2016年08月03日

リンガーハット 新潟河渡店

新潟市東区にある「リンガーハット 新潟河渡店」へと行ってきました。

ringerhut_koudo_1.jpg


長崎ちゃんぽん+餃子3個+ミニチャーハン(540円+140円+150円 税抜)

ringerhut_koudo_2.jpg


長崎ちゃんぽん

ringerhut_koudo_3.jpg

ringerhut_koudo_4.jpg


軽めの飲み口で適度な旨味のライト白湯スープにたっぷりの具材が入っています。

これだけたっぷりの具材が入り、麺も増量無料で540円税抜という値段は嬉しいですね。
こういった部分はチェーン店ならではかなと思いますぴかぴか(新しい)


ミニチャーハン

ringerhut_koudo_5.jpg


餃子

ringerhut_koudo_6.jpg


お手軽価格で、美味しくお腹いっぱいになりました手(チョキ)


リンガーハット 新潟河渡店の詳細
posted by BBSHIN at 00:32| Comment(0) | 新潟市東区

2016年07月30日

麺や来味 ローストビーフが載った冷たい油そば

新潟市東区の「麺や来味」

menyaraimi_2016072_1.jpg


今回注文したのは、PR情報に掲載していた「ローストビーフが載った冷たい油そば」です。

menyaraimi_2016072_2.jpg


かなりインパクトある見た目です!


ローストビーフをアップで撮影

menyaraimi_2016072_4.jpg


卵黄の下にまかれた肉をめくると・・・

menyaraimi_2016072_5.jpg


中にはモヤシが入っています。


冷たい状態の太麺は歯応え抜群です。

menyaraimi_2016072_3.jpg


丼の底には少量のスープが入っており、上にはラー油が浮いています。

ラー油といっても辛味はほとんど感じず、海老が多めに使われている様で、全体的にエビ風味が漂っていました。
スープは軽く白濁しており、豚骨魚介の様です。
魚介出汁も合わさる事で、低い温度でも固まらずサラっとした舌触りとなっていました。

トッピングのローストビーフは、レア食感が良く、しっかりとした歯応えで美味しかったですねるんるん


一緒に各種調味料が運ばれてきます。

menyaraimi_2016072_6.jpg


醤油、酢、ラー油、唐辛子、おろしニンニク、食べるラー油、カレーパウダー、マヨネーズが出てきました。

マヨネーズやニンニクを投入すると、一気にジャンクまぜそば風になります。
カレーパウダーもかなりの変化を与えてくれます。
酢を入れてサッパリさせたり、ラー油や唐辛子で辛味をプラスしても良いでしょう。

序盤は上にのった卵黄を混ぜずに食べ、崩して混ぜるとまろやかな味わいを堪能出来ます。

追加調味料は、それぞれ味を劇的に変化させるので、私の場合は丼の一部に部分的に加えて、全体に混ざらないようにして、段階的に色んな味を楽しみました。
ただ、そんな細かい事はせずに、豪快に一気に投入しガッツリ混ぜて食べたりする人もいる事でしょう。

人それぞれな楽しみ方が出来る一杯かなと思います手(パー)

通常メニューの油そばの冷たいバージョンな一杯でしたが、冷たくして食べると全く別な物に感じる程、新しい味わいとなっていました手(チョキ)


もう一品も、PR情報で掲載していた品を注文しました。

釜揚げ桜えびとしらすの和風ぶっかけ太麺

menyaraimi_2016072_7.jpg

menyaraimi_2016072_8.jpg


冷たい油そばとは対照的にあっさりとした味わいの一杯です。
あっさりスープが少量入っており、しらす、桜海老などを麺、スープに絡めて食べると、良いアクセントとなります。

大根おろしを混ぜると、サッパリ感をプラス出来ます。
ただ、私の場合は、大根おろしの水気がスープを薄めてしまうのを避けたかったので、おろしを軽くスープに漬け、混ぜずに単体で頂きました。

終盤、レモンを絞り酸味を加えると、味に変化を与える事が出来ます。

暑い夏にサッパリと食べられる一杯でしたぴかぴか(新しい)


麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 11:17| Comment(0) | 新潟市東区

2016年07月17日

奥村家の濃厚で旨辛な「辛みそとんこつラーメン」

新潟市東区にある家系のお店「奥村家」へと行ってきました。

okumuraya_201607_1.jpg


注文したのは「辛みそとんこつラーメン」です。

okumuraya_201607_2.jpg

okumuraya_201607_3.jpg


程ほどの濃度の動物系白湯スープに、辛味噌が加わり、なかなか濃い味わいとなっています。
辛さも程よく、旨味たっぷりで、旨辛な仕上がりですぴかぴか(新しい)

麺は太麺細麺が選択可能だったので太麺を選びました。

スープが印象的な味な事と、辛さが食欲を刺激し、箸がドンドンと進みますね手(チョキ)


友人が食べた野菜豚骨+味玉

okumuraya_201607_4.jpg


キャベチャ丼(300円)

okumuraya_201607_5.jpg


キャベツに刻んだチャーシュー、そこに旨味たっぷりのタレが絡んでいます。
生卵がのり、それを溶いて混ぜるとしょっぱさが緩和されます。
ただ、個人的には、この刺激的なしょっぱさと旨味をそのままに味わいたいので、生卵は必要ない位でした。
そういう事もあり、卵はあまり混ぜずに序盤で一気に頂きました。


友人が食べたキャベチャ(130円)

okumuraya_201607_6.jpg


テーブル調味料

okumuraya_201607_7.jpg


ブラックペッパー、酢、醤油、白ゴマ、辛味噌、おろしニンニクがありました。
出来れば家系は、おろしにせよ刻みにせよ、ニンニクと生姜が揃っていて欲しいところでしたが、、
とりあえずは、辛味噌ラーメン、キャベチャ丼ともに美味しく満足いく内容でした。


奥村家の詳細
posted by BBSHIN at 23:30| Comment(0) | 新潟市東区

勝鬨屋 粟山店が新潟市東区のろし跡地にオープン!

