2018年05月20日

きどりらーめん 醤油味の濃厚鶏白湯「次男むらさき」

新潟市東区の「きどりらーめん」へと行ってきました。

kidori_201805_1.jpg


5年ぶりにお店に訪れると、長男、次男、紅と名付けられた3つの鶏白湯というメニュー構成となっていました。

まずは当時はなかった品から

次男むらさき

kidori_201805_2.jpg

kidori_201805_3.jpg


濃厚な鶏白湯スープに醤油味という一品です。

元々臭みはそれ程ないスープに、醤油が風味付ける事でより食べやすくなっているかなと思いました。

トッピングとしては、鶏チャーシューに加え、ラーメンには珍しい、おかひじき、はじかみといった品がのっていました。



続いてはこちら

長女 紅

kidori_201805_4.jpg


長男が白味噌ベースなのに対し、こちらは赤味噌となっており、いかにも味噌鶏白湯な仕上がりです。

濃厚味噌が食べたいという方にお勧めですね。


そして定番のこちら

長男きどりらーめん

kidori_201805_5.jpg


前述の通り、白味噌という事で、「いかにも味噌ラーメン」という味にはなっていません。
風味を加えつつ、鶏白湯の味を殺さず鶏風味も楽しめるバランスになっているかと思います。
逆にモロに鶏っぽいスープが苦手な人は長女の方が食べやすいかもしれませんね。


各種調味料を用い味の変化が可能です。

kidori_201805_6.jpg

生姜パウダー、カレーパウダー、ガーリックパウダー、七味唐辛子、胡椒、醤油ダレ、味噌ダレ、ラー油が置いてありました。


味噌ダレ

kidori_201805_7.jpg


シメにご飯を注文し、残ったスープ具材を投入し雑炊としても良いでしょう。

kidori_201805_8.jpg


トーストもあります。

kidori_201805_9.jpg


濃厚スープとトーストというのは面白い組み合わせですね。

各種調味料、ライス、トーストなどをうまく使い、飽きる事なく最後まで美味しく頂ける構成となっています。


きどりらーめんの詳細
posted by BBSHIN at 09:17| Comment(0) | 新潟市東区

2018年05月19日

拉麺 蓮華 背油入り醤油スープとクリーミーな坦々麺

竹尾インター近く、はなみずきの「拉麺 蓮華」へと行ってきました。

renge_1.jpg


場所は麺五郎があった場所です。


注文したのはこちら

醤油ラーメン

renge_2.jpg


新潟市に多いタイプの背油正油スープの一杯です。


スープ

renge_4.jpg


たっぷりの背油でコッテリに見えますが、スープ自体はあっさりめです。
こうしたスタイルのラーメンでは、魚介系出汁がハッキリしていたり、強い旨味が加えられている事が多いですが、そうした部分は比較的穏やかな仕上がりになっていたかと思います。


麺は多加水でツルツルモッチリの太麺でした。

renge_3.jpg


チャーシュー、モヤシ、タマネギなどがのっており、それらに背脂醤油スープを絡めて食べると美味しかったですね。


担々麺

renge_5.jpg


クリーミーなゴマ風味が効いたスープに程よい辛味のラー油が多めに浮いています。

醤油ラーメンには無い独特な苦味が印象的でした。
苦味は、胡麻のまろやか感を打ち消すレベルで、こうしたバランスの担々スープを飲むのは初めてでした。


ミニチャーシュー丼(120円)

renge_6.jpg


担々麺と合わせるライスがわりにこちらを注文しました。

ライス100円というお店も多い中、このミニチャーシュー丼120円はかなりお得価格かなと。


拉麺 蓮華の詳細
posted by BBSHIN at 02:06| Comment(0) | 新潟市東区

2018年05月03日

新潟流家系ラーメン 謙信 濃厚豚骨醤油スープ

新潟市東区の「新潟流家系ラーメン 謙信」へと行ってきました。

kenshin_1.jpg


場所は、中華そば萌があった場所です。
ここは、萌の前にも博多麺番長、麺マッチョ、イエナ、だるま2、麺屋 楓、ナイルなどが営業していた過去があり、かなり移り変わりの激しい店舗です。


注文したのはこちら

ラーメン

kenshin_2.jpg


「家系ラーメン」を掲げるだけあり、正にそういったスタイルの一杯となっています。

スープ

kenshin_4.jpg


濃厚な豚骨醤油スープの表面に風味の良い鶏油が浮いています。
スープ自体の濃厚さ、浮き油のコク、コッテリ感、そして、醤油ダレのハッキリとした旨味も加わり、かなりパンチある仕上がりとなっています。


麺は歯ごたえの良い太麺です。

kenshin_3.jpg


店名からくるイメージから、あまり期待はしていなかったのですが、、

食べてみると予想以上に本格的な味の一杯に驚きました。
新潟のこのスタイルの中ではレベルが高い部類に入るかなと。


テーブル調味料

kenshin_5.jpg


醤油、酢、ラー油、胡椒の他、こうしたスタイルのラーメンに定番の白ゴマ、ニンニク、生姜、そして辛味噌もありました。

kenshin_6.jpg



定番のキャベチャ(100円)

kenshin_7.jpg


ライスが50円でした。

kenshin_8.jpg


豚骨醤油スープとご飯の相性は良かったです。


もう一杯はこちら

淡麗塩ラーメン

kenshin_9.jpg

kenshin_10.jpg


濃厚白湯スープの他に、あっさり清湯スープも作っているのですね。

上に浮いた油は鶏油でしょうか。
スープからは鶏風味がたっぷりと出ていました。
動物系をベースにタレ等の旨味をプラスし、味の方向付けをしたタイプかと。

麺は多加水の細麺でした。


淡麗塩としては、なかなかレベルが高かったと思います。
ただ、初めて食べに行ってどれか一杯を食べるのであれば、お店のイチオシである豚骨醤油の方をお勧めしたいと思います。


