一杯でした。



一緒に行った人が食べていた「五目うま煮らーめん(味噌)」

nishiyama2_201807_4.jpg


こちらも美味しそうですね〜
機会あれば試してみたいと思います!!


らーめん亭にしやまの詳細
posted by BBSHIN at 08:31| Comment(0) | 新潟市東区

2018年07月16日

麺屋 だしだ 煮干しが効いた一杯!

新潟市東区にオープンした「麺屋 だしだ」へと行ってきました。

dashida_1.jpg


場所は、勝鬨屋粟山店があった場所です。
竜胆、のろしと変化してきた場所ですが、今回は同グループのリニューアルではない様です。


注文したのはこちら

麺屋 だしだ

dashida_2.jpg

dashida_4.jpg


動物系・魚介系で、比較的あっさりめな仕上がりのスープです。
ダブルスープで魚介勝たせた様な、ライトな仕上がりの中、煮干の出汁感と軽い苦みが印象的です。
全体的にしっかりとしたベースがあり、各種素材がバランス良く出ている中、煮干し感だけを軽く突出させていると思いました。




dashida_3.jpg


中細のストレート麺は滑らかな質感としっかりとした歯ごたえ。
クオリティの高い麺だと思います。


味が濃いめに染みたチャーシューは、分厚く歯ごたえがありますが、質感は柔らかかったです。

綺麗に仕上げつつ、一点、煮干のアクセントを際立たせているところが、好印象な一杯でした。

新潟市で良く見かける魚介醤油に近いスタイルですが、オリジナリティを感じさせる仕上がりになっていたのが良かったと思います。


もう一杯はこちら

ごま醤油

dashida_5.jpg

dashida_7.jpg


かなりゴマが効いたクリーミーなスープです。
胡麻のコク以外にも、旨味もはっきりとしており、かなり印象的な飲み応えです。

上に浮いた辛味油により、程よい辛みがアクセントとなっていました。
あまり辛くない油でした。


麺は多加水もっちり太麺です。

dashida_6.jpg


こうした濃厚系スープに良く使われるタイプの太麺です。
もっちり食感がスープと良く合っていたと思います。


ごま醤油というタイトルで、注文時はどういうものかがイメージ出来ませんでしたが、食べてみると濃厚系担々麺的な一杯でした。
トッピングが挽き肉等の担々麺スタイルではなく、チャーシュー、メンマの他にコーンがのり、味噌ラーメン的なものとなっていました。

良く見かけるスタイルの担々麺かなと思いましたが、そうした中でもレベルの高い一杯だったと思います。

煮干しつけ麺なるメニューもあったのでそちらも機会あれば試してみたいですね。



サイドメニュー

チャーシュー丼(230円)

dashida_8.jpg


味の良く染みたチャーシューは、ラーメンにのっている時とは違い、温度が低いと歯ごたえある肉の食感が楽しめます。


麺屋 だしだの詳細
posted by BBSHIN at 22:26| Comment(2) | 新潟市東区

2018年05月20日

きどりらーめん 醤油味の濃厚鶏白湯「次男むらさき」

新潟市東区の「きどりらーめん」へと行ってきました。

kidori_201805_1.jpg


5年ぶりにお店に訪れると、長男、次男、紅と名付けられた3つの鶏白湯というメニュー構成となっていました。

まずは当時はなかった品から

次男むらさき

kidori_201805_2.jpg

kidori_201805_3.jpg


濃厚な鶏白湯スープに醤油味という一品です。

元々臭みはそれ程ないスープに、醤油が風味付ける事でより食べやすくなっているかなと思いました。

トッピングとしては、鶏チャーシューに加え、ラーメンには珍しい、おかひじき、はじかみといった品がのっていました。



続いてはこちら

長女 紅

kidori_201805_4.jpg


長男が白味噌ベースなのに対し、こちらは赤味噌となっており、いかにも味噌鶏白湯な仕上がりです。

濃厚味噌が食べたいという方にお勧めですね。


そして定番のこちら

長男きどりらーめん

kidori_201805_5.jpg


前述の通り、白味噌という事で、「いかにも味噌ラーメン」という味にはなっていません。
風味を加えつつ、鶏白湯の味を殺さず鶏風味も楽しめるバランスになっているかと思います。
逆にモロに鶏っぽいスープが苦手な人は長女の方が食べやすいかもしれませんね。


各種調味料を用い味の変化が可能です。

kidori_201805_6.jpg

生姜パウダー、カレーパウダー、ガーリックパウダー、七味唐辛子、胡椒、醤油ダレ、味噌ダレ、ラー油が置いてありました。


味噌ダレ

kidori_201805_7.jpg


シメにご飯を注文し、残ったスープ具材を投入し雑炊としても良いでしょう。

kidori_201805_8.jpg


トーストもあります。

kidori_201805_9.jpg


濃厚スープとトーストというのは面白い組み合わせですね。

各種調味料、ライス、トーストなどをうまく使い、飽きる事なく最後まで美味しく頂ける構成となっています。


きどりらーめんの詳細
posted by BBSHIN at 09:17| Comment(0) | 新潟市東区

2018年05月19日

拉麺 蓮華 背油入り醤油スープとクリーミーな坦々麺

竹尾インター近く、はなみずきの「拉麺 蓮華」へと行ってきました。

renge_1.jpg


場所は麺五郎があった場所です。


注文したのはこちら

醤油ラーメン

renge_2.jpg


新潟市に多いタイプの背油正油スープの一杯です。


スープ

renge_4.jpg


たっぷりの背油でコッテリに見えますが、スープ自体はあっさりめです。
こうしたスタイルのラーメンでは、魚介系出汁がハッキリしていたり、強い旨味が加えられている事が多いですが、そうした部分は比較的穏やかな仕上がりになっていたかと思います。