新潟市東区にオープンした「勝鬨屋 粟山店」へと行ってきました。

katidokiya_awayama_1.jpg


場所は、のろし粟山店跡地です。

ちなみに、こちらの勝鬨屋ですが、豊栄駅前にもお店があります。

豊栄駅前のお店についてのブログ記事

今回は、2人で行き、ラーメン2品とサイドメニュー2品(餃子、焼きめし)を注文する事にしました。

焼き飯セット、餃子セットの他に勝鬨屋セット(餃子+焼き飯)があり、勝鬨屋セットが一番お得だったのでそちらを注文する事にしました。

中華そば 勝鬨屋セット

katidokiya_awayama_2.jpg


ラーメン+餃子+チャーハンはかなりのボリューム感ですね〜グッド(上向き矢印)


中華そば

katidokiya_awayama_3.jpg

katidokiya_awayama_4.jpg


あっさり魚介の香る醤油スープです。
昔ながらのスタイルの一杯ですが、程良い出汁感のスープに適度に旨味が効き、印象的な味わいとなっています。
麺はツルモチ多加水細麺でした。

シンプルですが、しっかりと美味しい一杯ですね手(チョキ)


焼きめし

katidokiya_awayama_5.jpg


濃い目でハッキリとした味付けで、パラパラとしています。
あっさりラーメンと共に食べるのにピッタリなチャーハンですねぴかぴか(新しい)


餃子3個

katidokiya_awayama_6.jpg


続いて、もう一杯はこちら

みそラーメン

katidokiya_awayama_7.jpg

katidokiya_awayama_8.jpg


キャベツ、モヤシ、キクラゲ、挽き肉等の具材がたっぷりとのっています。

野菜はスープで煮られているのか、濃い味が染みこんでいます。

麺は歯応えの強いツルツルとした表面の多加水太麺です。

焼きめしと合わせて食べても良いですが、スープや具材などラーメン自体の味が濃いので、ノーマルのライスをセットにするのがちょうど良さそうです。

個人的好みでは、中華そばは、焼きめしセット(もしくは勝鬨屋セット)、味噌ラーメンは餃子ライスセットあたりがお勧めです。


勝鬨屋 粟山店の詳細
posted by BBSHIN at 10:02| Comment(0) | 新潟市東区

2016年06月09日

麺や来味 白はまぐり塩らぁ麺、フォルマッジョ塩らぁ麺

新潟市東区の「麺や来味」へと行ってきました。

menyaraimi_201606_1.jpg


今回注文したのは、PRコーナーで紹介していた「白はまぐり塩らぁ麺」です。

menyaraimi_201606_2.jpg

menyaraimi_201606_3.jpg


白はまぐり(ホンビノス貝)がたっぷりとのっており、出汁も貝出汁となっています。

しっかりとした貝の旨味が出たスープに、コクがあり風味の良い油が浮き、飲み応えもバッチリです。

麺は中細で、普段使われている麺と同じでしょうか。
スープの馴染み、歯応えともに適度で、全体的なバランスも良いですね。

トッピングとしてはのホンビノス貝は、貝旨味の強いスープとは裏腹に、プリっとした歯応えで出汁ガラ感が全くありません。
どの様に作っているかは分かりませんが、トッピングの貝の状態だけを見ると出汁を取るのとは別に作っているのではないかと思う程です。

全体的な方向性としては、例年のハマグリ塩らぁ麺とほぼ同じイメージで、素材を入れ替えたといったところでしょうか。

とても美味しいシェル系の一杯でした手(パー)


フォルマッジョ塩らぁ麺

menyaraimi_201606_4.jpg


トロりとしたチーズがたっぷりとのっています。

そして、麺にたっぷりと絡みついてきます。

menyaraimi_201606_5.jpg


チーズから出る油や溶け出る味などが徐々にスープに移っていき、味の変化を楽しめると思います。

なかなか珍しいスタイルの一杯ですね。
こちらも美味しかったです。


麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 19:56| Comment(2) | 新潟市東区

2016年06月08日

中国料理 月園

新潟市東区にある「中国料理 月園」へと行ってきました。

getsuen_1.jpg


今回注文したのは人気の五目ソバに半炒飯(+280円)をプラスしたセットです。

五目ソバ+半チャーハンセット

getsuen_2.jpg


ラーメン単体を撮影

getsuen_3.jpg

getsuen_4.jpg


トロみたっぷりの五目あんには、たっぷりの具材が使われています。
種類は白菜、豚肉、キクラゲの他、鳥レバーも入っていました。

多加水の中華麺にはトロみの強い餡が、しっかりと絡み付いてきます。
スープも旨味たっぷりで、餡自体の味も濃いので、麺の一口一口が味わい深くとても美味しいですぴかぴか(新しい)