新潟流家系ラーメン 謙信の詳細
posted by BBSHIN at 12:24| Comment(0) | 新潟市東区

2018年04月21日

くるまやラーメン 新潟河渡店 ニンニクがガッツリ効いた味噌「スタミナラーメン」

新潟市東区にオープンした「くるまやラーメン 新潟河渡店」へと行ってきました。

kurumaya_koudo_1.jpg


注文したのは、定番のこちら

スタミナラーメン

kurumaya_koudo_2.jpg

kurumaya_koudo_3.jpg


濃い味噌味のスープにはガツンとニンニクが効いています。
スープ表面に油が多めに浮いているので、結構コッテリとしています。

上にのったバターが少しずつ溶けてきます。
当然の事ながらバターと味噌の相性は抜群ですね。

上にのったモヤシをスープにつけて食べるのも美味しいですね。

生卵とワカメは昔ながらの味噌ラーメンの定番ですが、こうしたパンチのある味噌スープにも良く合います。

麺は歯ごたえある多加水太麺です。


今ほど多種多様なラーメンが無かった頃は、ガツンとしたラーメンが食べたいならくるまやの味噌でしたね。
夜遅くまで営業していたので、ちょいちょい夜食に食べに行ってた記憶が残っています。


もう一杯はこちら

カレーラーメン

kurumaya_koudo_4.jpg


カレースープタイプのカレーラーメンです。

こちらもニンニクがガツンと効いていてとても刺激的な味わいです。
旨味のあるカレースープに加わるニンニクのインパクトは強烈ですね。

ここ数年、くるまやに食べに行くと大抵食べるのがこちらの一杯です。

味噌ラーメンも同様ですが、時折、分かりやすいシンプルな刺激が欲しくなるんですよね。


無料のライス

kurumaya_koudo_5.jpg


味噌にもカレーにもどちらにも良く合います!


くるまやラーメン 新潟河渡店の詳細
posted by BBSHIN at 23:33| Comment(0) | 新潟市東区

2018年04月15日

極濃タンメン フタツメ 東明店 野菜たっぷりボリューム満点! 濃厚でインパクト抜群

新潟市東区にオープンした「極濃タンメン フタツメ 東明店」へと行ってきました。

futatsume_1.jpg


場所は、彩華、煮干しラーメン 五郎丸などがあったところです。


注文したのは看板メニューのコチラ

濃厚タンメン

futatsume_2.jpg


具材たっぷりでボリューム満点です。

もやしをメインに、キャベツ、ニラ、ニンジン、タマネギ、カマボコ、豚肉、イカといった豊富な種類の具材が盛りだくさんにのっています。

具材は、炒めてあり、かなり濃い味付けとなっています。

そして、スープの方もなかなかの濃厚系です。
動物系白湯に、強めの旨味が加えられ、そして、炒め野菜の味も混ざってきました。

こうした系統の野菜タンメンは、具材をスープでしっかりと煮て、一体化させるケースも多いですが、こちらは、野菜がかなりシャキっとしており、炒め風味も野菜の方に強く残っているので、スープに合わせる具材、炒め野菜を分離するか、別々にやるかなどの作り方をしていそうな仕上がりでした。
(厨房が見えない席だったので、確認は出来ませんでしたが)

また、旨味たっぷりのスープの動物系の強さからも、上にのった具材を全てスープにしっかりと通したなら、もっとまろやかな味になりそうかなと。


麺は多加水でガッシリとした太麺です。

futatsume_3.jpg


インパクトある味のスープに良く合っていると思います。


店内にあったメニューの説明

futatsume_8.jpg


たっぷりの野菜が使われていると書かれています。

ちなみに、こちらのお店、東京タンメン トナリにかなりスタイルが似た営業形態です。

東京タンメントナリでの食べ歩き記事はこちら

説明書きは、ほぼ同じ様なものがあったかと。

ただ、味の方はかなり違います。

トナリの方は、ライトで食べやすい仕上がりで、チャンポンよりなスタイルだったと思いますが、こちらのフタツメの方は、濃厚で炒め野菜の味付けも濃く、全体的に刺激的な味になっているかなと。

ちなみに、トナリでは、生姜を入れるかを聞かれたので、入れてもらったのですが、こちらでは聞かれませんでした。
ただ、後で、こちらの説明を見ると、注文時にお願いすれば生姜とニンニクをつけてくれる様です。
絶対に生姜はつけてもらうべきだと思うので、これから行くという人は是非お願いしてみて下さい。



もう一杯はこちら

濃厚カレータンメン(野菜増し)

futatsume_4.jpg


野菜増し(+100円税抜)にすると、かなりのボリュームとなります。

ガッツリ食べたいという人は野菜増しをお勧めします。

といっても、野菜は味がかなり濃いので、量が多くなると、なかなかの塩分量となります。
茹で野菜がのるデカ盛りの野菜増しとは同じに考えない方が良いかもしれませんね。


スープ

futatsume_5.jpg


濃厚動物系にカレーパウダー等でカレー風味をのせた様な味です。
元々パンチがあるスープに、カレーの美味しさが加わり、結構病みつきになりそうなジャンク感です。


+180円(税抜)のサイドメニューもお勧めです。

唐揚げセット

futatsume_6.jpg


ライスと唐揚げのセットですが、唐揚げは、一つ一つがかなりのサイズです。

ラーメンの野菜がたっぷりなので、ライスだけも十分すぎる位なところに、バカでかい唐揚げの破壊力はかなりのものでした。
カリカリ食感で味付けも濃く、味も良い唐揚げだったと思います。