麺は多加水でツルツルモッチリの太麺でした。

renge_3.jpg


チャーシュー、モヤシ、タマネギなどがのっており、それらに背脂醤油スープを絡めて食べると美味しかったですね。


担々麺

renge_5.jpg


クリーミーなゴマ風味が効いたスープに程よい辛味のラー油が多めに浮いています。

醤油ラーメンには無い独特な苦味が印象的でした。
苦味は、胡麻のまろやか感を打ち消すレベルで、こうしたバランスの担々スープを飲むのは初めてでした。


ミニチャーシュー丼(120円)

renge_6.jpg


担々麺と合わせるライスがわりにこちらを注文しました。

ライス100円というお店も多い中、このミニチャーシュー丼120円はかなりお得価格かなと。


拉麺 蓮華の詳細
posted by BBSHIN at 02:06| Comment(0) | 新潟市東区

2018年05月03日

新潟流家系ラーメン 謙信 濃厚豚骨醤油スープ

新潟市東区の「新潟流家系ラーメン 謙信」へと行ってきました。

kenshin_1.jpg


場所は、中華そば萌があった場所です。
ここは、萌の前にも博多麺番長、麺マッチョ、イエナ、だるま2、麺屋 楓、ナイルなどが営業していた過去があり、かなり移り変わりの激しい店舗です。


注文したのはこちら

ラーメン

kenshin_2.jpg


「家系ラーメン」を掲げるだけあり、正にそういったスタイルの一杯となっています。

スープ

kenshin_4.jpg


濃厚な豚骨醤油スープの表面に風味の良い鶏油が浮いています。
スープ自体の濃厚さ、浮き油のコク、コッテリ感、そして、醤油ダレのハッキリとした旨味も加わり、かなりパンチある仕上がりとなっています。


麺は歯ごたえの良い太麺です。

kenshin_3.jpg


店名からくるイメージから、あまり期待はしていなかったのですが、、

食べてみると予想以上に本格的な味の一杯に驚きました。
新潟のこのスタイルの中ではレベルが高い部類に入るかなと。


テーブル調味料

kenshin_5.jpg


醤油、酢、ラー油、胡椒の他、こうしたスタイルのラーメンに定番の白ゴマ、ニンニク、生姜、そして辛味噌もありました。

kenshin_6.jpg



定番のキャベチャ(100円)

kenshin_7.jpg


ライスが50円でした。

kenshin_8.jpg


豚骨醤油スープとご飯の相性は良かったです。


もう一杯はこちら

淡麗塩ラーメン

kenshin_9.jpg

kenshin_10.jpg


濃厚白湯スープの他に、あっさり清湯スープも作っているのですね。

上に浮いた油は鶏油でしょうか。
スープからは鶏風味がたっぷりと出ていました。
動物系をベースにタレ等の旨味をプラスし、味の方向付けをしたタイプかと。

麺は多加水の細麺でした。


淡麗塩としては、なかなかレベルが高かったと思います。
ただ、初めて食べに行ってどれか一杯を食べるのであれば、お店のイチオシである豚骨醤油の方をお勧めしたいと思います。


新潟流家系ラーメン 謙信の詳細
posted by BBSHIN at 12:24| Comment(0) | 新潟市東区

2018年04月21日

くるまやラーメン 新潟河渡店 ニンニクがガッツリ効いた味噌「スタミナラーメン」

新潟市東区にオープンした「くるまやラーメン 新潟河渡店」へと行ってきました。

kurumaya_koudo_1.jpg


注文したのは、定番のこちら

スタミナラーメン

kurumaya_koudo_2.jpg

kurumaya_koudo_3.jpg


濃い味噌味のスープにはガツンとニンニクが効いています。
スープ表面に油が多めに浮いているので、結構コッテリとしています。

上にのったバターが少しずつ溶けてきます。
当然の事ながらバターと味噌の相性は抜群ですね。

上にのったモヤシをスープにつけて食べるのも美味しいですね。

生卵とワカメは昔ながらの味噌ラーメンの定番ですが、こうしたパンチのある味噌スープにも良く合います。

麺は歯ごたえある多加水太麺です。


今ほど多種多様なラーメンが無かった頃は、ガツンとしたラーメンが食べたいならくるまやの味噌でしたね。
夜遅くまで営業していたので、ちょいちょい夜食に食べに行ってた記憶が残っています。


もう一杯はこちら

カレーラーメン

kurumaya_koudo_4.jpg


カレースープタイプのカレーラーメンです。

こちらもニンニクがガツンと効いていてとても刺激的な味わいです。
旨味のあるカレースープに加わるニンニクのインパクトは強烈ですね。

ここ数年、くるまやに食べに行くと大抵食べるのがこちらの一杯です。

味噌ラーメンも同様ですが、時折、分かりやすいシンプルな刺激が欲しくなるんですよね。


無料のライス

kurumaya_koudo_5.jpg


味噌にもカレーにもどちらにも良く合います!


くるまやラーメン 新潟河渡店の詳細
posted by BBSHIN at 23:33| Comment(0) | 新潟市東区