半炒飯

getsuen_5.jpg


軽くパラっとしたチャーハンは、味も濃い目で美味しいチャーハンです。
+280円であればお得な一品だと思います。


続きましてはエビそば

getsuen_6.jpg


あっさり塩スープにプリプリのエビ入りの餡がかかっています。
こちらは醤油と比べると、かなりシンプルな味のスープでした。
中華料理店で良くみかけるタイプの塩スープかと思います。


餃子(450円)

getsuen_7.jpg


大きくモチモチ皮で、とても食べ応えのある餃子でした手(パー)


中国料理 月園の詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 新潟市東区

2016年05月29日

麺屋Aishin 河渡本店

新潟市東区にオープンした「麺屋Aishin 河渡本店」へと行ってきました。

aishin_koudo_1.jpg


場所は大通り沿いにあるauの裏手で、ノマキチの隣です。

店内は満席、お店の前にもたくさんの人達が行列を作っていました。


まず注文したのは、古町のお店でも定番メニューの「金色煮干し中華そば」です。

金色煮干し中華そば

aishin_koudo_2.jpg

aishin_koudo_3.jpg


あっさりとしたスープは、しっかりと煮干しが効きながらも、苦味などはありません。

スープが良く馴染むストレート中細麺の食感も良いですねぴかぴか(新しい)

関東で人気となった、あっさり淡麗煮干し系に良く似たスタイルかなと思われます。


以前、PRコーナーのオープン前情報でも紹介していましたが、河渡本店のオープンに合わせて始まった新メニューの「特製香味中華そば」の醤油版を注文してみました。


特製香味中華そば(醤油)

aishin_koudo_4.jpg


こちらは、あっさりハマグリ出汁のスープとなっています。

以前食べた塩味は、香味油が勝ち、ハマグリ出汁は、奥にひっそりと潜む程度なものもありましたが、今回の一杯は、強めの風味を放つ香味油と同じ位に主張していました。
醤油は塩に比べ出汁の感じ方を若干弱めるので、古町のお店のオープン当初よりも濃い目のハマグリ出汁にしている事が予想されます。
岩のりが出す磯風味も強めで、徐々にスープにその味が行き渡っていきます。


麺には、醤油風味と香味油の香りがしっかりとのってきます。

aishin_koudo_5.jpg


サイドメニューも注文しました。

白カレー丼(380円)

aishin_koudo_6.jpg


焼きチーズがとろ〜り

aishin_koudo_7.jpg


普通のカレー丼よりコチラの方が食べ応えがあって好きですねぴかぴか(新しい)


名物愛心餃子(330円)

aishin_koudo_8.jpg


テーブルには醤油、酢、ラー油があるので、そちらで食べても良いですが、餃子と共に運ばれてくる味噌ダレで食べても美味しいです。

aishin_koudo_9.jpg


古町のお店がオープンした当初に行った時は、他にお客さんが全くいませんでしたが、ここ数ヶ月で一気に人気店となりましたね。
車社会の新潟では立地も大事なポイントかなと。


麺屋Aishin 河渡本店の詳細
posted by BBSHIN at 11:13| Comment(0) | 新潟市東区

2016年05月15日

博多麺番長 竹尾店

新潟市東区にある「博多麺番長 竹尾店」へと行ってきました。

men_bancho_1.jpg


ホワイト豚骨

men_bancho_2.jpg

men_bancho_3.jpg


クリーミーで臭みの無い濃厚な豚骨スープです。

麺は低加水というには少し水分量が多めな感じで、パツパツとした歯応えのストレート細麺でした。
固さが選べたので「カタ」にしておきました。

チャーシュー、玉子、ネギ、キクラゲ、紅生姜などがのっていました。


替え玉が1玉無料となります。

men_bancho_4.jpg

今度はバリカタで注文しましたが、通常の低加水麺に比べ、結構固めの芯が残る印象なので、個人的にはカタ位までがお勧めです。


ブラック焦がしとんこつ麺

men_bancho_5.jpg


こちらは、香ばしい焦がしニンニク油がかかります。


たれかつ丼シングル 350円

men_bancho_6.jpg


甘じょっぱいタレがたっぷりと染みこんでいます。


鶏竜田揚げ油淋たっぷりたるたるソース添え

men_bancho_7.jpg


たくさんのタルタルソースがかかった竜田揚げです。


テーブル常備の梅紅生姜ゴマあえ

men_bancho_8.jpg


博多麺番長 竹尾店の詳細
posted by BBSHIN at 09:18| Comment(2) | 新潟市東区

2016年04月12日

八ちゃんラーメンの待望の新メニュー「つけそば」

新潟市東区の「八ちゃんラーメン」へと行ってきました。

hattyan_201604_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していた「つけそば」です。

つけそばのPR情報


つけそば(並)

hattyan_201604_2.jpg


つけダレ

hattyan_201604_3.jpg


あっさりながらも煮干しをしっかりと効かせたスープです。
甘みと酸味もあるでしょうか。


そして、こちらのお店のトレードマークは麺です。

hattyan_201604_4.jpg


3種の太さを混ぜたという麺は、それぞれの食感の違いが楽しめます。

恐らくは、丸くしっかりとした麺よりも平たくビラビラの麺の方が茹で時間が短くて済むと思われ、それを一度に同じ時間茹でる訳ですから、同じ質感の麺なのに、茹で加減が異なる事になると思います。
そうしたまばらな感じもコチラのお店の魅力なのだと思います。

そして、つけ麺のひやもりという事で、ラーメンでは味わえない麺自体の食感も味わえまするんるん


チャーシュー

hattyan_201604_5.jpg

弾力感ある食感で、味の染みも良く、とても美味しいチャーシューです。


鶏チャーシュー

hattyan_201604_6.jpg


お願いすると、割りスープももらえます。

hattyan_201604_7.jpg


煮干し系の魚介出汁でした。
スープ割りにして飲むと美味しかったですぴかぴか(新しい)