餃子セット(+180円)

futatsume_7.jpg


ガッツリ食べたい人にぜひおすすめしたいお店ですね。


極濃タンメン フタツメ 東明店の詳細
posted by BBSHIN at 13:12| Comment(0) | 新潟市東区

2018年03月13日

麺屋Aishin 河渡本店 裏メニュー「担々麺(海老抜き)」

新潟市東区の「麺屋Aishin 河渡本店」へと行ってきました。

aishin_koudo_201803_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら



インパクト抜群な「海老寿久担々麺」をメインに据えた取材をする予定でしたが、話を聞く中で、メニューには無い別な担々麺があると知りました。

従業員の方には、海老寿久担々麺以上に人気の品なのだとか。

という事で、2品を食べる事に決めていたところ、追加でもう一品お願いする事にしました。

それがこちら

担々麺(海老抜き)

aishin_koudo_201803_2.jpg

aishin_koudo_201803_3.jpg


クリーミーなゴマ風味と適度な旨味の効いたスープです。

海老寿久担々麺程ではないですが、トロみも結構あります。

麺にも担々スープが適度に絡みます。

辛味も程よく、とてもバランスの良い味わいの一品です。

ガッツリとしたパンチある味わいの「海老寿久」と比べると、少し抑えめで食べやすく、綺麗にまとめてあります。
海老寿久の方は、
「たまに凄く刺激的な一杯が食べたい」
と感じる様な強烈な味なので、日々接している店員さんが食べやすいこちらの一杯が好きになるというのも納得です。

しっかりとした美味しさの担々麺でした!


取材のメインとして食べた「海老寿久担々麺」

aishin_koudo_201803_4.jpg


こちらを食べるのは久しぶりですが、相変わらずのパンチ力ですあせあせ(飛び散る汗)

海老と辛味とシビれとクリーミーなコク。
やり過ぎな位に素材を詰め込み、超がつく程にドロ系のスープは麺にガッツリと絡みます。

aishin_koudo_201803_5.jpg


そして、シメにお勧めがこちら

追いリゾ

aishin_koudo_201803_6.jpg


残りスープにご飯を混ぜて食べると、最高に美味しかったです。
ご飯とスープの相性は抜群なので、きっと完食する人も多い事でしょう。
汁自体が固体に近いレベルなので、お腹いっぱいになる事間違いなしです。


香辣麻婆麺

aishin_koudo_201803_7.jpg

aishin_koudo_201803_8.jpg


激辛系のマーボーメンです。

ただ、以前古町店がオープンした時に食べたものは、辛さのみが先行し、単に食べにくいと感じた位だったのですが、今回のものは、かなりの辛さの中にしっかりとした旨味を感じました。
ですので、辛さに苦しみつつも、ついついレンゲで激辛麻婆餡をすくってしまいます。
明らかに改良が進んでいますね。

ただ、サイドメニューとして、ご飯を注文する事をお勧めします。



ところで、店内はテーブル席、カウンター席に加え、小上がり席もあるので、家族連れの方々も入りやすいつくりとなっています。

お子様がいる方へのサービスもありました。

おもちゃカード

aishin_koudo_201803_9.jpg


おもちゃの数々

aishin_koudo_201803_10.jpg


子供が小さい場合、ラーメン店にはなかなか行きにくいといったケースも多々あると思いますが、こうした気配りがあるというのは素晴らしいですね。


麺屋Aishin 河渡本店の詳細
posted by BBSHIN at 23:14| Comment(0) | 新潟市東区

2018年02月12日

お〜や モツの風味とコク深い味噌スープ「もつ煮込み濃厚甜麺醬らぁめん」

新潟市東区にある「お〜や」へと行ってきました。

ooya_higashi_201802_1.jpg


今回は、PR情報をもらっていた「もつ煮込み濃厚甜麺醬らぁめん」を食べにやってきました。

「もつ煮込み濃厚甜麺醬らぁめん」

ooya_higashi_201802_2.jpg

ooya_higashi_201802_3.jpg


鶏白湯スープに八丁味噌を加えたというスープは、濃厚な動物系コクに加え、味噌の風味など、深みある味わいです。
こちらのお店で以前食べたアッサリの味噌ラーメンは、強い味噌風味がストレート過ぎる程に前に出てくるタイプでしたが、今回は八丁味噌ベースの自家製甜麺醬という事で甘味も入れているのかもしれませんね。
以前食べたあっさり味噌とは違い、まろやかな味となっていました。

あとは、濃厚スープでモツを煮込んだ事で、モツの味がスープ全体に行きわたっています。

今回の一杯は、通常メニューと比べると、かなりアレンジされた一杯だったと思います。
香味油だけ、トッピングだけをプラス、といった限定では面白みに欠けてしまいますが、この位やってくると今後への期待感が湧きますね。


定番のラーメン茶漬け

ooya_higashi_201802_4.jpg


残ったスープをかけて食べます。

炙って香ばしさの出たチャーシューの香りが、スープ全体に行きわたります。
また、岩のりの磯の香りも溶け出し、それらが濃厚なスープとともにご飯に染み渡り、最後まで飽きる事なく頂く事が出来ます。