中華そば(並)スペシャル盛

hattyan_201604_8.jpg


チャーシュー、海苔、メンマ、味玉がプラスされ、かなりのボリュームとなります。

券売機には「身入り」のボタンがあり、お好みでプラスするスタイルでデフォルトでは脂身無しになったのかもしれませんね。


八ちゃんラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 20:32| Comment(0) | 新潟市東区

2016年04月10日

煮干しラーメン 五郎丸

新潟市東区にオープンした「煮干しラーメン 五郎丸」へと行ってきました。

goroumaru_1.jpg


こちらは、同じ場所にあった中華料理店「東輝」がリニューアルオープンしたお店の様です。


アルビレックス新潟がホーム戦で勝利の翌日は醤油ラーメン、塩ラーメンを650円→500円のサービス価格で提供との事です。

goroumaru_2.jpg


日替わりサービスランチについて

goroumaru_3.jpg


料理、ラーメン、半ライスで790円とのこと。


という事で注文してみました。

goroumaru_4.jpg


マーボー豆腐、ラーメン、半ライス、サラダのセットです。


ラーメンを単体で撮影

goroumaru_5.jpg

goroumaru_6.jpg


店名の通り、煮干しが効いたスープです。

煮干しがしっかりと効きつつも、苦味などもなく、醤油風味も合わさり、バランス良い旨味のスープですぴかぴか(新しい)

麺はシンプルな中華麺でした。

ハッキリとした味となっており、とても美味しい煮干しラーメンでした手(チョキ)


マーボー豆腐

goroumaru_7.jpg


これはウマい!!

キノコが入り、調理の過程でその出汁が加わる事もあってか、あまり食べた事がない味わいとなっています。
辛味も程よく、食べやすいですね。


ご飯と麻婆豆腐の相性は抜群ですグッド(上向き矢印)

goroumaru_8.jpg


恐らく麻婆麺も美味しいことでしょうぴかぴか(新しい)


サラダもついてきます。

goroumaru_9.jpg


ボリュームもあり、味も良いので、これは790円はかなりお得ですねるんるん


続きましては「エビあんかけ麺」

goroumaru_10.jpg


プリップリの海老などが入ったトロのある餡と、旨味がしっかりと加えられた塩味のあっさりスープの組み合わせは抜群です。
椎茸を筆頭に各種素材の味がスープに落ち、絶妙な味わいとなっています。
王道系の中華系エビあんかけ麺ですね。
これを看板メニューとしてもやっていけそうな程のクオリティかと思いますひらめき


こちらのお店、中華料理屋から、ラーメン専門店となりつつも、中華系メニューが復活となったとの事ですが、中華系メニューを復活させたのは正解ですね手(パー)

煮干しラーメンも美味しいですが、中華系メニューの質が高いので、これを封印する事で、お店の魅力を半減させていたのかなと思います。
メニューの変更に合わせ、また、店名リニューアルを検討しているそうです。
もし、リニューアルしたら、また行ってみたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


煮干しラーメン 五郎丸の詳細
posted by BBSHIN at 14:46| Comment(0) | 新潟市東区

2016年03月25日

SAKASA-FUKU

新潟市東区、中国料理 佐敦跡地にオープンした「SAKASA-FUKU」へと行ってきました。

sakasafuku_1.jpg


券売機の近くのメニュー説明の塩ラーメンの欄に

「佐敦でも人気のエビそば、トリそば用スープを継承し、麺はスープに合う極細麺を使用。あっさりとした中にも旨味とコクのある当店一押しの一杯です」

とあり、佐敦と関係があるお店である事を伺わせる内容が記載されていました。


まずは、看板メニューと思われる「塩ラーメン」です。

sakasafuku_2.jpg

sakasafuku_3.jpg


しっかりとした出汁感が漂う洗練された味わいのスープです。
プラスされる様な刺激的な旨味はあまり感じず、出汁が前面に出ているかなと思われます。
独特の香りがするのは香味野菜などでしょうか?

麺はかなり細めのストレート麺です。
このスープに固めの低加水細麺なんかであれば、面白そうかなとも思いましたが、見た目からの予想に反し、やわめの食感でした。

インパクトなどがあるタイプではありませんが、
「じんわりと旨い」
そんな感じの一杯でした手(チョキ)


続きましては

醤油ラーメン

sakasafuku_4.jpg


こちらの説明は、

「ガラやゲンコツなどをダシとした動物系のスープだが、脂っこくなく、かつサッパリと仕上がっています。麺は相性抜群の極細ストレート。そば感覚で毎日でも食べられる大人の醤油ラーメンです。」

というものでした。
説明を見ると塩とは別のスープの様にも思えるのですが、飲んだ感じでは、醤油か塩かという違いかなと。

出汁感の中にも、醤油風味がしっかりと活きた一杯でした手(パー)

塩、醤油ともに品質高く、また、玄人好み的な仕上がっていると感じました。
カツオ節なり、煮干しなり、ドバっと加えたりすれば、もっと分かりやすく印象的な味になりそうですが、バランス重視の大人な味わいになっているかなと思いました。