とても美味しく、茶漬けも含めたボリューム感で満腹となりました。


鶏濃厚らぁめん

ooya_higashi_201802_5.jpg


コラーゲンたっぷりでトロみが強く、ねっとりとした舌触りの白湯スープです。

麺は、多加水でツルっとした表面で、固め食感です。

比較的スープを弾きがちな麺ですが、今回の2杯でいえば、味の強いモツラーメンの方が麺にスープが絡んできたかなと思います。


お〜や期間限定紹介ページはこちら
posted by BBSHIN at 23:09| Comment(0) | 新潟市東区

2018年01月30日

らぁ麺 鯛あたり 鯛の旨味に重なる深みある醤油ダレ

新潟市東区にある「らぁ麺 鯛あたり」に行ってきました。

taiatari_201801_1.jpg


今回はホットペッパーが運営する「メシ通」の取材でした。

メシ通掲載の記事はこちら



まず、注文したのは定番の一杯です。

鯛しょうゆ

taiatari_201801_2.jpg

taiatari_201801_3.jpg


しっかりとした出汁感のスープに合わさる醤油ダレ。
二つの強い風味がぶつかりつつもうまく調和しています。

強めの醤油風味に覆われながらも分かる程の鯛出汁。
しっかりとした出汁感により、丸みをおびカドの取れた醤油ダレ。

分かりやすい塩系の鯛スープも良いですが、こうした鯛出汁の楽しみ方もあるのですね。

麺はパツパツ食感の中細麺です。
深みある味わいのスープが良く馴染んでいます。

チャーシューは、柔らかい食感で、味がしっかりと染み込んでいました。

とても美味しい味に大満足です。
また食べたいと思わせる一杯でした。


もう一杯はこちら

海乾しおチャーシュー

taiatari_201801_4.jpg

taiatari_201801_5.jpg


醤油に比べ魚介感が分かりやすい塩ダレ仕立てのスープです。

様々な食材から出る出汁が複層的に重なり、深みある旨味となっています。

そして、上には海老油が浮き、海老の香りが漂ってきます。

味、香りともに、色々な角度から楽しませてくれるスープですね。

とても美味しかったです。


味わい深く飲みやすいスープに、ついつい完食してしまいました。

taiatari_201801_6.jpg


数量限定の鯛めし(100円)

taiatari_201801_7.jpg


鯛出汁が効いた滋味深い味わいの鯛飯です。
これは美味しいですね〜
これで100円というのは、かなりお得な価格設定かなと。


全品美味しく、とても良いお店でした。
また行きたいですね。


らぁ麺 鯛あたりの詳細
posted by BBSHIN at 22:52| Comment(0) | 新潟市東区

2018年01月18日

永楽 松崎店 酸味と辛味のきいた具沢山「四川酸辣メン」

新潟市東区にある「永楽 松崎店」へと行ってきました。

eiraku_matsuzaki_1.jpg



種類豊富な麺メニュー、ラーメンセット等の各種セットや海老あんかけ飯、チャーハン等のご飯物など、たくさんのメニューがありました。

そして今回注文したのがコチラ

四川酸辣メン

eiraku_matsuzaki_2.jpg

eiraku_matsuzaki_3.jpg


ラー油が浮き、酸味と辛味が効いたあっさり系スープです。
酸味辛味はしっかりと効きつつも程よいレベルで、バランスも良く飲みやすかったです。

タケノコ、とき玉子、モヤシ、ニンジン等の具材も豊富に入っています。

麺はシンプルな多加水細麺でした。

スタンダードなスタイルの酸辣湯麺だと思います。

酸味によるサッパリ感で、疲れた時でもサラリと食べられそうな一杯ですね。


麻婆メン

eiraku_matsuzaki_4.jpg

eiraku_matsuzaki_5.jpg


あっさり系醤油スープに、麻婆豆腐がかかったタイプのマーボーメンです。

ハッキリとした味が付けられ適度なトロみの麻婆餡がスープに溶けると、スープの味が徐々に変化していきます。


テーブル調味料

eiraku_matsuzaki_6.jpg


醤油、酢、ラー油、胡椒、辛味噌、おろしニンニクでした。

酸辣湯麺への酸味、辛味のプラス、他にも、麻婆麺をおろしニンニクでガツンとさせたりし、変化を楽しんでみました。


餃子(420円)

eiraku_matsuzaki_7.jpg


モッチリ皮で大きな餃子でした。
こちらも美味しかったです。


メニューを豊富に取り揃えており、また、中華飯店としてはリーズナブル価格設定となっているので、何度行っても楽しめそうなお店かなと思いました。


永楽 松崎店の詳細
posted by BBSHIN at 03:05| Comment(0) | 新潟市東区

2018年01月13日

稲よし 味噌ラーメンの老舗が移転オープン

新潟市東区の老舗店「稲よし」が、すぐ近くの「うだつや」跡地に移転オープンしました。

inayoshi2_1.jpg


当然注文したのは定番のこちら

味噌ラーメン

inayoshi2_2.jpg

inayoshi2_3.jpg


昔ながらのあっさりとした味噌ラーメンです。

優しい口当たりのスープは、味噌の風味、野菜の味なども入り、あっさりながらもまろやかなコクのある味わいです。

具材は、キャベツ、モヤシをメインに挽き肉、ニンジンなどが入っていました。
キャベツの甘味に絡む味噌スープが良いですね。
若干芯に近い部分なども入っていますが、そうした部分も、家庭的な雰囲気を感じさせてくれて良かったと思います。

麺は、加水は高そうですが、弾力はそれ程強くない、中太麺でした。
濃厚系であればスープに負けてしまいそうですが、サラリとした味噌スープにはピタリとはまる麺かなと。

重たさ、しつこさがなく、野菜も多めに使われており、体に優しそうだなと思いました。
また、何度食べても食べ飽きる事がなさそうな味の一杯かなと。


もう一杯は移転前に食べてみて美味しいと思ったこちら

カレーラーメン

inayoshi2_4.jpg


とろみの強いカレースープタイプです。

家庭的な雰囲気を出しつつも、旨味強めでトロみからくる濃厚感により、パンチある仕上がりとなっています。
相変わらず美味しいですね。

粘度が高いスープは麺にも良く絡んできます。


このカレーにお勧めのサイドメニューがこちら

半ライス(100円)

inayoshi2_5.jpg


カレーとライスの相性は抜群です!

味噌ラーメンと合わせても良いでしょう。


テーブル調味用

inayoshi2_6.jpg


胡椒、七味唐辛子、おろしニンニク、辛子味噌だったかと思います。

味噌ラーメンの定番調味料として、唐辛子や辛味噌をプラスしたり、ニンニクを加えるのもお勧めです。


稲よしの詳細
posted by BBSHIN at 18:47| Comment(1) | 新潟市東区

2018年01月04日

らーめん亭にしやま 東区に移転オープン! 定番の「背脂らーめん」

新潟市中央区より東区に移転オープンした「らーめん亭にしやま」へと行ってきました。

nishiyama2_1.jpg


注文したのは定番メニューのこちら

背脂らーめん

nishiyama2_2.jpg


背脂がたっぷりと浮いた醤油スープは飲み応え抜群ですね。

移転する前にきた時はデフォルトの背脂が少なめで、お願いする事で昔の様な背脂醤油にするスタイルになっていましたが、今回は背脂がむしろ多い位でした。
背脂に関していえば、以前は脂身の粒がもう少し大きかったのが、細かめになっていたかなと思います。


スープの方は、あっさり醤油清湯で背脂でコッテリ感を出すタイプです。

nishiyama2_4.jpg


5〜10年位前に食べたものは、出汁はそこそこに醤油風味がメインとなっていた記憶がありますが、今回のものは、動物系や醤油以外にも色々な味がバランス良く加わり厚いボディ感のある飲み応えとなっていました。


麺はかなりの存在感を放つ、多加水のツルツルモチモチの太麺です。

nishiyama2_3.jpg

多加水の中でも水分多めで、はち切れんばかりの弾力感が印象的でした。

トッピングとしては、柔らかめのバラ肉のロールチャーシュー、メンマ、味玉がのっていました。


スタイルとしては、昔のままの古き良き背脂醤油を継承しつつ、かなりブラッシュアップされていたと感じます。

とても美味しかったです。



四川風麻婆麺(醤油)

nishiyama2_5.jpg


背脂醤油スープに麻婆餡がかかったタイプのマーボーメンです。


麻婆餡はかなり強いトロみ具合でした。

nishiyama2_7.jpg


山椒がかかり程よいシビレ、そしてそこに、上に浮いたふわふわの背脂のコクが加わります。


その麻婆餡が、もっちり太麺にたっぷりと絡みます。

nishiyama2_6.jpg


テーブル調味料

nishiyama2_8.jpg


酢、醤油、ラー油、七味唐辛子、ブラックペッパーに加え、おろしニンニク、自家製辛みそが置いてありました。

nishiyama2_9.jpg


+350円(税抜)の半炒飯

nishiyama2_10.jpg


固め食感のご飯に濃い目の味付けがなされています。

ハッキリした味の美味しいチャーハンでした。

濃い目の味のラーメンに加え、更に濃い味のチャーハンという組み合わせは、結構やり過ぎな気もしますが、これが学校町で高校生を相手に培われてきた味なのかなと。
体を良く動かす人などには嬉しいパンチだと思います。


自家製餃子(450円税抜)

nishiyama2_11.jpg


モッチリ歯ごたえの強い皮に、肉メインの具がたっぷりと詰まっています。
サイドメニューとして、チャーハンとともにお勧めしたい一品です。


らーめん亭にしやまの詳細
posted by BBSHIN at 23:33| Comment(0) | 新潟市東区

2018年01月03日

三咲屋 プルプル食感で旨味たっぷりの背脂 こってりらーめん(しお)

新潟市東区の「三咲屋」へと行ってきました。

misakiya_201801_1.jpg


今回は、ホットペッパーのグルメマガジン「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載記事はこちら


注文したのは定番のコチラ

しおたまごらーめんの半炒飯セット

misakiya_201801_2.jpg


しおたまごらーめん

misakiya_201801_3.jpg


麺リフト

misakiya_201801_4.jpg


あっさりながらもハッキリとした旨味の塩味清湯スープ。

シンプルな多加水細麺との相性もばっちり。

ネギ油が浮いており、丼表面からは、香ばしい香りが漂っています。

奇をてらう事のないシンプルなスタイルですが、実に完成度の高い一杯です。

とても美味しかったです。


飲みやすいスープは、ついつい完食してしまいました。

misakiya_201801_5.jpg



半炒飯

misakiya_201801_6.jpg


こちらは、話題の「甘い」チャーハンです。

甘さの秘密は、ストレートに「砂糖」の様です。

かなり独特な味のチャーハンでした!