牛丼

sakasafuku_5.jpg


サイドメニューとして、こういうのもなかなか良いですねるんるん



SAKASA-FUKUの詳細
posted by BBSHIN at 00:08| Comment(2) | 新潟市東区

2016年03月23日

麺や来味の期間限定2品 「濃厚海老つけ麺」「大しじみ塩らぁ麺」

新潟市東区の「麺や来味」へやってきました。

menyaraimi_201603_1.jpg


今回の目的はPRコーナーに掲載していた2品です。

まずは「濃厚海老つけ麺」です。

濃厚海老つけ麺のPR情報

menyaraimi_201603_2.jpg

menyaraimi_201603_3.jpg


濃厚でトロみたっぷりのつけダレが麺にガッツリと絡みつきます。


麺がなかなか沈まない程です。

menyaraimi_201603_4.jpg


ちなみに、発売当初はここまでではなかったらしいのですが、食べた人達の声を受け、改良を重ねこの形になったとのこと。

塩分少し強めで、海老油、スープも含め、ガツンと海老が効き、スープを口に含むと海老風味が広がります。

海老好きには是非お勧めしたい一杯ですね!


個人的に、つけ麺では珍しく、完食となりました手(チョキ)

menyaraimi_201603_5.jpg


続きましてはコチラ

大しじみ塩らぁ麺

大しじみ塩らぁ麺のPR情報

menyaraimi_201603_6.jpg

menyaraimi_201603_7.jpg

menyaraimi_201603_8.jpg


しじみ100%のスープとのこと。

どことなく動物感が漂っていたので聞いてみたところ、油のみ鶏油だとか。

そういえば、一口目は、しじみ出汁がそこまででもないかと感じつつも、2、3口目辺りから、かなり強いしじみ出汁を感じる様になりました。
恐らくは、一口目は鶏油の印象を大きく感じ、それ以降は出汁を感じたのかと。

なかなか、ここまで強いしじみ出汁のラーメンを食べる機会というのは無いかなと思います。


2品ともですが、こちらのお店は限定を出す際に、普段とは全く違うスープを作り、また、テーマとなる味をストレートに出してくるケースが多いです。
日常、ラーメンでメインとして使われる事が少ない素材にスポットを当てる事が多いのも良いですね。

今回の2品、ぜひお勧めしたい一杯です手(チョキ)


麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 08:00| Comment(0) | 新潟市東区

2016年03月15日

味覚道楽 樽 ねぎラーメン(こってり)

新潟市東区の「味覚道楽 樽」へと行ってきました。

taru_201603_1.jpg


こちらのお店、「あっさり」と「こってり」の2種類のスープがあり、ラーメン、味噌ラーメンなどはその二つから選択可能らしいので、今回はねぎラーメンを「こってり」でお願いしてみました。

ねぎラーメン(こってり)

taru_201603_2.jpg

taru_201603_3.jpg


ライト系の白湯スープです。

思いのほかガツンとくる動物臭がかなり印象的です。

麺は多加水の縮れで、細と中細の間位の太さでしょうか。

ネギラーメンにする事で、味付けられたネギがたっぷりとのってきます。



テーブル調味料

taru_201603_4.jpg


醤油、酢、ラー油、胡椒、一味唐辛子が常備となっています。

スープをこってりにしたからか、紅生姜もついてきました。



続きましては、ラーメン(あっさり)です。

taru_201603_5.jpg


平日ランチタイムは、混ぜご飯と漬け物がサービスでついてくるので、定食的な感じになります。


ラーメン単体

taru_201603_6.jpg


飲みやすいスープで、さっぱりと食べやすい一杯ですね。


店内には、店名にもなっている「樽」がいくつか置いてあります。

taru_201603_7.jpg



味覚道楽 樽の詳細
posted by BBSHIN at 21:00| Comment(0) | 新潟市東区

2016年02月25日

極上の魚介白湯! 「中華そば ふじの」の「イカスミと蕪の濃厚にぼし仕立て」

新潟市東区の「中華そば ふじの」へと行ってきました。

fujino_nakanoyama_201602_1.jpg


今回の目的は、PR情報も掲載していたニイガタラーメンラボの「イカスミと蕪の濃厚にぼし仕立て」です。

イカスミと蕪の濃厚にぼし仕立てのPR情報はこちら

イカスミと蕪の濃厚にぼし仕立て

fujino_nakanoyama_201602_2.jpg

fujino_nakanoyama_201602_3.jpg


濃厚でコクのある動物系に程よい魚介風味がプラスされたスープです。
動物系コラーゲン質のトロみ感と動物系脂の旨味・コク、そして、そこに加わる魚介風味が奥行きを演出します。
トロトロとし濃厚感がありながらも重たさがなく、飲みやすいのも良いですねぴかぴか(新しい)

麺はこうした濃厚系には意外な中細麺です。
スープとの相性もバッチリです手(チョキ)

トッピングは、蕪もみじ、イカスミ団子、レアチャーシューなどがのっていました。

イカスミ団子がスープに溶けると、また違った風味が加わり良いですねるんるん
正直スープと麺だけ十分いけるレベルなので、逆にやり過ぎ感すら感じますが、トッピングとしても美味しく、味変グッズとしてもしっかりと役割を果たしていたと思います手(パー)


以前UXのイベントで「ふじの」の白湯系を食べた時にかなり美味しいと思いましたが、今回はそれを出来の一杯だったと思います。

あっさり系なイメージの「ふじの」ですが、個人的には白湯系の方が突破力があり、また、他に無いタイプの味に仕上げているので好きですね手(パー)


飲みやすく美味しいスープは、完食せずにはいられませんでしたたらーっ(汗)

fujino_nakanoyama_201602_4.jpg


素晴らしい一杯でしたグッド(上向き矢印)