そして、もう一杯。

こちらがとても美味しかったです。

こってりらーめん(しお)

misakiya_201801_7.jpg

misakiya_201801_8.jpg


上には香ばしく旨味たっぷりの背脂が浮いています。

液状の脂の旨味に加え、脂身のプルプル食感が絶妙です。
一般的な柔らかく適度に脂が抜け食べやすいタイプとは、また違った魅力を放つ背脂です。

こちらの背脂入りこってりラーメンですが、今回の塩以外にも、味噌、醤油などもあるので、機会があればそちらも試してみたいですね。


三咲屋の詳細
posted by BBSHIN at 00:09| Comment(0) | 新潟市東区

2017年12月28日

麺作赤シャモジ 新潟東店 泡立つ濃厚魚介スープ

新潟市東区にある「麺作赤シャモジ 新潟東店」へと行ってきました。

akashamoji_higashi_201712_1.jpg


今回注文したのは、定番の一杯のトッピング豪華バージョンです。

特製濃熟醤油らーめん

akashamoji_higashi_201712_2.jpg

akashamoji_higashi_201712_3.jpg


泡立つクリーミー感が他店にはない舌触りですね〜
臭みのない濃厚系動物スープに加わる強めの魚介感。
飲み応え抜群のスープです。

歯ごたえ良い自家製太麺にスープが適度に絡んできます。

トッピングは「特製」にする事でかなり豪華な盛り付けとなっています。
レアチャーシュー、炙りチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ等、盛りだくさんでした。

とても美味しかったです。


もう一人が食べたのはこちら

期間限定の「泡シャモオマール」

akashamoji_higashi_201712_4.jpg


丼が運ばれてきた瞬間に漂うエビの香り!

トロみがあり、泡立つ濃厚なスープは香りのとおりに、海老の旨味満載です。
まるで海老を丸ごと入れ込んだ様な味わいです。

これは、かなり美味しいですね。
ぜひ、また食べたいと思いましたが、、
こちらの一杯。10月頃から発売していた期間限定らしく、そろそろ終わるかもしれません。。
(いつまでかは確認してないので分かりません)


テーブル調味料

akashamoji_higashi_201712_5.jpg


醤油、酢、ラー油、胡椒、唐辛子の他、「胡椒オイル」があります。
香りはまさに「胡椒」です。
アクセントとしてお勧めです。


今回はサイドメニューとして「Cセット」をお願いしました。

akashamoji_higashi_201712_6.jpg


唐揚げが美味しかったですね〜

あと、ライスと泡シャモオマールのスープとの相性が絶妙でした!


麺作赤シャモジ 新潟東店の詳細
posted by BBSHIN at 07:37| Comment(0) | 新潟市東区

2017年12月26日

滋魂 濃厚かつガツンとくる旨味のタンメン

新潟市東区にある「滋魂」へと行ってきました。

jikon_201712_1.jpg


レギュラーメニューに加え、超絶煮干しそば、甘えびそばが提供されていました。

どちらかにしようかとも思いましたが、今回注文したのはこちら

タンメン+玉ねぎトッピング

jikon_201712_2.jpg

jikon_201712_3.jpg


相変わらずのガツンとくる旨味と濃厚感!
少ししょっぱめな位のスープは、強烈なインパクトを放っています。

「タンメン」というと、あっさり透き通る塩味のスープに、茹で野菜といったイメージですが、こちらのお店のタンメンはそうした一般的なタイプとはかけ離れたものとなっています。

キャベツ、ニンジン、キクラゲ等の野菜は炒められており、また、旨味の味がしっかりと絡んでいます。


そして今回トッピングした玉ねぎ

jikon_201712_4.jpg


背脂醤油もそうですが、こうした濃厚系スープとタマネギの相性は抜群です。

野菜は味がついてくるところ、タマネギはそのままなので、ガツンとくるスープの味を玉ねぎがうまく緩和してくれます。

ぜひお勧めしたい組み合わせです手(パー)

機会があれば是非お試し下さい。


滋魂の詳細
posted by BBSHIN at 23:35| Comment(0) | 新潟市東区

2017年11月21日

お〜や 豚骨入り鶏白湯らぁめん

新潟市東区の「お〜や」へと行ってきました。

ooya_201711_1.jpg


今回注文したのはこちら

豚骨入り鶏白湯らぁめん

ooya_201711_2.jpg

ooya_201711_3.jpg


濃厚系白湯スープです。
トロみが強く、ねっとりとした舌ざわりからコラーゲン質が多い事が分かります。

紹介文を見ると、普段と違う素材の組み合わせの様で、確かに味のバランスは少し違うかもしれません。
鶏・豚の比率による変化よりも、豚足等のコラーゲン的な部分の印象が強く、そこら辺がお〜やらしさを出し、通常の濃厚らぁめん的な味を出していたかなと思います。

少しラー油も浮いており、ピリ辛レベルの辛味が良いアクセントとなっていました。

トッピングのチャーシューは炙ってあり香ばしさがありました。

最近はガラっと味を変えた限定を出す店も多くなってきた中、こうしたマイナーチェンジ的で確実な美味しさのある一杯を提供してくるのもお〜やらしいかなと。
時には普段と全く違う一杯を食べてみたい気もしますが


ラーメン茶漬け

ooya_201711_7.jpg


茶漬けは濃厚版とあっさり版があり、こちらは濃厚版です。

相変わらず、スープをかけて食べると美味しいですね〜

この食べ方をすると、ついついスープまで完食してしまいます。



らぁめん+醤油味

ooya_201711_4.jpg

ooya_201711_5.jpg


あっさりらぁめんの醤油版です。

醤油にすると、お〜やらしい特有の旨味ではなく、優しい味わいとなります。
強い出汁感のあっさり清湯と合わさり、醤油風味もおだやかになり、かなり丸みのある飲み心地となります。
醤油が立つでも出汁が目立つでもない独特な和風な味は、他のお店にはないスタイルですね。
通常のらぁめんに比べ、旨味が分かりにくい部分もあり、人によっては物足りなさを感じる可能性はあります。
通好みなあっさり醤油ラーメンかと。