中華そば ふじのの詳細
posted by BBSHIN at 23:27| Comment(0) | 新潟市東区

2016年02月20日

バランス抜群の豚骨魚介「醤油らぁ麺」 麺や来味 大形店

新潟市東区の「麺や来味 大形店」へと行ってきました。

menyaraimi_201602_1.jpg


ここ最近は限定メニュー狙いばかりでしたが、今回はレギュラーメニューを注文してみました。

醤油らぁ麺

menyaraimi_201602_2.jpg

menyaraimi_201602_3.jpg


スタンダードなスタイルの豚骨魚介スープです。

動物系と魚介系のバランスが良く、適度に濃厚で重たさもなく、魚介出汁もちょうど良く利いています。

麺はこうしたスープからイメージされるモッチリ太麺ではなく、滑らかな質感の中細麺です。
一見アンバランスに見える組み合わせですが、スープと麺の相性はバッチリでした手(チョキ)

この一杯だけを看板メニューとして提供してもやっていけそうな位のクオリティかなと思います。

「麺や来味」というと創作系の限定ラーメンのイメージが強いですが、種類豊富に取り揃えたレギュラーメニューの質の高さが人気の秘訣かなと思います。

「期間限定メニュー」というと、普段と全く違うラーメンがイメージされますが、一般的にはスープ、油、タレ、麺など全て一から作る事は少なく、何かしら通常営業のものをベースにしつつ、普段と違う色を出すケースが多いと思います。
そうした事もあり、レギュラーメニューの質というのは、限定メニューの美味しさに直結する部分でもあります。

数々の限定メニューの美味しさを支える「麺や来味」の各種レギュラーメニューを試してみてはいかがでしょうか?


麺や来味 大形店の詳細
posted by BBSHIN at 10:00| Comment(0) | 新潟市東区

2016年02月02日

満州里

新潟市東区の目立たない場所でひっそりと営業している「満州里」

mansyuri_1.jpg


知る人ぞ知る隠れた名店です。


店内は昭和の雰囲気が漂っています。

mansyuri_2.jpg

mansyuri_3.jpg


テーブル調味料
(醤油、酢、ソース、胡椒、ラー油、七味唐辛子、塩)

mansyuri_4.jpg


メニューを見ると、各種ご飯物など色々な種類が揃っていました。
ラーメンは、もやしラーメンや味噌ラーメンなどがありましたが、ノーマルな「ラーメン」がありません。
店主に聞いてみると、普通のラーメンも提供しており500円とのこと。
500円ってかなり安いですねあせあせ(飛び散る汗)

しかし、店主曰く
「そんなに美味しくないし週に1杯位しか出ない」
とのこと。
あまり出ないからメニューを外したとの事ですが、外したからこそ更に出なくなったのではとも感じましたたらーっ(汗)

そうこう考えていると逆に気になってしまいましたが、ここは一番の人気メニューという「もやしラーメン」を注文してみることに。

mansyuri_5.jpg

mansyuri_6.jpg


炒めたモヤシがたっぷりとのっています。

混ざる前にスープを飲んでみましたが、普通にしっかりとした味の昔ながらのあっさり味です。

上のモヤシを食べてみると、、

うっ、旨いexclamation×2

少し濃い目に絶妙な味付けがなされていますあせあせ(飛び散る汗)

それらの味が落ちていく事で、スープにも香ばしさが加わっていきますダッシュ(走り出すさま)

麺はシンプルな中華麺でした。

普通のラーメンが500円、たっぷりの美味しいモヤシがのったこちらの一杯が550円。
多くの人がモヤシラーメンを注文するのも納得です手(パー)

この美味しさで550円は「お得」の一言です手(チョキ)
といっても、ただコスパが良いだけでなく、単純の味も良く、650円、700円だったとしても褒めていたと思います。

素晴らしい一杯でしたるんるん


続きましては、ご飯物の一番人気という「レバニラ炒め」を試してみることに。

mansyuri_7.jpg

mansyuri_8.jpg


豚レバー、ニラ、キャベツ、モヤシ、ニンジンなどがたっぷりと使われています。
軽く焦がしたニンニクスライスが香ばしさを演出しています。

塩分と油、そして旨味が多めでかなりガツンとした味わいとなっていますパンチ

食堂でここまで濃い味に仕上げているのは、なかなかお目にかかれないですよねあせあせ(飛び散る汗)

そして、しょっぱめで印象的な味に仕上げたレバニラと白飯が抜群に合いますぴかぴか(新しい)

これで650円というのも凄いと思います手(パー)


今回は2人で行ったのですが、食べる前から「こちらのお店は色々と試しておくべきなのでは?」という嗅覚が働き何品か注文しておきました。

広東麺

mansyuri_9.jpg


パっと見普通の五目ラーメンなのですが、食べてみると凄まじいトロみに驚きます。

一般的な五目ラーメンがあっさりスープに五目餡をかけているところ、こちらのお店はスープ自体が餡となっています。

具はキャベツ、ニラ、モヤシ、ニンジン、豚肉、ネギなどがたっぷりと入っていましたグッド(上向き矢印)

他の2品とも具の構成が似ており、具材をある程度統一し食材ロスを減らす事で低価格を維持しているのかもしれませんね。


スープのあまりのトロみに、ついついご飯にかけてしまいました。

mansyuri_10.jpg


味とトロみから、スープをご飯にかければそのまま中華丼になりそうな気がしましたが、予想は的中しました。
ほぼ中華丼といって良い味です。

今回は、レバニラ炒めのご飯にかけましたが、レバニラ炒めは普通のご飯と合わせて食べた方が美味しかったので、余計な事をしてしまいましたたらーっ(汗)


餃子

mansyuri_11.jpg


手作りらしいですが、それでも300円の低価格となっています。

他のメニューと比べるとインパクトは無いですが、普通にしっかりと美味しい餃子です。

300円という低価格はコスパ抜群ですねぴかぴか(新しい)

この餃子や各種単品メニューをつまみに軽く一杯やりにきても良いかもしれません。

値段だけでなく、味も良く、素晴らしいお店でしたわーい(嬉しい顔)


満州里の詳細
posted by BBSHIN at 07:41| Comment(0) | 新潟市東区

2016年01月30日

行列の出来る人気店「麺作赤シャモジ 新潟東店」 泡立つ程にクリーミーな「濃熟醤油つけめん」

新潟市東区に昨年末オープンした「麺作赤シャモジ 新潟東店」

akashamoji_higashi_201601_1.jpg


早くも連日行列が出来る人気店となっており、この日も雪が降りしきる中、多くの人達がお店の前で待っていました。


今回注文したのは「濃熟醤油つけめん」です。

akashamoji_higashi_201601_2.jpg


濃厚な動物系スープは、ミキサーにかけ泡立てているらしく、かなりクリーミーな舌触りとなっています。
そこに魚粉等の魚介も加わり、クリーミーながら、魚介が際立つ豚骨魚介系な仕上がりとなっていました。

トッピングはレアチャーシュー、ネギ、カイワレ、味玉がのっていました。


麺は全粒粉も使用した歯応え良い多加水太麺です。

akashamoji_higashi_201601_3.jpg


泡立つスープがたっぷりと絡みついてきます。

クオリティが高く、これで690円というのはお得価格かなと思います。

個人的には以前食べた味噌つけ麺より、こちらの方が好みの味でした。


濃熟辛味噌らーめん

akashamoji_higashi_201601_4.jpg

akashamoji_higashi_201601_5.jpg


適度に濃厚な味噌スープには、程よい辛味が加えられています。
スープ表面には、黄色がかった泡が浮いており、味噌を加えた後に泡立ている事が分かります。
香ばしいマー油もかかっていました。

上にのった茹でモヤシをスープにくぐらせて食べると美味しかったですね。

トッピングの「野菜」は別皿の様です。

akashamoji_higashi_201601_6.jpg


辛味噌スープに良く合いますねぴかぴか(新しい)


赤シャライス

akashamoji_higashi_201601_7.jpg


美味しいバターライスでした。
通常は280円ですが、セットにすると+190円で食べられます。

スープに合わせて食べても美味しかったですね。
特に醤油つけ麺のスープと良く合っていました。


餃子(250円)

akashamoji_higashi_201601_8.jpg


値段が安いのに美味しい餃子でしたねるんるん

餃子3個と小ライスで+230円というセットもありました。


おろしニンニクやおしぼり、ヘアゴム、紙エプロンはセルフサービスとなっています。

akashamoji_higashi_201601_9.jpg


おろしニンニクを少し頂きました。

akashamoji_higashi_201601_10.jpg


メニューも豊富で品質も高いので、行列になるのも納得のお店でしたぴかぴか(新しい)


麺作赤シャモジ 新潟東店の詳細
posted by BBSHIN at 10:34| Comment(2) | 新潟市東区

2016年01月17日

麺や来味の期間限定「牛骨濁り塩らぁ麺」「帆立を載せた味噌チーズ和え麺」

新潟市東区の「麺や来味」へ行ってきました。

menyaraimi_201601_1.jpg


今回の目的はPR情報に掲載していた「牛骨濁り塩らぁ麺」と「帆立を載せた味噌チーズ和え麺」です。


牛骨濁り塩らぁ麺

menyaraimi_201601_2.jpg

menyaraimi_201601_3.jpg


あっさりとしたスープからは、牛の旨味がストレートに伝わってきます。

告知時には、タイトルに「濁り塩」とあったので、牛骨白湯をイメージしていましたが、実際のところは牛骨清湯スープでした。
少し濁る位にしっかりと炊き込まれた清湯スープという意味だった様ですね。

トッピングとしては、定番のお麩、水菜、ネギの他、ローストビーフがのっています。
低温調理的なレア感のある仕上がりで、スープの熱により徐々に色と食感が変わっていくのも面白いですねひらめき

上に浮いている油も牛の脂の様で、一口目から牛風味がガツンとやってきましたダッシュ(走り出すさま)

牛の旨味全開の飲み応えの通り、牛100%の動物系スープの様です。
豚、鶏以外の動物系を使う時は、今回の一杯の様にそれのみにするか、または、それ以外のものは補強程度にした方が、良い効果が得られるケースが多いと思います。
豚、鶏のスープには多くの人が慣れている事もあり、食べた事が無い味、意外性、などを求める人は多いのかなと。
もちろん個性的であれば良い訳ではなく、美味しいラーメンであるという事が大前提ではありますが。

ちなみに、県外にも牛骨を使ったラーメンが話題となった有名店がありますが、今回の一杯は、それらと比較しても決して引けを取らない味かなと思います手(チョキ)
牛骨スープのラーメンを食べた事が無いという人は、この機会に是非一度食べてみる事をお勧めします手(パー)