こんなのがあったので注文してみました。

麺刺し

ooya_201711_6.jpg


製麺する際に出来る麺帯のはしっこの部分とのこと。
さらにうすくしてスライスしたもので、わさび醤油をつけて食べるそうです。

わさび醤油で食べるというのは、なかなか面白い美味しさでした。
ただ、全部をこの食べ方にするのも、若干飽きがくるので、半分はスープに入れてワンタン風にして食べました。
麺とはまた違った歯ごたえある食感が良かったですね。


お〜やの詳細
posted by BBSHIN at 23:28| Comment(0) | 新潟市東区

2017年11月19日

麺屋 Aishin 河渡本店 強烈なスパイシー感の一杯「スパイスX」

新潟市東区の「麺屋 Aishin 河渡本店」へと行ってきました。

aishin_koudo_201711_1.jpg


今回の目的はPR情報でも紹介していた「スパイスX」(1,000円)です。

aishin_koudo_201711_2.jpg


名前の通り、かなりスパイスが効いた一杯です。

これを少し味見した人達は
「まるでカレーだ。これは新しい」
と言っていました。

その言葉の通り、カレー的なスパイス感のあるスープは、かなり刺激的な味でしたあせあせ(飛び散る汗)
上に浮いた油などもあり、適度な濃厚感もあり、また、スパイスの裏に隠れたスープ自体の旨味も飲み応えのベースアップに貢献している様に思えます。

麺は多加水でツルモチ食感、噛み応えのある縮れ太麺です。

aishin_koudo_201711_3.jpg


味の強いスープの風味が結構絡んできます。


シメにお勧めはこちら

追いリゾ(+70円)

aishin_koudo_201711_4.jpg


前回食べた「海老寿久担々麺」の時は、名前通りに残ったスープに投入し、リゾット風に食べましたが、今回はスパイシーさや辛味が強かったので、汁まで完食は後で後悔しそうな気がしたので、残ったスープをレンゲでこちらの追いリゾにかけて頂く事としました。
この手法は、ご飯に加わるスープの味、量を調節出来るというメリットがあります。
もちろん、最後まで美味しく頂きたい人は丼に投入すると良いでしょう手(パー)

刺激的な味のスープを、ご飯とチーズがまろやかにしてくれるので、食べやすくなりました。
スパイスXを注文する際には、追いリゾお勧めです。


一緒に行った人が食べたのはこちら

海老寿久担々麺

aishin_koudo_201711_5.jpg


前情報なく知らずに始めた食べたのですが

「これは海老ラーメンだ! 凄い濃厚さだね」

と言い、追いリゾを投入し、スープまで完食していました。


麺屋 Aishin 河渡本店の詳細
posted by BBSHIN at 20:40| Comment(0) | 新潟市東区

2017年10月28日

しゃがら 大形店 つけ麺を特盛20円でボリュームたっぷりに!!

新潟市東区の「しゃがら 大形店」へと行ってきました。

syagara_201710_1.jpg


今回注文したのはこちら

つけ麺(特盛)

syagara_201710_2.jpg


しゃがらといえば、大盛10円、特盛20円ですよね。

今回は特盛にチャレンジしてみました!


見て下さい。このボリュームを

syagara_201710_3.jpg


つけダレ

syagara_201710_4.jpg


比較的あっさりながらも魚介等の旨味がしっかりとしています。
そして、そこに加わる、甘味、酸味、そして、醤油が味に膨らみを持たせています。
魚粉、ゴマなども加わり、舌ざわりも楽しめます。

そして、それらが麺に絡みついてきます。

syagara_201710_5.jpg


麺は、適度な歯ごたえと滑らかな質感など食感が良く、また、スープとの相性も良かったです。

食べ応えがあり、美味しいつけ麺でした。


もう一品はこちら

まぜそば

syagara_201710_6.jpg

syagara_201710_7.jpg


麺の下には旨味あるタレが入っています。

syagara_201710_8.jpg


具材も豊富で、しっかりと混ぜて食べると美味しかったです。


シメに無料の追い飯を投入し、残った具材やタレなどと混ぜ合わせ、最後まで美味しく頂きます。

syagara_201710_9.jpg


しゃがら 大形店の詳細
posted by BBSHIN at 09:42| Comment(0) | 新潟市東区

2017年10月17日

いけやす亭 お得なラーメン定食(半カレーとのセット)

新潟市東区にある「いけやす亭」へと行ってきました。

ikeyasu_201710_1.jpg


今回注文したのはコチラ

らーめん定食(850円)

ikeyasu_201710_2.jpg


ラーメン単体で撮影

ikeyasu_201710_3.jpg

ikeyasu_201710_4.jpg


昔ながらのスタイルなあっさり醤油ラーメンです。

適度な出汁感と醤油風味のバランスが絶妙です。

シンプルながらも、何度食べても食べ飽きる事が無さそうな美味しい一杯でした。



半カレー

ikeyasu_201710_5.jpg

ちなみにメニューには半カレー(280円)という単品がありますが、醤油ラーメンとのセットだけが+250円のお得価格で30円お得な様です。

家庭的な味わいのカレーは、ラーメンのサイドメニューにぴったりです。


つけ麺

ikeyasu_201710_6.jpg

ikeyasu_201710_7.jpg

ikeyasu_201710_8.jpg


酸味と甘みが効いたあっさり系のつけダレです。

他に類を見ない位の酸味の強さに驚きました。

スープに細麺を沈めて食べると、写真にも写っているゴマが良い感じに絡んできて、食感を楽しめます。

食べた印象としては
「温かい冷やし中華」
というものでした。
最近のつけ麺などでは、柚子胡椒がついてくる事もありますが、こちらの一品には、是非「からし」を合わせてみたいものです。