続きましては、もう一つの限定

帆立を載せた味噌チーズ和え麺

menyaraimi_201601_4.jpg


どデカいホタテがのっています。

menyaraimi_201601_6.jpg


バターなどで味付けられており、美味しく、食べ応えある大きさがインパクト大ですね。


麺は中太位の太さでしょうか。

menyaraimi_201601_5.jpg


丼の底には、味噌チーズ味のタレが入っています。

menyaraimi_201601_7.jpg


このタレが風味良く、麺に絡めると実に美味しいですねぴかぴか(新しい)

途中、温玉を崩し混ぜるとまろやか感も加わります。

ホタテのバターと味噌チーズも良く合いまするんるん

美味しそうなイメージがあったので、麺は大盛りにしたのは正解でしたグッド(上向き矢印)
(麺大盛りは無料です)


定番の「とろろご飯」に加え、「マグロたたきご飯」(150円税別)なるものがメニューに加わっていました。

menyaraimi_201601_8.jpg


マグロたたきご飯

menyaraimi_201601_9.jpg


醤油をかけて食べると美味しく、150円というのはかなりお得かなと思いましたぴかぴか(新しい)

これは、とろろご飯とどちらにするか迷ってしまいますねあせあせ(飛び散る汗)

あえていうなら、ワサビかネギなどがついていれば完璧だったのですが、150円という低価格ではそこまで求められませんね。

この勢いで250円位で「ネギトロとろろご飯」とか出してくれないものでしょうか・・


麺や来味の限定メニュー情報

麺や来味の詳細
posted by BBSHIN at 22:31| Comment(0) | 新潟市東区

2016年01月15日

紫竹苑

新潟市中央区にある「紫竹苑」へと行ってきました。

shitikuen_1.jpg


こちらのお店はかなりメニューが豊富です。
カレーライス、オムライス、野菜炒めライス、中華丼等のご飯物、酢豚、エビチリ等の一品料理、炒飯セット、麻婆セット、唐揚げ定食等のセット・定食類など、豊富な品揃えとなっています。

そうした中、今回注文したのはコチラ

カレーセット(750円)

shitikuen_2.jpg


ラーメン、ミニカレー、漬物、小皿のセットです。


ラーメン単体を撮影

shitikuen_3.jpg

shitikuen_4.jpg


透き通る様なあっさりスープです。
見た目どおり、塩メインのスープだと思います。
良くある旨味調味料をガッツリ効かせたタイプではなく、旨味も控えめに自然な味わいとなっています。

麺は細麺でした。

トータルでボリュームがあり、このセットで750円はお得価格かなと思います。
お腹一杯になりました手(パー)



五目ラーメン+ミニ麻婆ライスセット(750円+200円)

shitikuen_5.jpg


五目ラーメンを単体撮影

shitikuen_6.jpg


こちらは、醤油っぽい味付けのトロみ強めの餡がかかっており、シンプルなラーメンと比べると印象的な味わいとなっていました。

麻婆豆腐は、大きな豆腐が入り、それ程辛くなく甘めの味付けの餡で、一般的な麻婆豆腐とは違った味付けでした。

ミニ麻婆ライスの他にも、半ラーメン、ミニ炒飯、ミニカレーライスも+200で提供しています。


紫竹苑の詳細
posted by BBSHIN at 00:21| Comment(0) | 新潟市東区

2016年01月11日

ふわトロ食感の親子丼とタンメン 中華そばと炙り親子丼 すばる屋

新潟市東区にある「中華そばと炙り親子丼 すばる屋」へと行ってきました。

subaruya_201601_1.jpg


場所は東新潟駅近くのキューピット向かいです。

subaruya_201601_2.jpg


こちらのお店に行くのはかなり久しぶりですね。
5、6年ぶり位でしょうか。


店内には番付表などが貼ってあります。

subaruya_201601_4.jpg


店主は元時津風部屋の力士(源龍)だったということで、ちゃんこ鍋などもやっている様です。

subaruya_201601_5.jpg


特製塩ちゃんこ鍋 2人前より
税込2,800円(前日予約が必要)



注文したのは「タンメンと小親子丼セット」です。

subaruya_201601_6.jpg


フタの上にはアラレが入っており、親子丼にかけて食べます。

subaruya_201601_7.jpg


親子丼

subaruya_201601_8.jpg


フワフワとろとろ食感の玉子が美味しいですねぴかぴか(新しい)
味付けも良く、とても美味しいですねグッド(上向き矢印)
しっかりとした和食料理店クラスの味だと思います。


タンメン

subaruya_201601_9.jpg

subaruya_201601_10.jpg


タンメンはライト白湯に炒め野菜がのっています。
恐らく、炒め野菜をスープで煮るタイプでしょうか。
麺は多加水中細麺で、他のあっさり系よりも少し太いタイプかと。

麺は別ながらも、野菜と白湯スープの感じがチャンポン的な感じでしたひらめき


白醤油ラーメン

subaruya_201601_11.jpg

subaruya_201601_12.jpg


麺は細麺で、タンメンより少し細いと思います。

豊かな醤油風味に負けないしっかりとした出汁感です。
前に出ているのは節系の魚介でしょうか。

チャーシューは炙ってあり香ばしくトロトロ食感が美味しいですねぴかぴか(新しい)
他にも、小海老、味玉、ネギ、海苔、メンマがのっていました。

シンプルながらも、しっかりとした美味しさを持つ一杯でした手(チョキ)


中華そばと炙り親子丼 すばる屋の詳細
posted by BBSHIN at 15:56| Comment(0) | 新潟市東区