ニンニクとにんにくつぶし器が置いてあるのでお好みでスープにパンチを効かせても良いでしょう。

ikeyasu_201710_9.jpg


いけやす亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:32| Comment(0) | 新潟市東区

2017年09月27日

颯々樹 昔ながらのあっさり支那そば

新潟市東区にオープンした「颯々樹(ささき)」へと行ってきました。

sasaki_1.jpg


注文したのはこちら

琥珀重ね醤油そば

sasaki_2.jpg


シンプルで綺麗なビジュアルが良いですね。

スープの方は、かなりアッサリすっきりとした飲み応えの醤油味です。
魚介の風味が際立っていました。
終盤魚介風味が穏やかになっていく事と、後述の塩ラーメンの味からすると、魚介風味は油による部分が大きいものと思われます。


優しい味わいのスープが麺に程よく絡みつきます。

sasaki_3.jpg


麺は加水高めで、程よい歯ごたえが良いですね。
あっさりとしたスープにマッチした良い麺だと思います。


チャーシュー

sasaki_4.jpg


2種類のチャーシューがのっています。
写真上部の肉は後述のローストポーク丼と同じタイプだと思うので、バラロールチャーシューとローストポークという構成なのかなと。
ローストポークは温度設定を高めにしているのか、レア感の無い仕上がりとなっています。
レア系のチャーシューが苦手な方にはちょうど良いかもしれませんね。


そして、こちらの一杯、価格が530円という驚く程の低価格となっています。
味も良いのでお得感ある値段設定かなと。



もう一杯はこちら

銀淡麗塩そば

sasaki_5.jpg


かなりあっさりとした塩味のスープです。

醤油ラーメンの様な魚介風味はありませんでした。

個人的にはシンプル過ぎる構成に感じましたが、こちらを食べた友人は
「さっぱりしていて食べやすく美味しい」
と言ってました。
ここ最近の濃すぎる程のラーメンに嫌気がさしシンプルな一杯を求めている方などにお勧めしたいですね。


ローストポーク丼(400円)

sasaki_6.jpg


店内には餃子の説明が貼ってありました。

sasaki_7.jpg


菊池さんちの餃子 3個(200円)

sasaki_8.jpg


中央区の「らーめん 燈」のものを使用しているとのこと。

らーめん 燈で餃子を食べた際の記事はこちら

ニンニク不使用との事ですが、物足りなさはありません。
燈でも思っていましたが、味も良く、200円という価格はかなりお得ですね。
5個(300円)、8個(450円)と数が増えるごとに割安になっていくので、サイドメニューとして複数人で食べ分けるのも良いかもしれませんね。


颯々樹の詳細
posted by BBSHIN at 00:49| Comment(0) | 新潟市東区

2017年08月13日

三咲屋 深みのあるスープの塩ラーメンと甘みのあるチャーハン

新潟市東区にある「三咲屋」へと行ってきました。

misakiya_1.jpg


このお店に行くのは実に10年ぶり位です。
前回はそんなに記憶に残る味だと思わなかったので、再訪していませんでした。
ただ、だいぶ時間も経過しており、当時とは色々と感じ方も変わってきていたり、また、お店側の変化などもあるかと思い、久々に行ってみる事としました。


注文したのは看板メニューの「しおらーめん」の半チャーハンセットです。

misakiya_2.jpg

ラーメン単体で撮影

misakiya_3.jpg

misakiya_4.jpg


店内に貼ってある説明を読むと、鶏ガラが主体らしいですが、そこをベースにしつつ香ばしい風味とプラスされた各種旨味などが味の決め手の様に感じます。
一口目の風味がとても良いですね。
香味野菜系の味が目立っており、あっさり清湯スープにネギ油を浮かせている様です。

麺は、適度にスープが馴染み、スープと良く合っていると思います。

淡麗系塩の名店にも似た深みのあるスープで、とても美味しかったです。
かなりハイレベルな一杯かなと思います。


半チャーハン

misakiya_5.jpg


パラパラ食感が良いですね。
味の方は、かなり甘いです。
ここまで甘いチャーハンは珍しいですね。


味噌ラーメン

misakiya_6.jpg

misakiya_7.jpg


こちらは、多加水の太麺でした。
基本的にはあっさり系ですが、味噌の風味が強く濃厚感があります。
旨味もしっかりとしており、飲み応えのあるスープです。

辛味噌がついてきます。

misakiya_8.jpg

「辛味噌」という程、辛くなく、むしろ甘味が際立っていました。


2品を食べてみて、両方とも美味しく、特に塩ラーメンが美味しかったです。
もう一品試してみたくなり、こちらの品を追加してみました。

鴨だし つけ麺

misakiya_9.jpg

misakiya_10.jpg

misakiya_11.jpg

misakiya_12.jpg


あっさり系醤油スープに油を浮かせたつけダレです。

鴨出汁とあるだけあり、一般的なあっさり醤油スープとは違った風味を出していました。

そのスープに、つけ麺スタイルで麺をつけて食べると実に美味しかったです。

こちらもかなりレベルの高い一品ですね


三咲屋の詳細
posted by BBSHIN at 09:01| Comment(2) | 新潟市東区